妊娠初期に紅茶はNG?妊娠初期に飲んで良いものダメなもの

妊娠初期に紅茶はNG?妊娠初期に飲んで良いものダメなもの




妊娠初期には食べ物や飲み物など、気をつけなくてはならないものがたくさんあります。

その中で、妊娠初期の妊婦さんが紅茶を飲むのはよくないとされています。紅茶といえばリラックス効果があり、ティータイムに飲んでいるママさんも多いでしょう。

妊娠がわかった段階で紅茶が飲めなくなってしまうのは、辛いと感じるママさんも多いです。

そこで今回は、

・妊娠初期に紅茶を飲んではいけないの?
・紅茶を飲むと妊婦さんにどのような影響があるの?
・妊娠初期に飲んでいいハーブティーとだめなハーブティーが知りたい!

といった方に、妊娠初期の妊婦さんが紅茶を飲んでもいいのか、また、飲んでも良いハーブティーや避けた方が良いハーブティーについて詳しくご紹介します。

妊娠初期の紅茶はなぜNG?

妊娠初期の紅茶はなぜNG

妊娠初期に紅茶を飲むのがなぜNGとされているのかについて、詳しくご紹介していきましょう。

カフェインの影響が大きい

紅茶にはカフェインが含まれています。コーヒーや緑茶などもカフェインが含まれているため、妊娠初期から控えた方が良いとされています。

妊娠初期は特にカフェインの摂取を避けなければならないため、カフェインの胎児への影響を考えると、妊娠初期のママさんは紅茶を飲まない方が良いとされています。

アイスティーで飲むと冷えを招く

夏場などは特にアイスティーとして紅茶を飲むママさんも多いのではないでしょうか。また冬場であってもアイスで飲むことが好きな場合には、アイスティーばかりを飲むママさんもいます。

しかし、氷をたくさん入れたアイスティーを飲むと内臓が冷えてしまいますので、冷えからくる下痢につながってしまうことがあります。

特に、妊娠初期は下痢を避けることが必要です。下痢が続くと赤ちゃんに十分な栄養を送れなくなってしまうからです。

アイスで飲むことも多い紅茶ですので、このような部分からも避けた方が良いとされています。

つわり時の飲み過ぎによる下痢などの懸念

妊娠初期にはつわりが起きますが、つわりが起きると吐き気などが強くなり、レモンを使ったさっぱりとした飲み物が飲みたくなることもあります。

その時に紅茶をレモンティーとして飲むと、飲みすぎによって下痢になってしまう危険性があります。

妊娠初期に下痢をしてしまうことは、極力避けなければなりません。レモンと紅茶は相性が良くつい飲みすぎてしまうことがありますが、このような理由からも妊娠初期に紅茶を飲むことは避けた方が良いとされています。

妊娠初期に紅茶は絶対に飲んだらダメ?

妊娠初期に紅茶は絶対に飲んだらダメ

妊娠初期に紅茶を飲むことは、絶対にダメなことなのでしょうか。今まで紅茶を飲んでいたママさんにしてみれば、完全に紅茶を排除するのは非常に辛いことです。

それでも赤ちゃんを大切に考えるのであれば、日常生活の中から紅茶を排除する必要があるのでしょうか。

紅茶に含まれるカフェインの量

紅茶に含まれているカフェインの量については、コーヒーに比べると少ない量です。一杯150mlの紅茶に、30ml程度のカフェインが含有されていますす。

それに対し、コーヒーは50mlから60mlのカフェインが含まれます。コーヒーに比べると少ないカフェインの含有量だということがわかります。

一日一杯程度ならば問題なし

紅茶一杯に含まれているカフェインは、さほど多いものではありません。妊娠初期のママさんは一日の中で、カフェインの摂取量を100ml以内に抑えれば良いとされています。

そのため、一日一杯程度の紅茶を飲むのであれば大きな問題はないといえます。

ただし、妊娠初期に紅茶を飲むことで、赤ちゃんへの悪影響がないだろうか、体調に変化は起きていないだろうか、と気にしながら飲むのはストレスになってしまいます。

そういった点を考えると、毎日紅茶を飲んでしまうより、他の飲み物で代用する方が安心だといえます。

一日一杯程度の紅茶は問題ありませんが、毎日継続して飲んでしまえばそれに伴い心配してしまうママさんもいます。

心配性のママさんは大きな不安を抱えてしまうことがありますので、カフェインを含んだ紅茶ではなく違う飲み物を用いる方が良いといえます。

飲む際にはアイスを避ける

妊娠初期に紅茶を飲むのであればアイスで飲むことは避けましょう。できるだけホットで飲むことが望ましいといえます。

どうしてもホットで飲むのが難しい場合は、せめて氷を使わずに常温の紅茶を飲みましょう

妊娠初期にオススメな紅茶

妊娠初期にオススメな紅茶

妊娠初期は紅茶を控えた方が良いですが、一日一杯程度であれば大きな問題はありません

しかし万が一に備えると、紅茶そのものを毎日飲んでしまうことは、控えた方が安心なママさんもいます。

そこで妊娠初期でも安心して飲むことができる紅茶について、ご紹介していきます。

妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選9種!の記事でもおススメの飲み物をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

カフェインの含まれていないハーブティー

カフェインを含まない紅茶としてハーブティーがあります。

このようなハーブティーを選んで飲むことによって、カフェインの心配をすることなく、リラックスタイムを過ごすことができます。

妊娠初期から安心して飲めるハーブティー、さらには妊娠初期のママさんに良いといわれているハーブティーをチョイスして飲むようにしましょう。

ただし、飲んでも大丈夫な紅茶とはいえ、過度の飲み過ぎはお腹が緩くなったり、その他の悪影響がでる場合がありますので、適度に飲むようにしましょう。

ローズヒップ

ローズヒップティーは妊娠初期だけではなく、多くの女性に良いとされているのですが、ビタミンCを豊富に含んでおり、抗酸化作用がとても高いハーブティーです。

妊娠初期は免疫力が低下してしまうことから、抗酸化作用の高いローズヒップティーを飲むことで、健康的な体を守ることができます。

また利尿効果もありますので、妊娠初期のむくみなどにも効果的です。妊娠初期はホルモンバランスの変化によって肌荒れを起こしてしまうこともありますが、ローズヒップティーには美肌効果もあります。

ルイボス

ルイボスティーは、ハーブティーの中でも特に栄養価が高いことで知られています。

妊娠初期のママさんに不足しがちな亜鉛や鉄分、カルシウムなどを多く含んでいるため、飲み物からでも妊娠初期のママさんに必要な成分を摂取することができます。

また、ローズヒップティーと同じく抗酸化作用も持っていますので、免疫力をアップさせてくれるといった働きにも期待ができます。

たんぽぽ茶

タンポポ茶は近年、便秘解消に良いとわれており、人気を集めています。

たんぽぽ茶はむくみをスッキリと解消させてくれる働きがあり、さらにはコーヒーのような香ばしい香りがあります。

コーヒー好きの方や、コーヒーの香りで癒されるというママさんは妊娠初期からたんぽぽ茶をチョイスするのがおススメです。

生姜茶

生姜茶には血行促進効果や胃腸の働きを安定させてくれるといった効果があります。妊娠初期に生姜茶を飲むことで、体がポカポカと暖まり代謝がアップします。

そのため、胎盤を通じて赤ちゃんに送られる血液が少なくなってしまうことなどを防ぎ、たくさんの血液を送ってあげることができます。

妊娠初期に避けるべき紅茶もあるの?

妊娠初期に避けるべき紅茶もあるの

妊娠初期のママさんに紅茶の代わりとしておすすめなハーブティーをご紹介しました。

反対に、同じようにハーブティーとして分類されているものでも、妊娠初期のママさんには向いていないものがあります。

そちらについてもしっかりとチェックしておくことによって、後々の体調不良や赤ちゃんへの懸念などをせずに済みます。しっかり把握しておきましょう。

ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフティーは妊婦さんに良いとされていますが、これはあくまでも妊娠後期や臨月に入ったママさんに対してです。

妊娠初期のママさんがラズベリーリーフティーを飲んでしまうと、子宮の収縮効果によって下腹部痛が起きてしまうことや、出血が起きてしまうことがあります

また、極端にラズベリーリーフティーをたくさん飲んでしまうと流産につながってしまうこともありますので、飲まないように気をつけましょう。

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートは便秘解消効果が非常に高く、世界的にも有名になりました。しかしセントジョーンズワートは、海外の一部の国では毒草として指定されるほど便秘解消効果が強く、下剤と変わらない、ともいわれています。

妊娠初期のママさんが飲んでしまうことによって、子宮の収縮が起きることや流産につながってしまうリスクが高まりますので、飲むことは避けましょう。

カモミール

カモミールティーはリラックス効果が非常に高く、さらには血行を促進してくれるといった働きも持っています。

しかし、カモミールティーにも子宮を収縮させてしまう作用がありますので、妊娠初期のママさんは飲むべきではありません。

香りそのものを楽しむ程度であれば問題ありませんが、直接飲んで体内に摂取するのは避けましょう。

カモミールティーそのものを飲まなくても、他のハーブティーにカモミールが含まれているタイプなども避けましょう。

アロエ

アロエは万能薬などといわれることもあり、抗酸化作用や抗菌作用も高く、アロエ茶を飲むことによって、健康、そして美容の維持にもつながります。

しかし、アロエの皮に含まれているアロインという成分に子宮収縮作用があるため、妊娠初期のママさんがアロエ茶を飲んでしまうと多くのリスクを伴います。

そのためアロエ茶を妊娠初期のママさんが飲むことは避けましょう。

その他のハーブティー

他にも妊娠初期のママさんが避けた方がよいハーブティーとして、シナモンティーやセンナ茶、ジャスミンティー、マテ茶、レモングラスティー、ローズマリーティー、ウコンティーなども含まれています。

市販されているハーブティーを飲む際には、必ず裏面等の注意書きをチェックした上で、妊娠初期でも飲めるかどうかを確かめましょう。

不安に感じる時にはメーカーに確認してみることやドクターに確認してみることも大切です。

便秘解消目的の紅茶やお茶にも注意

ドラッグストアやインターネットでは、頑固な便秘を解消するための目的で販売されているティー商品があります。

妊娠初期のママさんにおすすめの商品であれば良いですが、そうでなかった場合にはどのような成分が含有されているかがわかりませんので、摂取は避けた方がよいです。

ドラックストアなどでリーズナブルに販売されている便秘解消目的のティー商品は、妊娠初期のママさんに悪影響となるものも少なくありません。

極端な下痢を起こしてしまうリスクが高まってしまいますので注意しましょう。どうしても便秘に悩んでしまう時にはドクターに相談し、必要に応じてお薬を処方してもらうといった方法をとりましょう。

また、オリゴ糖も妊娠中の便秘には効果的です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖にておススメのオリゴ糖をご紹介していますので、摂り入れてみるのも方法です。

妊娠初期には紅茶のスイーツもダメ?

妊娠初期には紅茶のスイーツもダメ

娠初期に紅茶を飲むことは避けた方が良いですが、近年では紅茶を使ったさまざまなスイーツなども出ています。

このようなスイーツを食べることもダメなのかと思ってしまうママさんもいるでしょう。紅茶のスイーツといっても色々な種類があります。

一つの商品にどれだけの紅茶が含有されているかによって、注意するべきか否かも変わります。紅茶は茶葉を抽出しますので、濃く抽出されているものであればカフェインの含有量もそれだけ多くなります。

紅茶の風味がしっかりとしているスイーツなどは、濃く抽出した紅茶を使用していることがあり、その分カフェイン摂取してしまう可能性も高くなります。

どうしても紅茶を使ったスイーツが食べたくなった時には、ご自身で作るのも良い方法です。どれだけのカフェインを摂取してしまうのかがわからない状態のまま紅茶を使ったスイーツを摂取してしまうのは、多少なりともリスクが高いといえます。

妊娠初期の紅茶はリラックスタイムに

妊娠初期の紅茶はリラックスタイムに

妊娠初期の紅茶について、絶対に飲んではいけない、というわけではありません。ご説明した通り、一日一杯程度の紅茶を飲むのであれば大きな問題もありません。

飲むタイミングに関しては、カフェインで眠れなくなってしまうことを避けるため、夜遅い時間などは控えましょう。

できれば日中に一杯の紅茶を飲みましょう。どうしても我慢できないときだけ飲むことにして、そうでないときには安全性の高いハーブティーを取り入れるようにしましょう。

cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる