健康な歯と虫歯

妊娠中でも歯医者に行くべき?妊婦さんの虫歯予防と治療




妊娠は、女性の一生を考えた上でも、喜びと共に心身ともに大きな変化をもたらします。

妊娠中の歯のお手入れ、ケア、治療は、赤ちゃんのためにも非常に重要です。

そこで今回は、

・妊娠中でも歯医者は行くべき?
・妊娠中に虫歯になりやすいのはなぜ?
・妊娠中の歯のケアについて知りたい!

といった方に、「妊娠中の歯のケア」「妊娠中の歯科治療」「妊娠中の食事と歯に必要な栄養」について、注意点などを含めて詳しくご紹介します。

これを読んで健康な歯を維持し、出産に臨みましょう。

関連記事
>>妊娠中期にやっていいことと気をつけること!安定期でも油断禁物
>>妊娠中の風邪予防!うがい薬や薬用石鹸の使用はあり?なし?

スポンサードリンク

妊娠中でも歯の治療をするべき理由

妊娠中であっても歯の治療をおこなった方が良いとされるのには、いくつかの理由があります。

・1996年にはアメリカで、歯周病の人が早産になるリスクが、通常の場合の7.5倍になると報告がされました。
・日本でも鹿児島大学のグループが、歯周病と早産や低体重児出産の関係を研究し、危険性が高まることを報告しています。

これらは、母体の歯や歯茎の悪影響が、胎児に何かしらの影響を与えているとの解釈もできます。

虫歯予防や歯周病予防は、何といっても毎日の歯磨きが大切ですが、妊娠中には、味覚や臭覚など、今までとは異なりより敏感に感じるようになってきます。

そのため、長時間歯磨きを続けることが難しくなったり、歯磨き自体をおこなうことで、気分が優れなくなったりすることもあります。

それでも体調を考慮しながら、無理のない範囲でのケアをし、場合によっては歯科治療を受けることが重要となります。

ご存知の方も多いですが、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌がありません。

子どもの虫歯の原因の多くは、お母さんと同じスプーンを使った食事など、大人から虫歯菌が移ってしまったものです。

赤ちゃんの虫歯予防のためにも、出産前のお母さんのお口のケアは注意が必要です。

妊娠がもたらすお口への影響

妊娠中に歯が痛みだしたり、出産後虫歯に気付いたりすることがあります。

「赤ちゃんにお母さんの栄養が取られるので、産後お母さんの歯が弱くなってしまう」とか、「赤ちゃんを出産したから、歯が抜けてしまった」というようなことがいわれます。果たしてそうなのでしょうか。

まずは、妊娠することで歯の健康に直接関わる、お口の中はどのように変化するのか見ていきましょう。

妊娠すると唾液の分泌量が減る

妊娠中は女性ホルモンが増えますので、体内のホルモンバランスが変化すると共に、分泌される唾液の量も次第に減っていきます。

唾液の中には、炭水化物の中に含まれる、デンプンを分解する酵素「アミラーゼ」が含まれています。

しかし、唾液は消化を助けるためだけではなく、歯の衛生状態を保つ上でも欠かせないものなのです。

唾液には、お口の中を清潔に保つために、歯に付着した食べ物のカスや、プラークを洗い流す「自浄作用」があります。

また、「ラクトフェリン」や「リゾチーム」などの抗菌作用のお陰で、細菌の増加を抑える効果もあります。

その他にも、緩衝作用によってphを一定に保ち、細菌の繁殖を抑える効果がありますし、唾液中に含まれる「アパタイト」が、歯の表面をコーティングすることによって、歯の表面の脱灰現象を抑え、虫歯の進行を防ぐ効果も発揮しています。

粘膜を保護する「ムチン」なども含まれています。

口の中で、大きな役割をはたす唾液が減少することで、妊娠時には、女性の一生の中でも特に、虫歯をはじめとするお口のトラブルを起こしやすい時期でもあるのです。

つわりによる影響

妊娠初期にはつわりがあり、胃酸が逆流することもあります。そのために、口の中の酸性度が増し、歯に悪影響を与えることがあります。

妊娠時に歯磨きをすることによって、気分が悪くなる方も多く、お口のケアがしにくくなることも原因の1つといえます。

妊娠初期に感じる、歯磨きによる不快感を少しでも軽減させるためには、ヘッド部分の小さめな歯ブラシを使ったり、歯磨き剤を使用しないで磨いたり、磨く姿勢を少し前かがみにしてみるなど、普段とは少し異なる方法を試してみましょう。

食事の回数の増加による影響

妊娠中期から後期には、おなかの赤ちゃんも大きく成長しますので、1度にたくさんの量の食事が摂れなくなってしまいます。

そのため、食事の回数が増え、常に口の中に食べ物があったり、そうでなくても、食べ物のある時間が増えたりするため、口腔環境も不衛生になりがちです。

妊娠後、歯磨きがどうしても辛い時期には、ぶくぶくうがいを食後に多めにすることでも、虫歯予防になります。

また、甘い飲み物や、粘性のある飲み物ではなく、お茶などを飲むことで、自然に洗い流してくれることもあります。

妊婦さんが安心してのめるお茶については、妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選9種!の記事で詳しくご紹介しています。

鉄欠乏症の方は、緑茶などの摂取量が制限されている場合もありますので、注意しましょう。

妊娠中の歯科治療

実際に妊娠をしている方にとって、妊娠中に歯の治療を受けることに不安や抵抗を感じる方は多いことでしょう。

歯の治療には、レントゲン撮影や、麻酔、そして痛み止めなどを用いることが多くあります。妊娠中の方にとっては、不安や心配があると思いますので、歯の治療の際に注意すべきことをご紹介します。

妊娠していることを告げる

妊娠中に歯の治療を受ける場合には、必ず妊娠の旨を担当の医師に告げましょう。

もちろん妊娠中であってもできる処置もありますし、時期を待ってからの治療にした方が良いものもあります。また、治療時間や治療時の体勢などへの配慮を、受けることもできるからです。

妊娠中の歯科治療の時期

妊娠2ヶ月から3ヶ月頃の妊娠初期では、つわりがひどく方も多く、激しい痛みなどから流産の危険もありますので、長時間の治療は避けましょう。

妊婦さんにとっては体調の管理が難しい上に、長時間診察台の上で同じ姿勢でいることも、ずっと口を開けていることも辛いものです。妊娠5ヶ月から8ヶ月頃の「妊娠中期」であれば、安心して治療を受けることも可能となります。

妊娠時の体調などは、1人1人によっても異なってきますので、あくまでも無理はせずに、担当の医師と相談の上、診察をおこなうようにしましょう。診療中で疑問に感じることなどは、そのままにせずに、確認し、解決していくようにしましょう。

妊娠中の歯のレントゲン撮影

歯科治療をおこなうためのレントゲン撮影の場合、直接X線が腹部に当てられることはありませんが、妊娠中には注意しなければならない点があります。

歯のレントゲン撮影ですので、腹部からは離れた位置の撮影にはなりますが、防護エプロンを着用しましょう。防護エプロンを使用することで、X線の影響を約1/100に抑えることができます。

歯のレントゲンには一部分を撮影するものと、口の中全体を撮影するパノラマ撮影とがありますが、どちらであっても心配の必要はありません。

デジタルレントゲンでしたら、線量も通常のレントゲンの約1/10で済みますので、より安心です。胎児への影響も皆無といえます。

レントゲン撮影に不安や疑問がある場合には、事前の診療の際にその旨を医師に伝えましょう。

どうしても不安な場合には、レントゲン撮影をせずにできる治療をおこなうことも可能ですので、まずは相談してみることです。不安な気持ちを払しょくしましょう。

妊娠中の歯の麻酔

歯科の治療には麻酔も多く利用されますが、一般的な歯科治療の場合局部麻酔になりますので、通常量の麻酔薬使用では、母体はもちろんのこと、胎児への影響も心配ありません

歯科治療には痛みや緊張も伴いますが、妊娠を告げているのであれば痛みへの配慮も受けられるはずです。

妊娠中の歯の痛み止め

痛み止めなどの投薬は、妊娠中には極力おこなわれませんが、激しい痛みが予想される場合など、我慢することで逆に母体やおなかの赤ちゃんに影響が生じると判断された場合には、投薬される場合もあります。

ほとんどの場合、婦人科医と相談の上投薬されることになりますので安心です。そのためにも、治療の際には常に母子手帳を持参しておきましょう。

妊娠中の食事と歯に必要な栄養

妊娠中には、いつも以上に食事にも気を使うものです。妊娠中の食事と、歯の関わりについても見てみましょう。

虫歯は、虫歯の土壌となる「歯」と「食べ物」、「細菌」、「時間」が合わさって、条件が重なったときに発生するものですので、妊娠中には、母体のカルシウムが胎児に取られてしまうために、歯がもろくなると思われている方も多くいます。

先に述べてきましたように、妊娠中の虫歯については、お母さんのホルモンのバランス変化や、唾液の変化によるもの、また、つわりなどによって歯のケアがしにくくなることが大きな原因になっています。

しかし、妊娠中には、栄養面でも平常時よりも多めに摂るなど、心がけておきたいことがあります。

カルシウムを摂ろう

歯にはカルシウムが大きくかかわってきますが、カルシウムは、妊娠中には不足しがちな栄養素でもあります。

おなかの赤ちゃんのことを考えた上でも、赤ちゃんの歯は、妊娠初期から作られ始めますので、カルシウムをしっかり摂り入れることで、丈夫な歯の形成を促します。

通常では1日に約0.6gのカルシウムが必要になりますが、妊娠中では1日1.0gのカルシウムを摂取したいものです。

カルシウムというとまず、牛乳を思い浮かべる方が多いことでしょう。

もちろん牛乳は良質なカルシウムを手軽に摂ることのできる最良な食品です。しかし、牛乳からだけではなく、いろいろな食品からも摂り入れましょう。

その他には、高野豆腐や小松菜、イワシの丸干し、がんもどき、大根の葉などもよいでしょう。乳製品にも多く、プロセスチーズやスキムミルクも使いやすい食品です。

また、産後の授乳時期には、更に多くのカルシウムが必要になってきますので、普段の食事から、上手に摂り入れるように心がけておきましょう。

繊維質や歯ごたえのあるものを

妊娠中には、体重管理を厳しく言われ、つわりなども手伝い毎日の食事の量を制限する妊婦さんや、好きなものや、食べたいものだけしか口にしない妊婦さんもいます。

体調の悪い時は仕方がありませんが、可能な限り1日3食をバランスよく摂りましょう。

おなかの赤ちゃんはお母さんの食事が大きく影響します。もちろん、お母さんの歯も同じことです。妊娠中には、ドライマウスになる方がほとんどです。

唾液の量と虫歯の関係は大きくなっていますので、少しでも唾液の分泌を促進できるよう、繊維質の多い野菜類や、歯ごたえがありよく噛み砕くような必要のある食材などを、食事に多く摂り入れるようにしましょう。

ガムを噛むことで唾液の分泌が活発にもなりますので、虫歯予防にも効果のあるキシリトールガムなどを、間食に活用することも効果的です。

健康な歯に必要なその他の栄養素

主な栄養素の歯に対する効果を見てみると、良質なたんぱく質は、歯の質の基礎となるものを形成するのに必要です。

カルシウムやリンは、歯の再石灰化、ビタミンAはエナメル質、ビタミンCは象牙質、ビタミンDはカルシウムの代謝や石灰化を調整する働きがあります。

これらも、食事にバランス良く取り入れましょう。

まとめ

産後すぐに歯のトラブルにならないようにするためには、妊娠中の歯のケアが大切です。妊娠前からの定期的に歯科医院に通院し、定期健診や治療などのケアをおこなうことはもちろん大切です。

それまで痛みなどのトラブルがなかった方であっても、安定期に入ったら、一度は歯の検診をおこなっておきましょう。

産後は育児に追われてしまいますし、なかなか自分自身の時間を見つけることも難しくなってきます。

妊娠安定期であれば、お口のケアがおこなえますし、出産・産後を安心して迎えられるようになります。

妊娠中に歯科医院で診察や、虫歯の治療をおこなう際には、必ず母子手帳を持参するようにしましょう。

母子手帳を見れば、妊娠中のお母さんの健康状態なども明らかですし、歯の状態などの記入もおこなえ、産婦人科への連絡が必要な場合も安心です。

妊娠中はさまざまなことに注意が必要で、歯のケアはおろそかになりがちですが、

虫歯予防:毎日の歯磨きを今まで以上に丁寧にする。つわりでできない時はうがいを多めに。
食事:1日3食バランス良く。カルシウムを多めに摂る。
治療:産後は育児で治療する時間もないので、妊娠中に完治させる。

今回ご紹介したことを実践し、健康で綺麗な歯を維持しましょう!

photo credit: Sappymoosetree via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる