妊娠超初期の寒気

この寒気は妊娠なの?妊娠超初期に感じる寒気の種類と注意点




受精卵が子宮内膜に着床するころが妊娠3週目です。妊娠4週目は既に妊娠2ヶ月に突入していますので、妊娠超初期がいかに早い段階での妊娠を指すかわかります。

妊娠3週は次回生理予定日よりも前になり、受精卵は細胞分裂を繰り返している状態です。このような時期に起こるのが妊娠超初期での兆候です。

ほとんどの人が妊娠に気がつくことなく普段どおりの生活を送っていますが、体調の変化に敏感な人や妊娠をかなり意識して体調の変化を観察している人などは少しの体の変化、症状を見逃すことなく妊娠を察知します。

妊娠超初期の症状の中には「寒気」があり、このタイミングで寒気を感じたら妊娠している可能性が考えられます。

そこで今回は、

・妊娠超初期の寒気ってどんな感じ方?
・風邪と妊娠超初期の寒気って違いがあるの?
・妊娠の可能性がある場合に寒気を感じて気をつけることは?

といった方に、超妊娠初期の寒気について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

妊娠超初期症状の寒気とは?

妊娠超初期段階は生理予定日の前の段階です。そろそろ生理が来るかなと思っているときに寒気がするのですが、どんな寒気なのでしょうか?

妊娠超初期での寒気には微妙に種類があり、

・一瞬ゾクゾクっとして風邪のときに感じるような寒気
・クラっとめまいが伴う寒気
・気温はさほど低くないのに手足などの先端がひんやりする寒気

などです。それぞれ詳しくみていきましょう。

風邪のような寒気

妊娠超初期に見られる症状は色々ありますが、頭痛、倦怠感、熱っぽさ、寒気、腹痛・・・など、まさにその症状は風邪そっくりです。

基礎体温をつけている人はわかりやすいのですが、排卵し、その卵子が受精卵になり、子宮内膜に着床し、妊娠が継続すると基礎体温の高温期が長期間にわたって保たれます。

高温期が長く続かず下がる場合は妊娠ではないのですが、高温期が続くことは体温は常に通常よりも高い状態になっています。微熱が続いている感じともいえます。

高温期といっても低温期に比べて体温が1度も上昇するわけではありません。ほんの0.3~0.5度ほど上がるだけです。微妙な変化ですが、この微妙な体温の変化で普段はさほど気にならない気温が低く感じられて寒さを感じます。

自分の体温が微妙に上げることで気温が寒く感じるというまさに風邪の引き始めに感じるゾクゾクっとする寒気と似ています。

めまいがある寒気

妊娠すると多くの妊婦さんが鉄分不足、いわゆる鉄欠乏症による貧血の状態になります。鉄欠乏症は、血中のヘモグロビン濃度が薄くなるのが原因です。

妊娠すると血液成分の液体成分が増加しますが、ヘモグロビンの量が増えないことにより濃度が薄まり貧血の状態になります。妊娠中期、後期の妊婦さんは鉄剤を処方されて服用している人が多いのはこのせいです。

妊娠超初期から貧血によってめまいや立ちくらみを引き起こし、寒気の原因になる場合があります。特に普段から貧血気味の人は妊娠超初期にも関わらず貧血の状態が悪化して血流が悪くなり寒気を引き起こします。

血液の循環が悪いと体を冷やしますので寒気を感じやすいので注意しなければいけません。体や脳への血液循環も悪くなり、脳貧血を引き起こす可能性もあります。

手足など先端が冷えて寒気を感じる

体の「冷え」は万病の元といわれるほど、最近では冷えを単なる冷えと放置してはいけないという考え方が認知されつつあります。

寒い冬に体の冷えを感じて寒気があるのは理解できますが、真夏でも手足を触ってみるとひんやりと冷たく冷えきっている人がいます。女性に多い冷えですが、特に若い女性に冷えの症状が見られます。

妊娠する可能性のある年代の人に冷えがあるのは問題です。妊娠すれば突然ホルモンバランスが変化して体温調節などを行う自立神経などが乱れます。

体温調節が上手くいかないので体温が下がり、手足などの末端が冷えて寒さを感じるメカニズムなのです。

風邪なの妊娠なのか

妊娠超初期の症状による寒気は、風邪による寒気との区別がつきません。

風邪の引き始めにも同じように寒気を感じますし、ついつい家にある風邪薬を飲んでしまいがちですが、妊娠の可能性がある場合は、なるべく風邪薬を服用しないようにしましょう。

寒気を感じるならば服を重ねたり、靴下を履いたり、ひざ掛けをかけたりして対応しましょう。基礎体温で高温期が続いているのは妊娠している可能性があるので、その際の寒気にはできるだけ自力で対応しましょう。

関連記事
>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

食生活で冷えを改善したり、体の芯を温めることが大切です。

妊娠超初期のタイミングで寒気を感じたからといって、それだけで産婦人科を受診するのはなかなか勇気がいります。

寒さがひどいのに、病院にも行きにくい場合は、街のドラッグストアで販売されている葛根湯という漢方薬で対処するのもいいかもしれません。顆粒、液体、錠剤など色々なタイプがあります。

葛根湯でも妊婦にあまりよくない成分を含むものがありますので、薬局でも専属の薬剤師などに相談して使用するようにしましょう。

腎盂炎(じんうえん)から来る寒気もある

妊娠すると腎盂炎にかかりやすくなります。妊娠超初期で妊娠が理由で腎盂炎になる人は少ないのですが、腎盂炎も寒気を引き起こす原因の場合があります。

もし腎盂炎だとするとそのまま放置するのは危険ですので、妊娠超初期段階でも専門医を受診して検査してもらったほうがよいでしょう。万が一の可能性もあることを頭の片隅においておきましょう。

つわりが原因の寒気

妊娠超初期からつわりのある人は珍しいですが、なかにはつわりが始まる人もいます。つわりの種類にもよりますが、食べ物を食べられず、匂いも受け付けず、吐いてばかりの吐きづわりになる人がいます。

食べ物を摂取できずに吐いてばかりいるので、体の体温を維持するための熱量不足が原因で寒気を感じる場合があります。自宅で対処できる人は衣服などで寒さ対策をしましょう。

関連記事
>>「吐きつわり・食べつわり」辛いつわりを乗り切る対処法

食事でも体温を上げやすい食品をなるべく食べたり、口当たりのよい栄養補助食品などでカロリーを摂取するようにしましょう。体内の熱量が足りないと体温が上がらずに寒気を感じます。

妊娠超初期の寒気対処法

妊娠超初期段階にも関わらず、寒気を感じるのはやはり放置できません。これから出産まで数ヶ月間どんどん妊娠による体調変化があり、体の冷えが深刻化してくる前に自分で寒気に打ち勝つ必要があります。

厚着したり、暖房を強くしても根本的な寒気の解消にはなりません。しっかり対処法を見つけて改善していくことが大切です。

規則正しい生活

自律神経の乱れは体温調整に大きな影響を与えます。体温調節できないのですから、急に寒気がしたり、逆に暑く感じてほてったりなどの症状がでます。自律神経は自分の意志ではコントロールできません。

そのため、生活全般を見直して広い範囲で体を良い状態に持っていく必要があります。早寝、早起き、十分な睡眠時間という睡眠の基本事項は守れていますか?不規則な生活は体のリズムを根本的に狂わせます。

自律神経にはこの規則正しい生活が必要です。また、就寝前にゆっくり湯船に使って神経を落ち着けるとともに、体の芯までしっかり温まりましょう。熱いお湯につかるのではなく、ぬる目のお湯に長時間浸かるほうが効果的です。

お風呂から上がった後はしっかり水気をとって湯冷めしないようにしましょう。足元から冷えてきますので日中に足湯するのも効果的です。

食生活の改善

冷たい食べ物や飲み物は極力避けましょう。夏場などでも冷たいものを取ると体が冷えます。冷たいものを取りたくなっても、できるだけ常温に近いものを取ることが望ましいです。

体を温める方向に持っていく食べ物も色々ありますが、その代表格が「ねぎ」と「しょうが」です。基本的には、冬に旬の時期を迎える食品は体を温める効果があるものが多いです。冬が旬の食材を食べるとよいでしょう。

しかし、夏場にも関わらず、旬でない冬食材にこだわる必要はありません。無理のない程度で大丈夫です。ねぎやしょうがは一年中手に入りますので工夫して摂取するとよいでしょう。

また、なるべく添加物のない自然食品を取るようにします。胃や腸に負担をかける刺激物などは避けましょう。胃や腸が弱ると体調を崩す原因にもなります。妊娠超初期でもつわりがある人などで偏った食生活になる人がいます。

また、食生活に不安のある方は、サプリメントで栄養を補うようにしましょう。特に、妊娠を意識している女性には葉酸が必要ですので、葉酸と合わせてご自身に不足がちな栄養をまかなえるものを選ぶようにしましょう。

関連記事
>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

できるだけバランスの摂れた食事が重要です。食生活を軽視している人の中には、お腹が空いたらすぐにお菓子などで空腹を満たそうとする人がいますが、砂糖は体を冷やす、寒気を感じる原因になりますので、注意しましょう。

夏場でも体を冷やさない

寒い時期にインナーを重ね着する人は多いですが、夏場などはどうでしょう?外気が熱いのでどうしても肌を露出して少しでも体を涼しく感じるようにする人が多いのではないでしょうか。

真夏にインナーや腹巻をするのはかなり辛いことかもしれませんが、夏場にスーパーの冷蔵庫からの冷気で寒気を感じたり、デパートや電車、バスでの冷房にヒヤッと寒気を感じることもあります。

夏場などは外気と室内の温度差が激しいですので、最初は暑くてもどんどん体が冷えてくることがあります。

外出先でも体温調節がしやすいように、薄手のカーディガンやストールなどをカバンに入れておくと重宝します。

体を冷やすと寒気にもつながりますし、急激な温度変化は自律神経の乱れにもなります。妊婦にとって冷えは大敵ですので夏場ほど寒気に対する対策を強化しましょう。

靴下の重ね履き、腹巻、カイロ、インナー、ストールなど工夫して寒気から体を守りましょう。たかが寒気と甘く見てはいけません。体を冷やすことは万病のもとで、母体にも胎児にも良いことはありません。

寒気だけで妊娠が分かる?

妊娠したいと熱望している人の中には、寒気だけで妊娠したかも!と分かる勘の良い方もいますが、全く意識していない人はまず無理な話です。妊娠を意識している人でも、寒気を感じたことのみを持って妊娠を確信する人はいないでしょう。

寒気だけで妊娠を判定せずに、他の症状や根拠に注目しましょう。様々な妊娠の兆候については、超妊娠初期を見分ける10の兆候と超妊娠初期の基礎で詳しくご紹介しています。

一番確実なのは、妊娠検査薬です。妊娠検査薬も生理予定日から1週間ほど過ぎたあたりでないと判定できませんが、早期妊娠検査薬という微量のホルモン変化で妊娠を判定できるものもあります。

基礎体温もずっと計測していれば妊娠判定に役立ちます。排卵で低体温になった後、高温期に上がって高温状態がずっと続いている状態で寒気の兆候があるなら、妊娠判定の信頼性が高まります。

寒気がある、頭痛がする、腹痛がする、なんとなくだるいというような兆候だけで妊娠を判定するには限界があります。1週間か2週間ほど待ってみて改めて検査することが大切です。リラックスして待つよう心がけましょう。

寒気だけの兆候で産婦人科を受診するには時期が早すぎます。もし、妊娠していない場合でも今後のために基礎体温を是非つけてみましょう。

関連記事
>>基礎体温の計り方と妊娠超初期の基礎体温の変化

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる