妊娠中期に尾てい骨が痛い!坐骨の痛みとの違いや対策について

妊娠中期に尾てい骨が痛い!坐骨の痛みとの違いや対策について




妊娠中期に入り安定期を迎えたことで、ママさんもリラックスしながら過ごす日々が多くなります。

しかし、そういった毎日を過ごしていく中で尾てい骨が痛いと感じることが増えるママさんもたくさんいます。

妊娠中期にはお腹が大きくなるだけでなく、妊娠初期の段階から赤ちゃんを守るため、お尻の周りや腰回りなどに脂肪がつきやすくなりますが、このような重みから尾てい骨が痛くなるのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠中期に尾てい骨が痛いのはなぜ?
・尾てい骨と坐骨の痛みの違いは?
・妊娠中の尾てい骨の痛みを和らげる方法は?

といった方に、妊娠中期に尾てい骨が痛くなってしまう原因や対策、また尾てい骨の位置そのものについても詳しくご説明します。

Kirala Kirala

そもそも尾てい骨ってどこ?

そもそも尾てい骨ってどこ?

尾てい骨の位置を知らずに勘違いしているママさんも少なくありません。椅子などに座った際にお尻の下に手を入れてみましょう。

そうすると太ももの付け根あたりにお尻をしっかりと支えている骨がありますが、これは尾てい骨ではありません。

この骨を尾てい骨だと思っているママさんも多いようですが、これは尾てい骨ではなく坐骨というものです。

尾てい骨は、お尻の割れ目部分の終点のぽこんと出ている骨です。坐骨と坐骨の中心部分、そして少し骨盤側に入り込んだ場所に存在しています。

多くのママさんは坐骨の痛みを感じている

多くのママさんは坐骨の痛みを感じている

尾てい骨の位置そのものを勘違いしているママさんも多く、尾てい骨が痛いと思っていたら妊娠中期の痛みは坐骨の痛みだったということもあります。

以下のような症状があらわれている時には尾てい骨ではなく、坐骨の痛みがほとんどです。

座ったときに痛む

椅子に腰掛けた際や、その他にも床などにゆっくりと座った際に長時間座っているとお尻が痛くなってくるのは、尾てい骨ではなく坐骨が痛くなっていることが多いです。

長時間に渡って座っていると痛みが引き起こされるのですが、それだけではなく硬い素材の椅子などに座った場合には、比較的短時間でも痛みが出てくることがあります。

体勢を変えることによって痛みが楽になるということがほとんどで、長時間にわたって痛み続けるようなことはありません。

寝起きに痛む

今まで眠っていて寝起きの状態から立ち上がる際に痛みが生じ、その後しばらくの間、ジンジンと痛んでしまうのも基本的には坐骨の痛みです。

寝起きはそれまで体が活発に働いておらず、起き上がる段階で坐骨にかかる圧力が非常に大きくなります。これが原因となって痛みが生じてしまうことがあるのです。

お手洗いで痛む

お手洗いなどに座っている際にも、坐骨が痛むことがあります。便秘が続いているときや、ひどい下痢をしていて急いでお手洗いに入ったときなども痛むことがあります。

このような痛みは、基本的に尾てい骨ではなく鎖骨が痛いんでいますので、尾てい骨の痛みと間違えないようにしましょう。

尾てい骨が痛いときの症状は?

尾てい骨が痛いときの症状は

さて、それでは尾てい骨が痛む時にはどのような症状があらわれるのでしょうか。坐骨の痛みと間違えないためにも詳しい症状を知っておきましょう。

骨盤内部がムズムズ、チリチリする

何となく骨盤の内側がムズムズ痛いと感じることや、チリチリした痛みが出てくるケースが多いです。

寄りかかるとお尻が痛い

椅子などに寄りかかるとお尻の後ろ側が痛むのは、尾てい骨の負担が大きくなっており、痛みが出ている場合が大半です。

動くと痛い

動き始めに痛むことが多く、短時間でジッとしているのであれば、ほとんど痛みは感じません。

妊娠中期に尾てい骨が痛む原因は?

妊娠中期に尾てい骨が痛む原因は
では、妊娠中期に尾てい骨が痛むのはなぜなのか見ていきましょう。

姿勢の悪さ

尾てい骨は姿勢が悪いために痛むことがあります。その時の体勢に関わらず、お尻の内側がムズムズ痛いと感じることや、チリチリ痛むと感じることがあります。

極端に強い痛みが続いてしまうようなことはなく、なんとなく痛いと感じる程度の痛みがしばらく続くことが多いです。

子宮を支える靭帯の影響

お尻の痛みとともにお腹が張るような感覚や、お腹の痛みを覚えるようなこともあります。妊娠中期のママさんは、大きくなった子宮を支えているために靭帯が伸びている状態となります。

そのため、この靭帯が伸びることによって筋肉そのものが痛み、これが尾てい骨を圧迫してしまうことや、炎症を起こした靭帯が尾てい骨に近づくことによって痛みが生じます。

こちらについても極端な痛みではなく、ジンジンとお尻の内側で圧迫されるような痛みが続くケースがほとんどです。

卵胞ホルモンによる骨盤の歪み

妊娠中期のママさんは、卵胞ホルモンがたくさん分泌されています。この卵胞ホルモンは、大きくなった子宮をしっかりと支えていくために骨盤を緩める働きを持ちます。

そのため、骨盤が少々歪んでしまうことによって、尾てい骨に痛みが出ることもあります。

大きくなってきた子宮や、その他周りの筋肉などを尾てい骨が支えていますが、骨盤内部に歪みが生じることで、尾てい骨にかかる力が強くなってしまい痛みが出てしまいます。

こんな痛みは病気の可能性もある

こんな痛みは病気の可能性もある

尾てい骨の痛みは基本的には強いものそして瞬発的なものではありません。ある程度ムズムズとした痛みやジンジンとした痛みがしばらく続くことになります。

人によっては伸びた靭帯や、大きくなった子宮に圧迫されてしまい、一日中痛みを感じることもあります。

しかし、妊娠しているからこその痛みではなく、その他腫瘍や病気が原因で尾てい骨が痛いと感じることもあります。それはどのような時なのでしょうか。

座った瞬間の強い痛み

座った瞬間に骨盤内部に強い痛みが走るようなときは、妊娠中期のママさん特有の原因ではなく、他の原因が考えられます。

歩き始めの強い痛み

動き始めて足を動かした瞬間に、尾てい骨に強い痛みが走るときにもやはり病気などの原因が考えられます。

瞬間的に強い痛みを伴う場合には病気を疑った方が良いです。また、このとき疑われる病気については、

・糖尿病
・膠原病
・骨粗鬆症

の可能性が考えられます。

妊娠中期の尾てい骨の痛みが座骨神経痛の場合もある

妊娠中期の尾てい骨の痛みが座骨神経痛の場合もある

妊娠中期の尾てい骨の痛みに関しては説明した通りですが、非常に強い痛みを伴ってしまう原因の一つに坐骨神経痛があります。

こちらは尾てい骨の直接的な痛みではありませんが、あまりにも痛みが強すぎるため、お尻から足の付け根部分の全てが痛いと感じてしまうことになり、結果的には尾てい骨が強く痛んでいると誤解してしまうママさんもいます。

涙が出るほどの痛み

坐骨神経痛になってしまった場合にはどのような体勢をとっていても、涙が出てくるほど強い痛みを伴うことになります。

座っていても横になっても強い痛みを伴いますので、尾てい骨全体が極度に痛み、身動きが取れなくなってしまうという感覚を覚えるママさんもいます。

痛みとともに痺れが出る

強い痛みが生じるだけでなく、痛みとともに痺れが出てしまうのも坐骨神経痛の大きな特徴です。

坐骨神経というのは、足の付け根部分から足に向かって伸びている神経ですが、これは骨盤内部から伸びている神経ですので、痛みが生じてきた場合には尾てい骨が痛んでいると勘違いしてしまうのも仕方がありません。

検査がしにくい

痛みの感じ方や痛みが生じている部位によっては、坐骨神経痛だということを診断しなければなりません。

しかし、妊娠中期のママさんはX線をはじめとして、MRIなどを撮影することは基本的に避けた方が良いとされています。

そのため、妊娠中期にこのような検査を拒むママさんの場合には、詳しい検査が行えず、坐骨神経痛だといった診断が難しくなってしまうこともあります。

坐骨神経痛だった場合は表面から診断ができるものではありませんので、「もしかしたら坐骨神経痛かもしれない」といった診断や、「坐骨神経痛の可能性が高い」といった診断になります。

坐骨神経痛に関しては、耐え難い痛みに襲われてしまうことになりますので、妊娠中期のママさんでも安全に服用することができる痛み止めなどを用いることがあります。

長引くことが多い

坐骨神経痛は妊娠周期に関わらず痛みが長引いてしまうことが多く、ライフスタイルや体重などによって産後も続いてしまうことがあります。

痛みが長引くだけでなく、非常に強い痛みを伴いますので、あまりの痛みから吐き気をもよおしてしまうママさんも少なくありません。

足を引きずらなければ歩けないほどの痛みが出てくるので、クリニックを受診した際の診断もおそらく坐骨神経痛だろうということになるケースが多いです。

妊娠中期の尾てい骨の痛みを和らげる方法

妊娠中期の尾てい骨の痛みを和らげる方法

特に病気や腫瘍などの心配がなく、妊娠中期に尾てい骨が痛い場合は少しでも痛みを和らげる方法を取り入れていくと良いです。以下でその方法をご紹介していきましょう。

サポート力の強い腹帯をする

柔らかい素材で作られていて、なおかつ圧迫感の少ない腹帯をしていると、場合によってはサポート力が弱く、尾てい骨の痛みにつながってしまうことがあります。

そのため、サポート力の強い腹帯を使用してみましょう。背中側に関してはコルセットのようにすっぽりとお尻までをホールドし、さらにお腹側の締め付けが弱いものを選ぶと良いです。

座る際には専用クッションを使う

座る際には必ず専用のクッションを使ってみるという方法もあります。

円座クッションなどと呼ばれるものになりますが、尾てい骨の痛みを和らげるため、妊娠中期のママさんに向けて販売されているクッションがありますので、活用してみましょう。

少しずつストレッチを取り入れる

急に体を動かしてしまうと痛みがひどくなることが考えられます。そのため少しずつで構いませんのでストレッチを取り入れていきましょう。

股関節をはじめとして足の付け根部分に良いストレッチを取り入れることで、子宮を支えている靭帯への負担なども軽減されていきます。

痛み止めを飲んでも良いの?

痛み止めを飲んでも良いの
尾てい骨の痛みを感じている毎日は、とても辛いものとなってしまいます。痛みを軽減させるためにお薬を飲んでしまいたいと思うこともあるでしょう。

しかしクリニックで受診した後、必要に応じて処方されたお薬でなければ独断で服用するべきではありません

妊娠中期のママさんが痛み止めなどを服用することによって、赤ちゃんに悪影響を与えてしまうこともあります。

痛み止めそのものが赤ちゃんに悪影響を与える心配はあまりありませんが、栄養成分の吸収率が低下してしまうことや、副作用などが考えられます。

どうしても痛みに耐えられない場合には、まずクリニックに出向き、痛み止めを処方してもらいましょう。市販の痛み止めなどを服用してしまうのは避けてください。

尾てい骨の痛みはどのくらいで治るの?

尾てい骨の痛みはどのくらいで治るの

尾てい骨の痛みを感じ始めた場合には、どのくらいで痛みが治っていくものなのでしょうか。基本的には薬などを使用せず、ご紹介した工夫を取り入れながら痛みが引いていくのを待つしかありません。

最低でも一ヶ月は痛いケースが多い

単純に尾てい骨の痛みだけであっても、最低一ヶ月は見ておきましょう。

それまで靭帯にかかっていた負担や、その他にも骨盤のゆがみなどが生じている場合には、いくつかの対策を取り入れながら一ヶ月程度で痛みが軽減していくケースが多いです。

人によっては数ヶ月

坐骨神経痛になってしまった場合をはじめとして、人によっては二ヶ月から三ヶ月程度で痛みが減っていくケースもあります。

必ずしも一ヶ月程度で痛みが治っていくわけではありません。長引いてしまう場合には痛みでストレスを感じやすくなりますが、できるだけ対策を取り入れながら、ゆっくりとしたストレッチなどを心がけていきましょう。

極端に炎症が起きていて、とても痛い状況でなければお風呂でゆっくりと温まることも痛みを軽減するための得策になります。

ただし、炎症が起きていて非常に痛みが強い場合には、温めることによってさらに痛みが強くなってしまいますので、まずは湿布などを用いて冷やしていくのが一番になります。

お腹まで冷やしてしまうのはよくありませんので、アイスノンなどを使って冷やすことは避けましょう。

尾てい骨の痛みは姿勢を意識して緩和しましょう

尾てい骨の痛みは姿勢を意識して緩和しましょう

妊娠中期に痛みが出てしまうと、ただでさえお腹が大きくなり背中が反り返るような姿勢となるので、なかなか痛みが治らずに辛い思いをすることもあります。

日頃からの姿勢をしっかりと意識して、できる限り痛みを緩和していきましょう。背中を伸ばしているつもりが、背中を反り返らせた状態で立っている、または座っているママさんも少なくありません。

背中は尾てい骨に対しまっすぐ伸びるような状態で、姿勢を正すことを心がけてみてください。

椅子に座る際に斜めに寄りかかるような姿勢をとってしまうと、尾てい骨の痛みが出やすくなります。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる