妊娠中期の冷えはママにも赤ちゃんにも悪影響?冷えの原因と対策

妊娠中期の冷えはママにも赤ちゃんにも悪影響?冷えの原因と対策




女性の冷え性はよく聞きますが、妊娠中の冷えはあなどれません。「私ってもともと冷え性だし」なんて軽く考えていると、ママの体だけじゃなく赤ちゃんにまでも悪影響を与えてしまいます。

寒い冬の時期はもちろん、夏場はクーラーやエアコンで体の芯まで冷やしてしまうこともあります。冷えた体ではお腹の赤ちゃんも元気に育ちません。

とくに妊娠中期に体を冷やすと、冷えが原因で出産や産後に思わぬトラブルを招くこともあります。

まずママの体から冷えをなくして、ママも赤ちゃんも快適な妊娠生活が送れるような体づくりをしましょう。

そこで今回は、

・妊娠中の冷えはどんな悪影響があるの?
・妊娠中期に冷える原因を知りたい!
・妊娠中期の冷え対策とは?

といった方に、妊娠中期の「冷え」の原因や対策について詳しくご説明します。

関連記事
>>妊娠中期の貧血は酸欠が原因!?対策や予防策ってあるの?
>>妊娠中期の血糖値に要注意!高血糖の危険性と予防策について
>>妊娠中期に足の付け根が痛むのはなぜ?予防することはできる?

Kirala Kirala

そもそも「冷え」とはどういうもの?

そもそも「冷え」とはどういうもの

「冷え性」とは、手や足といった体の先端部分がいつも冷たいと感じる状態、つまり抹消血管の血行障害をいいます。

東洋医学には「冷えは万病のもと」という言葉があるように、冷えを改善せずそのまま放っておくと、いずれさまざまな病を引き起こす原因になるといわれています。

肩こり・肌荒れ・貧血などは、血行が悪いために起きるわかりやすい症例です。

そもそも人間には、細胞が働きやすい体温である約37度に保つ性質があります。ですが、冬場の屋外やクーラーのききすぎた部屋などで温度が下がると、体の中心の体温をなんとか維持しようと、表皮や手足の毛細血管を収縮します。

毛細血管を収縮して血流を低下させることで、体の中の熱を逃がさないようにするのです。そして、この状態が長く続いてしまい症状が固定化されると「冷え性」となってしまいます。

冷え性のママのほとんどは、手足だけでなくお腹も冷えると感じています。手足がいつも冷たい・低血圧または貧血気味・肩こりや偏頭痛・肌あれ、くま、くすみが目立つ・疲れやすい・顔色が悪い、など自分に当てはまるものがあれば冷え性かもしれません。原因を取り除いてしっかり対策をして、冷えにサヨナラしましょう。

妊娠中期のママが冷える原因は血行不良

妊娠中期のママが冷える原因は血行不良

女性は妊娠することで体質が変わることもあります。もともと冷え性のママに限らず、「妊娠してから冷え性になっちゃった」というママも少なくありません。

いずれにしても、「冷え」の大きな原因は血行不良です。体の中を巡っている血液がちゃんと循環できていないため、心臓から離れたところまで充分に血液が行きわたらずに手足が冷えてしまうのです。

また妊娠中期にもなると、ママのお腹は大きくなっていきます。その大きなお腹で立ったり歩いたりするには、お腹を突き出すような姿勢でバランスをとることになります。

この姿勢は骨盤に負担をかけて、骨盤まわりの筋肉が緊張して硬くなり、血液の流れを妨げてしまいます。その結果、血流が悪くなり血行不良になりやすくなってしまいます。

女性ホルモン・自律神経の乱れ

女性は、妊娠すると女性ホルモンの分泌量が乱れてホルモンバランスが変化します。そしてホルモンバランスが変化することで、自律神経のバランスも乱れやすくなります。

自律神経の乱れは、血管を収縮させて血液の流れを悪くすることがあります。

自律神経のバランスは不規則な生活やストレスなどによっても崩れやすいので、規則正しい生活を送り、ゆったりとした気持ちで過ごせるよう心がけましょう。

体の冷やしすぎ

冬場は寒くないように気をつけますが、夏場はついつい冷やしすぎてしまいがちです。たとえばクーラーやエアコン、設定温度は何度になっていますか。

外の暑さから室内に逃れて涼しい部屋でホッと一息はいいのですが、あまり長時間涼しい部屋にいると体が冷え切ってしまいます。

落ち着いたら設定温度を上げる、靴下やひざ掛けを着用するなど、ママの体を冷えから守る工夫をしましょう。

また、暑いときの冷たい飲み物は喉越しもよく美味しいものですが、冷えた部屋での冷えた飲み物はよくありません。お腹に赤ちゃんがいる間はどうぞ、あたたかい飲み物で喉を潤してください。

運動不足

妊娠中はどうしても運動不足になるため、全身の筋肉量が減ってしまいます。筋肉が減ると筋肉を動かすことで得られる発熱が少なくなり、血流も悪くなるので冷えやすくなります。

妊娠初期は流産などの危険性から、あまり激しい運動するのはよくありませんが、妊娠中期になって安定した時期なら、ある程度の運動をすることが母体にも赤ちゃんにもプラスになります。

参考記事>>運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

「冷え」が与えるママへの悪影響

>「冷え」が与えるママへの悪影響

冷えは、百害あって一利なしです。妊娠初期のママはつわりがひどくなることもありますし、妊娠中期に入ったママでもつわりが治まっていなかったり、腰痛や便秘に苦しんでいたり、手足がむくんだりという症状がでます。

お腹も張りやすくなってしまうので注意が必要です。妊娠中期であまり頻繁にお腹が張ると、切迫流産や切迫早産をおこす心配もでてきます。

また、冷えから体温が低くなると、免疫力や自己治癒力が低下して風邪をひくなど体調を崩しやすくなります。

「冷え」が与える分娩への悪影響

冷え」が与える分娩への悪影響

体が冷えてしまっていると難産につながる可能性もあがります。

冷えは子宮の筋肉までも冷やしてしまうので、弱い陣痛になってしまうためです。陣痛というのは、強いほど子宮も収縮して子宮口の開きが良くなり安産になるのです。

つまり、陣痛が弱いということは子宮の収縮も弱いということで、子宮口がうまく開かずに陣痛が長引き、出産に時間がかかる難産になってしまうということです。

さらに体が冷えることで痛みに敏感になるため、陣痛がよけいに辛く感じるものとなってしまいます。体の冷えは、安産と難産を分ける重要なポイントとさえいわれています。

「冷え」が与える赤ちゃんへの悪影響

冷え」が与える赤ちゃんへの悪影響

冷えはママだけの問題ではありません。お腹が冷えている状態では赤ちゃんも居心地が悪いのです。しかも、冷えから血行不良になっていれば、赤ちゃんが育つのに最適な場所ともいえなくなってきます。

まず、子宮が冷えることで、赤ちゃんは温かい場所を探してお腹の中を動き回るため、逆子になる可能性があります。

そして、血行不良から赤ちゃんに充分な栄養を与えてあげることができなくなり、早産や流産になる危険性もでてきます。

また、常位胎盤早期剥離や低出生体重児といったリスクも上がってきますので、ママのお腹が冷たい状態というのはどうしても避けなければなりません。

お腹の赤ちゃんは、ママのお腹の中が温かくて居心地が良ければのんびりしているので胎動もゆっくりです。

しかしお腹の中が冷たいと、赤ちゃんはお腹の中で激しく動きます。胎動に注意して、いつもと違う動きをしたときは冷えを疑って、温かくするように心がけましょう。

冷えをなくす対策

冷えをなくす対策

では、妊娠中期に起こりやすい「冷え」を解消するためのポイントについていくつかご紹介します。

温かい服装にする

冷えを改善する服装のポイントは、心臓から遠い下半身を温めるものを着ることです。

特にふくらはぎは大事で、ここを温めることで、つま先に向かう血液と心臓に戻ろうとしている血液の両方を温めることができます。

ということで、ふくらはぎを温めるレッグウォーマーやハイソックス、お腹まで暖かくしてくれるマタニティーレギンスなどがオススメです。

温めることで循環が良くなり、むくみの予防や解消にも役立ちます。また、体を締めつけて血流を悪くする下着や服は避けて、ゆったりとした服装にしましょう。

夏場のクーラーやエアコンにも注意して、少し寒いと思ったら靴下の重ね履きをしたり、カーディガンやひざ掛けを掛けられるように普段から準備しておきましょう。

関連記事
>>マタニティウェアはこう選ぼう!購入のポイントやタイミング
>>マタニティウェアはここで買おう!!人気の通販サイト5店

入浴と足湯で温める

体を芯から温めて冷えを治すには、熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることです。

ただ、妊娠中期に入るとお腹も大きくなってきますので、シャンプーするにも体を洗うにも動きにくくなって時間がかかります。

あまり長時間になってのぼせたりしないよう注意してください。コップ1杯の水を持ち込んで、途中で飲みましょう。

簡単な方法としては足湯もオススメです。バケツや洗面器、できれば発泡スチロールの深めの箱などが利用できると、お湯が冷めにくいのでおススメです。そこに天然塩やバスソルトを入れて、さらに日本酒を入れれば効果大です。

参考記事>>妊婦さんに温泉っていいの?温泉選びと入浴時の注意点とは?

全身ぽかぽかになる足のツボ・三陰交

足の内側のくるぶしから、指4本分ほど上の方に「三陰交」というツボがあります。ここは冷えにたいへん効果がありますので、指で押したり温めたりするだけでも冷えが解消されます。

靴下を履くときは、この三陰交がすっぽり隠れるような長さのもので温めてください。足湯をするときも、この部分がお湯に浸かるような深さのものにすれば効果アップです。

ペットボトルにお湯を入れてこの三陰交に当てておくだけでもOKです。

軽い運動をする

妊婦さんはどうしても運動不足になりがちですので、運動不足からくる血行不良も大きな原因と考えられます。

毎日10分でも15分でもいいので時間を決めて、散歩がてらウォーキングをするようにしましょう。

軽い運動は血行不良の解消にもなり、ストレスの発散にもなります。ウォーキングは妊娠初期でも推進されていますので、妊娠中期に入ったら少し時間を伸ばしたり筋トレを取り入れるなどして実践していきましょう。

またマタニティヨガは室内でできるので、時間がないママや出不精のママでも、時間を選ばずに行えます。生活にリズムをつくって気持ちよく過ごしましょう。

参考記事
>>妊娠初期のウォーキング!楽しむコツと注意点を知っておこう
>>運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

椅子に座って行う簡単なストレッチ

とある番組でも紹介された、とても簡単なストレッチです。

まず椅子に座って両足を軽く前に出し、そのままの姿勢でつま先立ちするようにゆっくりとかかとを上げて戻す、これだけです。

このストレッチを、軽い冷え性のママなら3~4分、できるようなら10分もやればかなりの効果が期待できます。

血流の速さが10倍以上になって、ひどい冷え性の人でも足先がポカポカになり、一般的な冷えにいいとされるストレッチより圧倒的に効果が出る方法です。

テレビを見ながらでもできる簡単なストレッチなので、冷えに悩んでいるママはぜひ試してみてください。

生姜(ショウガ)でポカポカに

体を温める食材といえば、やはりショウガです。生姜に含まれるジンケロールには血管を広げる役割があるので、指先や足先といった心臓から遠い体の先端部分にまで血液をめぐらせてくれます。

また、殺菌作用や免疫力を高める働きや、胃腸を活発に動かす働きもあるので、体の中から健康にして温めることができます。こんなに重宝なショウガを使わない手はありません。

ショウガは一度にたくさん使うことがないため、使い切るのも保存するのも大変で、毎回すり下ろすのも面倒です。

今はチューブ入りのものもあって使い勝手はいいのですが、やはり生ショウガとは香りも味も違います。

そこで、まとめてすり下ろしておいて、製氷皿に流し込んで冷凍保存しましょう。固まったものはフリーザーパックに移して密封しておけば、長期間保存できてすぐに必要なだけ使えます。

また、ショウガを薄くスライスして天日干しして乾燥させ、フードプロセッサーなどで顆粒状にして保存するのもオススメです。

日に干して使うとショウガの効能もアップしますので、妊娠中期の体が動けるうちにたくさん作って保存しておきましょう。

体が冷えない食事を心がける

体が冷えない食事を心がけることも冷え対策には大切なことです。体が冷えない食事にするには食材を選ぶ必要があります。

そこで、南国の食べ物や夏が旬の食べ物は身体を冷やし、寒い地方でとれる食べ物や冬が旬の食べ物は身体を温めてくれると覚えておいてください。

また、赤・黒・オレンジの食材は体を温めてくれるといいますので、ゴボウやニンジンやレンコンなどの根菜類を積極的に食べるようにしましょう。

なるべく和食中心の食事をするようにして、大根やニンジンなどの根菜類がたっぷり入った味噌汁などで体を温めて、パンよりもご飯を食べるようにするのがオススメです。

甘い物が欲しくなったら、果物がのったケーキよりも、小豆を使ったぜんざいや羊羹などをつまみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる