妊娠中期に高熱は危険?赤ちゃんへの影響と薬に頼らない風邪対策

妊娠中期に高熱は危険?赤ちゃんへの影響と薬に頼らない風邪対策




妊娠前はちょっと無理をしてでも大丈夫。と放っておいたものが、妊娠すると途端に不安要素が増え悩むママは少なくありません。

お腹に赤ちゃんがいることもあって、対応策が今までと変わってしまうからです。風邪による高熱もその1つ。

特に、安定期に入り外出することも多くなる妊娠中期は、風邪のウィルスにも遭遇しやすくなります。

普段であれば薬を飲んで治すところですが、赤ちゃんのことを考えると軽い気持ちで飲めません。しかし、放っておいてこじらせるのも避けたいところです。

そこで今回は、

・妊娠中期に高熱が出てしまった!お腹の赤ちゃんは大丈夫?
・病院に行くのも大変だから、市販で売ってる漢方薬なら飲んでも安全?
・妊娠中の風邪対策を教えてほしい!

といった方に、妊娠中期に高熱が出た時の赤ちゃんへの影響や風邪の対処法について詳しくご紹介します。

関連記事
>>妊娠中の風邪予防!うがい薬や薬用石鹸の使用はあり?なし?
>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

スポンサードリンク

妊娠中期も注意したい風邪

妊娠中期も注意したい風邪

妊娠初期、妊娠後期の高熱は注意が必要です。個人差はあるものの、初期の場合には、つわりの症状もあって食事を十分に摂取できず、寝込んでしまったり、後期であれば子宮収縮が起こり、切迫早産になる恐れもあるからです。

では、妊娠中期は風邪に注意する必要はないのかといえば、そんな事はありません。やはり、体調が安定している妊娠中期でも、免疫力が低下していることに変わりはないので、風邪を引きやすいです。

高熱が出てしまった場合には赤ちゃんへの影響も心配されます。また、妊娠中期は旅行など外出する機会も増え、風邪のウイルスをうつされてしまう可能性も高いです。

そのため、手洗いうがいをきちんと行い、予防を徹底することが大切です。

風邪による高熱に注意!

妊娠中の高熱に注意といわれると、通常の風邪と違う症状が出てしまうのかと思いますが、妊娠中に風邪を引いても、基本的に症状は同じです。

喉の痛みや身体のだるさから始まり、体内に侵入してしまったウイルスを出そうと咳やくしゃみ、鼻水などの症状が起こります。

しかし、注意したいのは発熱です。37度前後の微熱であれば妊娠中であっても2~3日、安静にしていれば心配ないですが、問題は38度以上の高熱の場合です。

動くのが億劫になるほど身体がだるくなり、食欲も落ち、酷い場合には嘔吐することもあるので、高熱が出た場合には早めに受診することが大切です。

高熱による赤ちゃんへの影響

高熱による赤ちゃんへの影響

たとえ風邪だとしても、免疫力の低下を理由に、妊娠中のママは1度風邪を引くと治りにくいです。さらに、高熱が出ると衰弱の心配もあります。

それと同時に心配になってくるのが赤ちゃんへの影響。様子が目で見てわからない上に、ママ自身が苦しいことを考えると、お腹の中にいる赤ちゃんは、もっと苦しそうなイメージがあります。

実際、高熱が出てしまった場合、赤ちゃんにはどのような影響が考えられるのでしょうか。

38度以上は要注意

お腹の中の赤ちゃんの体温は、胎児自身の代謝熱の生産や子宮への血流量、母体の体温によって左右するとされています。その中でも、大きな影響を与えるのが母体の体温です。

赤ちゃんにも代謝熱があるので、基本的には赤ちゃんの皮膚や臍帯から胎盤を通じ、熱を母体や羊水に放射して赤ちゃんも体温調節を行うことができます。

通常の赤ちゃんの体温は36.5~37.5度程度と、ママよりも少し高い体温を維持しています。ですが、38度を超える発熱が何日も続くと羊水の温度も上がり、赤ちゃんへ影響が出てしまう恐れがあります。

軽度の熱であれば問題ありませんが、ママが高熱だとそれも難しくなってくるので、早めに病院を受診しましょう。

咳をこじらせると酸欠になる場合も

風邪をこじらせて高熱になると、体温だけではなく咳をすることも問題になります。特に激しい咳は腹圧がかかり、お腹が張って、赤ちゃんにも十分な酸素を送れなくなる恐れがあります。

咳が酷くなると、ママは息がしずらく、酸欠状態になりやすいです。赤ちゃんはお腹にいる間は、胎盤から臍の緒を通じて、血液から酸素を得ています。

そのため、ママが酸欠になると血液の酸素濃度も低下し、赤ちゃんにも影響が出ます。また、酸欠だけでなく切迫早産や流産のリスクが高いママは、妊娠中期でも注意が必要で、咳が酷くなる前に対処することが求められます。

上記のように、赤ちゃんへの影響が心配される一方で、ママが高熱であっても、お腹の赤ちゃんには影響がないという見方もあります。お腹にいる間は羊水の中にいて、適度な体温が維持されているためです。

しかし、風邪だけでなく感染症にかかって発熱することもあるので、安心はできません。高熱が3日以上続く場合には我慢せず、病院を受診するようにしましょう。

病院は必ず行くべき?

病院は必ず行くべき

高熱が何日も続くようであれば、病院を受診して欲しいところですが、微熱(36度台)程度であれば病院にむやみに行く必要はない、という意見もあります。

理由としては、病院内は清潔を心掛けているとはいえ、病気の人がたくさん集まりますから、ウイルスや細菌も集中しやすい空間だからです。

軽い風邪で病院を受診したにも関わらず、診察を待っている間に、インフルエンザなど別の感染症をもらってしまう可能性もあります。

そのため、高熱の場合や、微熱や高熱が数日を過ぎても改善しないという場合を除き、自宅安静で様子を見る方が良いとされています。

とはいえ、微熱の基準は個人によってさまざまで、自己判断は難しいところです。風邪だと思っていたら、サイトメガロウイルスなど感染症である可能性もないとは言い切れません。

気付かずに放置していると、赤ちゃんに重度の障害が出たり、流産に繋がる恐れもあります。症状が酷い場合や微熱が長引いている時はもちろんですが、不安な場合には担当の医師に電話で相談するか、もしくは病院を受診しましょう。

参考記事>>赤ちゃんが危ない!妊娠中期のサイトメガロウイルスの予防法

ただし、病院へ行く場合にはマスクを必ず着用し、帰宅後は必ず手洗いうがいを忘れないで下さい。

何科を受診すれば良いの?

風邪による高熱となると、普段通りであれば内科を受診するところですが、妊娠中のママはかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

お薬を処方することになった場合、内科医だと妊婦さんに処方して良い薬を把握できていない可能性もあります。

その点、産婦人科は妊婦さん専門の外来なので、担当の医師であればママの普段の体調をしっかり把握しており、薬の処方の面でも安心です。

また、産婦人科から内科医、くしゃみなどの症状があれば耳鼻科医を紹介してくれる場合もあります。ただし、他の科を受診する場合には、紹介であっても妊婦さんであることを医師に伝えることが大切です。

判断に迷う場合には病院にすぐに行くのではなく、かかりつけの産婦人科に電話して指示を仰いでから、病院を受診しましょう。

風邪薬は飲まない方が良いの?

高熱であったとしても、風邪が原因とわかっていれば市販薬を使用しても良さそうですが、妊娠中に市販薬を服用するのは大変危険です。

母子手帳にも注意事項として書かれていることですが、市販薬の中には一般の人が使用する分なら問題ないものでも、妊娠中のママが使用することで、ママやお腹の赤ちゃんに害をもたらす成分を含んだ薬も販売されています。

そのため、自己判断で市販薬を服用するのは絶対止めましょう。薬を使用する場合には、病院を受診し、医師から処方してもらった方が赤ちゃんへの影響が低く安心です。

詳しくは、妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響の記事でご紹介しています。

ただし、医師に処方された薬であっても、用法用量を守って服用するようにしましょう。

漢方薬なら安心?

最近では、病院に処方してもらえても、赤ちゃんの薬の影響による心配から、漢方薬を服用するママもいます。漢方薬もまた、ドラッグストアなどで手軽に手に入りますが、市販薬と同様に自己判断で服用するのは危険が伴います。

原料が植物など天然の物なので、確かに市販薬より副作用の心配がなさそうですが、天然である分、体質に合わなかった場合には、アレルギー反応や体調を崩してしまう可能性があります。

そのため、漢方薬を使用したいと思っても、妊娠中は医師に相談の上、病院内にある漢方外来で処方してもらいましょう。病院側がママの体調や体質を把握しているので、赤ちゃんに影響の少ない、体質に合った漢方薬を処方してもらえます。

薬に頼らない風邪対策

薬に頼らない風邪対策

高熱、もしくは発熱が2~3日長引くのは、ママにとっても赤ちゃんにとってもよくありません。そのため、風邪を引いてしまった場合には早め早めに回復していくことがポイント。

高熱やこじらせることが一番良くないですから、母子の健康のためにも軽い症状のうちに回復するように努めていきましょう。市販薬の影響が心配になる妊娠中期に、薬を頼らない対策方法としては以下の通りです。

ただし、前述にもあるように微熱であるうちに何とかしたいので、症状に違和感や不安を感じる場合には我慢をせず、病院を受診しましょう。

一般的な対策で十分!

40度近い高熱や症状が長く続いてる場合など、その時の症状にもよりますが、妊娠中のママが風邪を引いてしまった場合でも、基本的には普段の風邪対策でも良いとされています。

ただし、市販薬の薬はNGです。一般的な風邪の対策としては、身体を温かくして、食べられる物を食べるなど栄養と水分をしっかり摂り、睡眠をしっかり摂るといったことが挙げられます。

発熱が見られれば、頭や首もとのリンパ節、脇の下を冷やすのも効果的です。また、熱が出てしまうと汗をかきやすくなると同時に脱水症状にもなりやすいので、水分補給を怠るとママにも赤ちゃんにも良くないです。

そのため、水分補給は小まめにするようにしましょう。水分を補給する際には、冷たい水より常温の水の方が良いです。

身体を温かくする食事を

バランスのとれた食事をすることも風邪対策の1つです。そんな食事の中でも、風邪に良いとされているのが、レモンやショウガなどの、身体を芯から温めてくれる食べ物です。

代表的なのは食欲がない時でも喉を通りやすい飲み物系で、ハチミツレモンや生姜湯、煎茶にすり潰した梅干を入れ醤油を垂らした梅醤油茶と呼ばれる、発汗作用を促す物もあります。

また、風邪を引きやすくなってしまうのは妊娠による免疫力の低下が原因ですから、ビタミンCを中心に補給しましょう。

体力をつける

高熱になる前に身体の回復を早めるには、妊娠前から風邪に負けない体力を作っておくことも対策です。そのためには、栄養バランスのとれた食事をしっかり摂り、不規則な睡眠をせずにゆっくり眠ることも大切です。

また、適度に運動をすることも大切になります。きちんと体力作りをしておくことで、風邪を引いても身体作りをしていないママに比べて回復のスピードが早いです。

義務感に囚われてストレスを溜めるのも身体に良くないので、自分のできる範囲で風邪に負けない、元気な身体を目指したいものです。

風邪を予防しよう

風邪を予防しよう

高熱にならないように対策をすることはもちろんですが、何よりの対策は風邪を引かないように予防することです。そのため、手洗いとうがいは必ず行いましょう。

また、殺菌力のある精油を、アロマポットやマグカップに注いだお湯に2~3滴精油を垂らして芳香浴をするのも、無菌状態にするのは難しいですがおススメです。

また、病院に行く時だけでなく、家族の中に風邪を引いた人が出た場合には、家の中でもマスクをしましょう。徹底する場合には、その人の風邪が治るまで、なるべく別室で過ごすことも予防になります。

妊娠中期はママが伸び伸びと過ごせる貴重な時期でもありますから、外出を絶対しないというのは無理があります。さらに、出不精も運動不足などの元になり、ママにとっても赤ちゃんにとっても身体に良くありません。

外出はストレス解消にも効果があります。予防法を怠らないようにしながら、外出を楽しみたいものです。ただし、外出をする場合には菌の集まりやすい人混みは、なるべく避けるようにしましょう。

また、高熱が母子ともに悪影響があるとはいえ、神経質になり過ぎるのも身体に毒です。先に挙げた対策法も効果には個人差があります。高熱に至らなくても症状が改善しない、不安がある場合には病院を受診するようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる