妊娠中期、嬉しいのに寂しい…寂しさはどんな時に感じるの?

妊娠中期、嬉しいのに寂しい…寂しさはどんな時に感じるの?




待望の赤ちゃんを授かり、数か月も経った妊娠中期にもなると、体調の変化とともに出産の不安や、出産後の育児に対する不安な気持ちも日に日に募ってきます。

また、社会から取り残されていくような不安な気持ちから、それを理解してもらえない寂しい気持ちも膨らんでくることが多くあります。

そこで今回は、

・旦那が帰ってくる夜中まで家に一人きり。今日は誰とも話してない・・・
・寂しさを紛らわすコツを教えてほしい!
・イライラして上の子にあたったり、悲しい思いをさせているかも。どう接してあげればいいか分からない。

といった方に、人によって気持ちの揺れ方や感じ方は異なりますが、妊娠中ではどのような時に“寂しさ”を感じることが多いのか、さまざまな事例をもとにしてご紹介します。

関連記事>>マタニティブルーの予防や不安の解消法

スポンサードリンク

妊娠中には、制約がたくさんあります

妊娠中には、制約がたくさんあります

妊娠期間は約10か月ありますが、つわりなどの体調が不調なことの多い妊娠初期の時期を過ぎて、安定期といわれる妊娠中期になっても、さまざまな制約はあります。

妊娠中期になると、体調は比較的安定してきますが、日に日に大きくなっていくおなかに、体の自由も徐々に効かなくなってきます。ですので、妊娠前のように自由に、しかも活発に動き回ることはできません。

ママご自身の健康と、赤ちゃんの発育状態を知る上でも、妊婦健診には定期的に行かねばならず、妊娠中は、自由になる時間は今まで以上にあるものの、自分の思うように動けないジレンマも出てきます。

その気持ちが“寂しさ”になってしまうのです。また、それまで趣味などで楽しめていたことも、内容によっては控えなければならないものが出てきます。

このように、妊娠中にはたくさんの制約がありますが、逆に、たくさんの楽しみもあります。

日に日に大きくなっていく赤ちゃんと、気持ちの上でも対話ができます。そして、何よりおなかの中に赤ちゃんがいる喜びは、かけがえのないママと赤ちゃんだけが共有できる時間です。どうぞ、楽しい時間を過ごしてください。

産休の方にとっての育休期間の寂しさ

妊娠前までは毎日仕事に追われ、忙しくしていた方も、妊娠が分かった時の喜びも落ち着き、妊娠中期にもなると、寂しい気持ちが強くなる方が多くいます。

家庭に入ってしまい、社会から取り残されてしまうように感じることからの寂しさや、会社の仕事が、自分がいなくても回っていることへの寂しさです。

また、自宅にいる時間も増え、今まで通り夜遅く帰宅するご主人を、ポツンと一人で待っていることが長いと感じ、ますます寂しい気持ちが募ってくることもあります。

その上、ご主人が会社のお付き合いなどで帰宅がさらに遅くなる場合には、とてつもない寂しさを感じる方も少なくありません。

妊娠前には、“1人の自由な時間が欲しい”と思っていた方であっても、妊娠中のゆったりした時間には、耐えられなくなってしまいます。

妊娠期間の寂しさを紛らわすためには、趣味など、自分の時間をゆったりと過ごせるものを見つけてみましょう。

妊娠中の体調の変化など、夫に理解してもらえない寂しさ

妊娠は、ご夫婦にとっても大きな喜びで、妊娠が分かった時には、出産の日を迎えるまで、お互いに同じ気持ちで妊娠期間を過ごせるような気がしています。

しかし、妊娠初期には体調が崩れ、気分がすぐれなくなった日が多い方でも、妊娠中期の安定期に入ると、体調も落ち着き、妊娠初期ほど周囲の人からの気遣いがないと感じる方もいます。

また、妊娠中期にはおなかも目立つようになり、さらに、大きくなるおなかも重く、疲れやすくなってもきます。ですが、家事は同じようにあり、やれる時間はあるものの、なかなか身体の自由が利かなくります。

しかし、パートナーであるご主人は、妊娠前と何ら変わらない生活をしてるので、辛い気持ちを理解してもらえず、寂しい気持ちになってしまうのです。

ママの微妙な体調の変化や疲れなどは、なかなかご主人に理解してもらうのは難しいかもしれませんが、妊娠期間中を楽しく過ごすためには、ご主人やご家族とのよいコミュニケーションが欠かせません

妊娠中によりよいコミュニケーションが取れる関係を作っておけば、出産後の育児や家事の大変さも、上手に伝えることができるようになります。また、困ったときのお手伝いもお願いがしやすくなります。

妊娠中から、寂しい気持ちも含め、ご主人やご家族には上手に伝えていきましょう。

妊娠中には、禁煙禁酒というけれど

妊娠する前までは、お酒を飲んだりタバコを吸ったりしていた方でも、妊娠が分かった時点で、おなかの赤ちゃんのことを考えてやめていた方は、いくら赤ちゃんのためとはいえ、なんとなく“口寂しさ”を感じたり、ストレスになる方もいます。

タバコには、ニコチンやシアン化合物、一酸化炭素など、有害物質も含まれており、タバコが赤ちゃんに与える影響は重大です。

タバコによって血管が収縮してしまい、血液中の酸素を低下させるなど、おなかの赤ちゃんへ運ばれる酸素量や栄養素も少なくなることが分かっています。

赤ちゃんへの影響を考えると、ママはもちろん、ご家族の方からの受動喫煙の害もけっして見逃すことはできません。これは、決して妊娠中に限ったことではなく、出産後の育児にも注意が必要なことです。

タバコや飲酒が赤ちゃんに与える影響については、妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響や、妊娠中の飲酒が胎児に与える影響と妊婦さんとお酒の付き合い方の記事にて詳しくご説明していますので併せてお読みください。

口がどうしても寂しくなってしまう方は、ガムをかんだり飴をなめたりするのも効果があります。また、好きなお茶を飲むこともよいでしょう。

その際には、貧血気味の方はできるだけ麦茶などにしたり、ルイボスティなどのカフェインのないものを選ぶのもおススメです。

妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選7種!の記事では、妊娠中におススメなお茶をご紹介しています。

また、妊娠中には、出産をスムーズに進めるためにも、出産後のママのからだを考えた上でも、妊娠中の体重管理も必要です。

糖分の取りすぎに注意したりしなければなりませんが、すべて、産まれてくる赤ちゃんのためですので、できる限り努力してみましょう。

妊娠中には、情緒も不安定になりがちです

妊娠中には、情緒不安定になる方も多いです。妊娠前まではおおらかで、比較的にのんびりしていた方でも、イライラすることが多くなる方がいる反面、逆に、やけに落ち込んだり、もの寂しく感じてしまったりする方もいます。

また、体調の変化とともに、気分の浮き沈みも激しくなったりします。いわゆる、マタニティブルーです。しかし、考え方を変えてみると、妊娠期間中は、おなかの赤ちゃんとゆったりした時間を過ごすことができる、とっても貴重な時間です。

たまには、外に出て自然を肌で感じたり、好きな音楽を聴いたりするなど、できる限りリラックスした気持ちで過ごしましょう。

関連記事>>マタニティブルーの予防や不安の解消法

ストレスは、ママだけではなく、赤ちゃんにも良い影響になりません。ママの心の安定は、赤ちゃんの健やかな成長にも欠かせないものです。

妊娠中の寂しさを紛らわすために

妊娠中の寂しさを紛らわすために

妊娠中には、情緒が不安定になり、妊娠前でしたら他愛ないことだと気にならなかったことでも、妊娠中には気持ちが落ち込んでしまったり、不安に思えて、寂しくなってしまったりすることもあります。

寂しい気持ちを紛らわすためには、赤ちゃんが産まれてから使うものを手作りしてみたり、好きな音楽を聴いたり、趣味を活かした時間を過ごしたりするなど、時間を上手に使うとよいでしょう。

赤ちゃんの病気の解説書や育児書ばかり読んでいると、おなかの赤ちゃんの様子や、出産後の育児のことが心配になって、逆にストレスを感じてしまいます。

ご主人との共通の趣味などを楽しんで、赤ちゃんが産まれるまでの2人の時間を、ゆったり過ごしていきましょう。

パートナーの方のフォローも大切なポイントです

妊娠中の方にとっては、おなかの赤ちゃんの成長も不安ですし、“無事に産まれてくるだろうか”と思いを馳せたり、出産後の育児に対する不安を感じたりなど、思い始めればキリがないほど、たくさんの思いが複雑に絡み合ってくる時期です。

また、妊娠中には体調の変化も著しく、どうしても不安定になりがちです。しかも、妊娠前までは1人で過ごす時間がなかった方でも、妊娠が分かった後では、1人で過ごす時間が増えてしまっている方も多いです。

それだけに、寂しい気持ちはどんどん膨らむ一方で、自分自身では、どうすることもできない状態になってしまうことも多くなります。

そんな時に心の支えとなるのが、やっぱりご主人の言動や、何気ない気遣いです。ちょっとした優しい気遣いの言葉があるかどうかだけでも、ママの気持ちにも変化が出ます。それだけで、寂しさも忘れるほど元気づけられます。

おなかに赤ちゃんがいる実感は、どうしてもご主人には伝わりにくいものです。一緒に妊婦健診に出かけてみてはいかがでしょう。一緒にエコー写真を見て、赤ちゃんの様子を語り合うのも楽しくなります。

また、妊娠中期になると、そろそろ胎動も感じられる頃になってきます。おなかに手を置いて、一緒に胎動を感じてみるのもご主人にとっても新鮮なことかもしれません。

一方、時には赤ちゃんからちょっと気持ちを離して、ご夫婦だけでゆっくりした時間を過ごすのもよいでしょう。一緒の時間を共有することで、おなかの赤ちゃんを“一緒に育てている”感覚が芽生え、寂しさも減るでしょう。

スキンシップをとることもおすすめです

妊娠中には、妊娠前と比べてみても、ホルモンのバランスも異なり、肌も敏感になってきますので、ちょっとした刺激も気になります。

大きくなってきたおなかを支えている腰の負担は、日に日に大きくなりますので、腰痛などのからだへの負担を感じている方もけっして少なくありません。また、足がむくんできたり、だるくなって眠れなかったりすることもあります。

その上、気持ちが沈んでいたのでは、ママにとっても、おなかの赤ちゃんにとってもよいことはありません。そんな時こそ、ご主人とのスキンシップは大切です。

肩や腰をもんでもらうなど、スキンシップをとることで、より親しく感じられます。さらに、ご主人と触れ合うことで、不安な気持ちも和らぎ寂しさも解消します。

上のお子さんがいる方は

2人目の妊娠など、赤ちゃんに兄弟姉妹がいるママは、妊娠中に寂しいと感じている暇もなく、育児とご自身の体調の管理、また、日に日に大きくなっていく赤ちゃんへの気遣いなどで、忙しい毎日になります。

しかし、それだからこそちょっと気にかけてあげないといけないのが、お兄ちゃんお姉ちゃんの“寂しい”気持ちです。今までママを独り占めしてきた上のお子さんにとって、赤ちゃんが産まれることは、大きな喜びである以上に、不安な要素であることも間違いありません。

まして、ママの体調の変化によるイライラを、すべて感じ取ってしまいます。赤ちゃんが産まれ、“お兄ちゃんやお姉ちゃんになる”ことへのうれしさの反面、寂しい気持ちは、どのお子さんでも必ず持つものです。

小さなお兄ちゃんお姉ちゃんの、そんな“寂しい”気持ちもしっかりと受け止めてあげましょう。できるだけ一緒に遊ぶ時間を持ってあげることで、お兄ちゃんお姉ちゃんの気持ちも落ち着きます。何より、ママの気持ちも安定することでしょう。

妊娠期間は、赤ちゃんといつも一緒にいられる大切な時間です

妊娠期間は、赤ちゃんといつも一緒にいられる大切な時間です

妊娠期間中には、人それぞれに、その大きさや感じ方には差があるものの、さまざまな“寂しさ”を感じています。その寂しさを上手に乗り越え、大きな“喜び”に変えていきたいものです。

赤ちゃんがおなかにいるときには、産まれてからでは感じることのできない、たくさんの不安がある分、それ以上に喜びもあるはずです。ママになったからこそ感じることのできる、からだの変化や気持ちの変化もあります。

赤ちゃんがおなかにいる喜びは、後からでは戻ることのできない、貴重なかけがえのない時間でもあります。また、初めての赤ちゃんを妊娠されている方にとっての妊娠期間は、ご主人と2人で赤ちゃんに思いを馳せながら過ごせる、大切な時間でもあります。

体調の変化など心配なことは、かかりつけの医師に相談したり、不安な気持ちや寂しい気持ちなどは、ご主人や親しいお友達、先輩のママに相談したりしながら、妊娠期間を楽しく過ごすようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる