妊娠中期に気分が落ち込む!もしかしてマタニティブルー?

妊娠中期に気分が落ち込む!もしかしてマタニティブルー?




初めての妊娠では不安になることがたくさんあります。赤ちゃんを授かって、うれしいはずなのに気分が落ち込んだり、前向きになれなかったりと、なぜかあまり調子が良くないという方もいるでしょう。

気分が落ち込んで上がらない、という症状が続く場合、もしかすると、それは「マタニティブルー」かもしれません。

そこで今回は、

・妊娠中期は安定しているはずなのに食欲がなくて眠れないのはなぜ?
・妊娠中期の食欲が抑えられない!
・マタニティブルーになる原因を教えてほしい!

といった方に、マタニティブルーとは何か、どのような症状が出るのか、改善方法などを詳しくご紹介します。

関連記事
>>妊娠後期に妊娠うつになる!?出産間近のうつの原因と対処法
>>出産後のイライラこれって産後うつ?産後うつの原因と予防策
>>マタニティブルーの予防や不安の解消法

スポンサードリンク

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは、うつ病の一歩手前、うつよりも少し軽い状態を指します。妊娠中の女性の多くが程度にかかわらず、このマタニティブルーを経験するとされています。

妊娠することで体に起こる変化についていけず、気持ちが不安定になるために起こりやすくなります。普通は、生理が近づくとイライラしたり、気分が落ち込んだりしますが、これはホルモンの作用によって起こる現象です。

そして、妊娠すると女性ホルモンが活発化して胎盤を作り、身体を守ろうとするため、この作用が強くなります。

これまでに体験したことのないような変化に戸惑ってしまい、それをうまく受け止められないことで、うつ症状が強く出てしまいます。

また、妊娠して幸せな気持ちばかりでなく、元気な赤ちゃんを産めるのかどうか、高齢出産であれば障害が出たりしないか不安と心配も増えます。

さらに、育児に対する不安や、義理のお母さんからのプレッシャーなど、妊婦さんにかけられる期待が逆にストレスとなって、ネガティブな気持ちが抑えられないことがあります。

妊娠・出産では、ポジティブな意見ばかりいわれたり、求められたりしますが、実際にはつわりや便秘、ホルモンの影響によるイライラや、産後は妊娠線など多くのトラブルに遭遇します。

その結果、幸せな気持ちよりも、妊娠生活と現実のギャップを大きく感じてしまい、うつ状態になる確率が上がるのです。

特に妊娠初期と妊娠後期にマタニティブルーやうつ病になることが多いですが、妊娠中期でも、体重管理などがうまくいかず気分が落ち込みやすい要因はたくさん潜んでいます。

性格的は関係なく、ポジティブな人でもなる可能性が十分あるので、自分は大丈夫と思っている方も症状があらわれたら注意が必要です。

マタニティブルーはどんな症状が出るの?

では、マタニティブルーになると、どのような症状が出るのでしょうか。主な症状として以下が挙げられます。

・理由もなく気分が落ち込む
・食欲がなくなる(もしくは過食になる)
・些細なことでイライラする
・訳もなく泣いてしまう
・今まで好きだったことに興味がなくなる
・どうしようもなく不安になる
・妊娠しなければ良かったと思う
・過眠(もしくは不眠)

このように、個人差はあるものの、精神的に不安定になって「うつ」と同じような症状が出ます。妊娠前には全然気にならなかったようなことで、気分が落ち込む場合もあります。

無事に赤ちゃんが生まれてくるかどうかや、きちんと育児ができるかどうか自信がなく、不安で仕方なくなるなど、情緒が安定しません。

些細なことでイライラしてしまうため、家族に当たり散らしたかと思えば、急に悲しくなって涙が出てきたり、何もかも嫌になって否定的に考えてしまうなど、感情の浮き沈みが激しくなるのが典型的な症状です。

それ以外にも、食欲がなくなったり、逆に食べ過ぎてしまったり、夜眠れなったり、眠りすぎて起きれなくなったりと生活のリズムが変わってきます。

今まで好きだった趣味に興味がなくなって、外出するのが嫌になる、身なりに気を遣わなくなるなどの症状が出てきたら注意しましょう。

マタニティブルーで出る症状は人それぞれなので、すべての症状が出るわけではありませんが、症状の多くが一致するようであれば、マタニティブルーになっている可能性があります。

また、マタニティブルーと勘違いしやすいのですが、「やる気が出ない、ボーっとしてしまう、急に動くとめまいがする」といったような症状です。

うつやマタニティブルーであると思ってしまうことがありますが、実はうつなどではなく、鉄欠乏性貧血の可能性が高いです。

やる気をアップさせるセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質は、鉄分が不足することで減少して、仮のうつ状態を作りあげます。そこに、低血圧や頭痛・腰痛・便秘などが加わり、貧血の可能性が高まってきます。

参考記事>>妊婦さんと貧血の関係と妊娠中の貧血への対処法

妊娠中の血液検査でヘモグロビン量に問題がない方でも、血液中に存在するフェリチンという鉄を貯蔵するタンパクが減少すると、鉄欠乏性貧血が進行しているので、症状で思い当たることがある方は一度病院で相談しましょう。

妊娠中期でのマタニティブルー

妊娠中期はつわりや眠気も徐々に治まり、比較的気分が晴れている時期だとされています。

妊娠初期の頃、マタニティブルーで悩んだ方やうつ状態だった方も、中期に入ると回復することが多いため、妊娠初期の症状が長引くことを過剰に心配する必要はあまりありません。

しかし、妊娠中期でも「体重管理」の影響でマタニティブルーやうつを発症する方はいらっしゃいます。妊娠中は、食事制限やカロリー調整で、太りすぎないように、できるだけ体重管理をする必要があります。

妊婦さんが急激に太ってしまうと、赤ちゃんに影響が出やすくなり、物理的に身体が重たくなるので、腰痛やむくみを発生させることになります。

本来は事前に太らないよう注意すべきなのですが、妊娠中期は、初期の頃のつらいつわりから解放されることもあって、必要以上に食べ過ぎてしまう傾向にあるのです。

体重を管理しなければならないのに、食べ過ぎてしまったことへの罪悪感から落ち込んでしまい、それが繰り返されることでうつ症状が出てくることがあります。

他にも、妊娠中期から徐々に周囲からのプレッシャーも大きくなってくるため、妊婦さんにかかるストレスは大変大きなものになります。

マタニティブルーになる原因は?

マタニティブルーになる原因は

妊娠・出産とは幸せだけに包まれている瞬間だと思っている人は多くいます。しかし、実際はマタニティブルーになるママは少なくありません。

マタニティブルーになる原因をいくつかあげてみましょう。

制限によるストレス

妊娠中は、飲酒や喫煙はできません。コーヒーを飲むのが好きな方でもカフェインを控えなければならず、食事も以前よりバランスを考えたりカロリーも気にしなくてはなりません。

元気な赤ちゃんを産むためには守らなければいけない重要なことですが、やはり好きなものを我慢したり、常に体のことに配慮しているのは、慣れないことで大きなストレスになります。

徐々にお腹が大きくなってくる妊娠中期から少しずつ動きにも制限が出てきて、後期になると、爪切りや落ちたものを拾う動作など、これまでなんとなくしていた動きに制限が出てきたり、できなくなるためにストレスを余計に感じやすくなります。

関連記事
>>妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響
>>妊娠中の飲酒が胎児に与える影響と妊婦さんとお酒の付き合い方
>>妊娠超初期からコーヒーに注意!妊婦にカフェインが及ぼす影響

妊娠したことに対するプレッシャー

妊娠すると、旦那様をはじめ、家族や義両親などにも祝福されるでしょう。妊娠したことを自分のことのように喜んでくれるのは嬉しいですが、その気持ちがやがてプレッシャーになってくることがあります。

昔は、赤ちゃんを授かることはおめでたいことであって、うつになるような要因はないと思い込みがありましたが、最近では、妊娠中の女性も「うつ病になりやすい」ことが徐々にわかってきました。

妊娠初期のつわりがつらい時期を過ぎると、今度はどんどん変わっていく体型に違和感を感じたり、母親になることへの不安や、陣痛などのお産の痛みに耐えられるかなど、これから起こる出来事に不安が募ることもあります。

以前に流産や死産を経験したのであれば、また同じことが起こるのではないかと気が気でないことも。もしかしたら、中には妊娠を想定していなかったために素直に喜べないという方もいるかもしれません。

このようにストレスやプレッシャーが体と心にかかることで、マタニティブルーや妊娠中のうつ病の発症につながることがあります。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されます。中でもプロゲステロンという黄体ホルモンは、分泌が活発になることで流産を防ぐ働きをしますが、増加すると気分の落ち込みやイライラなどを引き起こします。

また、プロゲステロンは、月経前にも増加するホルモンなので、月経前に見られるイライラや肌荒れの症状が、妊娠中はより顕著にあらわれている状態になります。

この他にも、胎盤から受けるホルモンなどが分泌され、その指令を受けて、妊婦さんの体はお産に向けて準備を始め、徐々に体つきが変化していきます。

多くの女性は妊娠前とは違う体の変化に戸惑い、バランスを失ったとしても不思議ではありません。妊娠した女性はホルモンバランスの乱れは出てきますので、性格は関係なく、どんな人にも症状が引き起こされる可能性があります。

マタニティブルーは半数の人が経験する

マタニティブルーは半数の人が経験する

「マタニティブルー」や「産後うつ病」など妊婦さんのうつ症状をあらわす言葉は、一昔前に比べると、広く知られるようにはなりました。

こうした妊婦さんは、赤ちゃんが生まれて幸せなはずなのに、その喜びを実感できなかったり、悲しくもないのにわけもなく涙があふれてきたりなど、イライラして家族や親しい人に当たってしまったり、自分でも感情コントロールができなくなります。

さらに、漠然とした不安にさいなまれたり、気持ちがジェットコースターのように目まぐるしく変わり、気分の落ち込みが激しく情緒不安定になります。

集中力がなくなったり、眠れなくなったり、疲労や頭痛、食欲不振など、体の不調もあらわれ、ひどい場合には日常生活を送るのも困難になる方もいらっしゃいます。

こうした完全なるうつ病を発症する妊婦さんが実は10%ほどいて、決して珍しいことではありません。うつ病よりも少し軽いマタニティブルーの状態であれば、半数以上の妊婦さんが少なからず経験します。

この浮き沈みの激しい気分の落ち込みやイライラからいつまで経っても抜け出せないと、いずれは自暴自棄になり「母親失格」という気持ちや命を絶つようなことまで考えることもあります。

産後このような状態が続くと、「産後うつ病」と診断されます。多くの方がマタニティブルーを経験するので、あまり思い込まないでいることが大切です。

マタニティブルーやうつ症状、その改善方法は?

注意したい症状は次の通りです。

・理由もなく気分が落ち込む
・食欲がなくなる(もしくは過食になる)
・些細なことでイライラする
・訳もなく泣いてしまう
・今まで好きだったことに興味がなくなる
・どうしようもなく不安になる
・妊娠しなければ良かったと思う
・過眠(もしくは不眠)
・集中力がない
・死について考える

もし上記のような症状があらわれたら、まずはその症状を認めて休みましょう。そして以下のように心がけましょう。

・一人で悩まない
・周囲の人に不安な気持ちを話す
・適度に体を動かす
・毎日でなければ食事で好きなものを食べる
・病院で相談する

妊娠・出産は、誰にとってもおめでたく、子供はかわいいことが当たり前で、母親になるからきちんとしなければ、といった固定概念があり、周囲の方や家族がそのような考え方であれば、「今つらい」と言い出しいにくいこともあります。

しかし、妊婦さんがつらくなるのは、あなたのせいではありません。これは妊娠によるホルモンの影響を大きく受けているからなのです。甘えでも、精神的に弱いというわけでもありません。

そして、今つらくなったり、体や心が疲れていていると感じるのであれば、それは「休息が必要である」と体が送っているシグナルです。

そのシグナルを無視して、我慢を続けていくと、最初はマタニティブルーだったものが、徐々に悪化してついにはうつ病になり、結果、赤ちゃんが誕生しても、その喜びも感じられなくなってしまいます。

このような症状が出ているときに我慢をする必要はありません。正直に「つらい」と伝えましょう。

まとめ

まとめ

妊婦さんには、「マタニティブルー」という症状が出ることがあるというのは、徐々に知る人も多くなってきたので、理解されないことはありません。

しかし、症状自体に周囲が気づきにくいものなので、長い時間孤独だと感じることがありません。そこで、あなたが少しだけ勇気を持って「つらい」と言えれば、悪化することはないかもしれません。

睡眠とたくさんの休息が必要な時期、しかも妊娠というとても大事な時期なので、家族や旦那様、周囲の人に甘えてみてはいかがでしょう。我慢しないで、「ちょっと助けてほしい」と口に出して言ってみましょう。

家事や育児はあなた一人でする必要はありません。どんどん手助けしてもらいましょう。里帰り出産であれば、実家で親に甘えていいのです。

かかりつけの産婦人科で、医師や助産師に気持ちを打ち明けるだけでも、ずいぶん気持ちは楽になります。妊娠・出産は周りの方みんなにとっても一大事です。一人きりで頑張りきれるものではありません。

もしマタニティブルーやうつの症状が出ていなくても、家族のサポート、周囲のサポートは必要です。しかし、じっと待っていても、そのサポートはなかなか向こうからやってきてはくれません。

サポートを受けやすい環境を作っておくことも妊婦さんの大事な役割です。一人で頑張らず、時々休み、我慢せず、自分を責めないで、日常的な気分の落ち込みやストレスを軽減していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる