妊娠中期のパーマで赤ちゃんに影響が?おしゃれは我慢するべき?

妊娠中期のパーマで赤ちゃんに影響が?おしゃれは我慢するべき?




近年では妊娠中であっても出産後であっても、しっかりと自分のおしゃれを忘れたくないというママさんが増えてきています。

しかし、妊娠中期になってくるとお腹も大きくなり始めるので、自分のおしゃれに気を配るのが難しくなってきます。

赤ちゃんグッズも次から次にそろえなければならず、おしゃれをしたいと思っていても、大きなお腹を抱えてまで細かなおしゃれを楽しみたいという気分にはならないママさんがほとんどです。

妊娠中期の生活をしていく中で、女性の命ともいえる髪の毛は案外邪魔になってしまうもの。

妊娠前にパーマをかけていたママさんは、妊娠中期まで病院に行けないことで、パーマも取れてきてしまうことがあります。

妊娠中期に入れば安定期といわれていますが、妊娠中にパーマやカラーリングなどをするのはよくないといわれてしまうことがあるので、心配になります。

そこで今回は、

・妊娠中のパーマは赤ちゃんに影響がある?
・デジタルパーマとホットパーマの違いは?
・妊娠中期にパーマをかけるときの注意点は?

といった方に、妊娠中期にパーマをかけたくて我慢するべきなのか、赤ちゃんに影響があるのかどうかについて詳しくご説明します。

Kirala Kirala

妊娠中期のパーマは赤ちゃんに危険なの?

妊娠中期のパーマは赤ちゃんに危険なの

妊娠中期のママさんが美容院でパーマをかけるのは、お腹の赤ちゃんに対し悪影響があるといわれることや、危険だといわれることがあります。

これはどうしてなのでしょうか。また実際にお腹の赤ちゃんに対する危険などもあるのでしょうか。

パーマ液が赤ちゃんに悪影響を与える?

妊娠中のママさんがパーマをかける際には、パーマ液がママさんの頭皮から浸透してしまい、お腹の赤ちゃんにまで届いてしまうといわれることがあります。

しかし実際にこのような報告はなく、パーマ液が影響してお腹の赤ちゃんにトラブルが生じてしまうといった報告はありません

そもそもパーマ液というのは頭皮の表面にダメージを与えてしまうことがありますが、体の中を通って赤ちゃんにまで届いてしまうようなことはありません

妊娠中の頭皮が特別に浸透力をアップさせるわけではありませんので、大きな心配は要りません。

万が一パーマ液が頭皮からお腹の赤ちゃんまで届いてしまうようなことがあれば、整髪料やその他にも何かの栄養分などを頭皮に塗布したら、それが赤ちゃんに届くということになってしまいます。

パーマ液も同じです。頭皮からママさんの体内を巡って赤ちゃんに届いてしまう、そして赤ちゃんに悪影響を与えるようなことはありません。

パーマによる体温の上昇について

パーマをかける際には熱を加えることになり、長時間パーマ機の下に座っていると、ママさんの体温が上昇してしまうといわれることがあります。

ママさんの体温が上昇することで、お腹の赤ちゃんはとても暑い思いをしてしまったり、羊水が温まってしまうので赤ちゃんがつらい思いをするなどといわれることがあります。

しかしこれに関しても特に報告などはなく、実際にパーマをかけることでママさんの体温が突然上昇してしまうような心配はありません

あくまでも熱を加えているのは髪の毛や頭皮の部分となりますので、ママさんの体温が極端に上昇してしまうほどの影響は持っていないのです。

このような部分が心配で妊娠中期のパーマを我慢しているママさんは、心配する気持ちを取り払いましょう。

妊娠中期はデジタルパーマが良い?

妊娠中期はデジタルパーマが良い

パーマをかけるといっても、この数年ではデジタルパーマというものが注目されるようになりました。

以前はホットパーマという方法だったのですが、このホットパーマにさらなる熱と時間、そして薬剤を加えたものがデジタルパーマになります。

妊娠中期はデジタルパーマの方が安心だといわれることもありますが、実際はどうなのでしょうか。

デジタルパーマは髪の痛みが激しい

デジタルパーマはパーマ液などもたくさん使っていくことになりますので、ごく一般的なホットパーマに比べ髪の傷みが激しくなります

パーマをかける前の段階で、健康的な髪の状態であればダメージも少なくすみますが、妊娠中期のママさんはただでさえ赤ちゃんにたくさんの栄養を送っていて、髪が不健康な状態になっているケースがほとんどです。

その上デジタルパーマをかけてしまえば、その分髪の毛は傷んでしまいます。

デジタルパーマは濡れても乾いても違いが少ない

一般的なホットパーマの場合、お風呂上りなどの髪が濡れた際にはパーマの状態が強くあらわれるのですが、乾いたときにはパーマが強く出ず、スタイリング剤などを使用してしてセットすることになります。

しかし、デジタルパーマであれば濡れていても乾いていてもパーマの状態がさほど変わりません。

そのため、時間がなくヘアセットができないときでも、パーマのかかった状態がキープできるメリットがあります。

さらにホットパーマに比べると、デジタルパーマの方がゆるやかなウェーブをつけることができる、といった特徴も持っています。

縮毛矯正をしているママさんには向いている

元々が癖毛のママさんなどは、縮毛矯正をしていることもあります。

縮毛矯正をしていると、一般的なホットパーマではしっかりとウェーブがかかりませんので、デジタルパーマの方が良いといわれています。

また、元々ストレートが強くパーマがかかりにくいというママさんであっても、デジタルパーマの方がしっかりとウェーブやカールなどがかかるため人気があります。

デジタルパーマは長持ちすることが多い

デジタルパーマはホットパーマに比べると、パーマそのものが長持ちする特徴を持っています。

ただし、これについては人によって髪質が違いますので、どのくらいの期間維持できるのかは明言できません。

ホットパーマに比べると一ヶ月程度は長持ちしますが、人によっては3ヶ月程度長持ちするというケースもあります。

妊娠中期のパーマで注意することは?

妊娠中期のパーマで注意することは

デジタルパーマであっても、一般的なホットパーマであっても、妊娠中期にパーマをかける際には、ママさんの体調など注意する必要があります。

ホルモンバランスの変化によって、髪の毛が不健康な状態になっていることも多いので、そういった部分もしっかり考えていきましょう。

妊娠中のパーマはとにかく髪が傷む

妊娠中期にパーマをかけると、とにかく髪が傷んでしまうことが多いです。

ただでさえ髪の栄養不足に陥っていることが多いだけでなく、ゆっくりとヘアケアをする時間もなくなってしまい、スタイリング剤が残ってしまうことで髪が傷むこともあります。

妊娠中期よりも前の段階でパーマをかけていたママさんは、取れてきたウェーブに対し、改めて妊娠中期にパーマをかけると、自分でも驚くほど髪が傷んでしまうことがあり、まとまらなくなってしまうことやゴワゴワとしてしまい、これがストレスになることもあります。

パーマが取れてくるとまとまらない

パーマをかけてしばらくは、しっかりまとまった状態の続くケースがほとんどです。

しかし、ある程度時間が経過するとパーマをかけていても、パーマが取れてくるので髪がまとまらない状態になってしまいます。

妊娠中にパーマをかけてもパーマが取れてくる頃には、妊娠後期を迎えてしまうことがほとんどです。

非常に大きくなったお腹を抱えて、美容室で改めて妊娠後期にパーマをかけるのは難しい場合もあります。

その時、取れかかったパーマのヘアスタイルを、どのように維持するのかを考えなければなりません。

妊娠中期にパーマをかけるのであれば、カールの強さや全体的な髪の長さなども考慮しながら、パーマの種類やカットの有無を選んでいきましょう。

パーマとカラーを同時にやらない

パーマをかけるだけでなく、ヘアカラーを少し明るくしたいというママさんや、反対に黒染めをしたいというママさんもいます。

しかし、パーマとカラーを同時に行ってしまうことは避けましょう

パーマだけでも髪の毛がとても痛んでしまうことになるため、ここにカラーを加えてしまうと更に髪の痛みがひどくなります。

また、パーマとカラーを同時に行うには、その分長い時間が必要です。長時間美容室の椅子に座っているのは、ママの体への負担が大きくなります

そのため、妊娠中期に美容院に行く際には、パーマをかけるだけにするなど、短時間ですむようにしましょう。

パーマ、カット、カラーリングなどを全て1日で行ってしまうと、その後体調を崩してしまうこともあります。

根元はパーマ液をつけない

妊娠中期はお肌もデリケートな状態になっていますので、パーマをかける際には根元部分にパーマ液を塗布することは避けてもらいましょう。

妊娠していることをあらかじめ美容師さんに伝えておけば、このあたりにおいても配慮してくれるケースがほとんどです。

頭皮の炎症などが心配であれば、あらかじめママさんがご自身で根元へのパーマ液の塗布を避けてもらえるように伝えておきましょう。

パーマ後のマッサージは体調が悪ければ断る

美容室でパーマをかける際には、パーマがかかるのを待っている間や最後のシャンプーをした後、ドライをするまでの間にマッサージをしてもらえることもあります。

肩や首周辺などをマッサージしてもらうと非常に気持ちが良いのですが、マッサージをするスタッフの力加減やテクニックによって痛みを感じたりすることがあります。

また強い力でマッサージをされてしまうと、極端に血行が促進され気分が悪くなってしまうこともあります。

その時の体調に合わせてマッサージを遠慮したいと思った場合は、素直にスタッフさんに伝えてください。

パーマ液の匂いや、シャンプー台で仰向けになり、普段とは違った姿勢をとることによってお腹の張りや気分が悪くなるなどといった症状が起きることがあります。

そのような時は、遠慮せずスタッフさんにもマッサージは結構ですと伝えて、体調を優先してください。

つらくなったら姿勢を変えさせてもらう

パーマをかけている間、同じ姿勢で座っていなければなりません。妊娠中期といっても、タイミング次第ではお腹がだいぶ大きくなっていることもあります。

パーマをかけている間に腰の痛みやお尻の痛みなどが強くなった場合は、一時的に姿勢を変えさせてもらいましょう。

一度椅子から降りて立ち上がるなどというのも良い方法になります。また妊娠中期にはお腹の大きくなることで、お手洗いが近くなります。

遠慮せずスタッフさんに声を掛けてお手洗いに行かせてもらいましょう。遠慮して我慢する必要はありません。基本的にママさんの体調を最優先にしましょう。

妊娠中期にパーマをかけるママは多い?

妊娠中期にパーマをかけるママは多い

妊娠中期を迎えてからパーマをかけるママさんは、実際にどのくらいいるのでしょうか。またどんな理由でパーマをかけるのでしょうか。

今後に備えてパーマをかける

妊娠中期に入ると、ストレート状態で過ごすママさんよりも、パーマをかけるママさんが多くなる傾向があります。

妊娠中期からその後出産に向けては忙しい日々が続くこともあり、ヘアアレンジなどを楽しむ余裕がなくなることや、頻繁に美容室へと通うことができなくなることを想定し、妊娠中期に入り、早い段階でカットとパーマを希望するママさんがたくさんいます。

妊娠中でもおしゃれのため

妊娠中であっても、やはり常におしゃれを忘れたくないというママさんも、パーマをかけることが多いです。

毎日のスタイリングなどは若干大変な思いをするのですが、それでもおしゃれに気を使う心を維持し続けたいと思うママさんは、パーマをかけてトレンドを押さえたヘアスタイルをキープします。

ストレートヘアがストレスになる

それまではストレートヘアが自慢だったというママさんであっても、妊娠中期になると汗をかきやすくなることや、お腹が大きくなりシャンプーが大変になることから、ストレートヘアそのものがストレスになることがあります。

このような状況になったママさんも妊娠中期に入るとパーマをかけて、簡単にまとめ髪ができるようにといった工夫をします。

妊娠中期に入り、髪の痛みがある程度目立ってきてしまったため傷んだストレートヘアを見るのが辛くなってしまい、あえてパーマをかけるママさんもいます。

妊娠中期のパーマは体調と相談してタイミングを決めましょう

妊娠中期のパーマは体調と相談してタイミングを決めましょう

妊娠中期のパーマは特に禁じられているものではありません。

しかし妊娠中にパーマをかけるのであれば、必ず自分の体調と相談しながらパーマをかける日にちを選びましょう

カラーリングに比べると、パーマをかける際のパーマ液のニオイが苦手に感じるというママさんもたくさんいます。

その日は体調が良いことや、当日は他に用事がなく、万が一体調が悪くなったら帰宅した後でゆっくり休めるなどといったタイミングを選んでパーマをかけに行きましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる