妊娠中期は雑菌に注意

妊娠中期には雑菌に要注意!?母子感染の可能性もある?




妊娠中期には、今まで一度も患ったことがないような細菌感染症にかかってしまうママさんも少なくありません。

そのためさまざまな雑菌には気をつけていかなくてはならないのですが、どのような雑菌が身の回りに多いのでしょうか?

また、それぞれの雑菌などが体内に入り込み感染症を引き起こした場合には、どんな症状が出るのでしょうか。

そこで今回は、

・妊娠中期の免疫力について知りたい!
・妊娠中期に注意すべき雑菌とは?
・妊娠中期の免疫力をアップする方法は?

といった方に、妊娠中期の免疫力についてと、注意が必要な感染症、そして治療方法などについて詳しくご紹介します。

Kirala Kirala

妊娠中期は免疫力が弱い

免疫力が弱い

妊娠中期は赤ちゃんにたくさんの栄養素も送るために、そして赤ちゃんを体が異物だと捉えないためにも、ママの体内では免疫力が下がるようになっています

ただでさえたくさんの血液を赤ちゃんに栄養素として供給していますので、ママの体内から血液が少ない状態となっており、免疫力などを作り出す機能も低下しているのです。

そのため、さまざまな雑菌などによって感染症を引き起こしてしまうリスクが高まります。実際にはどのような雑菌に関して気をつければよいのでしょうか。

雑菌の種類と感染した場合の症状

雑菌の種類

それぞれの雑菌に感染してしまった場合の症状などを、一つ一つご紹介していきましょう。

リステリア菌

リステリア菌は食中毒を引き起こす雑菌として知られています。リステリア菌は感染してしまうと、インフルエンザと間違うような症状が出ることがわかっています。

倦怠感をはじめとして筋肉痛や関節痛、嘔吐、発熱、頭痛、下痢などがあります。ごくわずかなリステリア菌でもさまざまな症状が出てしまうこともあり、ひどくなると髄膜炎などを起こす可能性もあります。

ママがリステリア菌に感染してしまうと胎盤を通じて胎児にもリステリア菌が送られてしまうことがあります。そうなると流産や早産のリスクが高まります。

水ぼうそう

水ぼうそうは全身にたくさんの水疱が出てしまい、さらには発熱をするといった症状になります。水ぼうそうは潜伏期間が長く、2週間程度の潜伏期間があります。

多くのママさんは子供の頃に水ぼうそうを経験しますが、予防接種をしていないケースや予防接種をする前の段階で知らないうちに水ぼうそうにかかっていたりすると、体内には水ぼうそうウイルスが残っています。

また今までは一度もかかったことないママさんが水ぼうそうのウイルス感染してしまうと、前述のような症状が出てきます。

妊娠中期に水ぼうそうを発症してしまうと、命の危険を伴ってしまうこともあります。

また、胎児に水ぼうそうの雑菌が感染してしまうことにより、白内障や早産などのリスクも高まります。

尖圭(せんけい)コンジローマ

胎児に感染してしまうと尖圭コンジローマを引き起こすリスクがあり、ママさんの症状としては、陰部の周辺などにたくさんのイボができてしまうといった症状になります。

尖圭コンジローマも雑菌によって感染してしまうのですが、基本的にこの感染症への経路そのものは性行為となっています。

妊娠前などに感染症を引き起こした場合、しっかりと治っているケースがほとんどですが、気がつかない、または治療を行わず妊娠中期を迎えると、再び症状があらわれてしまうことがあります。

また、母子感染による感染力も非常に強いため、妊娠中期でしっかりと治療が行えなかった場合には出産時の母子感染を防ぐため帝王切開となります。

淋病

淋病も、基本的には性行為によって感染する雑菌となっています。こちらの雑菌に感染してしまうと、ママさんの骨盤内感染や子宮内膜炎腹膜炎などを起こしてしまうことがあります。

また、流産や早産などのリスクも高くなることがわかっています。胎児への感染はありませんが、出産する際には母子感染を引き起こしてしまう可能性があるため、妊娠中期に発症した場合には必ず治療しなければなりません。

クラミジア

クラミジアは非常に多くの女性が体内に持っている雑菌となっています。本来はクラミジアの雑菌が必要以上に増殖してしまうことはありません。

しかし妊娠中期のように免疫力が低下していると、雑菌が増殖してしまうことがあります。クラミジア感染症になると、おりものの色が黄色っぽくなってしまうことやヨーグルトのようにボソボソとした状態になることがあります。

妊娠中でも胎児への感染をしてしまうことがわかっており、早産や流産のリスクが高くなります。

出産する際に母子感染を引き起こすと赤ちゃんは結膜炎や肺炎などを引き起こす可能性もあります。

トキソプラズマ

トキソプラズマは主にペットから感染してしまう寄生虫です。

トキソプラズマそのものは雑菌ではなく寄生虫となっているのですが、雑菌が多く不衛生な環境の中でペットを飼育しているケースや、不衛生な状態のまま食材に触れてしまい食事などをすると、感染することがあります。

ガーデニングなどからトキソプラズマに感染してしまうケースもあります。雑菌ではありませんが、多くの雑菌とともに妊娠中期は気をつけたい存在となります。

脳などにも障害が引き起こされてしまうことがわかっており、流産のリスクも高くなります。

GBS

GBS 感染症は、B群溶血性連鎖球菌という雑菌への感染症となります。妊娠中期に感染してしまうと早産のリスクが高まり、早い段階での破水を引き起こしてしまうようなことがあります。

また出産時にも母子感染が認められており、この場合には新生児GB 感染症が引き起こされてしまいます。

風疹

風疹は小さな頃に予防接種をするママさんも多いのですが、大人になってからかかってしまう場合もあります。

こちらはウイルスになりますが、場合によっては大流行することがありますので、抗体を持っていないママさんが感染してしまうリスクが高まります。

さまざまな雑菌によってすでに抵抗力が落ちていたりすると、風疹にもかかりやすくなりますので気をつけましょう。

発熱や全身への小さな発疹などがみられ、赤ちゃんに感染してしまうと視覚障害や聴覚障害、発達遅延などといった症状があらわれることもあります。

雑菌を排除するには?

雑菌を排除

妊娠中期の雑菌には十分な注意をしていかなくてはなりません。多くの雑菌が存在していますので自分の体だけでなく、赤ちゃんを守っていくためにも排除するための生活が必要になります。

雑菌の多い場所にはさまざまなウイルスなども存在しやすくなりますので、清潔な環境を心がけるのが一番になります。

生ものを食べないようにする

雑菌の感染症などを防ぐためには、生ものをできるだけ食べないようにしましょう。生のチーズをはじめとして、お刺身や生のお肉なども避けましょう。

また、生のお肉やお魚を触れた手のままお野菜などに触れてしまい、サラダを作るといったケースでも、雑菌を体内に取り入れてしまうことになります。

食材を触る時には必ず手を洗い、清潔な状態でお料理をしましょう。お肉やお魚に関しては十分火を通してから食べることが大切になります。

人混みを避ける

感染症が蔓延する季節をはじめとして、さまざまな雑菌を体内に入れないためにも、できるだけ人混みを避けましょう

人混みには多くの雑菌などが存在していますので、どこでどのような感染症を発症してしまうかわかりません。

どうしても仕方がないとき以外は人混みを避け、お出かけをする際にはマスクをするなどといった方法も取り入れて行きましょう。

公衆のお手洗いを避ける

外出先では公衆のお手洗いを使用することもあります。しかし、雑菌から守っていくためには公衆のお手洗いなどの利用も避けた方がいいです。

デパートなど清掃が行き届いている場所であれば、多くの方々が使用するお手洗いであってもアルコール消毒液などが準備されているので比較的安心です。

必ずこのような消毒液を使ってお手洗いを利用しましょう。そうではない場所でお手洗いを使用する場合には、アルコール除菌ができるウェットティッシュなどを持参しておきましょう。

循環式の温泉などを避ける

リフレッシュのために温浴施設に出かけるママさんも少なくありません。しかし妊娠中期には免疫力が低下していますので、温浴施設の雑菌にも注意が必要です。

特に循環式のお風呂に長時間浸かってしまうようなことがあると、多くの雑菌から感染症を引き起こしてしまうことがあります。

中でもクラミジアやその他淋病など多くの雑菌が存在している場所ですので、できるだけ足を運ばないように過ごしていきましょう。

デリケート部位は石鹸を控えめにする

入浴をする際にはデリケート部位もきれいに洗うことになります。しかしここで洗いすぎてしまうと、元々体が持っている免疫機能を低下させてしまうことになります。

デリケート部位には常に多くの雑菌なども存在しているのですが、中には悪い雑菌をやっつけてくれる気も存在しています。

洗いすぎることによって、良い働きを持つ菌まで取り除いてしまうことになります。そのため、石鹸を使用する際には、量を控えめにすることや、デリケート部位専用の石鹸などを使用するのがおすすめです。

おりものシートをこまめに変える

妊娠中期にはおりものが増えて不快感を覚えるママさんもたくさんいます。そのため、おりものシートを活用していくことも多くなります。

その場合、おりものシートは必ずこまめに交換しましょう。頻繁に交換をしないまま過ごしてしまうと、たくさんの雑菌が繁殖してクラミジア感染症などを引き起こす原因になってしまいます。

雑菌への感染は治るの?

感染は治るの

雑菌といっても妊娠中期のママさんが気をつけたい雑菌がたくさんあります。このような雑菌に対し、万が一感染症を引き起こしてしまった場合は、そのままにしていてもきちんと治るのでしょうか?

自然治癒する場合もある

感染症の種類によって自然治癒するケースと、そうではないケースがあります。自然治癒する場合には、感染症にかかったことさえ気がつかないまま過ごしてしまうこともあります。

ただし何らかの形で症状が出てきた場合には心配になり、クリニックを受診するママさんがほとんどです。そこでドクターからの指示を仰ぐのが1番です。

薬はドクターの判断で使用する

何らかの感染症にかかってしまった場合は、独断で市販薬などを服用するのは避けましょう

妊娠中期に抗生物質などを自己判断で服用してしまうと、赤ちゃんにどのような影響が出てしまうのかがわかりません。

必ずドクターの判断で使用することを意識してください。心配であれば受診し、その上で必要であればドクターがお薬を処方することになります。

特にお薬が処方されていなければお薬を服用する必要性がありませんので、市販薬なども必要ありません。

雑菌から体を守るために免疫力を上げる

免疫力を上げる

多くの雑菌から身を守っていくためには、免疫力そのものをアップさせる必要があります。

人間の免疫力というのは腸内で作られているのですが、腸内を健康に維持していくためには、善玉菌を増やす必要があります。

食べ物で免疫力アップ

食べ物から免疫力アップをすることが可能です。発酵食品には善玉菌の働きを助ける酵素がたくさん含まれています。

またこの他、新鮮なお野菜や果物に含まれる酵素も同じく善玉菌を増やしてくれます。そして、乳酸菌は善玉菌を増やしてくれる、さらには活発にしてくれるといった働きを持っていますので、腸内環境を整える効果を持つヨーグルトなどを食べると良いです。

下痢や便秘などの改善に効果的なオリゴ糖も、腸内環境を整えるのに役立ちます。

ストレス発散をする

ストレスが蓄積されていると知らず知らずのうちに、体内では老廃物がどんどん増えてしまうことになります。

ストレスを感じると体の中では活性酸素が生まれてしまい、この活性酸素が健康的な細胞に悪さをして老廃物を増やすのです。

血流にも影響を与えることが分かっており、徐々に老廃物を体の外に排出することができなくなります。老廃物が蓄積されると腸内環境は悪くなる一方。

そのため、適度にストレス発散をしていくようにしましょう。リフレッシュをしながらストレスを感じにくい生活を送るだけでも免疫力アップには非常に効果があります。

妊娠中期の雑菌対策で安心できる毎日を

安心できる毎日を

妊娠中期の雑菌はママにとって、とても怖い存在となります。しかし清潔な環境を心がけ、さらには免疫力アップへの取り組みをすることで雑菌対策になります。

キッチン周りなどは使うたびに清潔な状態を保ちましょう。お料理をする際には雑菌が心配なら、ビニール手袋などをその都度使用する方法もおすすめです。

しっかりと雑菌対策を行いながら安心できる毎日を送りましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる