妊娠中のうなぎ

妊娠中はうなぎはダメなの!?妊娠中のビタミンAの摂取法




ウナギなどに多く含まれるビタミンA(レチノール)の過剰摂取が、お腹の赤ちゃんに奇形や先天性異常などの悪影響を及ぼす危険性があるといわれています。

しかし、ビタミンAは妊娠中ママにも、お腹の赤ちゃんの成長にも大切な栄養素であることは言うまでもありません。

そこで今回は、

・妊娠中はうなぎを食べてはいけないって本当?
・レチノール?βカロチン?それってなぁに?
・妊娠中の正しいビタミンAの摂取の仕方を知りたい

という方に、妊娠中の正しいビタミンAの摂取について詳しくご紹介します。

ビタミンAについて正しく理解して、適量を摂取することで、より安心して、健康的なマタニティライフが過ごしましょう。

スポンサードリンク

ビタミンAの単位

ビタミンAの単位

ビタミンAは、以前「IU(インターナショナルユニット)」という単位で表記されていましたが、現在は、「μg(マイクログラム)」という単位で表現されます。

ビタミンAの場合、1UI=0.3μg(マイクログラム)となります。いろいろなページを見て混乱される方もいると思いますので、はじめに説明解説しておきます。本記事では、「μg(マイクログラム)」を用いています。

妊娠中のビタミンAの摂取量

妊娠中のビタミンAの摂取量

妊娠中のビタミンAの摂取量は、670μg/1日が適量とされていて、妊娠中の上限は1500μg/1日となっています。※授乳中の適量は、1020μg/1日となります。

お腹の赤ちゃんに奇形や先天性異常などの悪影響を及ぼす可能性のある量は、1日3000μg以上とされ、5000μg以上のビタミンAを毎日摂取すると、胎児の奇形が起こる危険度が約3.5倍にもなるとされています。

特に妊娠3ヶ月以内には、1日3000μg以上のビタミンAをとらないだけでなく、適量の摂取にとどめておきましょう。

また、妊娠を希望している方も、適量のビタミンAの摂取を心がける必要があります。

ビタミンAは大量に摂ると、ビタミンA過剰症になる恐れもありますが、逆にまったく摂らないと、ビタミンAの不足による健康障害を引き起こす場合もあるので気をつけましょう。

妊婦さんや妊娠を希望している方は、適量のビタミンAを摂れるよう、偏りの無い、バランスの良い食生活する必要があります。

レチノールとβカロテン

レチノールとβカロテン

ビタミンAは動物のみに存在するビタミンで、人体の血液にあるビタミンAの、ほとんどはレチノールです。

妊娠初期(3ヶ月まで)や妊娠を希望している方に注意が必要なのは、この「レチノール」の過剰摂取です。

また、必要なときに体内でビタミンAに変換されるものに「βカロテン」があります。

この「βカロテン」は体内にビタミンAが不足しているときのみビタミンAになるので、量を気にすることなく摂取することができます。

よく、ビタミンAはレチノールとβカロテンの2種類があると書かれていますが、βカロテン=ビタミンAではありませんのでご注意下さい。

また、βカロテン(英語)とβカロチン(ドイツ語)は同義語ですが、最近は、βカロテンと書かれることが多くなりました。記事中でも「βカロテン」と記載しています。

それぞれの性質はこれから詳しく紹介しますが、レチノールを多く含む食材にも注意が必要ですが、もっとも注意が必要なのは、サプリメントや医薬品です。

ビタミンAを含むサプリメントや医薬品

ビタミンAを含むサプリメントや医薬品

もっともビタミンAの摂取で気を付けなければならないのが、このサプリメントや医薬品です。

最近では、サプリメントもコンビニエンスストアなどで気軽に手に入れることができ、栄養補強に使われている方も増えてきています。

サプリメントや医薬品で、知らず知らずのあいだに、ビタミンA大量に摂取することが、もっとも危険ですので、必ずきちんと成分を理解した上で服用するようにしましょう。

特に「○○○○-A」

と、名付けられているサプリメントや医薬品には、非常に多くのビタミンAが含まれています。

ものによっては、単位がmg(ミリグラム)と大きく異なるものもあるので、必ず良く確認しましょう。

1mg(ミリグラム)= 1,000μg(マイクログラム)です。

ただし、医薬品に関しては、妊娠を希望している方、または、妊娠3ヶ月以内の方の服用はお止め下さいと記載されていますが、海外のサプリメントや個人輸入の医薬品には、書かれていてもわからないといったこともあり得ますので十分に注意しましょう。

また、マルチビタミンといわれるものにも、ビタミンAが含まれていることがあるので、よく確認し、摂取量には注意が必要です。

肝油(肝油ドロップ)にも大量のビタミンAが含まれているので注意しましょう。

妊娠中はレチノールに注意しよう

妊娠中はレチノールに注意しよう

レチノールは脂溶性ビタミンに分類され、レバーやうなぎに多く含まれています。

・加熱調理や水あらいにより減少(損失)しない。
・油でとけるので、油で炒めると吸収率が高まる。

という性質があり、過剰摂取した際に、尿で排出されず、体内に吸収・蓄積されやすいという特徴があります。

そのため、過剰に摂取すると、お腹の赤ちゃんにまでその栄養が過剰にまわり、目や耳の異常のリスク、心臓や血管の異常など奇形や先天性異常などの悪影響をもたらします。

レチノールは摂取すればするほど、体内に蓄積されるので、特に妊娠3ヶ月以内のレチノールの過剰摂取には十分な注意が必要です。

レチノールを多く含む食材

では、注意が必要なレチノールを多く含む食材を見てみましょう。

食材 レチノール保有量
鶏レバー 100gあたり 14000μg
豚レバー 100gあたり 13000μg
あんこうの肝 100gあたり 8300μg
うなぎの肝 100gあたり 4400μg
レバーペースト 100gあたり 4400μg
味付けのり*1 100gあたり 2700μg
うなぎかば焼 100gあたり 1500μg
生ほたるいか 100gあたり 1500μg
牛レバー 100gあたり 1100μg
ぎんだら 100gあたり 1100μg
フォアグラ 100gあたり 1000μg
あなご 100gあたり 890μg

上の表のとおり、レバーやうなぎなどに多く含まれており、妊娠中の上限とされている1500μgはあっという間に摂取してしまいますので注意が必要です。

意図的にレバーを大量に食べるなどしなければ、一度の食事で、お腹の赤ちゃんへ悪影響を与える可能性はまずありませんが、頻繁にレバーやうなぎを食べるなどの偏食はしないようにしましょう。

妊娠中に1度うな重を食べたからといって、胎児に悪影響はありません。日常の食生活をしている分には問題ありませんが、妊娠3ヶ月以内の方は、心配であれば避けましょう。

味付け海苔は1切れ(1/8タイプ)で約0.4gなので、1切れあたりでみると、わずか10.8μgとなるので、日常生活で普通に食べる分には心配は要りません。

また、レチノールは化粧水に含まれている場合もあります。

ごくごく濃度の低いレチノールであることと、口から直接摂取するものではないので、胎児への影響はまずありませんが、心配性の方は、レチノールの含まれていないものに変えるとよいでしょう。

角化性皮膚疾患の治療に利用される「ザーネ軟膏」にはレチノールが多く含まれており、妊娠3ヶ月以内の方や妊娠を希望している方は使用できません。角化性皮膚疾患と診断された方、もしくは治療中の方は注意して下さい。

妊娠中はβカロテン(ベータカロテン)を摂ろう

妊娠中はβカロテン(ベータカロテン)を摂ろう

βカロテンは、緑黄色野菜などに多く含まれており、

・必要な量だけ体内でビタミンAとなる
・必要でない栄養素は体外へ排出される

という性質があります。

必要な量だけをビタミンAとして体内で摂取できるため、過剰摂取の心配がないという特徴があります。

厚生労働省も妊娠中は、βカロテンでビタミンAを摂るよう推奨していますので、βカロテンをしっかりと摂るようにしましょう。

βカロテンを多く含む食材

では、βカロテンを多く含む食材を見てみましょう。

食材 βカロテン
保有量
レチノール当量
しそ 100gあたり 11,000μg 約900μg
モロヘイヤ 100gあたり 10,000μg 約830μg
にんじん 100gあたり 8,200μg 約680μg
パセリ 100gあたり 7,400μg 約620μg
バジル 100gあたり 6,300μg 約525μg
あしたば 100gあたり 5,300μg 約440μg
しゅんぎく 100gあたり 4,500μg 約380μg
ほうれん草 100gあたり 4,200μg 約350μg
西洋かぼちゃ 100gあたり 4,000μg 約330μg
だいこんの葉 100gあたり 3,900μg 約320μg
ロケットサラダ 100gあたり 3,600μg 約300μg
にら 100gあたり 3,500μg 約290μg
おかひじき 100gあたり 3,300μg 約280μg
みつば 100gあたり 3,200μg 約270μg
小松菜 100gあたり 3,100μg 約260μg

緑黄色野菜には、βカロテン以外にもたくさんの栄養がふくまれているので、積極的に摂取するようにしましょう。

しかし、体内でビタミンAが不足している場合でも、βカロテンはその摂取量の約1/12しかビタミンAに変換されません。

ほうれん草100gを食べて、4,200μgのβカロテンを摂取しても、体内で必要に応じてビタミンAとなれるのは、約350μgしかありません。表の一番右に記載しているレチノール当量がそれぞれがビタミンAとなれる量にあたります。

妊娠中のビタミンAの摂取の適量は、670μg/1日となっていますので、βカロテンを毎日8,000μg摂取するのはなかなか大変です。

そこで、効果的にβカロテンを摂取するために、野菜ジュースをあわせて飲むようにするとよいでしょう。

βカロテンはビタミンAになる前の栄養素なので、いくら摂っても問題になりませんので安心して摂取しましょう。

まとめ

まとめ

ビタミンAは、ママの風邪の予防や美肌に良いだけでなく、お腹の赤ちゃんにとっても大変重要な栄養素です。

お腹の赤ちゃんの臓器の成長や分化、上皮細胞や器官の成長にもビタミンAは関与し、赤ちゃんの成長には、なくてはならないものです。

しかし、特に妊娠初期(3ヶ月まで)の過剰なビタミンAの摂取は逆効果となり、目や耳の異常のリスク、心臓や血管の異常など奇形や先天性異常などの悪影響をもたらす可能性があります。

ご紹介したとおり、妊娠中に必要なビタミンA(670μg/1日)は、βカロテンを摂ることで、安全に必要量をとることができます。

野菜ジュースを取り入れ、βカロテンをしっかりと摂り、ビタミンAの過剰摂取を防ぎ、健康的でお腹の赤ちゃんにも優しいマタニティライフを過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる