マタニティウェディング

おめでた婚の妊婦さん必見!マタニティウェディングのプランと費用




結婚と大切な命を授かった喜びが一緒に訪れる「おめでた婚」。

おめでた婚カップルは、年々増加し、今やその数も、5組に1カップルとも6組に1カップルとも言われています。芸能界のニュースを見ても、おめでた婚カップルの多さに以前は驚いていたものの、最近では、ごく自然なことになっています。

妊娠したと気付いてから挙げる結婚式には、何か特別な準備や心構えはあるのでしょうか。また、特に注意しなければならないことはあるのでしょうか?

おめでた婚での結婚式を計画するポイントや、様々なマタニティ婚プランについてや、その費用。また、妊娠中のウェディングドレスの選び方について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

今やおめでた婚は珍しくない

「おめでた婚」や、「マタニティウェディング」「授かり婚」という言葉が聞かれるようになってから久しくなりますが、今やおめでた婚カップルは、年々増え続け、妊娠後に行なう結婚式や披露宴も決して珍しいことではなくなっています。私たちの結婚観も、どんどん多様化し、時代と共に変わってきているとも言えるでしょう。

おめでた婚を迎えるカップルには、「妊娠の発覚→両親への報告→挙式の有無の決定→挙式時期の検討」など、様々な問題が、短時間の間に次々に発生してきます。しかも、お腹の赤ちゃんの検診や出産準備など、新婦さんの抱える問題は、数え切れないほど多くあります。

おめでた婚は広く認められつつありますが、2人の幸せな生活をスタートさせるためには、ご主人をはじめとする周囲の方々の協力も欠かせません。

おめでた婚で大切なこと

妊娠中であっても、無理なく素敵な結婚式を挙げるためには、何といっても新婦さんの体調への気遣いが1番大切でしょう。妊娠中では、様々な体調の変化や体型の変化が訪れます。しかも、日によって新婦さんの体調も異なりますので、それぞれに応じて臨機応変に対応できなければなりません。

ホテルや結婚式場などでも、おめでた婚としてのマタニティウェディングプランを提案しているところも多く、たくさんの選択肢が用意されています。おふたりのライフプランや、何より新婦さんの体調に配慮した、2人だけの「おめでた婚」を実現しましょう。

おめでた婚の結婚式の時期は?

おめでた婚では、妊娠が分かってから結婚式の準備を始める訳ですので、準備期間も短く、2ヶ月くらいで行わなければならないケースが大半です。妊娠が分かった時点から式を挙げるかどうかを話し合い、お腹の大きさも考慮しながら、式の日取りも決めていきます。

おめでた婚の場合には、お腹が目立ちにくく、しかも、安定期に入る妊娠4~6ヶ月に結婚式を挙げるカップルが1番多くなっているようです。

出産までに挙式をしよう

いざ結婚式を挙げようと思っても、おめでた婚では、つわりのひどくなる時期に様々なことを決めていく必要があります。

新郎新婦のお2人にとっても、不安はつきものです。新しい生活のスタートと妊娠、結婚式の準備が同時に全てやってくるわけですから、特に新婦さんは、刻々と変化する体調についていくことがやっとで、式の段取りまで考えられなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで、「出産後落ち着いてから挙式しよう」という考えもありますが、今この瞬間に決断しておかないと、出産後は、子育てに追われ、時間も、きっかけもなかなか作れないのが実情です。

結婚式は女性にとって、小さい頃からの人生の憧れでもあります。盛大な式にこだわらなくても、親族だけを招いての小ぢんまりした心温かい式も、感慨深いものです。

おめでた婚でも安心マタニティウエディング

ホテルや結婚式場では、年々増加するおめでた婚カップルに向けて、様々なウエディングプランを用意しています。もちろん、お腹の大きな新婦さんでも安心して挙式できるように、式の時間配分やお腹の大きさに合わせたウエディングドレスなど、いろいろと選ぶことも可能になっています。

1人1人の希望を叶え、納得の結婚式を行えるように、どんな小さなことでも相談してみると良いでしょう。きっと、納得のいく素敵な式が挙げられるはずです。

マタニティウェディングでの式場選びのポイント

おめでた婚の場合には、新婦さんの体調がすぐれず、つわりのひどい時期に会場選びや打ち合わせが重なってしまうことも多いものです。会場見学をする場合には、事前にいくつかの会場候補を絞った上で、ピンポイントの見学が良いでしょう。

マタニティウェディングでの式場選びのポイントは、
・おめでた婚のプランが充実している
・妊婦さんにも優しい会場の設計になっていて、適宜休憩が取れること
・料理やドレス、プランなど、妊婦であることを配慮し、打合せ回数も少なくて済むこと
・急な体調の変化にも対応してくれること
・トイレの数が多く、控室と式場の距離が近いこと
などが考えられます。

マタニティウェディングの予算

一般的には結婚式の相場は、「招待客数×4〜5万円」となっており、全国平均では、平均招待客約70名、予算は300万円以上とも言われています。しかし、挙式をしようと決めてから挙式日までが、極端に短いマタニティウェディングでは、多くの招待客を招くことも難しく、また、挙式費用の準備も十分でないケースも多くあります。

招待客を多く招けば招くほど、多くのことに気遣い、心配りが必要となるため、マタニティウェディングでは、本当に限られた人数だけで行う方が、妊婦さんの負担も少なくなるのでおすすめです。当然、招待客が少なくなれば、その分予算も少なく済みます。

>>都内で3ヶ月以内の挙式が叶う式場はこちら

>>全国のマタニティウエディング式場探しはこちら

様々なマタニティウェディングプラン

マタニティウエディングでは、おめでた婚ならではのウエディングプランも、盛り沢山に用意されています。いくつか紹介してみましょう。

新婚旅行を兼ねたウエディング

おめでた婚のウエディングでは、出産後にはなかなかすぐに出掛けることが出来ない家族旅行を、結婚式と同時に楽しむカップルも増えています。ごくごく身近なご家族同士のみで、1~2泊のリゾート結婚式もおすすめです。

家族だけの気兼ねない旅行を兼ねたウエディングは、新婦さんにとってもリラックスできますし、お互いのご家族がより近くなるきっかけにもなります。おめでた婚だからこそ、新婚旅行を兼ねた、ゆったりのプランニングがおすすめです。

食事会中心のウエディング

準備期間も短いマタニティウエディングでは、親族へのお披露目はしたいものの、かかってしまう費用に不安がある場合も多いものです。食事会中心のウエディングでは、招待する人数も少なめで、会場探しもすんなりいく場合が多くなっています。アットホームなウエディングを希望のカップルにおすすめです。

フォトウエディング

急に結婚が決まった場合、大げさな披露宴は行わなくても、赤ちゃんが生まれるまでの最後の2人の時間を、記念に収めておきたいと思うカップルにおすすめです。挙式と写真撮影ですので、費用も安心で、比較的短時間で済みますので、体調のすぐれない新婦さんにもおすすめです。

妊娠中のウエディングドレスの選び方

女性であったら誰でも憧れる「ウエディングドレス姿」。妊娠中であっても、素敵なドレスに身を包んで、あこがれの結婚式を挙げたいものです。妊娠中は体型も変わりやすく、また、体調を考慮してドレスを選ばなければなりません。

ドレスを選ぶ場合には、結婚式の時に妊娠何ヵ月になっているかをしっかり伝えた上で、試着するようにしましょう。試着の時にゆとりがあり過ぎるように感じたとしても、実際に着る時のお腹の大きさを考えなければならないからです。マタニティウエディングでのドレス選びには、いくつかのポイントがあります。

お腹を締め付けないドレス

最近ではおめでた婚カップルも随分増えていますので、それに合わせて、たくさんのウエディングドレスも用意されています。出来れば、数やデザインも多く揃っているところが良いでしょう。急な体調の変更の際にも、変更が効きやすいものです。

サイズ調整が可能なドレス

妊娠中は体型が刻々と変化していきますし、日によって体調も違うものです。折角選んだウエディングドレスが挙式当日に着られないのでは意味がありません。ウエディングドレスの中には、マタニティウエディング用に、アジャスターなどが付いていて、サイズ調整が可能なドレスもたくさん用意されています。専任のスタッフに相談してみると良いでしょう。

結婚式当日は、緊張もあり新婦さんの体調も更に変化しやすくなります。ドレスの試着や変更は式の直前も可能で、万が一のサイズ交換や当日のちょっとしたお直しも可能なところを選ぶと安心です。

素材やデザインにもこだわって

妊娠中には、肌が敏感になったり、臭いやちょっとした刺激が気になったりしてしまうことが良くあります。ドレスの素材選びはもちろんですが、ヘッドドレスやブーケなどの小物選びにも、ちょっとした配慮が必要です。デザインによっては、お腹の大きさをカバーできるものもあります。また、素材にオ―ガンジーやチュールをふんだんに使うことによって、ふんわりと優しい雰囲気を演出することもできます。

マタニティ用のインナーは?

日に日に大きく変化していくお腹には、優しくサポートしてくれる腹帯や、マタニティインナーが必要不可欠ですが、普段着用しているものでは、ウエディングドレスの下への着用するのには不安もあります。そんな方には、マタニティ専用のブライダルインナーがおすすめです。

挙式中には普段以上に緊張している中、立ったり座ったりおじぎをしたりと、無理な姿勢も多くなります。マタニティ専用のインナーを使用することで、お腹や腰にかかる負担や心配も軽減され、心からウエディングを楽しむことが出来るでしょう。

打合せの段階と実際の挙式当日では、お腹の大きさも異なりますし、体調によってもお腹の締め付け加減が気になってくるものです。ブライダルインナーには、アジャスター付きなどで、サイズ調整が可能なものがおすすめです。製品によっては、マタニティインナーとしてだけではなく、産後のガードルとして長く使用できるタイプもありますので、用途に合わせて選びましょう。

和装も楽しみたいならば

和装の場合には、ドレスのように細かいサイズ区分がありませんので、帯の締め方に注意すれば、お腹の大きな新婦さんであっても比較的着やすいものです。ただし、白無垢や色打ち掛けは、それ自体かなりの重さがありますし、一緒に着用するかつらも結構な重さになります。また、髪飾りや小物など、長時間の着用は体にかかる負担も心配です。写真撮影のみを受け付けている式場もありますので、相談してみると良いでしょう。

おめでた婚で気を付けたいポイント

おめでた婚で気を付けたいポイントは、何といっても新婦さんの体調と、お腹の赤ちゃんへの配慮でしょう。いくら安定期に入ってからの挙式であったとしても、周囲への気遣いや緊張で、新婦さんのからだには、ちょっとしたことでも負担になってしまうことがあります。

マタニティウエディングでは、特に周囲の方のサポートが欠かせません。また、急な体調の変化でも慌てることなく対処できるような、会場やプラン選びも必要になってきます。おめでた婚では喜びも二重ですが、その分不安も多いものです。体調を考慮した無理のないプランニングが、成功のカギといえるでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる