葉酸でつわりが楽になる

葉酸でつわりが楽になるのは本当?その理由と効果について




妊娠したことが分かり、喜んでいたのもつかの間。妊娠初期にはつわりが始まり、つらい思いをするママさんがとてもたくさんいます。

つわりは妊娠中期を迎える頃には症状も治まるといわれていますが、それまでの間とはいえ、人によっては非常に思いをしますので、毎日が苦痛で仕方がないというママさんもいます。

少しでもつわりを楽にするためには、どんな方法があるのでしょうか?

つわりが始まると食べ物の好みなども変わってしまうため思うように、栄養バランスを整えることも難しくなります。

しかし、そういった状況の中でもつわりを楽にする方法として、葉酸を摂取することが重要になることをご存知でしょうか。

そこで今回は、

・つわりの原因とは?
・葉酸を摂るとつわりを楽にできるの?
・葉酸の働きとは?

といった方に、つわりを楽にするための葉酸について詳しくご紹介します。つわりの原因を踏まえて、あまり知られていない内容をお話していきましょう。

知られざるつわりの原因とは?

つわりの原因

つわりが起きる原因はさまざまな説がありますが、知られざるつわりの原因というものが存在しています。

主につわりの起きる原因は、ストレスによるものや、その他にもホルモンバランスの変化、睡眠不足などさまざまです。

しかし、もっとも大きくつわりに関わってくるのが以下でお話していく内容となっています。

体内の酸化がつわりの原因

つわりというのは、妊娠したママさんのすべてに起きるわけではありません。つわりをまったく経験しないまま、妊娠中期以降を迎えるママさんもいるのです。

つわりがひどいママさんと、そうではないままさの違いはどんなことでしょうか?性格的な問題で、楽観的なママさんはつわりが楽、そして神経質なママさんはつわりが大変などといわれることもありますが、基本的にはこのような部分はさほど関係していません。

大きく関係してくるのは、ママさんの体内がアルカリ性に偏っているのか、酸性に偏っているのか、ということになるのです。

アルカリ性に偏っているママさんの体内は、バランスが取れていますので、特に老廃物なども蓄積された状態ではありません。つまり、体内環境がきれいだといえます。

その反面で、酸性に傾いているママさんの体内は多くの老廃物が蓄積されており、この老廃物から活性酸素が次々に生まれているのです。

体内に老廃物が存在していると、この老廃物を排出する働きが強くなってしまい、つわりが引き起こされるのです。

妊娠すると胎児を異物だと判断してしまい、これを老廃物だと勘違いした体がつわりを起こすといわれていますが、それよりもすでに体内に存在していた老廃物そのものを排出していくといった働きが強くなるため、つわりが起きるのです。

酸化は妊娠前から起きているため体が知らせている

体内の酸化は妊娠することによって引き起こされるものではありません。妊娠前の段階から食生活をはじめとして、その他さまざまなライフスタイルで酸性に傾いているケースがあります。

体内が酸性に傾いている状態で妊娠すると、すでに酸化が引き起こされている体内はこれをアルカリ性に戻してほしいと、つわりで知らせているのです。

もちろんその他にも色々な理由が該当するケースもありますが、それ以外に体内の酸化がつわりの大きな原因になっていることを知りましょう。

つわりは葉酸を求めている証拠?

つわりは葉酸を求めている

葉酸を摂取することで、つわりを楽にすることができるのですが、つわりそのものが葉酸を求めていると捉えることもできるのです。それはなぜなのか、お話していきましょう。

葉酸の働きが活性酸素の発生を抑えている事実

体内では、老廃物を排出するための働きとして、メチオニンという物質が働いています。

このメチオニンを体内で作り出す際には、ホモシステインという物質が関係しているのですが、一度生まれたホモシステインは再びメチオニンに戻ることができるのです。

しかし、すでに体内が酸化した状態となっているママさんは、メチオニンを作る際にホモシステインの量が多すぎてしまうため、上手にメチオニンを作り出し老廃物を排出させる機能を高めることができません

そこで体はホモシステインの働きを抑えてメチオニン作りやすくするため、サポート役となる葉酸を求めるのです。

ホモシステインは活性酸素を次々に生み出し体内をどんどん酸化させます。

体内の酸化が進んでしまえば、妊娠を継続していく上で大きなデメリットが生じてしまいますので、これを防いでいくために体が葉酸を求め、今すぐにでもアルカリ性に傾けるようSOSとしてつわりを引き起こしているのです。

胎児の細胞分裂のための葉酸

着床後の受精卵は、何度もの細胞分裂を繰り返しながら健康的な胎児へと成長していくことになります。

しかし、ホモシステインの働きが強く活性酸素がたくさん生まれていると、細胞分裂が妨げられてしまうのです。

細胞分裂が妨げられてしまえば、結果的には受精卵が胎児に成長することができない、または胎児に成長しても染色体異常などが引き起こされてしまい、流産や早産のリスクが高くなります。

ママの体はこれを自然に防いでいるため、妊娠とともに体内をアルカリ性に傾け受精卵の細胞分裂をしっかりとサポートしていく働きを見せるのです。これがつわりという症状になって、ママの体にはあらわれてきます。

つわりが起きてフルーツを求めるのも葉酸が目的

つわりが起きてフルーツを求める

つわりが起きると食の好みにも変化があらわれ、味の濃いものが食べられなくなったというママさんもたくさんいます。

しかしその一方で、フルーツはさっぱりとしていて食べやすかったというママさんや、不思議とフルーツばかりが食べたくなったというママさんもいます。

このようにフルーツならばつわりが起きていても食べられる、またはつわり中にフルーツが欲しくなって仕方がなかったというのも、葉酸と深い関係があるのです。

フルーツには酵素も葉酸も多く含まれる

フルーツはたくさんの葉酸を含んでいることが知られており、上でもお話したとおり、体内が酸性に傾いているママさんは、フルーツから沢山の葉酸を取り入れようとします。

お野菜などの場合には、十分な葉酸を摂取するためにたくさん食べなければならず、毎日それだけの野菜を食べていなければ、いつまでたっても葉酸は足りない状態が続きます。

しかし、フルーツであれば丸々一つを食べるだけでとても多くの葉酸が摂取できるため、お野菜などよりもフルーツを食べたくなる、または体がフルーツを受け入れやすくなっているのです。

さらにフルーツには新鮮な酵素が含まれていますが、この酵素というのは、活性酸素の働きを抑え、細胞分裂を助けたり老廃物の排出を手伝ってくれます

このような部分からも、つわりの起きている中で、フルーツが食べやすい、フルーツが食べたくなるというのも納得ではないでしょうか。

食欲がなくてもジュースなどで摂取しやすい

フルーツは食欲がないときであっても、食べるのがつらければフレッシュジュースとして取り入れることもできます。

体は自然にこういった摂取方法を知っているので、食欲がなくなってしまい、とてもつらい思いをするつわりの期間中でもフルーツを欲しがるのです。

フルーツが食べられなくても、フレッシュジュースで葉酸や酵素を摂取することができれば、体内は少しずつアルカリ性に傾き、つわりの症状が楽になっていきます。

無理なく体内をアルカリ性に変えてくれる葉酸

体内をアルカリ性に

一度酸化してしまった細胞を再びアルカリ性に戻していくのは、基本的にできないことだと思っておきましょう。

酸化してしまった細胞は、その後で老廃物として体の外に排出されることになります。その一方で、新しく作られる細胞が元気でなければ体内の酸化した状態はいつまでも続いてしまい、ひどくなる一方です。

葉酸は細胞分裂を助けてくれる働きを持っており、無理なく健康的な細胞をつくり、体内を酸性からアルカリ性に傾けてくれるのです。

妊娠したママさんは自分の体を守っていくことも大切ですが、胎児を守っていくことも大切。ママさんの意識と同じように、体も自然に胎児を守るため葉酸を欲しがっているのです。

効率よく体内をアルカリ性に傾け、つわりを楽にしながら胎児を健康に育てていくためにも葉酸の摂取は重要です。

つわりがひどい人ほど葉酸で楽になる

つわりが引き起こされるのは体内の酸化が主な原因となっています。そのため、つわりがひどいママさんであればあるほどに、葉酸を摂取することで、つわりの症状が楽になります。

つわりがひどいということは、それだけ体内の酸化が進んでいるということです。葉酸を摂取してアルカリ性に変えてあげることでつわりが楽になりますので、葉酸が持つ、つわりを楽にしてくれるといった効果も感じやすいです。

とはいえ、葉酸ばかりを摂取していても栄養バランスは崩れてしまいますので、葉酸を取り入れるとともに、ある程度栄養バランスには気をつけながら食事をすることで体調も回復し、つわりが楽になるメリットもあります。

また、葉酸を取り入れたことによってつわりが楽になり、食欲が湧いてさまざまなメニューが食べられるようになると、体内がアルカリ性に傾くまでの時間も短くなり、それだけつわりが楽になったと感じることもあります。

いずれにしても、つわりを楽にするために葉酸が非常に大きな役割を持っていることは明確です。

補酵素を一緒に摂ると効果アップ

つわりを楽にするため、葉酸を摂り入れていくのであれば補酵素を一緒にとりいれていきましょう。

補酵素と呼ばれるものにはさまざまな栄養素があります。前述の通り、フルーツをはじめとして、生野菜などを摂取すると補酵素をたくさん取り入れることができるため、葉酸の働きを助けてくれます。

また、補酵素は体内の消化を助けてくれるといった働きもしますので、老廃物を溜めこむ原因となる便秘の解消などにも役立ってくれます。

葉酸サプリはつわり中でも飲むだけで簡単

葉酸サプリは飲むだけ

葉酸がつわりを楽にするために良いということが分かっても、葉酸を取り入れるための食事をするのが難しいママさんもいます。

フルーツでさえ口にするのが難しいほど気分が悪くなってしまうママさんや、もともとフルーツが苦手でつわりが起きて更に食べられないというママさんもいます。

そういった場合には、サプリメントを飲んで葉酸を上手に摂取していきましょう。サプリメントであれば特に味や匂いなども気になることがありませんので、つわりでつらい時でも手軽に摂取できるのではないでしょうか。

無理をして食事をする、またはフルーツを食べるなどといった方法に比べサプリメントを飲む方がはるかに負担は少ないといえます。

通販ならば体調が悪くても自宅に届く

つわりで体調が悪い時には、近所のコンビニなどにお買い物に行くのも難しいケースがあります。

葉酸サプリを選ぶ際に通販で購入すれば自宅に届けてくれるので、わざわざ買い物に行く必要がありません。

こういった部分からも葉酸を摂り入れる方法としてサプリメントは重宝してくれるでしょう。葉酸サプリの選び方とおすすめの葉酸サプリランキング-2017最新版にておすすめのサプリメントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみましょう。

好き嫌いのある人も安心して飲める

葉酸を摂取しなければいけないと思っていても、もともと好き嫌いが激しく、お野菜やフルーツなどを食べることができないママさんもサプリメントであれば、好き嫌いなどを意識せずに葉酸を取り入れることができます。

また、葉酸サプリの中には前述した補酵素などを含むものもありますので、食事から上手に葉酸を取り入れることができなくてもサプリメントで葉酸を摂り入れれば、つわりを楽にすることができるのです。

つわりが楽になってからも葉酸を摂取すると良い

つわりが楽になってからも

葉酸を摂取することによってつわりが楽になると、その後は葉酸を摂取しなくても大丈夫だと思ってしまうママさんもいるようです。

近年では母子手帳などにも葉酸の摂取が推奨されていますので、妊娠期間中や産後は葉酸を摂取することを意識するママさんもいるようですが、しっかりと目を通さないまま過ごしてしまうとつわりが楽になった段階で、葉酸の摂取を意識しなくなってしまうママさんもいます。

しかし、つわりが楽になっても妊娠中期、後期そして産後と葉酸を継続して摂取していきましょう。

葉酸は妊娠中のママさんにとって、とても大切な栄養素となっており、さらに産後のママさんの体も助けてくれるのです。

このような部分からつわりの時だけでなく、つわりが楽になってからも葉酸を継続して取り入れていきましょう。

ただし、妊娠期間中や産後の授乳期間中に摂取するべき葉酸の量と、それ以外のタイミングで摂取すべき葉酸の量は違っていますので、それぞれベストな摂取量を心がけていくと良いです。

葉酸がつわりを軽くする驚くべき効果に頼りましょう

葉酸がつわりを軽くする

いかがでしょうか?葉酸がつわりを楽にしてくれるために、こんなにも大きな働きを持っているとは知らなかったママさんも多いでしょう。

知らないままつわりに悩まされていたというママさんもいるのではないでしょうか。

今現在つわりに悩まされているママさんや、今後妊娠する予定がある女性の場合には、葉酸が持つ、「つわりを楽にする」といった効果にどんどん頼っていきましょう。

つわりで吐き気が出ていたり、食欲がないときに無理をして食品から葉酸を摂り入れずとも、お話した通り葉酸のサプリメントを取り入れることでたくさんの葉酸を摂取し、つわりが楽な妊娠初期を過ごすことができます。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

そんなときは、プロの転職エージェントに相談して、自分のキャリアへの不安、悩みを解決してみてるのがおすすめです。リクルートエージェントなら無料でプロに相談できます。

あなたにあった働き方を見つけよう→リクルートエージェント

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる