妊娠線クリーム 妊婦 お腹

妊娠線予防クリームおすすめの人気6商品!市販のクリームとの違いは?

お腹が大きくなるにつれてできてしまう「妊娠線」ですが、妊婦さんの約半数以上の方がこの妊娠線で悩んでいるといわれています。

妊娠中は紫色に腫れ上がり、出産後はテカテカと目立つ妊娠線は、「できることなら作りたくない」と全ての妊婦さんが考えることでしょう。

そのためには、妊娠中のケアが非常に重要になります。今回は、

・市販のボディクリームでも十分でしょ?
・妊娠線クリームとボディクリームって何が違うの?
・どんな妊娠線クリームが予防に効くの?

といった方に、妊娠線予防クリームと市販のボディクリームの違いと、妊娠線予防クリームの選び方、おすすめの妊娠線予防クリームをランキング形式でご紹介します。

妊娠線を絶対に作りたくない!と考えているママさんは、ぜひ参考にして下さい。

妊娠線予防クリームと市販のボディクリームの違いとは?

市販のボディクリームは、商品により成分が異なるため、一概にココが違うと、はっきりと言えるものではありません。しかし、ひとつ言えることは、利用者であるユーザーが「求めるものが違う」ということです。

市販のボディークリームは、お肌がすべすべになったり、ツヤツヤになったり、シミやシワできにくかったり、良い香りであったりと、さまざまなユーザーの要望に応えるために、その成分も多種多様です。

それに対して、妊娠線予防クリームは、妊娠線を予防するといった明確な目的をもってユーザーは利用します。市販のボディクリームとは求められるものが違ってくるので、メーカーさんも妊娠線予防を最重要課題として商品開発をしています。

さらに、妊娠線予防クリームは、妊娠中に使うことを前提として作らているというのも特徴です。

妊娠線予防クリームに求めること

ユーザーである私たちは、妊娠線を作らないこと以外に、妊娠線予防クリームに、どのような成分や効果を求める必要があるのでしょうか。

妊娠線ができるメカニズムは、急激なお腹の大きさの変化や増加はもちろんのこと、ホルモンのバランスの変化によるお肌の状態の変化も大きく影響します。

妊娠線予防のクリームには、妊婦さんが安心して使えて、高保湿で、つわりの時も使える優しい香りや無香料といったことが必要です。それぞれみていきましょう。

安心な成分

妊娠中はホルモンのバランスも崩れがちで、体の色々な部分に変化があらわれます。今まで感じなかったことにも敏感に反応してしまったり、ストレスに感じたりすることもあります。

妊娠線予防クリームには、成分をよくよく吟味し、香料などの添加物を必要最小限に抑えることが求められてきます。

高保湿

妊娠線予防クリームには、通常の市販されているボディクリームよりも、さらに高保湿成分であることが求められます。また、有効成分が直に、気になる部分に効きやすくなっていることも重要です。

匂い

妊娠中には、今までとは好みのものが変わったり、香りや肌触りなどにも妙に敏感になったりするものです。中でも香りには、妊娠時以外とは異なり、案外気になってしまう方も多くなっています。

特に、つわりの時期などには、香りによって体調や食欲までも崩してしまう方もいるほどです。

妊娠線予防は、「早い段階から」「継続的に」「毎日行う」ことがとても大切になってきますので、香りなどに左右されたり、毎日余計なストレスを感じたりすることなく、継続してケアが出来ることが必要になってきます。

そのため、妊娠線予防クリームには、余計な香料を添加することなく作られていることが求められます。

無駄な成分がない

市販のボディクリームには、妊娠線予防の効果には、あまり関係のない成分も含まれていることが多くなっています。例えば、防腐剤として使用される「パラベン」は、天然由来成分ではなく、石油由来の成分になります。

もちろん、これらが直接お腹に影響を与えるものではありませんが、必要のないと分かっている成分を、デリケートな時期にあえて使う必要は全くありません。

伸びの良いテクスチャー

妊娠線はお腹だけでなく、太ももやお尻などにもできる可能性があります。そのため、妊娠線予防クリームを塗るときには、広範囲に塗ることになります。

その際に、伸びの悪いテクスチャーだと使いにくいため、伸びのよさも妊娠線予防クリームを選ぶときのポイントの1つです。

また妊娠線予防クリームの効果を最大限に発揮させるためにマッサージも効果的です。伸びの良いテクスチャーだとマッサージもしやすくなりますね。

妊娠線予防クリームは実績で選ぼう

妊娠線を作らないこと1点に特化して作られている、妊娠線予防クリームですが、中には、市販のボディークリームでボディケアをし、妊娠線の予防に成功したといった例も聞きます。

しかし、個人差が大きく、年齢や肌質、体型などによっても妊娠線のできやすさは変わってくるので、誰にでも当てはまるものではありません

妊娠線予防クリームには、お肌になんらかのトラブルや不安があったり、妊娠線ができやすいとされる、

・ぽっちゃり体型の方
・乾燥肌の方
・小柄な体系の方
・多児を妊娠している方
・経産婦の方

が実際に利用し、多くの実績をあげているものがあります。妊娠線ができてしまってから後悔することを思うと、しっかりとした実績のある妊娠線クリームを使って、妊娠線予防ケアをすることが大切です。

妊娠線クリーム人気の6商品!

人気商品① NOCOR(ノコア)アフタートリートメントクリーム

妊娠線ケア NOCOR
■容量
150g

■価格
1本:6980円 3本セット:19,389円

※期間限定でブースターオイル(4,980円相当)が初回無料でもらえるキャンペーンを実施中です!

できてしまった妊娠線にも非常に効果的なノコアアフタートリートメントクリームは、妊娠線予防にも高い効果が期待できます。

無添加にこだわって作られており、天然由来成分も豊富に配合されています。さらにモンドセレクションで金賞も獲得しているので、品質面での心配は必要ないでしょう。

高価な高浸透型ビタミンC誘導体がベースとなっているため、肌の奥の奥まで有効成分が届く設計になっており、非常に贅沢な商品といえます。

妊娠線の予防も、できてしまった妊娠線もなんといっても保湿が重要です。肌の奥深くまで、保湿してくれるので、皮膚が分厚い方でも安心して使うことができます。

ただ、気になる点は高価であることです。妊娠線ができるかできないかわからない段階で使うには、少し躊躇するかもしれません。

それでも、高価ということは高品質な素材をとことん使った商品である証しともいえます。

・絶対に妊娠線を作りたくない
・高価でも安心なものを使いたい

といった方は、ノコアアフタートリートメントクリームを使ってみましょう。

NOCOR(ノコア):公式サイト

人気商品② ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム




ナチュラルマーククリーム
■容量:150g
■価格:2,916円(税込)

ナチュラルマーククリームお得用
■容量:470g
■価格:7,850円(税込)

妊婦さんの口コミNo,1で有名なママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」は、助産師さんと先輩ママの協力により生まれた、妊娠ボディ用クリームです。

たくさんのマタニティ&ベビー雑誌でも取り上げられ、「赤すぐ口コミNo,1育児ブランド妊娠線ケア部門」、「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞妊娠中によかったランキング2017妊娠線ケア部門第1位」を獲得しており、しっかりとした実績のあるクリームです。

・オーガニックカレンデュラオイル
・オーガニックアルガンオイル
・ツボクサエキス
・エラスチン
・ダブルコラーゲン
・スーパーヒアルロン酸
・2種のセラミド
・8種のアミノ酸

これらの肌をしっかり保湿する「うるおいサポート成分」と、肌の伸びを良くする「弾力・柔軟サポート成分」を配合し、肌荒れを防いでうるおった弾力のある肌に導きます。

空気に触れにくいフレッシュポンプボトルを採用しており、最後まで新鮮なまま使い切ることができ、のびが良くて塗りやすく、長持ちするので経済的。

妊娠中のママのお肌につけるものなので、つわり時期でも使える無香料で低刺激。気になる着色料もカットした低刺激処方なので、敏感に傾いた肌にも最適です。

さらに、赤ちゃんも安心して使えるようになっているため、クリームが余ってしまったら、産後のママの乾燥ケアはもちろん、赤ちゃんの全身保湿として使える点もおすすめポイントです。

そんな人気の「ナチュラルマーククリーム」ですが、今なら初回限定で、デリケート肌の大人から赤ちゃんまで使える「ママ&キッズ」のフェイスケアが試せるサンプルやスキンケアセットが付いてきます。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム(150g)は30g増量して2,916円(税込)、ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム お得用サイズ(470g)は250円お得の新価格7,850円(税込)となり、さらにお求め安くなりました。

超定番の大人気クリームを、ぜひこの機会にトライしてみてください。

ママ&キッズ:公式ページ

人気商品③ MONAMAMMY(モナマミー)マタニティクリーム

モナマミー

■容量:200g
■価格:初回1,980円(税込) 2回目以降3,480円(税込)

妊娠中のお肌の徹底ケアをしたいなら、「MONAMAMMY(モナマミー)」のマタニティクリームがおすすめです。

妊娠中は、お腹が急に大きくなることで起きてしまう皮膚の伸びや、妊娠中のホルモンバランスの乱れによる肌リズムの乱れにより、きちんと肌のケアをしていてもトラブルが起きがちです。

そこで、肌の保湿だけでなく、肌のサイクルを整えるという点にも着目したのがモナマミーのクリームです。

しっかりと肌を保湿するココナッツ・アルガン・シアバター・オリーブの4つの自然派オイルに、ゴワつきにくい肌を作り、できてしまったゴワつきにも効果を発揮する、海外で話題のシラノール誘導体という成分を配合。

さらに、肌荒れを防ぎ、高い保湿力のあるソメイヨシノ葉エキス配合と、妊娠線対策に重要な保湿力には申し分ありません。

そして、りんご、アルガン由来の幹細胞エキスが肌本来のリズムを整え、みかんから取れるヘスペリジンという成分が、肌を整えるのに重要でありながらも壊れやすいビタミンCを守り、弾力のある肌へ導きます。

つるすべをケアする、パイナップルエキスやザクロエキス、ざらつきをケアするアプリコット、くすみをケアするビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなど、トラブルの多い妊娠中のお肌をケアする成分が他にもたっぷりと配合されています。

自然派素材でお肌に優しいのもポイントで、このクリームだけで妊娠線予防だけでなく、全身のさまざまな肌トラブルに対応できます。

産後は生まれた赤ちゃんと一緒に使うこともできるため、時期によって使い分ける必要がなく、モニター調査で満足率96%という高評価であるのもうなずけます。

ボトルタイプで使いやすく、クリームはさらっと伸びるためケアがしやすく、無香料でつわりの時期にも使いやすいように配慮されています。

さらに今なら、毎月お届けコース初回限定で、クリームとの相性のいいオリジナルベビーオイル「MONA OIL」がプレゼントでもらえます。

90日間の返金保証があり、継続の縛りがないため、お得に購入できる定期コースがおすすめです。

・妊娠前~妊娠中、産後まで使えるクリームがいい
・妊娠線ケアをするついでに全身もケアしたい
・デリケートな時期なので成分にもこだわりたい
・産後は自分と子どもの乾燥ケアとしても使いたい

といった方は、ぜひ「MONAMAMMY(モナマミー)」を試してみて下さい。

MONAMAMMY(モナマミー):公式ページ

人気商品④ 素顔のママで



■容量:50g
■価格:初回1,980円 2回目以降3,980円(※4ヶ月継続)

できてしまった妊娠線に効果的な「素顔のママ」は妊娠線予防にも効果を発揮します。

無添加にもこだわった作りで、厚生労働省の許認可を得た医薬部外品なので化粧品よりも高い妊娠線予防と、妊娠線ケア効果が期待できます

妊娠線のケア・予防にかかせない保湿は、「ナノ化セラミド」「水溶性コラーゲン」「トリプルヒアルロン酸」でしっかりと保湿することができます。

また、有効成分である、「水溶性プラセンタエキス」と「グリチルリチン2K」が、ママのお腹にしっかりと浸透することで、妊娠線のない美肌へと導いてくれます。

医薬部外品ということで、薬という漢字が入っているため妊娠中は避けたいといった方もいるかもしれませんが、肌から吸収された成分は体内にまで簡単に届くものではありません。

さらに「素顔のママで」は成分的にみても安心して使うことができるため、妊娠中の使用でも胎児に悪影響を与える心配はありません。

価格も初回1,980円と、大変良心的な価格設定なのも嬉しいポイントです。

・妊娠線ができてしまった!?どうしよう!
・妊娠線らしきものが出てきた!
・どうせ使うなら効果の高いものを

といったママは、この「素顔のママで」をまずは試してみるといいでしょう。

素顔のママで:公式ページ

人気商品⑤ ベルタマザークリーム

ベルタ妊娠線クリーム

■容量:120g
■価格:初回 500円 2回目以降 4,980円(※6ヶ月継続)

オーガニック成分も5種類配合、さらに、価格もこれまでよりお求めやすくなりました。人気の商品でも、とことん改良していく企業姿勢に感銘を受けます。

妊娠中の肌トラブルを解決してくれる「シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)」をはじめ、葉酸、3種類の美容成分、アミノ酸、5種類のビタミンと多くの有効成分が配合されています。

・5種類のオーガニック成分
・角質層からからケアしてくれるコエンザイムQ10
・もちもち素肌へ導いてくれるへスペリジン

が、リニューアルを機に配合されており、これまで以上に贅沢になりました。

・8種の無添加
・シラノール誘導体の配合
・プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンといった美容成分配合
・葉酸などビタミン5種、アミノ酸配合

といった、これまでの有効成分もしっかりと配合されています。国内の医薬品レベルのGMP工場で生産されているので、品質に関しても十分な配慮がされており、安心して使える商品です

「シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)」は、妊娠中の肌を引き締め、キメを整えたり潤いを与えたりする効果があります。コラーゲンの再構築作用や、肌の弾力性に対する修復作用も認められているため、妊娠線予防に高い効果が期待できます。

さらに、このシラノール誘導体は、海外では妊娠線予防に効果的であるとの研究結果がありますが、国産の妊娠線予防クリームで、シラノール誘導体を配合しているものは、非常に少ないのが実情です。

その中でも、この「ベルタマザークリーム」は、「無香料」「無着色」はもちろんのこと、これまで同様無添加に徹底的にこだわった作りなので、無添加へこだわりをお持ちの妊婦さんにもおすすめです。お肌への負担を最小限に抑え、長期間にわたって、毎日たっぷりと使用しても安心です

ただ、1点気になる点があります。定期購入でも一日あたり145円となり、少し高価という点です。

それでも、妊娠線予防クリームに限ってみた場合、これくらいのお値段の商品は少なくないのが実情です。コストパフォーマンスという視点で見ると、「決して高くはない」むしろ「お得」といっても過言ではないでしょう。

オーガニックと無添加にこだわり、たくさんの美容成分を含み、品質管理も徹底されていることから、金額以上の期待が持てる商品であることは間違いありません

また、産後の赤ちゃんのお肌は、特に入念に保湿をしてあげる必要がありますが、このベルタのマザークリームは、産後の赤ちゃんにも安心して使える点も強みです。

・妊娠線予防をこれから始める方
・妊娠線クリーム選びで後悔したくない方

といった方は、このベルタ妊娠線クリームが第一候補となるでしょう

一度できてしまうと厄介な妊娠線。後悔しない商品を選びましょう。

ベルタマザークリーム:公式ページ

人気商品⑥ 『For fam(フォーファム)」ボディークリーム

For fam

■容量:300g
■価格:2,900円

妊娠線の予防はもちろん、新生児のスキンケアにまで使える保湿力抜群のボディークリームです

低刺激・高保湿ボディローションで、伸びがよく、しっとりしつつもベタベタしないので、デイリーに使いやすいのもポイント。無香料なので、妊娠中や後期までつわりが長引いても安心して利用できます。

低価格ながらも300gと大容量のため、毎日たっぷり使っても2ヶ月は持つので、経済的にも非常に頼もしい商品です

・妊娠線はお腹にだけにできるものではないため、全身にたっぷり使えること
・妊娠線予防はある程度長期戦であること

を考えると、お財布への負担はなるべく軽くしたいものです。そういった面でもこの『For fam(フォーファム)」ボディークリームは非常に使いやすくおすすめです。

また、品質面は新生児でも使えるほど気を付けられて作られ、無添加にこだわり、肌と同じ弱酸性で低刺激です。

通販で購入できる妊娠線予防のクリームでは、最低◯ヶ月継続といった定期購入でないと買えない商品や、単品購入が非常に高額といった商品が多いなか、2,900円の単品購入ができるという点は非常に嬉しい商品です。

安心安全はもちろん、大容量で遠慮なく使える妊娠線クリームをお探しの方は、『For fam(フォーファム)」ボディークリームを試してみましょう。

For fam(フォーファム):公式ページ

妊娠線クリームのよくある質問

効果的な塗り方は?

妊娠線クリームを塗るときには、まずたっぷりの量のクリームを手にとりましょう。

ついつい、もったいないと思い少量を手にとってしまいがちですが、肌に負担をかけることになり、かえって乾燥を引き起こすことがあります。そのため。たっぷりのクリームで保湿をすることが大切です。クリームだけでは保湿が十分にできていないと感じる方は、オイルを併用するのもよいでしょう。

妊娠線クリームをたっぷりと手に取ったら、お腹の中心からわき腹にかけて、塗り広げていきましょう。手のひら全体を使い、優しくお腹に浸透させます。強い力でマッサージするように塗ってしまうと、子宮を刺激してしまうので、「優しく」というのがポイントです。

お腹へ塗ったら、次はお尻、二の腕、バストにも塗りましょう。妊娠線はお腹にできるというイメージが強いですが、実は、お尻、二の腕なども妊娠線ができやすい場所なのです。一度できてしまうと消すことはなかなか難しい妊娠線ですので、お腹以外もしっかりと予防しましょう。

妊娠線予防クリームはいつから使うとよいの?

妊娠線は、お腹やバスト、お尻等の皮膚が伸びていくときにできます。

皮膚の表面にある表皮は伸びやすいのに対し、表皮より内部にある真皮や皮下組織は弾力性がなく、皮膚の伸びについていけないため、亀裂となって表れるのです。

そのため、妊娠線の予防は皮膚が伸び始める、つまりお腹が急激に大きくなったり、急激に体重が増加する前から使用する必要があります。

このお腹が急激に大きくなるタイミングというのは、妊娠後期に多いといわれています。

妊娠中期には、妊娠線予防クリームを塗り始めるとよいでしょう。

妊娠初期?中期?妊娠線予防はいつから始めると効果的?の記事では、さらに詳しく妊娠線の予防について紹介していますので、参考にしてください。

妊娠線予防のオイルとクリームの違いは?

妊娠線予防のクリームとオイルは、油分の量に違いがあります。

水分と油分が入っていて、肌になじみやすい特徴があるのがクリームです。また、美容成分が含まれている製品もクリームに多いでしょう。

油分が多く、保湿力が高いという特徴があるのがオイルです。保湿力が高い分、べたつき、ぬるつきが気になるという声もあります。

片方でも妊娠線予防をすることは可能ですが、より保湿力を高めたいという場合には、クリームとオイル両方の利用がおすすめです。

もともと乾燥肌の人は最初にオイルを薄く塗り、肌を整えた後にクリームを塗ることで、クリームの成分が届きやすくなります。

また、保湿力を持続させたいという場合には、まずクリームを塗り、その上に保湿成分にふたをするようにオイルを塗るという方法もあります。
スキンケアの際に、水分の多い化粧水を塗った後に、油分の多い乳液を塗るというイメージです。

ママに嬉しい妊娠線予防オイル紹介!妊娠線を予防するには?の記事では、おすすめの妊娠線予防オイルを紹介しています。クリームとオイルを適切に使い、しっかりと妊娠線を予防しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠中の病気・気になる症状のカテゴリー

妊娠高血圧症つわり妊娠中の腰痛
妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢妊娠中の便秘
妊娠中の貧血マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
妊娠高血圧症つわり
妊娠中の腰痛妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り
妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢
妊娠中の便秘妊娠中の貧血
マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる