産後に悪化するアトピー!?肌をキレイにする方法ってある?

産後にアトピーが悪化!?肌をキレイにする方法ってある?



妊娠、出産という大仕事を終え、赤ちゃんとの新生活にも慣れてきたと思っていたら、何だか、身体に痒みが出てきたというママはいませんか?

妊娠中は身体の不調がつきものでしたが、出産が無事に終われば徐々に調子を取り戻してくるはず、と思っていたら大違い。産後も、心身の不調はしばらく続きます。

先に挙げた身体の痒みもその1つで、その正体はアトピーということも…。この他にも肌の炎症や、身体の一部に異常な肌の乾燥や爛(ただ)れなどの症状が見られることもあります。

そこで今回は、

・もしかして、アトピー?産後お肌が乾燥して痒い!
・ステロイド剤って余り良い噂を聞いたことがないけど使って大丈夫?
・アトピーを治す方法を知りたい!

といった方に、産後、急に悪化するケースの多いアトピーの原因や対策を詳しくご説明します。

産後に悪化!その原因は?

shutterstock_272975342

アトピーは皮膚のバリア機能が低下し、様々な刺激を受けることによるアレルギーの一種で、皮膚に慢性的な炎症が生じる病気です。

小児に発症することが多く、成長と共に症状が改善していくことがほとんどで、成人の有病率は約2%。産後はアトピーが悪化しやすいといわれており、妊娠前から症状がある人だけでなく、子どもの頃のアトピーの症状はすっかりなくなっていたというママも再発してしまうことがあります。

何の前触れもなく悪化したり再発したりすることから、戸惑ってしまうママも多いでしょう。
産後にアトピーが悪化・再発してしまう原因は、いくつかあります。

人によって原因は異なるので絶対とはいえませんが、原因を知っておくとスムーズに対策をとりやすくなります。

考えられる原因に関しては下記の通りです。

授乳による栄養不足

産後のママは休む間もなく授乳が始まります。
母乳を作るには多くの栄養が必要になるので、ママの身体は栄養不足になりがちです。

栄養が不足した状態が長く続くと、皮膚を健康な状態に維持するのに必要なミネラル類などが減少することでアトピーの悪化・再発を引き起こすことがあります。

特に子育てに慣れないうちは、自分のことが疎かになって、食事や栄養バランスが不規則になりやすく、そこに授乳が加わって、必要な栄養が不足してしまいアトピーが悪化しやすいとされています。

>>産後ママが不足しがちな栄養が詰まった万能サプリ

そんなときは、良質なサプリメントで栄養バランスを整えることも、アトピー改善には有効です。

女性ホルモンの変化

出産後は妊娠中大量に分泌されていた女性ホルモンが激減することで様々な症状を引き起こします。

特にエストロゲンは肌の潤いをキープし、肌の状態を健康的に美しくする作用があります。
産後はこのエストロゲンが激減するため肌の状態が悪くなり、バリア機能が低下することでアトピーの悪化・再発を引き起こしやすくなると考えられます。

環境の変化などストレスによる影響

環境の変化というと、お引越しや新生活のスタートが挙げられますが、子育てもその中の1つです。

たとえ、子育てにストレスを感じていなくても、赤ちゃん中心の生活は食事や睡眠が不規則になるだけでなく、慣れないことも多いですから、ママ本人の知らないところで、精神的にストレスを感じていることもあります。

また、妊娠前と比べて自由にできる時間も少なくなり、我慢することも増えます。

ストレスは心身に悪いだけでなく、抗ストレスホルモンというコレチゾールが過剰分泌され、アトピーなどのアレルギー性の疾患が悪化したり、発症したりする確率が高くなります。

アトピーの始まりは乾燥肌

気付いたら、アトピーが悪化していたという話を聞きますが、実はアトピーが悪化する前に、乾燥肌になっているママは多いです。

乾燥肌の原因は、先に挙げた女性ホルモンの変化などがありますが、産後は授乳などの影響で脱水気味になりやすいことも一因となります。
肌が乾燥してしまっている状態は、肌の保護機能も低下して、普段なら気にもならない、ちょっとした刺激にも敏感に反応します。

そうして刺激を受け続けることで肌に大きな負担がかかり、アトピーを誘発してしまうのです。

ステロイドは使用しない方が良い?

アトピー治療にはステロイドの軟膏や飲み薬が使用されます。
ステロイドはさまざまな炎症による腫れや痒みなどを抑えてくれる効果があり、塗り薬はアトピー以外の皮膚炎などにも効果があります。

ですが、一度使用すると止められなくなる、薬の成分が蓄積して身体に良くない、母乳に移行して赤ちゃんに悪影響があるなどの有害事象が騒がれていたこともあり、その理由からステロイドを産後使用するか悩むママも多くいます。

しかし、実際のところは医師の処方をもとに用法用量を守って、正しく使えば産後に使用しても何ら問題ありません。

ただし、産後のアトピーは、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因に挙げられるように、原因を解決しないと再発する可能性が高いです。

ステロイドだけで解消しようとせず、並行して原因も改善していくのが、産後のアトピーにはベストな方法です。

産後のアトピー対策

産後のアトピー対策

上記にある通り、産後のアトピーにはいくつかの原因が考えられるので、1つの対策をとったからといって、必ず効果があるとは限りません。

産後のアトピーを治していくためには、ストレスを解消するような習慣を身に付けたり、普段からスキンケアをしっかり行う、栄養バランスに注意するなど、根本的な原因の改善が求められますが、痒みが酷い時や、悪化する一方であれば原因がわかっていても、病院へ相談することが大切です。

産後のアトピー改善に効果が期待できる対策は以下の通りです。
自分に合った対策を見つけて、アトピーを治していきましょう。

栄養と水分をしっかり摂る

産後のアトピーは、食生活を意識することが対策のポイントです。
食事をきちんと摂ることはもちろんのこと、授乳中に不足しがちな栄養素を知っておくことも大切です。

また、子育て中心の生活になると食事が偏りがちになるので、栄養バランスが乱れないように気を付けましょう。
忙しいときは考えるのも面倒臭くなってしまいますが、なるべく食生活は疎かにならないようにしたいです。

また、肌の乾燥を予防するためには水分補給も小まめに行っていきましょう。
水分を摂る際には目安として、1日に2リットル飲むのが良いとされています。

その際、一度に多量の水分を摂るのではなく、こまめに少量ずつ摂ることが大切です。

肌ケアを行おう

水分補給でも少し触れましたが、産後のアトピーの原因には、肌の乾燥も関係しています。産後の肌は乾燥しやすいだけでなく、バリア機能も低下しており少しの刺激でも大ダメージを受けやすい状態です。

そのため、産後のアトピー対策としては、肌をきちんとケアすることが大切です。
その方法については以下の通りです。

ただし、ケア用品を肌に塗ってピリピリとした痛みがあるなどの異常を感じた場合には使用をすぐに中止し、赤みや発疹が出た場合には病院を受診するようにしてください。

保湿ケアをする

肌が乾燥しているわけですから、まず行いたいのが保湿です。ただし、化粧水や乳液などを塗るだけでは、乾燥してしまった肌を復活させることはできません。

肌に潤いを与えつつ、その潤いが逃げないようにしっかりパッキングをすることで乾燥を防ぐことができるのです。

ただし、産後の肌は乾燥しているだけでなくデリケート状態であり、今まで使用していたスキンケア用品でも肌が荒れてしまうことがあります。

そのため、ケアを行う際には、アトピーケア用の化粧品やオーガニック化粧品など、肌に優しい化粧品を選ぶことも大切です。

妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とはの記事では、お肌にやさしいオールインワンゲルについて詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

保湿にはヒアルロン酸やセラミドなどの成分が良いとされていますが、使用前には必ずパッチテストを行い、肌に合うか確認してから使用するようにしましょう。

肌に良い食材を摂る

肌ケアは、自分に合ったスキンケア用品を小まめに活用するだけでなく、肌に良い食材を摂ることでもケアをすることができます。

肌に良いとされるビタミンCはミカンやれんこんなどから摂取することができます。さらに、保湿成分であるセラミドは生芋こんにゃくから摂取することが可能です。

ただし、スキンケア用品と異なり直接肌に成分を送れないので、その効果は化粧品などに比べて即効性はありません。個人差があるので食べたからといって絶対の効果を望むこともできません。

しかし、身体にとって良いことに変わりはないので、身体を元気にしつつ、内部からも肌ケアをしていきましょう。

ストレスを溜めない

環境の変化と育児から、産後のママは意外とストレスが溜まります。また、育児だけでなく家事や仕事などやることがたくさんあって、リラックスできる時間とれなかったり、ストレス解消が上手くできなかったりすると聞きます。

ストレスも、アトピーの原因の1つです。アロマテラピーや音楽鑑賞、外出するなど、ストレス発散できる時間を小まめに作ることも大事です。

パートナーに協力を仰ぐのも良いでしょう。1~2時間、パートナーに赤ちゃんを見てもらって、羽を伸ばすというのもストレス解消に効果的です。

睡眠時間を確保しよう

食事、睡眠、運動などの生活習慣の中で睡眠時間が不規則になると、アトピーになりやすいとされています。特に睡眠不足は、肌のターンオーバーが乱れて乾燥肌を引き起こします

育児中に生活リズムを整えるのはなかなか難しいとは思いますが、赤ちゃんが眠っているときにママも一緒に横になるなど少しでも睡眠を確保するようにしましょう。

まとめ

まとめ

産後の不調は半年~1年ほどかけて女性ホルモンの状態が落ち着くと徐々に改善していくことがほとんどです。ただし、産後アトピーの原因は女性ホルモンだけではありません。

個人によって当てはまる原因はさまざまです。そのため、自分に合った対策で、根気強く付き合っていくことが大切です。

何事にも神経質になり過ぎないことがストレスを溜めないポイントの1つでもあります。

ただし、我慢するのはよくありません。対策をとっても痒みが治まらない、症状に不安があるといった場合には病院を受診し、医師の処方を受けてくださいね。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

メディプラスゲルは忙しいママでもお肌のお手入れ楽々!

メディプラスゲル
・定期初回特別 約2ヶ月分+サンプルセット 2,996円(税込)
・定期通常価格 3,996円(税込)

スキンケアの時間がなかなかとれないママにおすすめなのが、化粧水・乳液・美容液・クリームが1本になったオールインワンゲル「メディプラスゲル」です。

温泉水そのものが化粧水としても使われている、美肌の湯「出雲玉造温泉水」の水を使用。

スクワランとアボカド油がお肌をやわらかくし、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの66種類の美容成分と、温泉水が内側からもっちりとしたお肌に導きます。

オールインワンでもしっかりとうるおいが持続するため、洗顔後たった3秒でスキンケアが完了。片手で使いやすい便利なポンプ式で、赤ちゃんを抱っこしながらでも使えます。

30日間の全額保証が付いており、定期しばりもないため、ぜひ気軽に試してみましょう。

詳細はこちら>>妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは

メディプラスゲル:公式サイト

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる