理由がある

授乳中に胸やちくびが痛い!原因とケア方法について



産後すぐに始まる赤ちゃんの授乳。

赤ちゃんにおっぱいをあげる時、ママは安らかな気分になっているというイメージがありますが、いざ自分がその立場になってみると実は乳首や胸が痛かったということも少なくありません。

授乳って痛いものだったんだ、とイメージが崩れたママも多いのではないでしょうか。

しかし、授乳は痛いものなんだと放置してしまうのはあまり良いことではありません。

そこで今回は、

・授乳中に痛み感じるのはなぜ?
・授乳で起こる痛みの対処法は?
・授乳の痛みで病院に行ってもいいの?

といった方に、授乳時に起こる痛みの原因と対策について詳しくご紹介します。

授乳時の痛みの症状

母乳にも段階がある
授乳時に痛みが生じる部分は乳首が大半を占めています。

基本的には赤ちゃんがおっぱいを飲んでいる時に痛みますが、症状が悪化してくると授乳をしていない時でも痛みが治まらないという人もいます。

その他にも、胸全体が痛んでしまったり、胸にできたしこりが痛んでしまったりとママによって症状はさまざまです。

痛みの程度もママによって異なり、チクチクとしたちょっと気になる程度の痛みで済む人もいれば、我慢できない様な痛みに悩まされるママもいます。

授乳中にどうして痛くなるの?

赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるだけにも関わらず、ママが胸に痛みを感じてしまうのにはどんな原因が挙げられるのでしょうか。

授乳は卒乳・断乳するまでほぼ毎日欠かさず行うものなので、我慢は禁物です。

正しい対策をとるためにも、痛みの原因は早めに突き止めるようにしましょう。
授乳時に痛みを感じる原因には、次のことが考えられます。

浅吸いをしている

授乳時に乳首に痛みを感じるママは多く、そのほとんどは赤ちゃんのおっぱいの浅吸いが原因です。

赤ちゃんはおっぱいを出せば上手に飲んでくれそうなイメージがありますが、実際はそんなことはなく、上手く飲めない赤ちゃんも珍しくありません。

浅吸いはそんな上手く母乳を飲めない赤ちゃんに見られるもので、乳首を正しく口にくわえることができていない状態です。

この状態だと、乳首全体ではなく先の方だけしか赤ちゃんがしゃぶらないため、デリケートな乳首の先端部分のみが強い力で吸われるので、粘膜がダメージを受け、ひどい場合には血豆ができてしまうことも…。

また、しっかり母乳が吸い出せないため、授乳時間や授乳間隔が長くなってしまうことも、乳首を痛める原因となります。

乳首の先端部分の粘膜にダメージが加わって炎症を起こしたものを乳口炎と呼びますが、乳口炎にまで進行してしまうと強い痛みのために授乳することすら困難になるケースも少なくありません。

浅吸いの見分け方

とはいえ、授乳時に乳首に痛みは必ずしも赤ちゃんの浅吸いが原因とは限りません。

赤ちゃんがおっぱいを飲んでいる時に浅吸いをしているかどうかを判断するのは難しいので、赤ちゃんの浅吸いが疑われる場合には授乳後に乳首の状態を確認してみましょう。

赤ちゃんが浅吸いをしてしまっている場合は乳首の先の方に吸い付いているため、先がとがっていたり、つぶれてしまっていたり、歪な形になっているのが特徴です。

形状的に飲みにくい

赤ちゃんが浅吸いしているといった、赤ちゃんのおっぱいの飲み方によってママの乳首に痛みが出てしまうこともありますが、赤ちゃんの飲み方だけに問題があるのではなく、ママの乳首の形状によっても痛みを感じてしまうことがあります

飲みにくい形としては扁平乳首(へんぺいにゅうとう)と呼ばれる乳首部分が平べったくなっていたり、乳首が陥没してしまったりしている陥没乳首があります。

こういった形状になっていると、赤ちゃんが上手くおっぱいを飲んでいたとしても吸う時に隙間が開いてしまうため、皮膚の薄いところを赤ちゃんが噛んだり吸ってしまったりすることがあり、ママが痛みを感じてしまうことがあります。

感染症による炎症の可能性

乳首の痛みは感染症が原因のこともあります。
よく挙げられるのがカンジダです。

カンジダの原因としては出産時に赤ちゃんが産道を通過する際、膣内に常在しているカンジダが赤ちゃんに感染してしまうことがあります。

そして、赤ちゃんの口の中で増殖したカンジダが授乳時にママの乳首に移ってしまうのです。

また、カンジダは皮膚にも常在しているため、母乳の残りカスが溜まったり、蒸れたりすることが原因となり、乳首で増殖してしまうことも少なくありません。

授乳中以外にも乳房にヒリヒリ・ズキズキとした痛みを感じる、乳輪に赤い発疹や痒みがあるなどの症状が見られる場合には、カンジダを疑っても良いかもしれません。

母乳の詰まり

ママ個人の体質や、赤ちゃんが片方でしかおっぱいを飲まないなどの原因によって授乳中に母乳が詰まってしまうことがあります。

母乳が詰まってしまうと、乳腺や乳管の中に溜まった母乳が固まってしまうので、授乳時に痛みを感じやすくなると言われています。

母乳の詰まりを放っておくと乳腺炎を引き起こす可能性がありますので、胸にしこりができたり、その周りに痛みや熱感を感じたりする時は注意が必要です。

乳腺炎が悪化すると胸の痛みだけでなく、高熱や倦怠感などの症状が現れることも少なくありません。

催乳感覚

赤ちゃんに授乳をしている時に、乳首というよりは胸の付け根から乳頭にかけて痛みを感じる場合には催乳感覚の可能性があります。

この感覚は、赤ちゃんにおっぱいをあげている時などに新しい母乳が湧き出てくるような感覚のことで、新しい母乳が作り出される際にツーンもしくはキューンといった感じがします。この感覚がママによっては痛みのように感じる人も少なくありません。

この催乳感覚は、授乳中の場合は赤ちゃんにあげているおっぱいとは反対側で感じる場合が多いです。
ほかにも授乳から数時間経った後や赤ちゃんの泣き声を聞いた時などに感じる場合もあります。

歯が当たっている

個人差はありますが生後5~7ヶ月頃になってくると、赤ちゃんによっては乳歯が生えてくる子もいます。
見た目はとても小さく、可愛らしいものですが、これが乳首に当たると激痛を感じるママもいます。

赤ちゃんのおっぱいの飲み方にもよるので、赤ちゃんに歯が生えたからといって必ず痛みの原因になるとは限りません。

しかし、中には赤ちゃんが乳首を噛んで切れてしまい、その傷口にさらに歯が当たる、といったダブルパンチを引き起こす場合もありますので注意が必要になります。

痛みを引き起こす意外な行動

妊婦さんが糖尿病になると産後も治らない
赤ちゃんの飲み方や身体の生理的な原因など以外にも、ママが行っているちょっとした行動が乳首や胸に痛みを引き起こしている可能性があります。
授乳中や授乳後に、胸に痛みを引き起こしてしまう恐れのある行動について詳しくみていきましょう。

痛みを引き起こす意外な行動の中には、赤ちゃんのことを考えて行っていることもあると思いますが、ママが授乳による痛みを我慢してしまうとストレスも溜まり、赤ちゃんにも良くありません。

ストレスのない授乳タイムを叶えるためにも次のような行動は控えるようにしましょう。

おっぱいを途中でやめさせる

赤ちゃんに片方だけおっぱいを飲ませるのは、母乳詰まりの原因になりますので、両方をバランスよく飲ませようとするママが多いでしょう。

しかし、ママの中には赤ちゃんが飲んでいる途中でもう片方のおっぱいを飲ませようと、赤ちゃんを無理やり引き離して中断させてしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

ママが中断させないともう一方のおっぱいを飲んでもらうのは難しい気がしますが、くわえられた乳首も一緒に引っ張られてしまうことになるため、乳首にもダメージが出てしまい、痛みを招いてしまう可能性があります。

無理やり離さないようにする方法

母乳がたっぷり出るママや赤ちゃんの哺乳量が少ない場合には無理やりにでも中断させないと、もう片方のおっぱいを飲んでくれないなんてこともあるかもしれません。
そんな時は、赤ちゃんを引っ張るのではなく赤ちゃんのお口に小指を入れてください。

ただし、口に勢いよく突っ込むというよりは口の端の方へそっと入れる感じにしましょう。
そうすることで赤ちゃんの口と乳首との間に空間ができるので赤ちゃんの口が簡単に離れます。

赤ちゃんの口に指を少し入れることになりますので、指を入れる際にはウェットティッシュなどで綺麗にしてからにしましょう。
また、乳首と赤ちゃんの怪我防止のために、爪を短く切ってから行うようにしてください。

乳首の殺菌消毒

乳首は赤ちゃんが口に直接入れるため、衛生面に神経質になってしまうママも少なくないと思います。

そのため、授乳前に乳首を消毒するママもいるかもしれませんが、やり過ぎはよくありません

消毒しすぎてしまうと乳首に住む常在菌まで殺菌してしまうことになるため、カンジダが繁殖しやすくなる可能性があります。
また、乳首はデリケートな粘膜でできているため、アルコールなどのダメージを受ける可能性もあります。

さらに、乳首が乾燥しやすくなって、ひび割れや裂傷などが起こりやすくなりますので、乳首の消毒をする際はやりすぎないようにしましょう。

痛みが生じた時の対処法は?

頭蓋骨骨折は防げないの
授乳中に乳首が痛くなってしまう原因について確認してきましたが、実際に授乳中などに乳首が痛くなってしまった場合、どんな対策をすれば良いのでしょうか。

効果が期待される対処法を詳しくみていきましょう。

ただし、対策をすることで得られる効果には個人差があります。
乳首を痛めている原因によっては、効果があまり期待できない場合も考えられますので、原因を見極めて自分に合った対策をとるようにしましょう。

抱き方を変えてみる

赤ちゃんの浅吸いに原因がある場合には、抱き方を変えてみるのがおすすめです。

浅吸いの原因には、赤ちゃんが母乳を飲むのに慣れていないというのもありますが、ママの抱き方によって飲みにくい姿勢になっていることも考えられるからです。

また、ずっと同じ抱き方をしていることで乳首の一部だけに負担がかかってしまい、痛みが生じてしまう場合もありますので、乳首の負担軽減のためにも抱き方や角度を時々変えることが大切になります。

抱き方を変えた際に姿勢が安定しないようであれば、授乳クッションといったアイテムを使用するとママも楽になります。

おっぱいの休憩

乳首が荒れたり切れたりしてしまっている場合には、1~2日でも構いませんのでおっぱいを休ませることも対策の1つです。

少しの間だけでもおっぱいを休ませてあげることで痛みが軽減する可能性があります。

その間はおっぱいをあげるのは中断することになりますが、ミルク育児を検討されるのも良いですし、完母で育てたいという考えでしたら搾乳機を活用して母乳をあげるという方法もあります。
赤ちゃんが何も口にできなくなるわけではないので安心してください。
ただし、乳腺炎を防ぐためにも、おっぱいが張った時はしっかり搾乳して母乳を溜めすぎないようにしましょう。

乳首ケア、マッサージをする

乳首が乾燥していたり皮がむけてしまっていたりすると授乳による乳首へのダメージが起こりやすくなりますのでとダメージを負っている可能性もありますので、スキンケアと同じように乳首ケア専用のクリームなどで小まめに乳首をケアすることも大切になります。
ただし、赤ちゃんが舐めてしまったり触ってしまったりすることも考えて、ケア用品を選ぶ際には無添加で赤ちゃんの肌にも優しいものを選ぶようにしましょう。

ママの中には乳首だけでなく胸全体が痛む人もいるはずです。
その場合は、母乳が詰まっている可能性もありますので、授乳前にマッサージをするだけでも症状緩和を期待することができます。

悪化する前に病院へ!

きちんと対策をとっていても痛みが緩和しない可能性は十分に考えられます。
その場合は、無理をせず病院へ相談するようにしましょう。

特に乳腺炎や乳口炎には注意が必要です。

授乳の時間は赤ちゃんにとってもリラックスできる大切な時間です。
ゆったりとした授乳タイムを過ごせるように、痛みは早め早めに解消していきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる