産後の生理がこないのはどうして

妊活中は女性のお酒はNG?適量は?飲酒のリスクと注意点



「赤ちゃんを授かりたい」と思った時、基礎体温を計って排卵日を知る、妊娠するために必要な栄養を摂り入れるようにする、生活習慣を見直してみるなど、やるべきことがたくさん出てきます。

では、アルコールはどうなのでしょう。
妊娠中はお酒を控えた方がいいというのはよく聞きますが、妊活中もお酒を飲まない方がいいのでしょうか。

もともとお酒を飲めない方や飲まない方には何の問題もないことですが、お酒が好きな方にしてみれば、いつ妊娠するかわからない長い期間ずっと禁酒するのはツライものです。

そこで今回は、

・妊活中だけどお酒が好き!
・妊活中でもお酒を飲んでいいの?

といった方に、お酒と妊活について考えてみたいと思います。ぜひ妊活中の参考にしてみてくださいね。

女性は男性よりアルコールの影響を受けやすい?

体型や体質には個人差がありますが、一般的には男性よりも身体が小さい女性は肝臓も小さいため、男性に比べて肝臓がアルコールを処理する速度が遅く、アルコールに弱い傾向があるとされています。

血液の循環量も女性の方が少ないので、男性と同じ量のアルコールを飲んだ場合、男性よりも血中にアルコールがとどまることになり血中アルコール濃度も高くなります。

大量のアルコールを飲むことで起きる「アルコール性肝疾患」になると、その後も大量のアルコールを飲み続けることによって発症する「肝硬変」になるスピードも、男性よりも女性の方が早いとされてます。

もっとも、お酒に弱い男性もいれば酒豪の女性もいます。「アルコールの分解酵素の量」はそれぞれの個人差が大きいので、男性だから女性だからと一概に言い切れるものでもありません。
ただ、女性の身体の構造上、男性よりアルコールの影響を受けやすい傾向があることは覚えておく必要がありそうです。
 

生理前や生理中は飲酒に気をつけなければならない、その理由は?

女性は、月に1度は「生理」という厄介な物が来ます。
もちろん、生理が来なければ排卵もなく赤ちゃんも授からないわけですから、どんなに面倒でも仕方のないことであり有難いことでもあります。

とはいえ、ホルモンバランスが大きく乱れるために身体の調子を崩したり、精神面で不安定になったりするのは毎月うっとうしいものです。
イライラを紛らわせようとお酒を飲んだり、すぐに寝付けるようにアルコールに頼ったりしている方も多いです。
しかしそれは、かえって症状を悪化させることになってしまいます。

生理前

「月経前症候群(PMS)」という名前をご存知の方はたくさんいるでしょうし、PMSに悩んでいる女性も少なくないでしょう。

PMSとは、生理が始まる前の2週間に起きる身体と心のさまざまな不調のことです。
身体のむくみ・過剰な食欲・乳房のハリや痛み・頭痛・イライラ・うつ状態になる・無気力など症状は人によって違うものの、日常生活に支障をきたすほど重篤になる場合もあります。
現在、女性の約70%がPMSを抱えているともされていますが、PMSになる原因はまだはっきりとは解明されていません。

そして、このPMSで悩まされている女性の中には、イライラやうつ状態を乗り切るためにアルコールに頼る方もいるようですが、お酒で気分が良くなるのは一瞬だけです。お酒の力を借りてすぐに寝付けたとしても、それは質の悪い眠りです。
根本的な改善をしなければ、アルコール依存症に近づいてしまう恐れがあります。

また、生理前はアルコールの代謝速度が遅くなるので、いつもより少量のお酒で酔いやすくなります。
自分で思っているより悪酔いや二日酔いにもなりやすいので、むくみや頭痛などがさらにひどくなることもあります。
どうしても飲みたいときは量を決めて、ゆっくり少しずつ飲むようにしましょう。

生理中

生理中の女性の身体は、子宮の収縮や経血の排出などでアルコールを受け入れるのに十分な体制ではありません。
それでなくとも腹痛・頭痛・吐き気などが襲ってくる状態です。
そこにアルコールが入ると症状はもっと悪くなってしまいます。

そして、経血の排出によって体内の血液量が少なくなるので、生理中は血中のアルコール濃度がすぐに高くなる状態でもあります。
そのうえアルコールで血液の循環が促されれば、心拍数が上がって経血の量が増え、貧血を起こしてしまうことも考えられます。

生理中に好んで深酒をする方はあまりいないでしょうが、生理中の飲酒は生理痛をひどくする原因にもなりますので控えるようにしましょう。
それでもお酒を飲まなければならない状況にあったり、飲みたくなったときは、肝臓の働きを助けてくれるタンパク質を多く含むチーズや枝豆をおつまみに選んで、少量のアルコールを時間をかけて飲みましょう。

妊活中にお酒を飲むことのリスクとは?

妊活中の女性が一番気になるのは、お酒に含まれるアルコールが妊娠にどのような影響を与えるのかということでしょう。

すべてが解明されているわけではありませんが、これまでの研究結果によって指摘されているアルコールと妊娠の関係をお伝えしていきます。

肝機能が低下すると赤ちゃんが授かりにくくなる

基本的に女性の身体は、新しい命を宿し、胎内で育み、新しい世界に送り出す力を持っています。
そして、そのために必要な機能もたくさん備わっているのです。

その中でも大きな機能が、妊娠の要となる女性ホルモンです。
女性ホルモンのエストロゲンには、子宮を妊娠できるよう成熟させたり、精子が子宮に入りやすくしたり、着床しやすくして定着させたりする働きがあり、この女性ホルモンが正しく分泌・分解され続けることが肝心です。

ところが、アルコールを過剰に摂取してしまうと肝機能が低下して、肝機能で分解されるはずの女性ホルモンがうまく分解されなくなってしまいます。
すると脳は女性ホルモンの量は十分に足りていると判断して、新しく作る指示を出さなくなり、妊娠するために必要不可欠な女性ホルモンの働きが弱まってしまう可能性があります。

「酸化ストレス」が卵子の質を低下させる

体内に入ったアルコールは肝臓へと送られ、肝臓はアルコールを異物と認識して分解作業を行います。
この分解作業をするときには「活性酸素」が発生し、体内に入ったアルコールの量が多ければ多いほど活性酸素は大量に作られます。

活性酸素とは飲酒に関係なく生きているだけで発生するもので、身体に侵入した細菌やウイルスと闘って退治してくれる働きを持っています。それ自体は決して悪いものではありません。
ただ、この活性酸素が大量に発生してしまうと、健康な細胞まで攻撃して酸化・老化させてしまいます。

本来、体内には活性酸素を抑える「抗酸化機能」もあるので、活性酸素と抗酸化機能のバランスが保たれていれば健康な細胞が攻撃される心配もありません。

ところが、アルコールの過剰摂取などで活性酸素が大量発生してしまうと、活性酸素を抑える抗酸化機能が追い付かず、バランスの崩れた「酸化ストレス」状態となります。
酸化ストレス状態が続くと、増えすぎた活性酸素は健康な細胞を攻撃するようになり、若々しい質の高い卵子までも酸化・老化させて、卵子の質を低下させてしまうのです。

抗酸化作用があるお酒とは?

活性酸素の大量発生が妊活に大敵だということは理解していただけたかと思いますが、普段からお酒をたしなんでいる方が急に禁酒をして、飲めないことが大きなストレスになるようでは、それもまた活性酸素を発生させる原因となります。

そこで、抗酸化作用の高い赤ワインはいかがでしょう。
赤ワインには何種類ものポリフェノールが含まれおり、強力な抗酸化作用を発揮して活性酸素の働きを抑えるため妊娠しやすくなるという説もあります。
血流を促す効果もあるので冷え対策や美肌効果にも期待できます。

しかし、残念ながら白ワインはポリフェノール量が少ないので、どうしても飲みたいときにはブドウを丸ごと発酵・熟成させた赤ワインを適量いただくようにしましょう。

お酒の適量はどのぐらいを目安にすればいい?

お酒を飲む量には個人差があり、まったく飲めない方もいれば毎日浴びるほど飲むという方もいます。
女性にも、男性顔負けなほど飲んでも酔わないという酒豪の方がいます。

では参考までに、厚生労働省が発表している「節度ある適度な飲酒量」をお伝えします。
それによると、女性は「1日平均純アルコールで約20g程度」となっており、補足として「少しの飲酒で顔が赤くなるなどアルコール代謝能力の低い人はこの目安より少量にする」と記述されています。

純アルコールで約20g程度とはどのぐらいの量なのでしょうか。それぞれのアルコール飲料での相当する量は次のとおりです。

・ビールまたは発泡酒:500ml
・日本酒:180ml(1合)
・焼酎(35度):80ml
・酎ハイ(7%):180ml
・ウイスキーやブランデー:60ml(シングル2杯分)
・ワイン:200ml(ワイングラス2杯弱)

お酒が好きな方には物足りない量だと感じられるかもしれません。
ですが、妊活は永遠に続くものではないとしばらくの間は辛抱して、飲み過ぎないように一つの目安としてください。

妊活中は男性もお酒を控えるべき?

妊活は女性だけが頑張るものではありません。
妊娠するには相手が必要なのですから、当然パートナーにも協力してもらいましょう。

アルコールを過剰に摂取すれば、当然ながら男性の体内でも活性酸素が大量発生します。
活性酸素と抗酸化機能のバランスが崩れると、精子にも悪影響が及ぶのです。
精子は毎日作られますが、射精に至るまでには3ヶ月ほどかかります。その間に活性酸素の攻撃を受けてしまえば、質の高い精子にはなりません。

アメリカの米生殖医学会でも「男性のアルコール摂取量が増えると精子の濃度と運動性が低くなり受精の確率も下がる」という研究結果が発表されています。

いくら女性が妊活に励んでも、受精されなければ妊娠することはできませんので、パートナーにも飲み過ぎに注意するよう釘を刺しておきましょう。
男性の1日平均純アルコールは約40g程度となっていますので、「節度ある適度な飲酒量」は女性のおよそ倍量だと考えてください。

妊活中の飲酒についての注意点

受精の時期に気付かず飲酒してしまったら

受精した時期にお酒を飲んでしまったとしても、胎児への影響は心配ないといわれています。
排卵と受精が行なわれてから1週間~11日後に着床しますが、着床する前は胎児への影響はなく、妊娠3週頃に妊娠が成立した時点で胎児への影響が心配されるようになります。

アルコール中毒を起こすほど大量のお酒を飲んでしまった、それまで習慣的にアルコール依存症レベルの飲酒をしていた、ということがない限り問題ありません。
それよりも、お酒を飲んでしまった罪悪感がストレスになってしまう方が心配です。

着床出血を生理の開始と勘違いしないように

「着床出血」とは妊娠初期症状の一つで、50人に1人ほどの割合で起きる症状です。
卵子と精子が受精して受精卵が子宮内膜に着床した際に、絨毛(じゅうもう)が子宮壁を傷つけて軽い出血がある場合のことをいいます。

「妊娠超初期」と呼ばれる、生理開始予定日の1週間~数日前くらいに起きるのが一般的です。
着床出血が起きる期間は、1回だけということもあれば数日続くケースもあります。
人によって個人差が激しいため、気付くのに時間がかかったり、生理と勘違いする方もいます。

とくに、もともと生理不順だった場合は着床出血か不正出血かを判断するのは難しいです。
その軽い出血は無事に着床した証かもしれませんので、「今回はダメだったか」と早々にあきらめてヤケ酒をあおったりしないよう、くれぐれも注意しましょう。

妊活中はお酒を飲まない生活に慣れる期間と考えましょう

妊娠中のアルコールがNGだということは、妊活中の女性なら誰でも知っていますよね。
「少量のアルコールなら胎児に悪影響をあたえる可能性は低い」という意見もあるようですが、100%安全だという確証を得るには至っていません。

つまり、たとえ少量であってもお酒は赤ちゃんに悪い影響を与えないとは言い切れないということです。
ならば、万が一にも赤ちゃんに害を及ぼすようなものは飲まないに越したことはありません。

近年はノンアルコールのビールや梅酒やカクテルなど、たくさんの種類が販売されています。
妊娠したらお酒を飲まないではなく、妊活中からお酒を飲まない生活に慣れておきましょう。
これを機会に、美味しいノンアルコールの飲み物をあれこれ楽しんでみるのもいいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる