体が回復しないと生理がこない

産後はどんな服装?妊娠前の服が着れない原因と服選びのポイント



妊娠中は、赤ちゃんの成長と共にママの体型が変化することもあって、妊娠前に着ていた服が着れなくなることは珍しくありません。出産後にまた着よう、と封印された服も多いのではないでしょうか。

しかし、そうして封印された服が産後すんなり着用できるのかといえば、そうとも限らないのが悲しいところです。
実際に、妊娠前に着ていた服が着れず産後の服に困ってしまうママも多いです。

そこで今回は、

・なぜ産後になっても妊娠前の服が入らないの?
・産後に着れなくなる服はどんな服?
・妊娠前の服が着れないなら、どんな服を着ればいいの?

といった方に、産後に以前の服が着れない理由や、産後にどんな服を着ればいいのかについて詳しくご紹介します。

すぐに体型が戻るわけではない

ケーキは出ない
「産後になれば体型も元通りに…」と考えるママは多いと思いますが、実はこれが大きな間違いです。
出産するとどうしても身体にダメージや疲労が残るため、妊娠前の身体に戻るには時間がかかってしまいます。
一般的には半年から1年、2年ほどかかるとされています。

とはいえ身体の回復にも個人差があり、元の体型に戻るスピードはママによって変わります。
そのため、この時期までには絶対体型が戻るという基準はないと考えておきましょう。

体型が戻らない原因ってあるの?

妊娠中に妊娠前の服が着れなくなったのには、ポッコリと出てしまうお腹が大きく影響しています。
また、普段なら気にならない締め付け感が気になった人もいるでしょう。

妊娠中の問題なので、出産を終えてしまえば全て問題は解決しそうなはずです。
しかしそれにも関わらず、産後になっても服が着られないのはどうしてなのでしょうか。考えられる原因を見ていきましょう。

骨盤の歪み

妊娠前の服が着れない、入らない原因の1つに挙げられるのが骨盤の歪みです。
妊娠中は出産時に赤ちゃんが出やすいように骨盤が緩みやすくなります。

これには、リラキシンと呼ばれるホルモンが関係しています。
リラキシンによって緩められた骨盤は産後、すぐに元に戻るわけではなく、ゆっくりと閉じていくことがわかっています。

この時に元の状態に戻れれば良いのですが、傾いてしまったりズレが生じてしまうと骨盤が歪んでしまいやすく、それによりお尻回りが大きくなってしまうことで妊娠前に着ていた服が着られなくなってしまうことがあります。

残るお腹の膨らみ

赤ちゃんを出産すれば全て元通りといかない、もう1つの理由として挙げられるのがぽこっと出てしまうお腹です。
出産すればへこみそうなお腹ですが、骨盤の歪み以外にも子宮が元のサイズに戻っていないことも原因に挙げられます。

子宮は妊娠中に赤ちゃんがいた場所で、妊娠中の子宮は通常時の何倍も大きくなります。そのため、赤ちゃんが出ても子宮は膨らんだままで、お腹がぽこっと出たままになってしまいます。
お腹の膨らみの大きさは個人差があるようですが目立つ場合が多いです。ズボンはもちろんトップスを着た時にも影響がでることがあります。

身体の重心

膨らんだまま戻らないお腹やお尻回りなどで気付かないママもいますが、産後は妊娠前よりも太腿が太くなっている場合が少なくありません。
妊娠中は、お腹が大きくなるにつれ気付かぬうちに身体の重心が前へ傾いていきます。

また、気を付けていても運動量が落ちてしまうため、腹筋などの支える筋肉も落ちやすいです。その代わりとして、太腿の筋肉を使って踏ん張ろうとすることから、太腿の筋肉が発達し太く大きくなってしまうとされています。

妊娠前は必要以上に太腿の筋肉を使うことはあまりないので、妊娠前と産後では大きさに差がでます。
そのため、ズボン系を中心として産後に服が入らなくなってしまうことがあります。

痒みを感じてしまう人も

体型の変化だけでなく、産後に妊娠前の服が着れない原因として挙げられるのが肌トラブルです。
産後は、慣れない育児や家事による疲労やストレスや、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう影響で免疫力も下がってしまっています。
そうしたことから、ちょっとした刺激に肌が敏感になってしまうママが少なくありません。

妊娠前には気にならなかった服のタグやゴムによる締め付けにより、痒みや湿疹、みみず腫れができてしまうママもいるので、こういう理由から妊娠前の服を着れないこともあります。
締め付けが少ない服でも、服の素材によっては肌が擦れてしまうだけで痛みを感じる人もいます。

服の好みも変わる?

産後に着れない服が出てきてしまう理由として、服の好みが変わってしまうことも挙げることができます。
子供の時はともかく、大人になってから、しかも短い期間に好みが変わってしまうことなんてあるのか、と疑問に思う人も多いと思います。しかし実際、産後に服の好みが変わるママは少なくありません。

しかし、産後に入って服の好みが変わってしまうのはどうしてでしょうか。その理由について詳しく見ていきましょう。

お洒落の優先が下がる

妊娠前に服を選ぶ時はどちらかというと、自分の好みのデザインかどうかが優先されていたことが多いと思います。好きなブランドがあったママもいることでしょう。

しかし、産後になると服を着てお洒落をすることへの優先度が下がってしまします。
代わりに家事や育児をしていて邪魔にならない、動きやすい服装が優先されるようになります。

赤ちゃん中心の生活を考えると、シーンを問わず気にしないで使える服はとても便利です。
そのため、スカート系やワンピース系のカワイイ感じの服が好みだったママが、ラフでカジュアルな服を好んで着るようになることも多くなります。

スカート系が面倒に

ゆったりと履けるスカートやワンピースは、ズボンよりもママの体型に優しそうな気がしますが、スカートは動き回る時にはだけないように気にしないといけませんし、ワンピースは授乳をする時に脱ぎ着するのが面倒というデメリットが挙げられます。

また、スカート系に関してはストッキングなどを履く場合もあります。そのため、ズボンに比べてさっと簡単に着れないというのも産後に着られなくなってしまう原因の1つかもしれません。

素材を気にするようになる

産後に服が着れなくなってしまう原因として、肌トラブルも考えられることから、妊娠前の服を着なくなるママの中には、素材を選んで着るようになる人もいます。
特に綿は肌に優しい素材のため、好んで着るママも多いとされています。

また、素材を気にして着るようになるもう1つの理由として、赤ちゃんの肌を傷付けないものを選びたいためでもあります。
授乳したり、抱っこしたりと、赤ちゃんは何かとママの服に触れる機会が多々あります。
赤ちゃんの肌は刺激に敏感で、ママの服に触れてしまうだけでもかぶれてしまうことがあるため、肌に優しい素材を選ぶようになる傾向があります。

洗濯に手間をかけたくない

服の素材やデザインによって、洗濯のやり方は変わってきます。
ネットに入れて洗う必要があるもの、おしゃれ着洗い限定のもの、クリーニングに出す必要があるものなど、洗濯の方法は数多くあります。
しかし、産後は育児がメインになるので、ママも洗濯にそこまで構っていられません。

産後は赤ちゃんのヨダレなどで服が汚れてしまう前提ですから、洗濯機に入れるだけで良いものや、洗い方を問わない服が好まれます。
産後のママは中々ゆっくりできないので、少しでも家事に手間をかけない方法が優先されます。

装飾は赤ちゃんが誤飲する恐れも

赤ちゃんの肌のことも考えて、ママは優しい素材の服を好んで着ることが多いですが、このほかにも気を付けたいポイントがあります。
ビーズなどの細かい飾りがついていたり、スパンコールなどを使用したキラキラした服は、何かに引っかかった際に落ちてしまう恐れがあります。
赤ちゃんと関係ないところに落ちる分にはいいのですが、赤ちゃんの目に入るリスクや、誤飲してしまう可能性もあるので、産後の服としては控えた方がいいとされています。

さらに、キラキラした装飾は赤ちゃんの目を引いてしまい、赤ちゃんの手でボロボロになるまで引っ張られることも考えらるので、お気に入りの服は日常生活では着ない方が良いかもしれません。
揺れるピアスやネックレスといったアクセサリーも同様です。

産後はどんな服を着れば良いの?

体型の変化や、産前産後で服の好みが変わってしまうことがあるため、産後に着る服に困ってしまうママは多いでしょう。
妊娠前の服が着れないとなると、産後のママはどんな服を着れば良いのでしょうか。考えられる服装をまとめたので見ていきましょう。

とはいえ、絶対にこのような服装で産後を過ごさなくてはいけないわけではありません。
赤ちゃんのことも考慮しながらであれば、お洒落を楽しむ権利はもちろんママにもあります。
こちらで紹介する服は参考程度と考えて、自分の着たいと思う服を着てお洒落を楽しんでくださいね。

授乳服

産後にママが着る服に悩んでしまう原因として、妊娠前の服では授乳をするのが難しいことも原因として挙げられます。
特に外出中に赤ちゃんに授乳する際には、服装によっては胸が出るように服を捲りあげなくてはいけなくなるので、授乳場所を探すのにも一苦労です。

そんな時に便利な服が、授乳服になります。
授乳服は名前からもわかるように、胸元部分のチャックやボタンを外すだけで授乳ができる服で、赤ちゃんに授乳をしやすいよう工夫がされています。

デザインはワンピース系、トップスなど種類も豊富です。見た目も普段着と変わらないものも多いため、赤ちゃんが授乳を卒業しても長く使うことができます。

締め付けの少ない服装

産後のママの中には、服の素材が肌に合わなかったり、ゴムの擦れや締め付けによって肌が荒れてしまう場合もあります。
体調が戻ってくるとともに、肌荒れも落ち着いてくる傾向があるとはいえ、放っておくと症状が悪化してしまう恐れがあります。

そのため、産後に着る服を選ぶ場合には、ゴムなどによる締め付けがない服や、ゆったりとしたデザインの服を着るのも1つの方法です。
また、アジャスター付きや紐でウエスト調整が可能なものも、体型変化に合わせやすいので産後に着用しやすいでしょう。

ザ・シンプル

ママの服が赤ちゃんに触れることも考えると、産後に着る服は装飾の少ないシンプルなものが着用しやすいです。

また、育児をしているとママが着ている服はとにかく汚れるので、装飾が少ないデザインの服だと簡単に洗濯ができます。
速乾性のある素材の服を選べば、手間もかからず家事を短縮することもできるのでオススメです。

シンプルなものだとお洒落から遠ざかりそうですが、シルエットが工夫されていたり、カラーバリエーションが豊富だったりと、シンプルでありながらお洒落に着こなせるデザインも多く販売されています。
着こなし次第ではお洒落も楽しめますので安心してくださいね。

思い切ってレンタルする方法も

育児や家事に追われていると、毎日のコーディネートを考えるのが面倒になってしまうことも少なくありません。
特に、仕事復帰するママやパーティーにお呼ばれされた時は困りますよね。

そんな場合には、思い切って服をレンタルしてしまうのも1つの方法です。
フォーマル、フェミニン、オフィスカジュアルなど種類も豊富にありますし、レンタル会社によってはプロのスタイリストさんがコーディネートを選んでくれるところや、相談を無料で受け付けてくれるところもあります。
ただし、レンタルする会社によって金額は変わってくるものの、それなりにコストはかかってしまうので注意するようにしてください。

妊娠前の服を捨てる必要はない!

個人差があるので絶対とは言い切れませんが、お腹のたるみなど気になる体型の変化はずっとそのままというわけではありません。
身体が回復していくのに合わせて、半年を目安に妊娠前の体型に戻っていくのが一般的です。
そのため、産後すぐに妊娠前の服を着ることは難しいかもしれませんが、着れないからといって妊娠前の服を全て捨ててしまったり、売ってしまう必要はありません。

ただし、半年というのはあくまで目安となります。骨盤が歪んだまま緩んでいた骨盤が閉じてしまったり、ママの年齢などによっては体型を戻すまでに時間がかかってしまうなど、個人差がありますのでその点だけは気を付けましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる