産後に寝れない原因

産後に寝れない原因と対策!産後ハイはいつまで続く?



妊娠中、睡眠をとるのに苦労したママはたくさんいますがが、それは産後も続きます。

出産を終えて、身体も疲れているのにも関わらず目が冴えてしまうので、悩むママも少なくありません。

しかし、産後は赤ちゃんのお世話に家事をこなし、産休明けに仕事を始めるママもいることを考えると、眠れる時に睡眠をとっておかないと身体を休ませることができません。

そこで今回は、

・産後に寝れないのはどうして?
・産後ハイになっているかも?
・産後に眠れないときはどうすればいい?

といった方に、寝れない産後に効果的な対策や眠れない原因、産後ハイなどについて詳しくご紹介します。

産後に寝れないってどういうこと?

産後に寝れないってどういうこと

通常、「寝れなかった」と聞くと、上手く寝付けなくて寝るのが遅かったとか、数時間しか寝ていないというのをイメージします。

しかし、産後における寝れない状態というのは、少しの時間寝るのも難しい状態を指します。文字通り一睡もできないわけです。

それには、いくつかの原因が考えられるのですが、その状態が長く続いてしまうママも多く、最悪の場合、不眠になってしまうママも珍しくありません。

症状に個人差はありますが、産後すぐの場合でも寝れないママがほとんどで、医師の判断で睡眠薬が処方されることもあります。

どんな症状があるの?

産後の寝れない症状としては、寝つきの悪さや一睡もできない状態の他、寝ることができたとしてもすぐに目が覚めてしまったり、予定時刻より早く起きてしまうことも症状として挙げることができます。

また、寝覚めがスッキリしない、寝た気がしないと感じる人もいます。

そして、一睡もできないことから、本来活動時間であるはずの日中に眠気を感じたり、集中力が続かないといった症状を感じるママもいます。

症状には個人差があり、すべてのママが当てはまるわけではありませんが、今挙げた症状に心当たりがあったり、症状が長引いている場合には、対策を考えましょう。

産後に寝れない原因とは

出産を終えて、心も身体も限界を超えているにもかかわらず寝れないでいると、疲れを解消できないため、どんどん疲労が溜まっていきます。

また、そんな状態でも育児と家事をこなしていかなければならないので、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいます。

産後、睡眠がとても大切になってくる時期でありながら、寝れなくなってしまうのはどうしてなのでしょうか?考えられる原因については次の通りになります。

心身が緊張している

産後すぐのママは無意識に緊張状態にあります。例えば、赤ちゃんのこと。

特に初めてのお子さんであれば、育児も慣れないことばかりですから、いつでも頭の中は赤ちゃんのことでいっぱいです。

授乳の時間を気にしてしまったり、赤ちゃんが寝ていても様子が気になったりと、気が気でなくなってしまうことも珍しくありません。

また、初めての育児はママも不安でいっぱい。そのため、いざ横になっても緊張が解けなかったり、子育ての不安でつい色々考えてしまい、眠りが遠ざかる人も少なくありません。

家事に追われてしまう

育児だけでなく、ママは家事も一緒にこなさなくてはなりません。赤ちゃんが寝ている時間など、ちょっとした隙間の時間に家事をこなすママがほとんどではないでしょうか。

こうした、通常であれば休むべき時間帯に家事などをしてしまい、中々横になれないことも、産後の寝れない原因の1つに挙げられます。

また、活動モード状態に入ってしまうため、横になれたとしても、他のことが気になって眠れないということもあります。

さらに、産後は本調子ではありませんから、逆に家事を思っているように進めることができず、イライラしてしまうことで、寝れないママもいます。

環境の変化

慣れ親しんだ我が家や、自分の実家というのは、ママが気遣いなく過ごせる特別な場所です。

しかし、産後はそこに赤ちゃんという新しい家族が加わるために、ママが思っている以上に生活環境が一変します。

そのもっともな例として挙げられるのが、赤ちゃん中心の生活になること。ママになるから当然といえば当然なのですが、授乳の関係で生活サイクルが乱れてしまったり、お風呂やお手洗いにもゆっくりいけないというママがたくさんいます。

そういった環境の変化から、落ち着かずリラックスできないママが多く、寝れなくなってしまうこともあるのです。

自律神経の乱れ

産後は、女性ホルモンの分泌量が妊娠前の状態に戻ろうとします。とはいえ、身体にしてみれば、妊娠中に分泌されていたホルモンが急激に減少してしまうという変化が起こります。

その変化は身体にさまざまなトラブルを招き、自律神経も乱しやすくしてしまいます。

自律神経は、身体のあらゆる臓器のコントロールはもちろん、感情の制御も担っています。

そのため、ホルモンバランスの変化により、自律神経が乱れてしまい、心身がずっと緊張している状態になり、寝れなくなってしまうこともあるのです。

ストレスが原因の場合も

上記に原因をいくつか挙げましたが、これ以外にもさまざまなストレスが眠りを妨げている場合もあります。

産後は、妊娠中よりもストレスを感じることは少なそうですが、例えば、里帰り出産でパートナーの実家にお世話になっているようであれば、義両親への気遣いや、慣れない環境にストレスを感じてしまう人もいます。

もしくは、パートナーが思っていたより育児に協力的ではないことに、イライラしてしまうママもいます。

産後はママが思っている以上にストレスを感じやすいのです。

これらのストレスを小まめに解消できていれば良いのですが、内に溜め込んでしまっていると、イライラが就寝時にも収まらず、寝れなくなってしまう人もいるので注意が必要です。

症状はいつまで続くの?

妊娠中期から妊娠後期の暑さ

家事に育児、身体も調子を取り戻している途中となると、睡眠はとても大切になってきます。そのため、休める時に休めないのはとても辛いものです。

そんな産後に寝れなくなってしまう症状は、不眠症と呼ばれることもありますが、その症状はずっと続くわけではありません。

原因にもよりますが、特に女性ホルモンの影響によって眠れなくなっている場合は、産後2週間程度で良くなっていく傾向にあります。

ただし、個人差はあり、原因が複数重なっている場合は長引いてしまう可能性も充分にあり得ます。

自分に合った対策で対処をしながら、2週間ほど様子をみて、それ以上症状が続くようであれば自己判断せず、病院を受診するようにしましょう。

産後ハイの恐れも

また、産後に寝れない場合には、不眠だけでなく産後ハイになってしまっている恐れもあります。

産後ハイとは、簡単にいってしまえば、一時的に感情が高ぶるような興奮状態のことで、出産をきっかけに気持ちがハイテンションになってしまっている状態を指します。

サッカーワールドカップなどで、自分の国が勝利すると深夜なのにも関わらず、興奮冷めやらぬサポーターをよく見かけます。

この場合、勝利したことによる喜びが原因にあるのですが、産後ハイの場合も同様で、出産による喜びや達成感により、ママが興奮状態に入ってしまうことで、疲れていても寝れないことが考えられます。

こんな症状があったら産後ハイかも

産後ハイに陥ってしまう原因は、出産による達成感や喜びによるものだけでなく、不眠と同じように女性ホルモンの分泌量の変化や、妊娠前の状態に身体が戻ろうとしているのも原因として挙げられます。

そんな産後ハイは、寝れないという症状だけでなく、他にも症状が見られる場合があります。その症状について、参考までに3つほどご紹介します。

これらの症状に心当たりがある場合には産後ハイを疑ってみましょう。

自主的に休まない

産後すぐの時期を産褥期(6~8ヶ月くらい)といって、ママは出産によりダメージを受けた身体を回復させるために、なるべく安静でいることが求められます。

ずっと横になっている必要はないのですが、この時期は元の生活にママが戻っていくためにも必要な時期なので、家事も身体の回復に合わせて、少しずつ始めていくのがベストです。

しかし、ここで産後ハイになってしまっていると、休まなくてはいけない時に自主的に動こうとしたり、赤ちゃんと一緒に寝ている時に溜まった家事を片付けようとするなど、活動的になってしまうことがあります。

できないのではなく、自主的に休まない。これも産後ハイの症状の1つです。

産後を機にお喋りになる

個人差はありますが、出産前まで物静かだった人が、産後を機にお喋りになってしまうようであれば、産後ハイの状態に入ってしまっている可能性が高いです。

特に、自分の出産について、聞かれてもいないのに話続けるようであれば、注意が必要になります。

産後ハイになってしまう原因には、女性ホルモンの変化などいくつか挙げることができますが、その1つに出産への達成感があります。

人は達成感に満ち溢れていると、その成功の裏にあった苦労を話す人がいますが、産後のママもそのような出産による苦労話を喋りたがる傾向にあります。

この症状については、自覚することももちろん大切ですが、事前に周囲の人に症状について話しておくようにするのも一つの方法です。

赤ちゃんの名前が微妙?

「一二三」で「ワルツ」といった、所謂キラキラネームは珍しくなくなりつつありますが、中には、後で考えてみると自分でも首を傾げたくなってしまうような名前が、赤ちゃんの名前候補に挙がっていることがあります。

実は、冷静になってみると微妙な名前を赤ちゃんに名付けようとしてしまうのも、産後ハイの症状の1つです。

信じられない話かもしれませんが、実際、産後ハイの状態の時に名前を付けて、後になって少し違ったと考え直すママは少なくありませんので、我が子のためにも気を付けるようにしたいところ。

産後ハイはいつまで続く?

産後の生理がこないのはどうして

不眠の場合、2週間程度で落ち着いてくるのが一般的ですが、産後ハイの場合にはその症状が3ヶ月頃まで続くといわれています。

ただし、この期間もあくまで目安です。ママによっては3ヶ月を待たずに落ち着く人もいれば、長くて1年以上症状が見られることもあるので注意が必要です。

気分がハイテンションな分、症状に気付きにくいかもしれませんが、産後ハイにより寝れなくなってしまうママも少なくありません。

放っておくと疲れも溜まりやすくなってしまいますので、対処法を参考に上手く付き合っていくようにしましょう。

どんな対策をとればいいの?

産後、寝れない状態は一時的なもので、ずっと悩まされるわけではありませんが、やはり個人差があります。

また、睡眠がとれないというのはストレスにもなるので、あまり長引いてしまうと、不眠にしても産後ハイにしても、産後うつに繋がってしまう恐れがあり、注意が必要です。

そこで、以下に産後寝れない時にできる対策についてまとめてみました。ただし、対処法にしても効果は人それぞれ。

ママによってはあまり効果がない場合もあります。産後うつのリスクも考えて、症状が重かったり、長引くようであれば我慢せず病院に相談するようにして下さい。

横になってみよう

眠りたいのに眠れないと、気持ちが焦ってきてしまう人は多いはず。それで余計イライラしてしまう人もいるのではないでしょうか。

眠れないんだったらと、起きて動いてしまうママもいるかもしれません。が、こんな時は寝れなくても横になっていることが大切。目を閉じるようにしておくとさらに良いです。

例え眠れなかったとしても、身体を休めることができ、疲れた身体を回復させることができます。

小まめに睡眠をとる

育児に家事と自分を後回しにしてしまいがちですが、寝れないからといって無理を重ねることはやめるようにしましょう。

少しでも時間が空くようであれば、ママも休憩時間に当て、小まめに睡眠をとっていくことが大切です。

家事が気になる、そんな時間が取れない、という場合にはパートナーなど周囲の家族に協力を求めることも必要です。

産後すぐはママも本調子ではありません。家事は軽くやる程度に留めて、小まめな睡眠で睡眠不足を解消をしていきましょう。

リラックスすることも大切

ストレスは上手く寝れないだけでなく、心身にもさまざまなトラブルを引き起こします。そのため、イライラしてるなと感じたら、好きなことをして解消することも対策の1つです。

特に、就寝前にリラックス状態に入っておくと眠りやすくなるといわれていますので、それまでに身体をリラックスモードにしておくのもポイントです。

カフェインのない温かい飲み物を飲んだり、お風呂が解禁されているのであれば、お風呂にもリラックス効果が期待できますので寝る前に入ってみましょう。

ただし、パソコンなどブルーライトを発するものは脳を覚醒させてしまう恐れがありますので控えるようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる