妊活中の女性必見

妊活中におすすめのあったかグッズ9選!冷え性を改善しよう!



冷え性の女性はたくさんいますが、近年では平熱が35℃台という方も少なくありません。

女性は、男性に比べて筋肉量が少ないため、もともと身体が冷えやすく、夏でも手や足の先だけが冷えるという人も多いです。

1年中身体のどこかしらが冷えているというのは、なんとなく憂うつで気分が晴れないものです。

また、「冷えは万病のもと」ともいわれるように、病気にかかりやすくもなると考えられています。
特に、妊活中に冷えは大敵です。

そこで今回は、

・冷え性は不妊の原因になる?
・どこを温めればいいの?
・妊活におすすめのあったかグッズを教えて欲しい!

といった方に、どうすれば冷えが改善されるのか、妊活中の女性に活用していただきたい「あったかグッズ」についてご紹介します。

冷え性は不妊の原因になるの?

分娩損傷のひとつ

冷え性だから不妊症になるということは一概にはいえません。ですが、冷え性を改善したら妊娠したという体験談が多くあるのも事実です。

このため、冷えを改善することは、妊娠しやすい身体づくりにもつながると考えられているのです。

冷えを改善して血行をよくしよう

冷えは血管を収縮させるため、全身の血行が悪くなります。
骨盤内の血行も悪くなるため、子宮や卵巣といった妊娠に関わる臓器に十分な酸素と栄養が送り届けられず機能が低下してしまうと考えられています。

冷えを改善して血の巡りを良くし、子宮も卵巣も本来の機能を十分に発揮できるようにしましょう。

冷えを改善してホルモンバランスを整えよう

冷えは自律神経の乱れを引き起こしてホルモン分泌にも支障をきたすことがあります。

女性ホルモンがちゃんと分泌されないと、正常な排卵や子宮内膜の成熟が行われないため妊娠しにくい身体になってしまいます。

身体を温めてホルモンバランスを整え、妊娠しやすい身体づくりを目指してください。

温めすぎにも注意

身体を温めて冷え性を改善したり、ホルモンバランスを整えたりすることは妊活に重要なことですが、温めすぎに注意な場合もあります。

身体を温めすぎると、体温調節機能が疲弊して自律神経の乱れを引き起こすことがあります。
その結果、ホルモンバランスの乱れが生じ、妊娠しにくくなることもあるのです。

「あったかグッズ」でどこを温めると効果的?

外側から身体を温めるには、まず下半身を温めることが大事です。
冷え性を訴える方の大半が下半身の冷えで困っています。

特に足先は、全身の中でもっとも血行が悪く、足先で冷えてしまった血液が身体中を一巡してしまいます。

足元を温かくして血行を良くしてあげれば、下半身も温まり、身体全体が冷えから解放されることになります。

3つの首と仙骨を温めよう

冷えやすい足先を温めること以外にも、首や手首、足首などをピンポイントで温めるのも効果的です。
これら「3つの首」には、太い動脈が流れていますので、効率よく温めることができます。

そして、妊活している女性におすすめなのは「仙骨」です。

仙骨とはお尻の割れ目のやや上にある骨のことで、「骨盤」は仙骨を含む腰回り全体を取り囲む骨ことをいいます。

骨盤内には生殖器や子宮・卵巣といった臓器があり、大きな血管も通っています。
仙骨を中心に、その周辺の腰回りを温めるようにして、下半身の血行を改善しましょう。

冷え性のタイプを見極めよう

冷え性のタイプを見極めよう

冷え性には大きく分けて4つのタイプがあり、それぞれ原因や冷えレベルが異なります。

自分がどのタイプにあたるのかを知って、効率的に冷えが改善される場所を温めるようにしてください。

末端冷えタイプ

全身は温かいのに足先や手だけが冷える方は、女性にもっとも多い「末端冷えタイプ」です。

冷えレベルとしては軽度ですが、早目に改善しないと症状がひどくなってしまうので注意しましょう。

原因としては、末端の血行不良や食事量の不足によるエネルギー不足などが考えられます。

10代~30代の女性に比較的多く、特にダイエットなどで食事制限をしている女性や、痩せ型の女性によく見られます。

末端冷え性タイプがもっとも温めるべき場所は、なんといっても足先です。心臓から一番遠い足先は、血行が悪くなりやすいため冷えやすく、温まりにくい部位です。
日ごろからしっかり保湿するよう心がけましょう。

下半身冷えタイプ

「下半身冷えタイプ」は下半身や足先まで冷えている状態です。

下半身冷えタイプでは、上半身は温かく感じているため下半身の冷えに気がついていない場合も。朝起きた時に、お腹やお尻、太ももなどを触ってみてください。

手よりも冷たいと感じたら冷えている証拠なので、下半身冷えタイプだと自覚していないだけかもしれません。

このタイプはデスクワークに従事している方などに多くみられ、長時間座ったままでいることによって半身への血行が悪くなっていることが考えられます。

また、スリムなジーンズや、身体を締め付けるような服装によって下半身が圧迫されることが原因となる場合もあります。

下半身冷えは、足だけを温めてもあまり効果がありません。とくに妊活中の女性は、腰回りもしっかり温めてください。

ほてり冷えタイプ

「ほてり冷え」とは、顔はほてるのに身体の末端が冷えている状態です。

ほてり冷えタイプは、そのままにしていると全身の冷えへと進行してしまう危険性があります。

上半身や顔がほてる・首から上にかけて汗をかく・手先や足先が冷えているなどの症状があれば、ほてり冷えを疑ってみましょう。

ほてり冷えは、室内と屋外の激しい温度差などによる自律神経の乱れなどが大きな原因です。
血行を良くしてくれるツボのある「目元」を温め、半身浴で下半身全体を温めるのが効果的です。

全身冷えタイプ

冷えレベルがもっとも重度なのが「全身冷えタイプ」です。

身体全体が冷えているため、自分が全身冷えタイプであるという認識をもっていない方も多いのですが、平熱が35℃台であれば全身冷えタイプと考えてよいでしょう。

原因としては、日常的な飲酒・喫煙・運動不足・栄養不足・睡眠不足・自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れ・内臓機能の低下など、いくつかの要因が重なった結果となります。

生活習慣や食事内容を見直して、同時進行で身体全体を温めましょう。

妊活中の女性が冷え性改善に活用したい「あったかグッズ」

自分の冷えタイプがわかったら、次は適切な部位を効率よく温めるための「あったかグッズ」選びです。

使い勝手がよく効果的なものを、自宅・職場・外出先などのシーンによって使い分けましょう。

5本指ソックス

5本指ソックスは足の指がそれぞれ独立しているため、指が広がって血行を良くし、足先もムレることなく温めてくれます。

吸水性・放湿性・保温性に優れたシルク素材や、くるぶしまでのショート丈も販売されていますので、靴下の下に履いて二枚重ねにすることもできます。

どこでも使用できて手軽なのですが、締め付けのきついものは逆に血流を悪くしてしまうので避けるようにしてください。また、寝る時には必ず脱ぎましょう

足裏用カイロ・あったか足裏ベルト

冬場や冷えがきつい時には、足の裏にカイロを貼ったり、足裏を温めてくれるベルトを使用したりするのもおすすめです。

足の裏に着用するだけで身体をじんわりと温めることができ、人に気付かれる心配もありません。

足裏用のコンパクトな使い捨てカイロはお値段もお手頃で、使い終わったら捨てられるので場所をとりません。

チタン製の足裏ベルトは、伸縮性や弾力性があるため足に違和感がなく、洗濯すれば何回でも使える優れものです。

レッグウォーマー・ネックウォーマー

足が冷える方は、足先まで流れた血液が再び心臓に戻るよう、ポンプの役目をするふくらはぎを温めるのも良い方法です。

締め付けのきつくないレッグウォーマーで、ふくらはぎと足首を温めてあげましょう。

また、ネックウォーマーは首回りの動脈を温めてくれます。首元を冷やさないように活用しましょう。

デザインも素材も豊富に出回っていますので、コーディネートのアイテムの一つとしても利用できます。

冬は厚手で、夏は薄手のものを用意しておくと、年中使えるあったかグッズになってくれます。

腹巻き・あったかパンツ

腰回りやお尻などを温めるには、やはり腹巻きです。最近では、腹巻きとパンツが合体した商品も販売されています。

腹巻きは、子宮や卵巣のある腰回りをしっかりと保護して温め、ポカポカと温まることで気持ちまで穏やかになるという人もすくなくありません。

妊活中の女性は、お腹が大きくなっても使える伸縮性のあるものを選びましょう。また、保温性や通気性などにも優れているシルク素材を使用してみましょう。

手触りがよく、丈が長めで、お腹をしっかり包んでくれる腹巻きで冷えを改善してください。

自宅以外でも使用できる薄手のものもありますので、職場や外出先などどんな場面でも使えて安心です。

ホッカイロ・あずきカイロ

寒い国で絶賛されている日本のホッカイロは、冷え防止や冷え改善には欠かせないアイテムです。

大きなものから小さなもの、貼るタイプのものや足裏用まで揃っているので、あらゆる部位で使用できます。

しかし、長時間の使用などで低温やけどになってしまう場合もあるので注意が必要です。

ですが、使う時期と使い方さえ間違えなければ、冷えに対してこれほど即効性があって心強いものはありません。

それでも心配な場合は、300~500gのあずきをジップロックなどに入れて1分ほど電子レンジで温めて使用する「あずきカイロ」を利用してみましょう。

チンした後は布袋などで包み、温度調節すれば、あずきの自然な温かみが感じられます。ホッカイロほど温かくはなりませんが、繰り返し使えて無駄がありません。

ちなみに、ホッカイロを効果的に使うなら足の裏と仙骨付近がおすすめです。

あずきカイロは、ほんのり温かみを感じるくらいに調節し、お腹に当てて内臓を温めるのにも使えます。

湯たんぽ

湯たんぽも、冷え改善には定番のアイテムです。お湯を入れるタイプや、電子レンジで温めるタイプなどがあり、大きさもさまざまで、出先でも使えるような手軽なものもあります。

湯たんぽは、うまく使えば年中活躍してくれますので、冬は温かめで夏はぬるめと、温度調節して活用しましょう。

なお、冬場の冷えが厳しい時期には、入浴前に湯たんぽであらかじめ足元を温めてからお風呂に入るとさらに効果的です。

生姜紅茶

生姜には身体を温める成分が豊富に含まれてるので、生姜が含まれている飲み物はたくさんあります。

妊活中は特に、身体を外側からも内側からも温めることが大事です。

普段から生姜紅茶を飲む習慣を身に付けて、いつ妊娠してもいいように、妊娠中でも安心なものを選んでおきましょう。

入浴剤

身体全体を温めるには、38℃~40℃のお湯での入浴が有効です。
そして、より効果があるように、血行改善効果のある炭酸ガス入りの入浴剤などを入れて半身浴しましょう。

副交感神経を優位にしてリラックス状態にするには、38℃~40℃のぬるめのお湯が効果的で、ほてり冷えの改善にもなります。

「よもぎ」を使ったあったかグッズ

よもぎは昔からお灸などにも使われてきた薬草で、身体を温めて血流を良くする働きを持っています。

冷えによるお腹の痛みや下痢、便秘やむくみ、ほてりや肌トラブルなど、さまざまな効果が期待されています。

そんなよもぎは、妊活中や妊娠中の女性に嬉しいあったかグッズとなって、色々な形で世に出ているのです。

たとえば、よもぎを使ったお茶・よもぎを使った入浴剤・よもぎの蒸しパッド・よもぎが含まれたクッション型湯たんぽなどがあります。

自分の冷えタイプを見極めて、より効果的な使い方を試してみてください。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊活のカテゴリー

子作り・セックス生理妊娠の兆候
着床妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温保険
葉酸サプリ
子作り・セックス生理
妊娠の兆候着床
妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温
保険葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる