ヨガとホットヨガの違い

産後のバストアップ方法!産前のバストサイズをキープするには?



「産後にバストに張りがなくなってしまった」「出産前より胸が小さくなってしまった」というママの悩みはとても切実。
女性らしさの象徴だからこそ、出産や授乳を経て形が崩れてしまったり、以前よりもしぼんでしまったりすると、とても悲しく感じるものですよね。

産後は赤ちゃんのお世話で毎日忙しく育児に家事にと大変かもしれませんが、バストケアをしっかりと行うことで産後のサイズダウンや型崩れは防げることもあります。

そこで今回は、

・なぜ産後にバストがサイズダウンしてしまうの?
・小さくなってしまったバストは戻らないの?
・産後のバストケアの方法を知りたい!

といった方に、ママになっても女性的できれいなバストをキープするために、産後のバストアップ・バストケアについて詳しくご紹介していきます。

妊娠すると勝手にバストアップ

まとめ
妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えるため、乳腺が発達して胸は自然と大きくなります。
妊娠2ヶ月頃から産後数日まではバストアップし続け、人によってはこの期間で2カップほども大きくなるといいます。

乳腺が発達すると乳房内の脂肪組織も増えるのでバストアップしますが、急激に大きくなったバストの重みに耐えきれずに重力で下がってしまうことも。そして授乳開始以降は、卒乳すると一気にバストダウン…。

もともとバストサイズが小さいママでも卒乳後は離れ乳や垂れ乳気味になるなど、産後はバストが垂れやすい傾向にあります。
妊娠中は女性らしいバストラインになるので、その反動で余計に胸が気になってしまうママは多いでしょう。

産後にバストが変形したり、サイズダウンしてしまうのはなぜ?

ホルモンの急減

産後のバストダウンにはいくつか原因がありますが、一つには授乳のために分泌量が増加するプロラクチンというホルモンが、授乳を終える頃には不要となり分泌量が減少するためです。

ホルモン分泌の急減に伴って胸の脂肪も少なくなっていくのですが、そうすると皮膚は余ってしまうためバスト位置が下がって見え垂れ乳気味になるのです。
たとえて言えば、体重の重い人が短期間で急激なダイエットをしたときと同じ状況です。

体の中の脂肪が緩やかになくなっていけば、皮膚もそれにあわせてゆっくりと縮んでいきますが、脂肪だけが急になくなってしまうため皮膚はそのまま残ってしまい、皮だけが振袖のようにペラペラしてしまうのです。

靭帯が伸びてしまう

胸を支えているのはクーパー靭帯です。
このクーパー靭帯は伸びきってしまったり、一度でも切れてしまえば二度と修復されない靭帯です。

そのため妊娠によって急激にバストアップした際にクーパー靭帯が伸びきってしまうと、卒乳後バストダウンしたときにバストの張りがないように見えたり、バスト位置が下がって垂れ乳気味に見える原因となります。

授乳が原因

授乳するときに赤ちゃんは下から吸うため、その重みでバストが下向きになったり、形が崩れてしまうことがあります。

また、赤ちゃんを抱っこしたり抱っこした赤ちゃんを覗き込んだりと、ママは前かがみの姿勢になることが多いです。
猫背が癖になってしまうとバストが垂れやすく、代謝も悪くなるのでバストダウンの原因につながりやすくなります。

産後、バストは元に戻るのか?

卒乳後、時間をかけてバストサイズは戻る

バストはホルモンの影響で大抵の場合サイズアップして、ホルモン分泌が減少するとある程度はサイズダウンします。

妊娠すると2ヶ月頃から徐々に胸が大きくなってくるのを感じるかと思いますが、すべては出産後、授乳のための準備をしているのです。

そのため、バストサイズが最大になるのは出産後から授乳が始まる頃まで。そして赤ちゃんが成長して卒乳するか、もしくは断乳した後は、だいたい1年ほどで妊娠前のバストサイズに戻っていきます。

卒乳後のケアが重要

時間はかかりますが、元に戻らないわけではありません。
しかし、第一子が卒乳する頃に第二子を妊娠したようなときは、その後再度ホルモンの影響によってバストが大きくなりますが、第二子が卒乳のときには立て続けの授乳で、多くのママが「ぺちゃんこになってしまった」ということが多いです。

また、ホルモンの急減でバストが一気に縮むため、垂れ乳気味になったり張りがなくなってしまうので、卒乳後のケアが重要となります。

産後のバストアップ方法

産後のバストアップにはいくつかの方法があります。
産後にきちんとバストケアができるかどうかで、子供が大きくなってもきれいなバストラインを保てるかどうかの分かれ目になるでしょう。

自分にあったバストアップ方法を見つけて継続してケアしていけば、産後もTシャツでもドレスでもすっきりと着こなせるスタイルが保てるはずです。

夜のゴールデンタイムに睡眠をとる

バストアップには女性ホルモンが欠かせません。女性ホルモンの分泌を正しく促すために睡眠時間を意識しましょう。

特に夜10時から深夜2時までの時間は美容ホルモンをはじめ、さまざまな成長を促すホルモンが一日の中で一番分泌される時間帯。

肌細胞のサイクルを入れ替えるのもこの時間帯なので、美肌のためにも夜中のゴールデンタイムは良質な睡眠をとるようにしましょう。

バストアップのための栄養をとる

女性ホルモンの働きを促すのは睡眠だけではありません。同時に食事の中で栄養を摂取する方法も良いでしょう。

イソフラボン

中でも女性ホルモンに似た働きをしてくれる「イソフラボン」は摂取したい栄養の一つ。
イソフラボンは大豆食品に多く含まれているので、豆腐や納豆、枝豆、グリーンピースなどの豆類を摂るようにしましょう。

飲み物にミルクを入れてラテにすることが多い人や、料理に牛乳を使っている場合は、変更できる範囲で豆乳にするなど、普段の生活で自然と取り入れられるようにすればストレスは少なく食生活を改善することができます。

ただし、イソフラボンは大量に摂取すると逆に健康を損なう恐れがあるので、摂取する場合は一日に豆腐1丁を目安にしてください。

エストロゲン

イソフラボンのほかには、女性ホルモンのエストロゲンを増加させる「ボロン」というミネラルを多く含む食品を積極的に食べるのも良いでしょう。

ボロンは、果物ではりんご、ぶどう(レーズンも)、梨。アーモンドやピーナッツなどのナッツ。ひじき、昆布、わかめなどの海藻類。野菜ではキャベツ、ほかには大豆、はちみつの含有量も多いです。

タンパク質

バストアップにはタンパク質も大事な栄養です。
胸の筋肉を鍛えてバストをきれいに保つ方法もあるので、良質なタンパク質を摂取することはバストケアの一環にもつながります。

できれば乳製品から摂取するようにしたいので、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バターなどを適切に食べましょう。
肉類では鶏肉や豚肉はタンパク質が豊富です。中でもささみはローカロリーでタンパク質も多く、ダイエットにも適した食材となります。

ビタミン類

ほかにもビタミン類の摂取は、栄養吸収の手助けとなります。
ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも呼ばれているので美容のためにも摂取したい栄養です。

食品ではピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、大豆油などに含まれています。

サプリメントで栄養補給

睡眠や食事だけではなかなか栄養が摂りきれないというときには、サプリメントを上手に取り入れてみてください。

時間はかかりますが、本来は卒乳後もバストは徐々に元の大きさへ戻るはずです。ですからそれまでの期間に、卒乳後のケアとして一時的に活用するのは必ずしも悪いことではありません。

サプリメントを飲むコツ

産後のバストアップケアとしてサプリメントを飲む場合、飲み方にコツがあります。
産後のバストは卒乳を境に急激にしぼんでしまいます。それまでは女性ホルモンの影響もありますが、大きくて張りのあるバストを見慣れてしまっているので、ママは少しでも早くサプリメントを飲み始めたいと思うでしょう。

しかし、卒乳直後はまだプロラクチンが分泌されているため、サプリメントを飲んでも正直なところあまり効果は見込めません。
分泌量が減少しつつも、卒乳や断乳後のだいたい1ヶ月〜2ヶ月くらいは分泌量が安定せず、安定すると生理が再開されるので、そのタイミングまで待ちましょう。
生理がきたらプロラクチンの分泌が落ち着いて着た頃と見計らって、バストアップ用のサプリメントを服用します。

おすすめのサプリメント

タイのマメ科植物から採取した「プエラリア」というサプリメントがバストアップには最適であるとされています。
肌の乾燥やハリツヤにも効果的なので、服用することで総合的な美容効果が見込めるかもしれません。
また、副作用も少ないことがこのサプリメントが人気のある理由ですが、産後の体調は変わりやすいので、心配なときは必ず服用前にかかりつけの医師に相談するようにしてください。

下着の改善

体型に合ったブラジャー

体型に合っていないブラジャーはバストの型崩れやバストダウンにつながります。

胸の脂肪は流れていきやすく、背中に無駄なお肉がついてしまったりと、体型に合っていないブラのせいで知らないうちにスタイルが悪くなってしまっている可能性もあります。

特に産後は出産してから体型が変わってしまっていることがあるので、妊娠前のブラジャーが合わないと感じたときは、ランジェリーショップや専門店で採寸してもらうようにしましょう。

ナイトブラ

産後は体力が回復するまで約1ヶ月は安静にしなくてはなりません。
その中で、2〜3時間おきに授乳をして、短時間で起きたり眠ったりを繰り返したり、体力が続かず昼でも夜でも隙間の時間には横になって過ごすことも多いでしょう。
眠るときに、ブラジャーをしていると息苦しかったりずれて気持ち悪かったりするため、着用しないで寝るママさんも多いです。

出産後は特にバストの重みで胸が垂れてしまったりするため、ブラジャーをつけることがバストアップには重要となってきます。

そこでおすすめしたいのがナイトブラ。ナイトブラは寝ているときの姿勢にも対応し、クーパー靭帯を痛めてしまわないように作られた就寝時用のブラジャーです。
昼夜いつ横になっても問題ないように体力が回復するまでは、普通のブラジャーやノーブラではなくナイトブラで過ごしてみるのも一つの方法です。

産後のボディケア

美しいバストを保つためのボディケアとして、保湿クリームで乾燥などを防止しましょう。

肌ツヤを保つためのケアはバストに限らず保湿が重要ですが、産後のバストは特に張りを保つためクリームなどでケアすることが後々しっかりと効いてきます。
特に卒乳後にプロラクチンの分泌が減少したらバストは一気にしぼみ、皮膚が急な脂肪減少についていけず余ってしまいます。

バストのサイズが小さくなったときに張りを少しでも補えるよう保湿ケアをしておくことは無駄にはなりません。
妊娠線予防のためのクリームがあれば胸周辺や背中などにしっかりと塗ってケアしましょう。

出産後の肌は敏感なので使い慣れたもの以外なら、目立たないところでパッチテストをするなどして皮膚を傷つけないように気をつけてくださいね。

マッサージと筋トレ

マッサージ

バストアップにはマッサージも効果的です。保湿クリームを塗るときに合わせて胸や背中をゆっくりとマッサージすると良いでしょう。
お風呂上がりなら血行も良くなっているのでクリームも浸透しやすくより効果的です。

効果的なマッサージ方法

リンパ腺と乳腺に沿って行いますが、バストのマッサージなのでリンパ腺は脇の下と鎖骨に流れているところを中心に、老廃物や血液の流れを改善させていきましょう。

リンパ腺の下には血管が通っていますが、リンパ腺内に老廃物が溜まっているとその滞留物が血管を圧迫して血行を悪くしていることがあります。
血管やリンパ腺は水分や栄養のほかホルモンを体の各所へ届ける働きをしているので、マッサージをすることで滞りがなくなればバストに栄養が行き渡りやすくもなるでしょう。

乳腺のマッサージは、乳腺近くの脂肪を増やす助けとして行います。乳腺近くに脂肪が増えれば、それがそのままバストアップにつながります。

筋トレ

胸は脂肪です。つまり、バストが小さくなるということは胸の脂肪が落ちたということ。
胸にだけ脂肪がつけられたら良いですが、あいにく胸だけ太ることは難しく、グラビアアイドルでさえ一度全身太ってから、胸の脂肪を落とさないようにしながら痩せるという方法でバストの大きさを保っているとされています。

産後のように骨盤が開いている影響で太りやすく痩せにくい体の状態の時に、無駄に体重を増やしてしまうと、最悪のケースで胸の脂肪だけ落ちて下半身は痩せないということにも。
そういったケースもあるので、卒乳後にバストが垂れてしまった場合、焦って脂肪をつけようとするより、垂れた胸を筋肉で支えてリフトアップする方がきれいなバストづくりには良いでしょう。

効果的な筋トレ方法

効果的な筋トレには、手を胸の前で合わせて息を吐きながらぐっと押し合う「合掌のポーズ」です。
ほかにも腕立て伏せや両手を組んで伸びをすることも、バストアップには効果的な筋トレです。

大胸筋を鍛える筋トレであれば、ほかのトレーニングでも効果があるはずなので、無理をしない範囲でできる筋トレをできるだけ継続して行えるようにしましょう。

無理のない範囲でケアしよう!

産後のバストアップにつながるきっかけになるものがあったでしょうか。
まだまだ育児や家事にも忙しいと思いますので、無理のない範囲でバストアップやバストケアの方法をぜひ試してみてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる