産後に続くおしりの痛みはいつまで

産後のおしりの痛みはいつまで続くの?痛みの原因と和らげる方法



産後におしりの痛みを感じる妊婦さんは多く、出産後は特に腰回りから足にかけて下半身の違和感や症状が出やすくなります。

このような下半身のトラブルには共通した原因があります。

そこで今回は、

・産後にお尻が痛い!
・産後におしりが痛くなるのはなぜ?
・おしりが痛いときはどうすればいいの?

といった方に、産後におしりが痛くなる原因や、その対処方法などについて、詳しくご紹介します。

痛みが出るのはおしりのどの辺りなのか

痛みが出るのはおしりのどの辺り

産後におしりの痛みを感じるのは多くの場合、腰部・仙骨・恥骨です。

腰部はいわゆる腰のことですが、腰は思っているより範囲が広く、手で触って確認できる一番下の肋骨から、おしりの一番下の窪んでいるところまでを「腰」といいます。

仙骨はおしりの上の方にあります。骨盤の真ん中あたりにある逆三角形の骨で、手のひらくらいの大きさ。骨盤の中にある生殖器を守る骨で、仙骨前には自律神経が通っています。

恥骨はおへそからまっすぐ下りていって、股の部分にあたる硬い骨。骨盤の一部で、生理前や生理中に恥骨が痛む人もいます。

また、尾てい骨が痛いと訴える方も多いですが、尾てい骨は仙骨の下にある骨です。

腰からおしりの方に向かっておりていくと、上の方に仙骨にあり、その下をさらにくだると尾てい骨があります。

しっぽの名残といわれる骨なので、比較的わかりやすく、知っている方も多くいます。

出産後におしりの痛みを感じる場合、この範囲で部分的な痛みや、全体的に痛みを感じるというケースなどさまざまです。

産後おしりが痛くなる理由は?

産後おしりに痛みを感じるのはなぜなのでしょうか。理由はいくつかあります。

骨盤のズレや歪み

大きな原因は、骨盤のズレや歪みになります。妊娠すると、3ヶ月頃から女性ホルモンのひとつである「リラキシン」が分泌され出します。

リラキシンは骨盤の靭帯や関節を緩める働きがあり、特に出産のときに一番多く分泌されます。

産道が広がることで、妊婦さんと赤ちゃんの出産リスクが減り、分娩自体もスムーズに。産道を広げることで、赤ちゃんを外に出やすくしてくれる作用があるホルモンなので、子宮弛緩因子とも呼ばれています。

こうしてリラキシンが分泌されるおかげで、赤ちゃんがスムーズに生まれてきてくれるのですが、リラキシンが緩めた骨盤の関節や靭帯は、出産後すぐには元に戻りません。

特に骨盤は、仙骨・腸骨・恥骨・坐骨といった、複数の骨で構成されている骨の集合体。骨盤には、左右二つの骨をつないでいる恥骨結合という部分があり、これをリラキシンが緩めます。

骨盤は、体の中にある臓器や生殖器を支え守っているので、その靭帯や関節が緩むことで、骨盤がそれら臓器を支えられなくなってしまうのです。

骨盤の位置が下がると、まずは骨盤に近いところにある臓器が支えを失って下がり、それに伴って、上方にあった小腸や胃腸も下がります。

内臓が全体的に下に落ちることによって圧迫され、それぞれの機能が十分に働かないだけでなく、血液の運搬にも支障をきたしてしまいます

そうすると、冷えや便秘になったりと、体の生理機能が上手に働かなくなり、体に生じた歪みが元で、腰痛や恥骨痛など骨盤近くのおしりが痛む原因となるのです。

筋肉の影響

妊娠中おなかが大きくなるにつれ、腹部の筋肉も引き伸ばされていきます。

この引き伸ばされた筋肉は、出産後もなかなか元に戻らず、産後太りなどにもつながるので、出産後は積極的にストレッチをするなど、衰えた筋肉を元に戻す必要があります。

また、そもそも筋肉と骨盤は密接な関係があり、骨盤の靭帯や関節が柔らかくなることで、これまで骨盤を支えていた筋肉が、緩んだ骨盤を支えるために、より働かなくてはいけなくなります。

骨盤周囲の筋肉が特に酷使されることになるので、筋肉疲労によっておしりや腰回りに痛みを感じることになるのです。

腰を使うことが多くなる

赤ちゃんの体重は意外に重いので、慣れない抱っこで腰を痛めている可能性があります。赤ちゃんを抱っこする動作は、これまでの日常生活ではあまりなかった動きです。

しかも、赤ちゃんの成長スピードは早く、生後0ヶ月から1歳までの1年弱で、体重が約3倍にもなり、1日の体重増加量は35~45gほどと、大人では考えられないほど、どんどん増えていきます。

もちろん赤ちゃんの体重が増えていくと、抱っこをするときに持ち上げる力のかかり方も変わり、抱っこして赤ちゃんを支えるときの腰の負担も大きくなっていきます

育児が始まると赤ちゃんを抱っこする機会は本当に多くなるので、腰を痛めないための対策や注意なども必要になってきます。

このように、産後おしりが痛い原因は複数の要因があるのです。

産後のおしりの痛みはいつまで続くの?

妊娠の心配なし

では、産後のおしりや腰の痛みはいつまで続くのでしょう。

リラキシンの分泌自体は、産後2~3日で止まるといわれています。出産が終われば、徐々にホルモンバランスは安定してくるので、体力の回復と共に緩んでしまった骨盤も、また自然と元に戻ってはいきます。

しかし、出産後の体はさまざまな組織や機能が安定していないため、その回復には1ヶ月はかかり、なにより骨盤が緩んでいる間に無理をしてしまうと、痛みがさらに悪化してしまう恐れも。

いきなり無理な骨盤矯正などは始めずに、まずは体力が回復してくる産後1ヶ月頃から、本格的な対策を取っていきましょう。

産後の骨盤矯正自体は、産後6ヶ月くらいが目安になり、それ以降は体の組織が作られてしまうので、今度は矯正するのが難しくなります。

産後のおしりの痛みは、骨盤のズレやそれに伴う筋肉疲労、そして慣れない赤ちゃんの抱っこなど、複数の要因で発生するので、痛みを感じ出すのはだいたい産後1ヶ月ほどです。

そして、骨盤が元の位置に戻っていくタイミングで、腰痛も少しずつマシにはなっていきます。

おしりの痛みを和らげる対策は?

産後のおしりの痛みの対策としては、骨盤のズレや歪みを改善するのが一番です。体力が回復してきたら、次のようなことを試してみましょう。

姿勢を良くする

骨盤が歪む理由はいくつかありますが、女性ホルモンであるリラキシンの影響で、骨盤の靭帯や関節が開いてしまうだけでなく、妊娠中は大きくなってきたお腹を支えるため、反り腰になりやすくなります。

そのため、骨盤が前にせり出して、ズレていくことも原因のひとつです。骨盤がズレると、その周辺の筋肉が、ズレたところを補おうと偏って発達したり、体の不具合を無意識に修正しようとして、いつの間にか正しい姿勢がとれなくなっていることがあります。

骨盤矯正には、まず正しい姿勢で過ごすことが一番効果的。骨盤矯正に一番良いとされるのは正座で、座るときに太ももの前側が伸び、骨盤が地面に対して垂直になる状態を続けていると元に戻る作用があります。

椅子に座る際も、浅く腰掛けて背筋が伸びるようにしましょう。妊娠期間中は、大きいお腹を支えるように深く腰掛けていた方も、産後は同じ座り方が癖になってしまわないように注意しなくてはいけません。

背中が伸びると正座で座るのと同じように、骨盤が地面に対して垂直になる状態ができます。

骨盤がズレて、座り方になにかしらの癖ができてしまうと、正しい姿勢で座るのにも一苦労。それだけで筋肉も鍛えられるのでおすすめです。

ストレッチなどの運動

妊娠中は、出産のために激しい運動もできないため、体は思っている以上に筋力が衰えていたり、凝り固まっていたりします。

骨盤がズレると、そのズレを補うために周辺の筋肉がたくさん働くことになるので、知らないうちに筋肉疲労を起こしている可能性があります。

筋肉の凝りをほぐすためにはストレッチが効果的。骨盤そのものを矯正するストレッチや体操もありますので、自分に合った軽めの運動を定期的に行うようにしましょう。

ただしストレッチを一度や二度繰り返すだけでは改善につながりにくいので、継続的に行うことが大事です。

あまり長い時間行う必要はありませんので、痛みを感じやすい腰回りやおしりのストレッチを中心に、毎日数分続けるのがベストです。

あわせて産後太りも解消したいのであれば、しっかりしたストレッチや体操、ヨガなどに取り組むのも。ライフスタイルに合わせて考えていくようにしてください。

ドーナツクッションで痛みを和らげる

おしりが痛む場合、ドーナツクッションを活用してみましょう。特に仙骨や尾てい骨周辺が痛む場合に有効です。

痛みを我慢して座り続けていると、症状を悪化させてしまい、本来は産後特有の骨盤の歪みやズレによる症状だったものが、本格的な病状へと変化して、慢性的な痛みになってしまうことも。

おしりをかばうための横座りは、骨盤を余計に歪ませてしまう恐れがあるので、おしりをカバーするのであれば座り方ではなく、ドーナツ型や円座のクッション、もしくは低反発のおしりの痛みをカバーしてくれるクッションなどを利用するようにしてください。

産後の入院中には利用する人が多いですが、自宅でも引き続き使ってみましょう。おしりの負担が減りますし、痛みが和らぐことで気持ちも落ち着きます。

骨盤専用のベルトを巻いてみる

骨盤矯正用ベルトというものがあります。腰に巻いて骨盤の開きをおさえるもので、巻くだけという手軽さ。

ウエストニッパーや、トコちゃんベルトなど、さまざまな名前で販売されていますが、用途や作用は概ね同じです。

使い方や巻き加減の調整、巻き心地などは製品によって異なるので、自分の好みにあったものを選ぶことが大切です。

骨盤矯正ベルトも、ストレッチなどと同じように、骨盤が安定していないうちに始めると、柔らかくしなやかな状態になった骨盤が、おかしな形で固定されてしまったりするので、体調が良くなり体力が回復してきた頃に、一度産科で相談してから使用しましょう。

ベルトを巻いてしまうのが目立ってしまうので、気になる方は、少しゆったり目の洋服を着るなど、日常での工夫は必要になります。

寝るときの姿勢を変えてみる

腰やおしりの痛みは、妊娠中から症状が続いている可能性があります。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹を支えるために妊婦さんは反り腰になりがちですが、この姿勢は骨盤が前にせり出すため、骨盤の位置がずれる原因のひとつ。

そして、反り腰でいることが癖になってしまっている場合、眠るとき仰向けになるときも腰が反ってしまい、マットレスや布団との間に少し隙間ができてしまうのです。

腰を常に持ち上げた状態で眠っているため、腰部周辺の筋肉は眠っている間も休まることなく、緊張状態が続きます

少しずつ蓄積された疲労が溜まっていくと、いずれ腰痛や痛みに変わり、腰をかばう寝方をすることで、臀部にも負担がかかりますのでおしりにも痛みが。

もし仰向けで寝るのであれば、クッションなどを太ももの下に入れ、足の付け根が曲がるようにして眠ると、腰の反りを半減することができます。

寝ている最中は、寝返りなどを打ってしまうので、朝起きたときには変わっている可能性はありますが、妊娠中、そして産後も、寝る姿勢を少し意識してみましょう。

整体などの専門施設に行ってみる

産後の骨盤矯正や、骨盤ケアを行っている専門施設で診てもらうのも1つの方法です。あまりに痛みが強い場合は、医師に相談の元で我慢せずに専門施設を頼ってみてください。

施設を選ぶときは、紹介を受けるか、「産後」を専門としている施設を選ぶようにしましょう。

骨盤は、妊娠の有無に関わらず日常生活の中でも、ズレたり歪んだりするものではありますが、女性ホルモンであるリラキシンの影響でズレが生じた骨盤のケアは、通常とは治療方法が異なります

それを知らずに、近くの施設に通ったり専門知識のない整体に行ってしまうと、最悪の場合、余計に骨盤が歪んでしまったり、症状がひどくなってしまう危険性も。

施設で施術や治療を受けるときには、必ず調べてから行くようにしましょう。

痛みが続く場合は注意を

痛みがあまりにも続くときは、もしかすると出産による骨盤のズレ以外の原因があるかもしれません。

腰部やおしりの痛みが別のところからきているのであれば、骨盤矯正をしても改善しなかったり、場合によっては痛みが悪化する可能性もあります。

いろいろなことを試してみてあまり効果が感じられないときには、自己判断せずに一度病院で相談してみましょう。痛みを我慢して続けるのは症状には逆効果です。

気持ちを沈ませないようにするのが一番

赤ちゃんとの遊び方

痛いのを我慢して、毎日を過ごしていると気持ちも落ち込んでいきますし、なにより育児が楽しくなくなってしまいます。

授乳や夜泣きなど、赤ちゃんも手のかかる時期で、お母さんも体力勝負の育児初期。

赤ちゃんの成長を一緒に楽しんでいくためにも、生活の妨げとなる症状は、早めに解消していくのが一番です。

そして、痛みで家事や育児が辛いときには、ぜひ旦那さんや家族を頼ってください。力を借りるのもまたひとつの方法です。

腰部の痛みは慢性化する前に治してしまいましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる