産後はホルモンバランスが乱れやすい

産後のホルモンバランスの乱れはいつまで?普段からできる3つの対策



心身の不調に陥りやすい産後。

腰痛や便秘、貧血、肌が荒れてしまったり、理由もなくイライラしてしまうなど、妊娠中に引き続き、さまざまな身体トラブル、精神的な症状が引き起こされるのも悩みどころです。

慣れない育児でてんてこ舞いな時に、どうして身体の調子が良くないのでしょうか?

実は、その理由には女性ホルモンのバランスが大きく関わっていることがわかっています。

そこで今回は、

・女性ホルモンとは?
・どうして産後はホルモンのバランスが崩れるの?
・産後のホルモンバランスを整えるには?

といった方に、産後のホルモンバランスの乱れについて、その原因や症状、対策などについて詳しくご紹介します。

女性ホルモンって何?

保険加入のベストタイミング

女性ホルモンとは、女性の卵巣から分泌されるホルモンのことで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンのことを指します。

女性の性ホルモンでもあり、心身にさまざまな影響を与えるのも特徴です。

その働きはホルモンごとにそれぞれ分かれており、エストロゲンであれば、丸みを帯びた女性らしい身体つきを作るのに関係していたり、肌や髪を綺麗にしてくれるなどの働きがあり、プロゲステロンの場合は、体内に水分を保つ他、妊娠の際に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くしたり、乳腺を発達させるなど、妊娠を維持するのに欠かせない働きをしてくれます。

ホルモンは交互に分泌される

女性ホルモンと一括りにされることが多いため、エストロゲンとプロゲステロンは同時に分泌されるとイメージしてしまうことが多いですが、この2つのホルモン分泌は交互に行われます。

基本的には、月ごとにやって来る月経に合わせて分泌され、周期的に分泌量が変わっていくのです。

つまり、エストロゲンの分泌量が増えている時は、プロゲステロンは減少傾向にあるというように、2種類の女性ホルモンは分泌量のバランスを保っています。

産後にホルモンバランスが崩れるのはどうして?

妊娠中にホルモンバランスが崩れてしまうというのはよく聞きますが、産後に入って女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのはどうしてなのでしょうか。

考えられる原因を見ていきましょう。

妊娠中より分泌量が減少する

産後に女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因として真っ先に挙げられるのが、分泌量の減少です。

妊娠した時もホルモンバランスは乱れてしまいやすいのですが、それは交互にバランスよく分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が、出産に向けた準備や妊娠を維持できるようにするために、急激に増加するためです。

これに対して産後は、妊娠中とは逆に、増加していた分泌量を元に戻そうとするため、妊娠中に増加していた分、がくっと減少してしまいます。

そのため、また分泌量に変化が生じてしまうので、バランスが崩れてしまうのです。

別のホルモンの影響

妊娠中にエストロゲン、プロゲステロンと2つの女性ホルモンが増加した状態に慣れてきていただけに、分泌量を元に戻そうとするのは身体にとって大きな変化になるのですが、ホルモンバランスが乱れてしまうもう1つの原因として、別のホルモンの分泌量が増加してしまうのも原因に挙げることができます。

それが、プロラクチンオキシトシンいうホルモンです。

この2つホルモンは、母乳を出すために必要なものです。

プロラクチンは、乳腺を発達させて母乳を作る働きがあり、オキシトシンは、その作り出された母乳を噴出させる働きがあり、産後になると分泌量が増加します。

慣れてきていたホルモンの分泌量が変化するのに加え、別のホルモンの分泌量が増えることで、ホルモンバランスがさらに崩れてしまうわけです。

睡眠不足など不規則な生活

ホルモンバランスの分泌量が変化してしまうといった生理的な原因だけでなく、育児が始まることによる生活環境の変化も、産後にホルモンバランスが崩れてしまう原因に挙げることができます。

産後はどうしても赤ちゃん中心の、育児が大半を占める生活になってくるため、慣れないうちは赤ちゃんのお世話にママは振り回されがちです。

1日に何回も行う授乳などで、睡眠不足にもなってしまいやすく、食事の栄養バランスが疎かになってしまうことも珍しくありません。

そうした生活習慣の乱れは身体に負担をかけてしまいやすく、ホルモンバランスも乱れてしまいやすくなるのです。

ストレス

女性ホルモンは、脳にある視床下部から命令を受けることで分泌されます。この部分はストレスにも影響されやすく、産後にホルモンバランスが崩れてしまう原因にも挙げることができます。

産後は、待望の赤ちゃんとの新生活が始まることもあって、ストレスとは無縁の生活が送れそうな気がしますが、実際は、産後の不調により身体が上手く動かせないことや、慣れない育児、また育児への不安などでストレスを感じやすい時期です。

さらに、ママは追い詰められても頑張ってしまう傾向が強いのでストレスが溜まりがち。結果、女性ホルモンが上手く分泌されず、ホルモンバランスの乱れに繋がってしまうのです。

産後トラブルの症状が出るのはいつから?

抱き枕の注意点

ホルモンバランスが乱れてしまうことで、心身にさまざまなトラブルが出てきてしまうのは、産後すぐの産褥期から。

もっとも症状の影響を受けやすい時期ともされており、産後約6~8週間はママにとって辛い時期です。

この時期は、ママも出産のダメージから回復しきっておらず、初めて出産を経験したママにとっては、赤ちゃんに関わることすべてが初めてのため、不安やプレッシャーによるストレスも感じやすく、個人差があるとはいえ症状が強く出てしまいやすい時期といえます。

ホルモンバランスの影響で見られる症状

では、産後ホルモンバランスが乱れてしまうことで、どのような症状が心配されるのでしょうか。ホルモンバランスの影響で見られる症状については次の通りになります。

ホルモンバランスの乱れは、目に見えないものなので自覚しにくいかもしれませんが、妊娠前にはなかった症状、産後に入って突然以下のような症状が見られた場合は、ホルモンバランスが乱れてしまっている可能性が高いです。

症状によっては悪化してしまうこともありますので、心当たりがある場合には、自分に合った対策をとるなどして注意しましょう。

便秘が酷くなる

ホルモンバランスが乱れてしまう影響で引き起こされる症状の1つに、便秘があります。

実は、ホルモンバランスが乱れてしまうと、臓器や感情のコントロールを司る自律神経にも影響が出てしまう場合があり、それによって腸の働きが悪くなってしまい、便秘が酷くなってしまったり、便秘と下痢を繰り返してしまう人もいます。

また、女性ホルモンの1つであるプロゲステロンには、腸の働きを抑える作用があります。産後の女性ホルモンは減少傾向にありますが、妊娠中に増加したプロゲステロンの影響が続いてしまい、産後にも関わらず便秘に悩まされることもあります。

ニキビなど肌が荒れる

女性ホルモンの1つであるエストロゲンには、女性の肌を綺麗にしてくれる働きがあります。

しかし、産後は急激に増えたエストロゲンを含め、女性ホルモンを元の分泌量へ戻そうとするため、量が一気に減少。

その影響で肌がくすんでしまったり、冬でもないのに乾燥もしやすくなります。

乾燥してしまうと、肌を守るバリア機能も低下してしまうため、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまい、ニキビができやすくなったり、痒みを感じやすくなります。

さらにプロゲステロンには、シミ、そばかすを発生させる原因の皮下メラニンを活性化させてしまう働きがあるため、産後は肌が荒れやすくなってしまうのです。

抜け毛の増加

産後は、ママが想像している以上に抜け毛が酷くなります。その症状には個人差がありますが、人によってはごっそりと抜け落ちてしまうことも。

産後の抜け毛の原因には、肌荒れの場合と同様、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことによる、エストロゲンの影響が挙げられます。

エストロゲンには髪を綺麗に保つだけでなく、成長を促す働きもあるため、産後、分泌量が減少してしまうことで抜け毛が酷くなるとされています。

また、妊娠中はエストロゲンの分泌量が増えていることから、本来であれば抜けるはずの髪の毛が維持されてしまうことがあります。

そして、それらがホルモンバランスの乱れに合わせて産後に抜けてしまうため、髪の毛がごっそり抜けてしまったように感じることもあるのです。

情緒不安定に

ホルモンバランスが崩れてしまうと、感情や臓器のコントロールを司る自律神経にも影響が出てしまいます。そのため、産後のママはその影響で情緒不安定になりやすくなります。

何の前触れもなく不安感に苛まれたり、普段なら気にしないことでもイライラしやすくなりますし、涙腺が弱くなってしまうことも症状として挙げることができます。

慣れない育児や、家事が思うように進まないという理由から、パートナーなど、周囲の家族に八つ当たりもしてしまうことも。

偏頭痛が起こりやすくなる

妊娠前には偏頭痛持ちでなかった人も、産後になって悩まされることがあります。

この症状もホルモンバランスの影響が原因の1つと考えられており、目の周りがズキズキと痛んだり、痛みが1日中続いてしまうこともあり、頭痛が酷い場合には吐き気を催してしまう人もいます。

産後はエストロゲンが減少してしまうと共に、セロトニンと呼ばれる精神を安定させる作用のある物質も少なくなってしまう傾向にあります。

セロトニンは血管を収縮させる働きもあるため、この物質が減少してしまう影響で血管が拡張してしまいやすく、その影響で周辺の神経が引っ張られ、偏頭痛が起きてしまうとされています。

症状はいつまで続くの?

のどの痛み

産後のホルモンバランスの乱れが治まる時期は、残念ながら人によって個人差があります。

早い人では産後1ヶ月~半年くらいで症状が落ち着く人もいますし、遅い人では産後1年以上の時間がかかってしまう人もいます。

そのため、引き起こされる症状や、症状の度合いにもよりますが、ホルモンバランスの影響によって見られる症状の改善も、それくらいはかかると考えられます。

とはいえ、ホルモンバランスが落ち着いてくれば、自然と症状も改善に向かいますので、ずっと続くわけではないと考えて上手く付き合っていくことが大切です。

ホルモンバランスを整えるためにできることは?

ホルモンバランスの乱れは自然に落ち着いてきますが、ママによっては改善に時間がかかってしまいます。

そのため、普段からホルモンバランスを整えるように心掛けていくことが大切です。ホルモンバランスを整えるために、日常生活でもできる対処法については以下の通り。

すぐに効果があるわけではありませんが、症状の緩和が期待できますので、できることから始めてみて下さい。

栄養バランスの良い食事を心掛ける

産後、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因には、ホルモン分泌の減少が挙げられます。

これは、妊娠前の状態に分泌量を戻そうとしているため避けることができません。そのため、普段から栄養バランスの良い食事を摂ることが、ホルモンバランスを整える上で大切になります。

特に、納豆や豆乳など、大豆イソフラボンが多く含まれる食品はホルモンバランスを整える栄養成分として効果を期待することができます。

産後はつい簡単な食事で済ませてしまいがちですが、身体の健康にも関わってくることなのでできる範囲で改善してみましょう。

リラックスタイムを作る

ストレスによる影響も考えて、長く時間が取れなくても構いませんので、ママだけのリラックスタイムを作ることも大切です。

ストレッチなど、適度に身体を動かすのも良いですし、読書やティータイム、時間に余裕があればウィンドウショッピングをするのもアリです。

また、産後のママは1人で育児も家事も抱え込んでしまいがちな傾向があるため、パートナーを頼るのもストレスを軽減する1つの方法になります。

ストレスは溜めても何も良いことがありません。自分だけのリラックスタイムで気持ちをリフレッシュさせましょう。

生活リズムを整えていく

授乳の時期は特に、睡眠時間が不規則になりがちです。育児の疲労から、引きこもりがちになってしまったり、食事を疎かにしてしまう人も珍しくありません。

生活リズムが乱れてしまうと、ホルモン分泌の指令を出す脳にも影響が出てしまうため、最初は少しずつで構いませんので、生活リズムを整えるように心掛けることもホルモンバランスを整える上で大切になります。

食事をする時間を決めたり、赤ちゃんの授乳が落ち着いてきたら早寝早起きをするなど、生活リズムを作っていきましょう。

酷くなる前に病院へ

女性ホルモンのバランスを整える上で、3つほど対策を挙げてみましたが、場合によっては症状が悪化してしまうケースも珍しくありません。

特に精神的なイライラ、情緒不安定など、精神的な症状は最悪の場合、産後うつに繋がってしまうこともあります。

さまざまな対策をとってみても改善が見られない、症状に不安がある場合には、我慢せず病院へ相談するようにして下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる