産後の耳鳴りは他の病気に要注意

産後の耳鳴りの原因や対策方法は?めまいや頭痛、他の病気の可能性も



妊娠中だけでなく、さまざまな身体トラブルに見舞われる産後。

いつかは落ち着くと思って、気長に付き合っていくしかないというのは簡単ですが、実際は気になって仕方がないという場合がほとんどです。

妊娠前には見られなかった症状が起きてしまうこともあるので、育児で忙しい中、上手く対処できずに悩んでしまうママは少なくありません。

身体トラブルの1つ、耳鳴りもそういった症状に挙げることができます。

そこで今回は、

・産後に耳鳴りの症状がある!
・どうして産後に耳鳴りが起きるの?
・産後の耳鳴り対処法は?

といった方に、産後の耳鳴りの症状と原因、効果が期待できる対処法について詳しくご紹介します。

耳鳴りの症状について

我慢をする方が危険

耳鳴りの症状としてイメージするのは、不意に訪れる「キーン」とした不快音ですが、この他にも「ゴー」というような低音が聞こえるという人もいます。

また、不快音に関しては気にならない程度に聞こえるというママもいれば、聞こえすぎて煩わしく感じてしまう人もいたりと症状の具合にも個人差があり、常に耳鳴りが気になって日常生活に支障を来たすというママも少なくありません。

また、耳鳴りの症状に悩むママの中には、めまいを感じる人も多くいます。
周囲がぐるぐると回っているように感じてしまうことから、吐き気を伴う人もいます。

めまいは耳鳴りと一緒に引き起こされることが多く、耳が聞こえにくくなってしまう症状が同時に見られることがあります。

また、音がこもっているような閉塞感や耳が詰まっているように感じるママも少なくありません。

産後の耳鳴りの原因とは

元々、耳鳴りに悩まされていた人だけでなく、今までなったことがない人でも耳鳴りが生じることもある産後。

症状によっては日常生活に支障が出てしまうこともあるので、予防できるのであれば早め早めに対策をとりたいところです。

とはいえ、産後に耳鳴りになってしまうママが多いのはどうしてなのでしょうか。産後の耳鳴りの原因として考えられるのは以下の通りです。

原因を知って、産後の耳鳴り対策に役立てていきましょう。

女性ホルモンの乱れ

産後の耳鳴りの原因として、一番に挙げられるのが女性ホルモンのバランスの乱れです。

産後は、妊娠中に増えた女性ホルモンの分泌量が急激に下がります。

このため、感情、内臓や血管など身体の器官の働きをコントロールする自律神経バランスが乱れやすくなります。明確なメカニズムは解明されていませんが、自律神経の乱れは耳鳴りを引き起こしやすいことも知られています。

ちなみに、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことによる耳鳴りに関しては、更年期障害の場合にも当てはまることがあります。

はあまり関係ありませんが、今後のためにも参考までに覚えておいて下さい。

育児疲れなどによるストレス

産後のママが耳鳴りになってしまう原因の1つとして、ストレスを挙げることもできます。

女性ホルモンの部分で自律神経について触れましたが、この神経系はストレスにも弱いのです。

産後は、赤ちゃんとの新生活が始まり、赤ちゃん中心の生活に加え、慣れない育児に対する不安やプレッシャーから、ママはストレスを感じやすくなります。

また、産後のママは1人で頑張ってしまう人が多いので、疲れも溜まりやすい傾向があります。

小まめに休めて疲れを解消できれば良いのですが、自分を追い込んで動いてしまうママが多く、そうした疲労が身体的にストレスになってしまい、耳鳴りがあらわれることもあります。

貧血による酸素不足

出産時には、大量の血液を失うため、産後に貧血になるママも少なくありません。

また、母乳育児をするママの場合には、母乳を作るための血液が必要になるため、貧血になってしまう人も多くいます。

貧血になると、血液を運ぶ働きのあるヘモグロビンが減少するため、ママの身体に酸素が充分に行き渡らなくなってしまいます。

その結果、耳に必要な酸素が不足してしまうことで耳鳴りが起きてしまうこともあります。

不規則な生活習慣

また、産後に耳鳴りが起きてしまう原因として、不規則な生活習慣もその1つに挙げることができます。

先にも挙げたように、耳鳴りにはストレスなどで自律神経が乱れてしまうことで引き起こされることがあります。

実は、自律神経はストレスだけでなく不規則な生活習慣にも影響を受けやすく、睡眠不足や栄養の偏った食事を摂るといった生活が良くありません。

特に産後は、育児中心の生活になってしまうことから生活習慣が不規則になりやすい傾向にあるため、自律神経も乱れてしまいやすくなっています。

携帯電話のやりすぎも良くない!?

広く普及したスマホは、産後のママも利用していない人の方が少ないはず。

暇つぶしにアプリやSNSをしたり、育児情報を調べていたりすると、時間が経っていたということも珍しくありません。

しかし、携帯電話のやり過ぎも直接ではないとはいえ、耳鳴りの原因に挙げられていますので注意が必要になります。

理由としては、ストレートネック
首の骨が真っ直ぐになってしまっている状態を指すストレートネックは、肩こりや頭痛などの原因としても挙げられ、耳鳴りが生じることも少なくありません。

また、最近の研究では携帯電話の高周波も耳鳴りを起こしてしまうという報告もあります。

耳鳴りはいつ治るの?

産後は生理がこない
基本的に、産後の耳鳴りは女性ホルモンの乱れが主な原因ですので、他の身体トラブルと同様に、女性ホルモンのバランスが落ち着いてくれば、症状も改善していく傾向があります。

目安としては1年くらいを考えておきましょう。
ただし、ママの体調が整い始める時期は個人差がありますから、耳鳴りの症状改善にも個人差があります。

さらに、耳鳴りには女性ホルモンだけでなく、上で述べたように他の原因が絡んでいることもあるため、その場合はまた改善する時期も異なります。

疑われる他の病気について

耳鳴りは気にならない程度に不快音が聞こえるだけと、症状が軽い場合も多いため、産後のママの中には病院へ行かない人も少なくありません。

ですが、耳鳴りは病気によって引き起こされていることも多々あり、放置してしまうことで重篤な病気を見逃してしまう可能性もあります。

特に、耳が聞こえにくい、症状が日に日に悪化しているようであれば放置するのはNG

ただの耳鳴りだと思って放っておくと、症状が重症化してしまったり、最悪の場合、耳が聞こえなくなってしまったりという場合もあるので注意が必要です。

耳鳴りを引き起こす病気には次のものが挙げられます。

産後は赤ちゃん中心で時間を取るのが難しいかもしれませんが、症状について心当たりがある場合には自己判断せず、早め早めに病院を受診するようにして下さい。

メニエール病

耳鳴りだけではなく、強いめまいや難聴、耳閉感、吐き気、嘔吐を引き起こす場合は、メニエール病の可能性があります。

この病気は、内耳内に水が溜まってしまうことでこれらの症状が引き起こされるとされています。

しかし、その原因ははっきり分かっておらず、ストレスが主な原因と考えられています。
また、個人差はありますが、症状を繰り返し、徐々に聴力が低下していくことも少なくありません。

突発性難聴

突発性難聴は、肉体的な疲労や睡眠不足、強いストレスを原因に引き起こされる病気で、この三拍子からもわかるように、産後のママがなりやすい病気ともいわれています。

症状としては耳鳴りの他にも、難聴、めまい、耳閉感が引き起こされます。
特に難聴は治療が遅れると治らないことも少なくありません。

また、症状が片耳のみに発症するのも特徴で、前触れなく突然発症します。

中耳炎

耳の中にある中耳と呼ばれる部分が炎症してしまう病気のことで、耳鳴りを感じることがあります。

中耳の炎症が更に内部の平衡感覚や聴覚などを司る内耳にまで及んでしまうことが原因と考えられており、耳鳴りの他、めまいや難聴、耳閉感が現れることも少なくありません。
また、耳に強い痛みを感じたり、高熱が出たりするなどの症状も伴います。

きちんと治療を行わないと炎症が慢性化して耳の中に水が溜まったり、鼓膜に穴が開いたりするので注意する必要があります。

深刻な病気の可能性も

また、上記に挙げた病気以外にも、外耳道膿瘍(がいじどうのうよう)など、耳鳴りにはさまざまな病気が潜んでいる可能性が否定できません。

また、耳鳴りは脳卒中や脳腫瘍など、深刻な病気のサインである可能性もあるので注意が必要です。

基本的に、産後に耳鳴りが起こる原因は女性ホルモンの影響が強いと考えられていますが、難聴やめまいなど他の症状を伴う、症状に改善が見られない、症状が日に日に酷くなっているように感じる場合は、早めの受診を心掛けるようにしましょう。
突発性難聴のように早めの受診が回復の手助けになることもあります。

自宅でもできる耳鳴り対策とは

水分が摂れないと

産後に女性ホルモンバランスが乱れるのは避けることができないため耳鳴りを完全に避けるのは難しそうですが、少しでも症状を軽減するためには、何をすれば良いのでしょうか。

自宅でもできる、耳鳴りの対策については以下の通り。

確実な効果、即効性があるわけではありませんが、症状緩和を期待することができますので自分に合った方法を見つけてみて下さい。

何事も頑張り過ぎない

産後、家事や赤ちゃんのお世話など、ママはすることが山積み。休む時間もなく動き回っているママも少なくありません。

ですが、こうした肉体的な疲労を解消できずにいると、ストレスも溜まりやすくなります。

ストレスが耳鳴りの原因に挙げられるのは先にも触れた通りです。

そのため、産後に耳鳴りを軽減する対策として、「無理をしないこと」も必要です。

産後のママは、無意識に自分を追い込んでしまいがちですが、身体の疲労は他の症状を引き起こすきっかけになってしまうこともあります。

身体への影響も考えて、たまにはしっかり休むようにしましょう。

生活習慣を整える

生活習慣を整えることも産後の耳鳴り対策の1つです。

睡眠不足の解消、栄養バランスのとれた食事を摂る、小まめなストレス発散をする、などの対策も効果的です。

赤ちゃん中心の生活になる産後に全てを行うことは難しいかもしれませんが、その場合には周囲に頼ってしまうのもアリ。

生活習慣を見直すことで耳鳴りの原因となる自律神経の乱れを整えてくれるので、自分のできることから少しずつ実践していってみましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる