産後に感じる陰部の違和感の原因

産後に感じる陰部の違和感の原因は?子宮下垂・子宮脱かも



出産を終えた体はとってもデリケートな状態です。

産後は陰部に違和感があるという人も多いはず。妊娠に伴って体が変化したせいとわかってはいるものの、出産後は妊娠中とはまた違う不安や心配があります。

ただ、下腹部に明らかな違和感があったとき、それはもしかすると子宮下垂や子宮脱かもしれません。

そこで今回は、

・子宮下垂、子宮脱とは?
・子宮下垂、子宮脱の原因は?
・産後に陰部の違和感を感じたら?

といった方に、産後に陰部の違和感を感じる原因や、子宮下垂・子宮脱について詳しくご紹介します。

産後は陰部に違和感を覚えやすい

妊娠中のおりものの変化

産後に感じる陰部の違和感で一番多く悩みがあるのは、会陰切開・裂傷の縫合部の痛みではないでしょうか。

分娩時に急遽切開することになったり、自然に裂傷が起きることもあるので、産後1ヶ月は後遺症として、陰部に違和感を覚える人は多くいます。

排便時にいきむと、また裂けてしまうのではないかという不安で、ついつい我慢してしまい便秘になる人もいるほど。

意識するとそれだけ痛いような気がしますし、一度考え出すと気になって止まらなくなってしまいます。

縫った箇所は、よほど無理をしない限りは日常生活で支障ないので、どうしても気になって排便できなくなるようであれば、一度病院で相談してみましょう。

このように、産後は陰部に違和感が残りやすい状態ですが、今回紹介する子宮下垂・子宮脱は、症状に気がつきにくい疾患なので、違和感があったときから注意をしなくてはいけません。

子宮下垂・子宮脱とは

子宮下垂・子宮脱は、簡単にいうと子宮が下がってきたり、膣外に出てしまう症状です。

自転車に乗るときにサドルにあたる部分を、骨盤底といいますが、この骨盤底を取り巻くさまざまな筋肉のことを、骨盤底筋群といいます。

子宮や膀胱など、骨盤の上にある臓器を下から支えている体の箇所ですが、この筋肉が弱くなると子宮が下がってくることがあります。

その状態を「子宮下垂」と呼び、下がった子宮が腟から飛び出てしまう症状を「子宮脱」といいます。

子宮下垂は、本来あるべき位置に子宮がないものの、膣内にはとどまってはいるので、症状が軽い場合は自覚症状がないことも。

妊娠期間中や出産直後は気がつかなくても、育児が始まって日常生活を送り出してから、ようやく陰部に違和感を覚えるケースも多くあります。

子宮脱の場合は、子宮下垂が進行して、膣内から子宮が出てしまった状態です。

子宮だけでなく、子宮の前側にある膀胱と、後ろ側にある直腸が一緒に下がってきて、膣外に出てしまう「膀胱瘤」や「直腸瘤」を合併することも多いので、注意しなくてはなりません。

子宮下垂・子宮脱の症状は?

子宮下垂、もしくは子宮脱になるとどのような症状があらわれるのでしょうか。

初期症状

・自覚症状がない
・陰部や下腹部の違和感

また、腹圧が少ない朝は自覚症状が少なく、立ち時間が長くなった夕方頃から症状があらわれやすい(一日の中で症状に変化がある)傾向にあります。

自覚症状

・陰部、生殖器など下腹部の違和感
・頻尿感、残尿感
・無意識の尿失禁、くしゃみや咳などの衝撃で起こる腹圧尿失禁
・腟や子宮腟部の乾燥感
・潰瘍ができる
・分泌物が増える

自覚症状があらわれ始めると、陰部や生殖器など、下腹部に明らかな違和感が出てきます。

例えば入浴中、陰部に何かが触れるような感覚がしたり、椅子に座るとお腹に何か押し込まれるような感じなど、いつもと違う感覚が下腹部に残るようになります。

また、分泌物が増えますのでいつもより下着が汚れやすいと感じることも。

子宮下垂や子宮脱とすぐには気がつけないもので、大抵の場合、子宮が膣外へ脱出する2度目以降に自覚することが多いです。

病状が悪化した後の症状

・排尿困難、尿閉
・便秘
・歩行に伴う痛み
・子宮頸部が肥大していく
・脱出した箇所からの出血

病状が悪化すると伴い、症状も悪化します。これまで頻尿だったり、くしゃみや咳などの衝撃で起こっていた腹圧尿失禁など、比較的漏れやすかった症状が一変、排尿するのが難しくなったり尿が出なくなってしまうのです。

腟から脱出した子宮箇所から出血するようになると、下着に血が付着して驚くかもしれません。

子宮下垂・子宮脱の原因は?

子宮下垂・子宮脱の主な原因は、子宮を支えている骨盤底群の腹膜と結合組織、靭帯などの伸縮性が弱くなって緩むこと、また骨盤底群のうち、子宮を支えている肛門挙筋という、肛門を周囲の骨から引っ張って支えている筋肉が破れて、隙間ができるためです。

子宮は、伸縮性の高い靭帯や筋肉に支えられているため、体内のあるべき位置にとどまることができます。

通常は子宮が下に下がったとしても、その伸縮性によって下がった子宮を持ち上げ、元の位置に戻すことができますが、この力が弱まると、子宮を元の場所・元の形に戻すことができなくなってしまい、下垂症状や脱出といった症状が発生するのです。

子宮下垂や子宮脱が起こる原因は、骨盤底群にある靭帯や筋肉の力が弱まることなので、加齢や体質による影響でもこの症状は引き起こります

他にも肥満がちだったり、便秘気味だったりする場合や、立ち仕事が多い職業、介護などで瞬発的に力を入れたりいきむような場面が多いと、骨盤底群の靭帯や筋肉を痛めたり、損傷する可能性があるため、症状を引き起こしやすいといわれます。

そして、出産では分娩時のいきみによって、この骨盤底群の靭帯や筋肉にダメージを与えやすく、特に肛門挙筋にダメージを受けるケースが多いのです。

そのため、出産経験者は、出産経験のない人よりもそのリスクが高く、産後には症状があらわれやすいとされています。

子宮下垂・子宮脱になったらどうやって治療する?

サイトメガロウイルス感染症ってどんな病気

子宮下垂・子宮脱になると、すべての場合で症状が進行するわけではありません。

産後1ヶ月検診で子宮が元の位置に戻っていれば、経過観察になることも多く、症状が軽いうちは、自宅療養と体操で症状を改善することができます。

産後はいずれも分娩の影響で骨盤底筋が緩みます。一時的に子宮が下がることはありますので、この骨盤底筋を鍛え、子宮を元の位置に引き上げることが重要になります。

自宅治療の種類は3種類あります。骨盤底筋を鍛える体操・トレーニング、フェミクッション、ペッサリー療法です。それぞれ順番に説明していきましょう。

骨盤底筋を鍛える体操・トレーニング

この体操は骨盤底筋のトレーニングとして、尿道・肛門・腟を鍛える体操です。この体操を行うのが、一般的な自宅での治療方法となりますので、陰部に違和感があり、その原因が子宮下垂や子宮脱の場合はぜひ試してみてください。

1.2~3回軽く尿道・肛門・腟を締めたり緩めたりを繰り返します。
2.その後、尿道・肛門・腟をゆっくり少し力を込めながら締めて、そのまま3秒くらい止まります。ゆっくり締めていく動作を2~3回繰り返します。
3.締める秒数を3秒くらいから徐々に延ばしていき、1回に5分間くらいまで締められるようになれば筋力が戻ってきた目安とします。

ただし、無理をしすぎると逆に症状がひどくなる恐れもあるので、負担にならない程度でトレーニングを行いましょう。

1回に5分間を目指し、最終的には10分~20分まで引き締める時間を延ばしていければ十分です。

フェミクッションを使う

フェミクッションとは、下垂した子宮などの臓器を、柔軟性の高いクッションで受け止める、下着のようなデザインのサポーターです。

下着と同じように着用し、外側から骨盤を圧迫することで子宮が下がらないようにしてくれます。一昔前であれば「脱腸帯」がフェミクッションに近いものになります。

下着のように着用できるので、日常生活を送りながら子宮脱のケアすることができるのがポイントです。

定期的な通院が難しい人や、初期症状の場合には、フェミクッションを使って体の外から圧迫しつつ、骨盤底筋を鍛える体操やトレーニングを併用するのがおすすめです。

ただし根本治療ではないので、重症の人ではやはり効果を得ることは難しいです。また尿もれの症状がある人もおすすめできません。

基本的には、通信販売か医療機関の窓口で販売されるものなので、使用を考えている場合はインターネットで購入するか病院で相談してみましょう。

ペッサリー療法

ペッサリーは、下垂した子宮を下側から支えるための、いわゆるストッパーとなる治療器具です。リング状の器具を膣内に挿入して治療します。

排尿がスムーズにできている人、今後出産の可能性がある人、育児中の人、理由があって外科治療が難しい人などが、ペッサリー療法を選択するケースが多いです。

以前は、医療機関で挿入した後に定期健診を受診するのが一般的でしたが、最近では自分で朝はめて夜はずす着脱方式で使用できるようになりました。

自己着脱が可能になったため、ペッサリー療法も身近な選択肢として選ばれるようにはなってきましたが、使用には注意点もあります。

ペッサリーはあくまで子宮を下から支えるだけなので、着けることで治るというわけではありません

装着をやめれば子宮は下垂したままですし、挿入していても症状が進行する可能性はあります。もちろん症状が進行してしまうと使用できなくなり、外科手術が必要となります。

また挿入の注意としても、ペッサリーが腟を圧迫することで、ただれや出血が起こる可能性も。

自己着脱ができるとはいっても、腟に絡みついてしまった場合は、医療機関ではずす必要がでてきます。

長期間挿入していることで、膣壁の損傷や膣炎、腟潰瘍のリスクもあるので、このようなデメリットもあることを考慮してから施術を受けるようにしましょう。

症状が重い場合の治療方法は?

尿道・肛門・腟を締めたり緩めたりする、骨盤底筋を鍛える体操やフェミクッションの使用、ペッサリー療法は、いずれも症状が軽い場合に改善が見込める治療方法なので、症状が重い場合や、骨盤底筋トレーニングで効果のないときには、手術によって子宮組織を補強することになります。

外科手術の方法は、子宮摘出術や膣前壁形成などの方法、もしくはル・フォール手術、メッシュ手術をとります。

子宮摘出術・膣前壁形成

子宮の摘出手術や膣前壁形成は、症状が特に重く日常生活に支障がある場合で行われます。

子宮摘出術は、下垂した子宮を取り出してしまう手術で、膣前壁形成とは伸びてしまった腟の一部を切り取り、縫合して靭帯に固定することで、腟の粘膜下にある筋肉を引き締めて、根本から締まりを良くするという手術の方法です。

どちらの手術も原因を直接取り除くことになりますので、根本的な解決方法としてこれらの手術を選択する人もいます。

開腹手術ではないので、手術自体にかかる時間も1時間半~2時間半ほどで、術後も10日前後で退院可能です。

子宮脱だけでなく、膀胱脱と直腸脱を同時に患っている場合では、子宮摘出術・膣前壁形成の方法をとるのが一般的ですが、膀胱脱か直腸脱のいずれかのみを併発している場合には、手術方法が若干異なるケースもあります。

ただし、子宮を摘出してしまう方法なので、これからまだ妊娠を望む人にはこの手術はできず、手術によって腟が狭くなってしまうと、術後の性交に支障が出る可能性があります。

しかし、腟に余裕を残して縫合してしまうと再発するリスクがあるため、外科手術以外の方法も検討できる人は、よく考えるようにしましょう。

また、摘出によって子宮脱が改善しても、頻尿や腹圧尿失禁は再発することがあるので、リスクや説明を十分に受け検討することをおすすめします。

ル・フォール手術

子宮を、膣壁の前面と後面に癒着させることで抵抗力を強める手術です。子宮を壁面に癒着させてしまうため、ほとんど子宮が出てこなくなります。

また子宮を摘出するわけではありませんので、根本的な治療を行いながらも、今後妊娠を希望する人や排尿障害がある人、歩行困難になった重症の人でもル・フォール手術が可能です。

ただし、術後の性交に支障が出たり、腟を塞いでしまうことで分泌物の排出が困難になるというデメリットもあります。

腟の両脇を縫わずに開けて手術すると、分泌物が減ること自体は防げますが、事前に手術内容をしっかりと把握しておくことが重要です。

ル・フォール手術は再発率が5%未満といわれており、合併症もほぼないためメリットも多いですが、やはり実行前には慎重に検討を行いましょう。

メッシュ手術

メッシュ手術とは、正式にはTVM-ATension-Free Vaginal Mesh(TVM)といいます。

合成繊維で作られたメッシュを膀胱と膣壁、もしくは直腸と膣壁のどちらかに縫い付けて緩んだ靭帯を補強する手術方法です。

症状に合わせて、膀胱と直腸のどちらの間にもメッシュを装着することはあります。

メッシュが露出すると再手術が必要になりますが、その発生頻度は5%以下で、従来の手術方法と比較しても、再発率が低いことがメリットの一つです。

また、術後から退院までは10日くらいかかるのが通常だった子宮脱の手術ですが、メッシュ手術では、退院まで7日と短いのも特徴です。

腟が狭くなり性交に支障が出ることもありません。経過次第では長期の安静をするように勧められることもありますが、稀なケースといえます。

子宮下垂・子宮離脱の予防

上の子抱っこにはエルゴがおすすめ

子宮下垂・子宮脱の予防には毎日の生活習慣が大切です。規則正しい食生活で排便・排尿を我慢しないこと。

妊娠中、子宮に赤ちゃんがいる状態で長時間座りっぱなしだと、その重さで骨盤底筋を弱めることになります。休憩の際には座り姿勢よりも寝転がる方が良いです。

妊娠中はもちろん、産後も体に負担をかけないよう、日常生活でも長時間の立ちっぱなしや力仕事で症状が悪化してしまいますので、体力が戻らないうちは無理をせず、体を労ってあげてください。

また、産後でなくても骨盤底筋は加齢と共に緩んできます。

尿もれ予防にも、骨盤底筋のトレーニングは効果がありますので習慣づけておいて損はありません。

陰部に違和感があったときは

産後は子宮脱になりやすい状態ではありますが、子宮下垂になると必ず子宮脱まで進行するとは限りません。

また、子宮脱になっても、症状が軽いうちは骨盤底筋トレーニングなどで改善する可能性があります。

たとえ手術になっても方法はいくつかあり、次の妊娠を諦めなくても良い手術方法もあるので、かかりつけの産科医とよく相談して決定していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる