産後に脇のしこりを発見

産後に脇の下のしこりの原因は?副乳や乳がんの可能性も



出産後、授乳をしている時に、ふと脇の下あたりを触ってみると、小さなしこりに気がついて慌てたという話がよくあります。

産後にできる脇の下のしこりは、何か悪い病気があるかもしれません。その原因や対処法を知って、不安要素があるならばできるだけ早めに対応する必要があります。

そこで今回は、

・産後のわきの下にしこりがある!
・わきの下にしこりがあるのはなぜ?
・しこりを見つけたらどうすればいい?

といった方に、産後の脇の下にしこりができる原因や、対処法について詳しくご紹介します。

産後の脇の下のしこりの原因は?

手足口病って何

産後に脇の下にできるしこりの正体は、主に副乳と乳瘤(にゅうりゅう)です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

副乳とは

私たち人間には、通常2つの乳房があります。しかし、犬や豚や牛や猫などの乳房は2つではありません。

身近な動物でも、人間のように乳房が2つというものは少ないのですが、人間も元々は2つ以上の乳房を持っていました。

人間は他の動物のように、たくさん子どもを一度に複数産むということがないので、人間の進化の過程で乳房の数が徐々に減り、退化して行った結果、今のように2個になりました。

これは進化の過程でこのようになったので、現在でも乳房が2個でないという人がいても決して不思議なことではなく、退化しきれずに残った乳房のことを副乳といいます

特に日本人女性は、欧米の女性に比べると副乳を持つ女性の割合が多く、女性の20人に1人の割合で持っています。

また、女性だけでなく男性でも副乳を持っている人は珍しくありません。副乳があることは決して特別なことではないのです。

人間の場合、胸に1対の乳房がある以外に乳房があれば、副乳ということになります。

妊娠すると色が濃くなる

自分に副乳があっても副乳だと気が付いていない人はたくさんいます。多くの人は思春期に乳房が膨らんできた時に、一緒に副乳が目立ってきて気が付きます。

しかし、副乳が小さいものであるとホクロやイボだと思っている人もいます。

妊娠して、女性ホルモンのバランスが変化し、エストロゲンの増加により副乳の色が濃くなることで副乳に気が付いて、妊婦検診の時に副乳について医師に相談する人も多くなります。

副乳は乳腺組織がある一般的な乳房と同じように、ホルモン分泌に反応します。生理前になると腫れたり、痛みが出ることもあります。

副乳には母乳を出す乳口がないことが多いので、母乳が出ない方が多いです。

副乳はどこにある?

副乳は、脇の下から足の太ももにかけて存在する乳腺上(ミルクライン)にできることが多いです。

ミルクライン上であれば、どこにでも副乳ができる可能性があります。

普段は目だっていなくても、妊娠や出産をして授乳するようになると、眠っていた乳腺がどんどん発達して、脂肪の塊のようなものがあらわれてくることがあります。

副乳があると痛い?

出産前から副乳があることに気がついている人もいます。副乳は乳房と同じく、女性ホルモンに大きく影響されますので、乳房が膨らみ始める思春期や、妊娠したころに気がつきます。

出産後になって、初めて副乳があることに気がつくという人もいますが、もし副乳があっても特に問題はありません

出産後に授乳で急に副乳が発達してきた場合は、小さな膨らみやしこりであることもありますが、人によっては大きく腫れ上がることもあります。

腫れてくると痛みを感じます。痛みを感じても数日すれば腫れも治まり状態は落ち着いてきます。程度にもよりますが、腫れも1週間前後で引いてきます。

腫れが治まらないようなら病院を受診して診察してもらいましょう。

副乳から母乳は出る?

副乳は、乳房ではありませんが、乳腺上にあるので乳腺組織が発達することはあります。

このため、妊娠したり、出産することで乳腺の働きが活発になると乳房のように張りが出たり、大きく膨らんだりすることがあります。

また、実際に副乳から母乳が出ることもありますが、乳房から出る母乳に比べると非常に少量です。

副乳の対処法は?

副乳は、乳腺が発達して活発になることで生じます。授乳をするとどんどん乳腺が発達します。

しかし、授乳をすることは止められないので、授乳をしても大丈夫ですが、副乳部分を触ったり、揉んだりして必要以上に刺激しないようにしましょう。

副乳も、乳房と同じように授乳期に刺激したり、血流を良くすると母乳が出ることがありますが、気にしないことが大切です。

また、温めると血流が良くなって乳腺の活動が活発になるので、副乳を冷やすようにします。保冷剤などをガーゼで包んだもので冷やすのが良い方法です。

刺激しない、冷却するという自宅療法で腫れや痛みが引かない場合は、専門の医療機関で受診して患部を診察してもらうようにしましょう。

鎮痛剤が処方されるのが一般的ですが、1週間ほどで状態が治まります。

副乳の治療方法は?

副乳は、あることで健康被害があったり、出産や授乳に悪影響があるものではありませんので、副乳があると分かっても治療する必要はありません

授乳するようになって、副乳が膨らんで目立つようになると気になってくる人もいますが、基本的に授乳が終わってしまえば、副乳の存在自体はなくならなくても、膨らみは自然に治まります。

副乳を取りたい場合

副乳は病気でもありませんし、健康に悪影響を与えるものでもないので、副乳があっても治療しないというのが一般的です。

しかし、脇の下に副乳があって気になる、コンプレックスだという場合は、手術によって切除することができます。

手術によって切除する場合でも、健康被害のない副乳の切除は、美容目的ということで自由診療ということになります。

自由診療ということは、保険適応外なので、治療費は病院によっては非常に高くなる場合もあります。

手術自体は、イボやホクロの切除と同じような方法で行います。麻酔は局部麻酔で行いますが、乳腺が発達していない副乳は切開して、取り除いた後に縫合します。

もっと小さな副乳の場合はレーザー治療で簡単に取れる場合もありますが、副乳の下に乳腺が発達している場合は、切開して乳腺組織をくり抜いて除去します。

副乳が判断できない場合は受診する

脇の下にできるしこりが副乳である場合は問題ありませんが、脇の下も含めて乳房周りにしこりがある場合は腫瘍であることもあります。

自分では副乳だと思っていたのに、実は腫瘍だったということがあってはいけませんので、副乳か腫瘍か判断できない場合は、できるだけ早めに専門の医療機関を受診しましょう。

乳瘤(にゅうりゅう)とは

産後の生理がこないのはどうして

乳瘤とは、母乳が溜まってできる瘤(こぶ)のことです。乳腺から母乳が出ますが、乳腺のある箇所で母乳が詰まって、母乳が溜まってしまうと瘤のようになります。

この乳瘤が脇の下にできると、脇の下にしこりができたと思ってしまいます。乳瘤は中の母乳の溜まりがなくなると自然に消えるので、授乳している人は授乳を続けることで、徐々に小さくなってきます。

また、母乳が溜まっていても、卒乳すると自然に体の中に吸収されるので、しこりがなくなることも多いです。

しかし、脇の下の乳腺に母乳が詰まって乳瘤が痛いという場合は、専門の病院を受診するようにしましょう。

乳瘤の治療法は?

乳瘤は、分泌される母乳が溜まってできるものです。母乳が溜まってしこりとなるものもあり、母乳が溜まることで乳腺自体が硬くなって腫れることもあります。

どちらにしても、母乳が乳腺の中をスムーズに流れないことによって起こるので、そこの部分の母乳のつまりを無くすために赤ちゃんに授乳したり、その部分から搾乳するとつまりがなくなります。

自分でしこりの部分を圧迫しながら搾乳することができれば、自宅で治療を完了することができますが、できない人は、母乳外来などで助産師さんに母乳マッサージを受けるとつまりがなくなり、乳瘤がなくなります。

乳瘤の判断ができない場合

脇の下のしこりが乳瘤ならば特に問題はありませんが、腫瘍である場合は命に関わりますので判断を誤らないことが大切です。

乳瘤だと思っていて授乳や搾乳をしても、一向に状態が良くならないという場合は、母乳外来に行ったり、婦人科、乳腺医療専門の病院などを受診して診断を受けるようにしましょう。

乳がんの場合があるので注意が必要

産後に授乳をしていて脇にしこりがある場合、そのしこりのほとんどが乳瘤か副乳が原因です。

どちらも特に健康上問題がないので、痛みがあっても1週間~10日ほどで状態が安定してきます。

しかし、産後のトラブルだと思っていた脇の下のしこりが乳がんによるものである場合がありますので注意が必要です。

脇のどの部分にしこりがあるか

脇にしこりがある場合、脇のどの部分にしこりがあるかというのは非常に重要です。

脇の真ん中

副乳などがよくあるのは、脇の真ん中辺りです。粉瘤(ふんりゅう)や毛嚢炎(もうのうえん)ができやすい場所です。

この部分にしこりがある場合はほとんどなく、もししこりがあっても良性のものが多いです。

皮膚自体に赤みがある場合は、炎症を起こしていることが多いですが、副乳などは赤みがなく、全体的に膨らんでいます。

副乳にもがんができます(副乳がん)が、かなり稀なケースです。もし、副乳がんの場合は表面にしこりができるのではなく、皮膚の奥のほうにゴロッとしたしこりが見られます。

腕を上げた時に凹んでいるところ

腕を上に上げて脇を見たときに、少し凹んでいるところにはリンパ節がありますが、このリンパ節にしこりがある場合は、注意が必要です。

脇のしこりが皮膚の奥にあり、ゴロリとしたしこりの場合はリンパ節に転移したがんの可能性があります。

皮膚は赤くならず、触っても特に痛みがありません

この部分にできるしこりには要注意ですので、しこりを見つけた場合は、すぐに乳腺科など専門医がいる病院を受診しましょう。

胸の付け根

脇というよりも、胸の付け根辺りの脇の下にしこりがある場合、押さえて痛みがある場合は乳腺症の可能性があり、痛みがなくしこりがコロコロ動く場合は乳腺がんの可能性があります。

また、この部分には乳瘤ができることもありますが、乳瘤の場合は赤ちゃんに母乳をたくさん飲んでもらうことで、しこりはなくなります

授乳しているのに、一向にこの場所のしこりがなくならない場合は乳腺がんの可能性がありますので注意しましょう。

授乳中でも乳腺がんを発症しますので、判断できない場合はもちろん、しこりを発見した段階で乳腺医を受診しましょう。

母乳を詰まらせないために

妊娠中の授乳

産後にできる脇の下のしこりは、ほとんどが副乳か乳瘤ですが、トラブルを起こさないようにするにはどうすればいいのか見ていきましょう。

授乳する

産後の女性の乳房は、トラブルが良く発生します。しかし、赤ちゃんにしっかり母乳を飲んでもらうことでいろいろな問題点が解決します。

乳瘤ができるということは、乳腺の中の母乳の流れが悪くなっているということです。

乳房で作った母乳をどんどん飲んでもらうことで、新しい新鮮な母乳が湧いてきますし、新鮮で美味しいので、赤ちゃんもたくさん飲みたがります。

出産後のお母さんには非常に大変な授乳ですが、夜中などに赤ちゃんがぐっすり眠れるように夜はミルクを与えているという人もいます。

ミルクを与えることで赤ちゃんはぐっすり眠れますが、乳腺には古い母乳が溜まった状態になり、乳瘤になりやすい状態になります。

授乳時間は、3時間以上空くと母乳がつまりやすい状態になり、トラブルが多く起こります。

脇の下にしこりができたと感じたら、授乳時間を3時間以上空けずに、できるだけ母乳を頻繁に赤ちゃんに飲んでもらい、母乳の循環を良くすることが大切です。

痛い方の乳房から飲ませる

授乳をしていて脇の下にしこりができた場合は、まずそのしこりに痛みがあるのかないのかを判断します。

乳瘤の場合は、母乳が詰まっていることが原因で、そのまま放置すると乳腺炎になることも良くあります。

乳腺炎にならないためにも、赤ちゃんがお腹を空かせていて、食欲があるときほど痛い方の乳房から授乳して、痛い方の乳腺のつまりを無くすようにしましょう。

つまりがなくなればウソのようにしこりがなくなり、腫れも引いてすっきりとします。痛いから授乳しないのではなく、痛い方からあえて授乳するようにすることが大切です。

食事に気をつけて

授乳期の食事内容は非常に大切です。トラブルのほとんどは食事が原因です。

脂っこいもの、甘いもの、カロリーが高いもの、刺激物は乳腺のつまりに非常に影響します。

脇にしこりがある場合は、特に食べ物に気をつけることが大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる