ココマガ > 産後 > 産後ママの体の変化 > 産後のおへそが黒い!へその黒ずみの原因や対策について!
産後に気になるおへその黒ずみ対策

産後のおへそが黒い!へその黒ずみの原因や対策について!



出産を終えれば後は身体の回復を待つばかり、と思いたいところですが、産後は妊娠中と同様、心身へのトラブルが後を絶ちません。

肌荒れが酷くなる人、便秘、寝れなくなってしまったり、精神的に不安定になってしまうなど症状もさまざまで、産後のママはこれらの症状と付き合っていきながら育児をしていくことになります。

そんな中、産後はおへそやおへそ周りが黒ずんでしまうこともあります。服で隠れるとはいえ、見えると目立つので悩むママも多くいます。

そこで今回は、

・産後におへそが黒ずんできた!
・どうして産後におへそが黒ずむの?
・おへその黒ずみはどうすれば消える?

といった方に、産後におへそが黒ずむ原因や、おへその黒ずみができてしまった場合の対策について詳しくご紹介します。

産後におへそが黒ずむとは?

妊娠中期から妊娠後期の暑さ

産後におへそが黒ずんでしまう症状には、主におへその中にあるゴマが黒くなることで黒ずんで見えてしまったり、おへその中に黒い塊ができる、おへその周りが黒ずんでしまうといったような症状を挙げることができます。

また、症状に関しては個人差があり、おへそ周りの黒ずみに関しては、ママによって周りが黒ずんで見えてしまう場合もあれば、おへそを中心に上下に線ができるように黒ずんでしまうことも。

おへそが黒くなってしまう原因とは

おへそにゴマがあったとしても、無理に取ってしまうのは良くない、というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。

無理に取ってしまうと、お腹を痛めてしまうとよくいいます。そう考えると、おへそを好きにいじる人はあまりいないはず。

それなのにも関わらず、おへそが産後になると黒ずんでしまう原因は何なのでしょうか?

おへその黒ずみ、おへそ周辺にできる黒ずみは、次のような原因を挙げることができます。

たまった垢などの汚れ

いわゆる「へそのゴマ」のことで、身体から出る垢だけでなく、皮脂や埃、汗、石鹸カスなども挙げることができます。

これらがおへその中に溜まり、混ざり合うことで黒い塊ができてしまったり、空気に触れて酸化することで、おへその中が黒ずんで見えてしまうことがあります。

元々、おへその中心部分は垢など汚れが溜まりやすく、ただ身体を洗う程度では汚れも落ちません。

また、女性は男性に比べて皮下脂肪が厚いことから余計にへそのゴマができやすくなっています。

産後の場合、入浴できない時期もありますので、余計におへその中に垢が溜まりやすく、黒ずみやすいことが考えられます。

伸びた皮膚が縮む

赤ちゃんがお腹にいる間、お腹はその大きさに合わせて伸びていくのですが、産後になると少しずつではありますが、皮膚は縮もうとしていきます。

しかし、縮むといってもゴムのように元の皮膚に戻るわけではありませんので、伸びてしまった分は、余分な皮膚として残ってしまいます。

余った皮膚は身体上ではいらないもの、つまり老廃物と見なされます。

この老廃物となった皮膚は表面に溜まる傾向があり、また徐々に黒ずんでいってしまうため、結果、おへその周囲が黒ずんで見えてしまうことがあります。

正中線

おへその周辺が黒ずんでしまうママの中には、おへそを中心に縦に黒っぽい線ができてしまう人もいます。

これには、妊娠中にお腹の中で赤ちゃんが大きくなっていくことでお腹の皮膚も伸びてしまうことが原因に挙げられます。

この、赤ちゃんが成長すると共に引っ張られていく皮膚が、細胞レベルで分裂と結合を繰り返していくことによって、おへそを中心に上下に伸びる線のようなものができるのです。

この線は正中線と呼ばれており、肌に黒ずみを作ってしまいやすく、この線上にシミの原因であるメラニン色素が溜まり、それが産後になっても取れないことから線が走るように、おへそ周りが黒ずんで見えてしまうわけです。

肌のターンオーバーが崩れる

元々、皮膚は28日くらい時間をかけて古い皮膚から新しい皮膚へ、下の層から表面へ押し出すように新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しているのですが、産後はこの肌のターンオーバーが崩れがちです。

肌のターンオーバーが崩れてきてしまうと、上手く新しい肌に生まれ変わることができなくなってきてしまうだけでなく、皮膚表面にシミの原因にもなる、メラニン色素も排出できなくなってしまいます。

そうなると、メラニン色素は皮膚表面に溜まっていきますから、それがおへそ周辺に起こることで黒ずんでしまったり、色がくすんでしまって見えるのです。

妊娠中のメラニン色素が原因の場合も

実は、おへそやその周辺が黒ずんでしまう共通の原因として、色素沈着を挙げることもできます。

理由としては、妊娠中に赤ちゃんを守ろうとする防衛本能により、妊娠中は、赤ちゃんを出産するために身体が徐々に変化していくのですが、赤ちゃんがお腹にいることから、身体は赤ちゃんを守ろうと皮膚を強くしようとします。

この時、女性ホルモンの1つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加するため、その影響でメラニン色素も発生してしまうのです。

産後は肌のターンオーバーが崩れるなど、調子も良くありませんから、妊娠中に発生したメラニン色素を皮膚から排出することができずに色素沈着を起こし、おへそやその周辺を黒くさせてしまうことが考えられます。

おへその黒ずみは元に戻らない?

産後の生理がこないのはどうして

あまり目立たない場所とはいえ、ずっとこのままだったらと不安に思うママも少なくないはず。

黒ずんでしまった原因にもよるので、絶対とは言い切れませんが、ほとんどの場合、おへそやその周辺が黒っぽくなってしまうことがあっても、身体の調子が戻るにつれて徐々に薄らいで消えていくのが一般的とされています。

ただし、色素沈着など、肌のターンオーバーが鍵となる場合、個人差はあるものの数年かかってしまう場合も。

また、反対にへそのゴマといった汚れが原因の場合は、きちんとお手入れしてあげることで早めに綺麗なおへそを取り戻せる場合もありますので、まずは原因が何なのかしっかりと見極めるようにしましょう。

放っておいても大丈夫?

つい黒ずんだ肌を見ると、不健康そうというか、何だか身体に悪い影響がありそうな気がしてきますが、基本的には、おへそやその周辺が突然黒ずんでしまうようなことがあっても、身体への悪影響は心配ありません。

そのため、まったく見た目が気にならないというようであれば、自然に消えるのに任せても大丈夫です。

ただし、色素沈着といった肌のターンオーバーが回復のポイントになる場合、前述でも触れたように時間がかかり、何より、間を開けずにまた妊娠、出産を経験される場合には、以前の黒ずみが消えていない可能性があります。

その場合、発生するメラニン色素の関係で症状が酷くなってしまう恐れも高いので、その点だけは注意するようにして下さい。

悪臭がする場合も

おへそやその周辺が黒ずんでいてもあまり心配はありませんが、へそのゴマによる黒ずみの場合は少し注意が必要になります。

へそのゴマが、垢や石鹸カスなどの汚れが混じってできるもののため、このへそのゴマからは細菌が100万個以上採取できるといわれています。

そのため、おへそが蒸れてしまうなどから、雑菌が繁殖してしまう場合もあります。その場合、おへそが黒ずむだけでなく、悪臭がしてしまうこともありますので注意が必要です。

おへその黒ずみ対策

放っておいても問題ないとはいえ、黒ずみが薄れるまでに時間がかかることや、へそのゴマが原因の場合、雑菌によって悪臭がしてしまう可能性、また見た目の問題も考えると、早め早めにケアをする方が良いような気がします。

しかし、実際のところおへそなどに黒ずみができてしまった場合、どんな対策をとったら良いのでしょうか。おへそとその周辺それぞれで対策をまとめてみると、以下の通りになります。

おへその中心を綿棒でお掃除

おへそ中心の黒ずみの原因がへそのゴマにある場合には、綿棒を使用しておへその中をお掃除してあげましょう。

ただし、そのまま綿棒を突っ込むのはNG。綿棒でお掃除をする際には、ベビーオイルを綿棒の先に含ませてから行うことが大切です。

ベビーオイルを含ませないと掃除ができないわけではないのですが、取りにくい上、少し力を入れるようになってしまうため、おへそを傷付けてしまう恐れがあります。

ベビーオイルを含ませることで、力をいれなくてもへそのゴマを除去することができますので、綿棒で掃除をする際には必ずベビーオイルも準備するようにして下さい。

除去しやすいのはお風呂上り

特に、おへその中を掃除する時間帯は決まっていませんが、塊になってしまったへそのゴマは硬く、肌にこびり付いてしまっているものもあります。

そのため、お風呂上りにおへその掃除をする方が、頑固なへそのゴマもふやけてくれるので、取りやすいです。

それでも取れない場合にはオリーブオイル。おへその中に数滴オリーブオイルを垂らして、ラップして10分放置するだけで、硬くなったへそのゴマも取りやすくなります。

皮膚科に相談する方法も

へそのゴマによる黒ずみであれば、綿棒などを使ってほぼ除去することができますが、中にはそれでも取れない場合もあります。

おへその穴が小さい方や、塊が奥へ入り込んでしまっていたりすると自力では取りにくい場合も。

この場合、無理に取ろうとするとおへその中を傷付けてしまうリスクが高くなりますから、その際には無理をせず病院に相談しましょう。

化粧品でしっかりスキンケア

伸びた皮膚が表面に老廃物として溜まっていたり、メラニン色素が排出されないことで、おへそを中心にその周辺が黒ずんでしまっている場合には、肌のターンオーバーを促進させるためにクリーム系の化粧品でしっかりスキンケアをしてあげることが対策の1つになります。

この際、乾燥を防ぐことが大切なので、保湿力の高い化粧品でしっかりケアしてあげることがポイント。

また、美白成分の含まれた化粧品も効果が期待できます。ただし、産後は女性ホルモンの影響で肌も敏感になりがちです。

普段ならなんてことない化粧品の成分に反応して肌荒れを起こしてしまう可能性もありますので、化粧品でケアを行う際には自分に合った、肌に優しい成分の化粧品を利用するようにして下さい。

洗う際は優しく

肌が黒ずんで見えると、つい念入りにその部分を洗ってしまいがちですが、そんな状態だからこそ、優しく洗ってあげることが大切になります。

むしろ力を入れて擦ってしまうと肌に刺激を与えてしまい、黒ずみの原因であるメラニンをさらに分泌させてしまうことに繋がるため、余計に黒ずみが酷くなってしまう可能性が高くなります。

また、産後のママは敏感肌。強くこすってしまうだけでも肌が荒れてしまいやすいので、洗う時は優しく洗ってあげて下さい。

優しく洗っても汚れは落ちるの?

ただ、ここで心配になってくるのが優しく洗って果たして汚れは落とせるのか、ということです。

優しくタッチで洗うのは、なんだか洗った気がしないというママもいるのではないでしょうか。

実際のところ、優しいタッチで洗っても汚れを落とすことはできます。ただし、その時は石鹸をよく泡立ててあげることがポイント。

しっかり泡立ることで石鹸の伸びも良くなり、汚れの吸着力も増すからです。

また、原液をそのまま肌につけて洗うよりも、すっきり洗い流すことができるため、洗い残しによる肌トラブルからも肌を守ってくれます。

生活習慣を整えよう

生活習慣を整えることも、おへそ周辺の黒ずみ対策の1つ。

家事や育児で忙しい産後にすべてを整えるのは難しいかもしれませんが、バランスの取れた食事を1日3食欠かさずに摂取したり、適度な運動、睡眠をしっかりとるといった日常生活の習慣を改善するだけでも、肌のターンオーバーを正常に保つ効果が期待できます。

特に食事に関しては冷たい物を避けたり、ビタミンCといった美白効果が期待できる栄養成分が豊富な物を摂取しておくと、内側から肌を助けてくれます。

おへそのいじり過ぎに注意!

妊娠中に危険なアロマ

対策でも少し触れましたが、肌は擦り過ぎたりすると、メラニン色素が発生して余計に肌が黒ずんでしまう恐れがあります。

そのため、おへそやその周辺の黒ずみ対策を行うにしても、やり過ぎには注意するようにしましょう。

特におへそのケアの場合、へそのゴマのお掃除をあまり念入りにやり過ぎると肌を刺激してしまい、メラニン色素による色素沈着を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

また、いくつか対策を挙げましたが、どれもすぐに効果があるわけではなく、また効き目にも個人差があります。

そのため、対策をとっても症状が落ち着つかない、症状が悪化の傾向にあるようであれば我慢せず、医師に相談するようにして下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


アンケートご協力のお願い

ただいまココマガでは皆様により役立つ情報をお届けできるようアンケートを実施しております。 全16問の簡単なアンケートですので、是非ご協力をお願い致します! アンケートに協力する

おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる