ココマガ > 産後 > 産後ママの体の変化 > 産後はヘルニアになりやすい?その症状や治療・対処法とは?
産後はヘルニアになりやすい

産後はヘルニアになりやすい?その症状や治療・対処法とは?



女性ホルモンの分泌量が落ち着いてくる影響もあって、産後のママは妊娠中と同様、女性ホルモンの変化により心身にさまざまなトラブルが起こりやすくなります。

眠れなくなってしまったり、肌荒れをしやすかったり、イライラしやすかったりするなど、症状は人それぞれですが、腰の痛みに悩む人も多くいます。

しかし、その痛みが激しいなど、症状が酷い場合には腰痛と決め付けるのは禁物。もしかしたら、それは腰痛ではなくヘルニアかもしれません。

そこで今回は、

・ヘルニアって何?
・どうして産後はヘルニアになりやすいの?
・産後にヘルニアになったらどうすればいい?

といった方に、産後にヘルニアになりやすい原因や、対処法などについて詳しくご紹介します。

ヘルニアとは

恥骨痛になってしまう原因

ヘルニアとは、本来あるべき位置から臓器などが飛び出してしまっている状態を指し、ラテン語で「脱出」を意味する言葉です。

そのため、ヘルニアといっても症状が起こっている場所によって名前が異なり、臍ヘルニアや頸椎ヘルニア、横隔膜ヘルニアなど数多くあります。

そんなヘルニアですが、産後のママが悩まされるヘルニアとして多いとされているのが椎間板ヘルニア。産後のママだけでなく、20~40代の男性もなりやすい病気として知られています。

椎間板(ついかんばん)ってどこのこと?

産後のママに多いヘルニアが椎間板ヘルニアであることはわかりましたが、名前を聞いたことはあっても、椎間板が実際どこにあるのか、知らない人は少なくないはずです。

どんな役割を果たしているのかも、漢字だけではイメージしづらいですが、簡単に説明すると、椎間板は腰の部分にある部位のこと。

髄核(ずいかく)と線椎輪(せんいりん)という、軟らかい組織と硬い組織で構成された軟骨で、背骨の中にある椎骨(ついこつ)と椎骨の間にあり、脊椎による上下からの衝撃を和らげるクッション的な役割を果たしています。

また、形状が円板のような形をしていることから、椎間円板と呼ばれることもあります。

場所によって名前が異なる

ヘルニアは症状が起こる部位によって病名が変わってきますが、椎間板ヘルニアにも同様のことがいえます。

椎骨と椎骨の間に椎間板はあるため、ヘルニアが起こった場所によって腰椎椎間板ヘルニア、頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアに分けることができるのです。

名前からもわかるように、腰椎(腰)か頸椎(首)で症状が起きているかの違いで、腰痛のような症状を感じる場合には腰椎椎間板ヘルニアが多いですが、腰痛は首が原因の場合も珍しくないので自己判断せず、必ず病院で検査をしてもらうようにして下さい。

椎間板ヘルニアにはどんな症状があるの?

主な症状としては腰の痛みです。悪化してしまうと激痛を感じたり、腰を真っ直ぐに伸ばせない人もいます。

また腰だけでなくお尻や太腿、足首、膝などに痛みを感じたりをするママもいて、痛みが長引いてしまう人も。

さらに、椎間版が元の位置から飛び出し、神経を圧迫している状態でもあるため、痛みだけでなく足などに痺れを感じる座骨神経痛の症状に悩まされる場合もあります。

放置は危険?

産後は、育児や家事で忙しくなってしまうため、ママはつい自分のことを後回しにしてしまいがちです。

また、ヘルニアの症状には、腰痛も含まれることから腰痛と勘違いしてしまう人も多く、我慢してしまうママも珍しくありません。

しかし、椎間板ヘルニアを放置してしまうのはNG。放置してしまうと、腰痛が慢性的になってしまい治りが遅くなってしまうこともありますし、痛みが酷いあまり眠りを妨げる原因になってしまうこともあるからです。

また、症状が悪化すると、何もない所で躓きやすくなるといった運動障害、排便・排尿がしにくくなってしまうなどの症状や、最悪の場合、足の感覚がなくなるなど下半身麻痺が引き起こされる可能性もあるので注意が必要です。

産後にヘルニアになりやすい原因

妊娠中期から妊娠後期の暑さ

では、産後にヘルニアになってしまいやすいのはどうしてなのでしょうか。考えられる原因としては以下の通り。

ヘルニアの原因の中には妊娠・出産の関係で避けられない原因もありますが、原因に心当たりがある場合には、症状が悪化してしまう前に早め早めの改善、対策を取っていくようにしましょう。

リラキシンの影響

産後、ヘルニアになってしまいやすい原因の1つにリラキシンと呼ばれるホルモンの影響が考えられます。

リラキシンとは、赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように、妊娠中から分泌されていくホルモンで、骨盤の関節や靭帯を緩める働きがあります。

リラキシンの分泌は出産前までなのですが、その作用の影響は産後もしばらく続くため、骨盤はゆるゆるです。

この状態の時、骨盤には支える力がないため、他の筋肉に負担がかかりやすくなります。

腰の筋肉もその1つで、その結果、腰痛を引き起こしてしまったり負担をかけ過ぎて、ヘルニアへ繋がってしまうことがあります。

育児による腰への疲労蓄積

また、腰の筋肉の疲労蓄積も、産後のヘルニアの原因に挙げることができます。産後すぐの頃、ママは授乳をしたり、お風呂に入れてあげたりと、赤ちゃんのお世話が中心の生活になります。

この時、特に多く行う動作が抱っこ。赤ちゃんをあやす時や授乳をする時、どこかへ赤ちゃんと外出する時など、必ずどこかで抱っこをする機会があるのですが、この動作の際、腰にすごく負担がかかっています。

この際、休める時間があれば良いのですが、産後のママは育児だけでなく家事も同時にこなすため、時間が中々取れないのが現状です。

そのため、腰への負担に加えて疲労も蓄積されてしまうため、ヘルニアになりやすいと考えられます。

お腹の筋力の低下

ヘルニアに繋がる可能性の高い、腰への負担がかかってしまう原因として、お腹の筋肉が上手く機能していない、筋力が低下していることも原因の1つに考えられます。

産後、お腹の筋肉は妊娠中、赤ちゃんの成長に伴い子宮が大きくなる影響で、普段以上に伸ばされてしまいます。

しかも、出産するまでそのまま伸びた状態が維持されてしまうことから、出産した後も、元に戻るのに時間がかかってしまいます。

お腹の筋肉、いわゆる腹筋は、極端に伸ばされたり縮めたりされると上手く機能しなくなってしまうため、その分、腰へ負担がかかってしまいやすいのです。

反り腰

姿勢を意識することはあまりないかもしれませんが、産後、ヘルニアになりやすい原因には姿勢も関係している場合があります。

普段から猫背は身体に良くないとされていますが、産後の場合、特に気を付けたいのが反り腰です。

簡単にいうと、お腹が前に出てしまっているような前傾姿勢のことで、妊娠中は大きくなったお腹を支えるために、ママはこのような姿勢を無意識にとってしまうのですが、この姿勢がクセづいてしまうことで、産後も反り腰のままの人がいます。

反り腰は、骨盤を歪める原因にも挙げられ、背骨にも負担をかけてしまうため、腰痛、ヘルニアに繋がってしまいやすい姿勢なのです。

年齢、遺伝が原因の場合も

上記に挙げた原因だけでなく、年齢や遺伝がヘルニアの原因の場合もあります。

特に、産後になりやすいとされる椎間板ヘルニアは、椎間板が20歳を過ぎてくると弾力が損なわれてしまったり、形が変形してしまいやすいことから、年齢が上がると共にヘルニアになる可能性が高くなります。

また、ママにヘルニアの経験がなくても、例えば、親がヘルニアになったことがある場合や、椎間板が他人と比較すると弱いなど、遺伝によるものもヘルニアの原因となる場合があります。

とはいえ、年齢も遺伝も可能性があるレベル。絶対というわけではないので神経質にならないよう注意して下さい。

ヘルニアの治療法は?

ヘルニアの治療法というと、まずイメージするのが手術です。手術でしか治らない、という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

確かに、実際のところヘルニアの治療の最終手段として挙げられるのは手術ですが、とはいえ、ヘルニアになったら必ず手術というわけではありません。

むしろ、最近では必ずしもヘルニア=手術という流れではなくなってきている傾向にあり、よっぽど症状が酷いといった重症の場合を除いては、手術ではない方法で治療を行うようになってきています。

手術で必ずしも回復するわけではない

しかし、産後のママの中には痛みに悩むくらいなら手術で治したい、と思う人もいるかもしれません。

基本的に手術をする場合には、他の治療法を試しても効果が見られなかった、生活に支障が出るほど症状が悪化しているなどが挙げられますが、ここで覚えていて欲しいのが、手術をして必ずしも回復するとは限らないということです。

もちろん、手術をして9割ほどの人が改善傾向にあるとされていますが、痛みが完璧に取れるというわけではありません。

手術による治療は、本人の強い要望で処置してもらうことも可能ですが、再発の恐れもないとは言い切れず、何より1週間前後の入院という、赤ちゃんから離れなければいけない時間も考えると、よく考えて選ぶようにしたいものです。

自然に治ることもあるって本当?

椎間板が飛び出してしまった状態にもよりますが、多くの椎間板ヘルニアは手術をしなくても数ヶ月程度で自然に症状が治まる人が多い傾向にあります。

実際、早い人では3ヶ月、遅い人でも半年くらいあれば、症状の原因であるヘルニアが小さくなる、もしくは痛みを起こす炎症が静まることが確認されています。

ただし、何もせずに放置するのは禁物。原因を解消するよう心掛けたり、自分に合った対応でヘルニアに対処していくことも大切になってきます。

ヘルニアにできる対処法とは

油断は禁物

ヘルニアが自然に治まっていくこともあるとはいえ、何もせずそのままにしていても良くなるわけではありません。

しかし、赤ちゃんへ授乳が必要な時期の場合、なるべく湿布薬や痛み止めなどの薬には頼りたくないところです。

自宅でもできるヘルニアへの対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。効果が期待できる対処法については次の通り。

ただし、症状が改善されない、悪化傾向にあるのであれば我慢せず病院を受診するようにしましょう。

身体を鍛える

リラキシンの影響で骨盤に支える力がなくなってしまうなど、椎間板ヘルニアの原因には腰への負担が主な原因に挙げられます。

そのため、腰にあまり負担をかけないようにするために、背筋や腹筋など体幹を鍛えることが大切になります。

体幹を鍛えるトレーニングはもちろん、腰痛に効く体操にも効果が期待できます。ただし、足にしびれが見られるなど、日常生活に支障が出てしまうほど症状が酷い時に筋トレをするのはNG。

運動を行うことで回復どころか悪化してしまう可能性が高いため、様子を見ながら行うようにしましょう。

安静にする

特に痛みを感じ始めた時期は、安静にするのもヘルニアの対処法の1つです。

実際、始めの時期のヘルニアは激痛を感じる場合が多いので、無理に動いたり身体を鍛えようとしたりするのは、むしろ症状を悪化させてしまう恐れがあります。

また、無意識に痛みから腰を庇ってしまうため、他の部位に負担がかかってしまう可能性も高くなります。

そして、産後は育児などを理由に、ママは休む時間もなく動いてしまうことが多いですから身体の疲労も相当蓄積されています。

疲れが溜まってくると精神的にもストレスが溜まりやすく、他の身体トラブルを引き起こす原因にもなりますので、疲労解消も考えて安静にする時間を小まめに作るようにしましょう。

正しい姿勢を意識する

意識しないと難しいことですが、姿勢を正すようにすることもヘルニアの対策になります。

腰に負担がかかりやすい反り腰にならないように、普段から背筋を伸ばすよう意識し、座る際にも両膝は揃えて、椅子に座るときも、背筋を伸ばすようにして座ることが大切です。

また、正しい姿勢を心掛けるだけでなく、同じ姿勢で長時間いないこともポイント。特に座っている時や中腰の姿勢で長い時間いると、椎間板などに負担がかかってしまい、症状が悪化してしまう恐れもありますので、小まめに姿勢を変えるなど注意するようにして下さい。

不安に感じたら病院へ

ヘルニアへの対応方法を3つほど紹介しましたが、それでも症状に改善がみられない場合には我慢せず、病院を受診することも大切です。

診察の後、その時の症状に合わせて湿布薬などを処方してくれたり、腰をサポートしてくれるコルセットを薦められることもあります。

またこの際に受診するのは形成外科になりますが、診察の時に産後であること、授乳中であることを先に伝えておくようにすると、薬の処方は控えてくれたりママに合わせた対応をしてくれるので安心ですよ。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


アンケートご協力のお願い

ただいまココマガでは皆様により役立つ情報をお届けできるようアンケートを実施しております。 全16問の簡単なアンケートですので、是非ご協力をお願い致します! アンケートに協力する

おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる