妊活前の健康診断ってどんなことをする

妊活前の健康診断ってどんなことをするの?血液検査はいつするの?



妊娠しやすい身体を作っていくために妊活をする女性は増えていますが、妊活を始める前にぜひしておきたいのが健康診断です。

仕事や家事など、忙しいとつい疎かになってしまいがちですが、健康診断を行っておくと自分の健康状態を把握することに繋がるだけでなく、妊娠を妨げる異常はないかなど調べることができるため、妊活を始める第一歩にもなります。

とはいえ、妊活をする前に行う検査とはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

・妊活を踏まえた健康診断とは?
・どんな検査があるの?
・血液検査ではなにがわかるの?

といった方に、妊活前の健康診断について、その検査の内容と検査でわかること、そして血液検査に焦点を当てて詳しくご紹介します。

健康診断ってどんなことをするの?

陣痛が来ても慌てずに

妊活をする前に行う健康診断とはいえ、その内容は普段行う健康診断とあまり変わりません

ですが、妊娠しやすい身体であるのかどうか、自然妊娠できるのかどうか確認することが1つの検査目的になりますから、卵巣や子宮の状態を専用の器具や触診で観察するといった検査も含まれます。

また、通常の健康診断では調べないホルモン値などの血液検査も行われます。

医師が身体に直接触れる触診などは抵抗を感じる人も少なくないですが、病気を発見するためには必要な検査です。

早期発見することで早めの治療もしやすくなりますので、受診は必ず行うようにしましょう。

一般的な検査

妊活をする前に受けておきたい健康診断の中には、触診などの内診の他、一般的な健康診断と変わらない検査内容も含まれています。

検査内容としては、問診、尿検査、血液検査に身体測定、血圧測定、心電図、胸部レントゲンなどです。
これらの検査は、妊娠にはあまり関係ないような気がしますが、身体の健康状態を知る上で大切な検査です。

また、妊娠しやすい身体作りをする上でも、身体は土台となる大切なもの。その意味でも、一般検査は大切な検査なのです。

婦人科検査

通常の健康診断の流れとしては、一般検査から始まり婦人科検査は本人の希望、つまりオプションとして受けることになる場合が多いです。

とはいえ、婦人科検査は子宮がん、乳がん検査、おりもの検査など卵巣や子宮など妊娠に関わる生殖器の検査が主なため、妊活を始めようと思っている場合は、必ず受診するようにしたいところ。

ただし、受診できる検査内容は病院によって異なるので、検査を希望する場合には検査内容を再度確認するようにして下さ。

健康診断はどこで受けるべき?

健康診断など、会社で行われるような診断に婦人科検査は組み込まれない場合がほとんどのため、受診を希望する場合には産婦人科へ確認してみましょう。

ただし、この際にただ婦人科検査の予約を入れてしまうと、不妊治療を視野に入れた不妊検査になってしまう恐れがあります。

不妊治療も妊活における活動の1つですから、治療を考えているのであれば問題ありませんが、ひとまず検査のみを考えている場合には、予約時もしくは検査を受ける前に妊娠希望の旨を伝えた上で「検査のみ希望」という点をしっかり伝えることが大切です。

不妊検査との違いは?

検査内容は婦人科検査と似ている部分はあるのですが、一般的には、子供が欲しいと思っていながら1年経っても妊娠が成立しない場合、つまり不妊が疑われる場合に受ける検査です。

問診や超音波検査、血液検査なども含まれているとはいえ、この他にも性交後に子宮頸管粘液を採取し、粘液内の精子の状態を検査するフーナーテストや、子宮卵管造形検査など、さまざまな検査が行われます。

場合によっては検査に数ヶ月時間がかかってしまうこともあることから、不妊治療が並行して進められることも少なくありません。

血液検査の内容

検査はどんなことをするの

健康診断に話を戻すと、1つ気になってくるのが血液検査という項目です。

通常、血液検査というのは、血中のコレステロールの数やヘモグロビン、血糖などを調べるイメージがあり、妊娠しやすいよう身体の状態を整えるという意味では、妊活に必要な検査かもしれませんが、あえて何故、妊活前の健康診断で受ける必要があるのか疑問に思う人も少なくないはず。

実は、血液を調べておくと身体のさまざまなことが知ることができます。

検査内容によっては、妊娠に関係することまで調べることができるのです。その検査できる内容については以下の通りになります。

全身疾患

貧血や高脂血症がわかるだけでなく、血液検査では全身の疾患を調べることができます。

生殖機能系を調べるならともかく、全身まで調べる必要性はないように感じますが、例えば、糖尿病の人は月経不順、排卵障害が起こりやすいとされていますし、身体のどこかに疾患があるだけで、妊娠しにくくなっている場合も少なくありません。

妊活をする上で自分の身体を把握しておくことも大切ですので、気になる症状がない場合でも受診しておきたいところです。

女性ホルモン

女性には卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンをはじめ、プロラクチンや卵胞刺激ホルモンなど、妊娠に関わるホルモンが数多くあります。

血液検査では、これらのホルモンの値を調べることもでき、黄体機能不全や排卵の有無を確認することができます。

ただし、ホルモン値に関しては月経の周期によって数値が変化してしまうことが珍しくありません。

また、その周期も人によってさまざまで決まっていないのが普通のため、血液検査でホルモン値を調べる場合には生理の前後に計測するのが一般的です。

卵子の数

男性の精子と異なり、女性の卵子は人それぞれ数に限りがあります。

血液検査において全身疾患の有無を確認できることは先にも触れた通りですが、その点を踏まえ、血液検査の中には生殖器、つまり、卵巣の中にどれくらいの数の卵子が大体どれくらい残っているのか確認することもできます。

その検査はアンチミュラーホルモン検査(AMH)と呼ばれ、卵子の数のおおよその目安を知ることができるだけでなく閉経までの期間も予測することができるので、不妊治療に取り組んでいく上でも参考にもすることができます。

腫瘍マーカー

妊娠しにくくなってしまう原因として、生活習慣だけでなく、卵巣のう腫や卵巣がんなどの疾患も挙げることができますが、血液検査ではそういった疾患の有無を調べることもできます。

腫瘍マーカー検査と呼ばれる検査で、腫瘍マーカーと呼ばれる数値を調べることで確認することができるのです。

つまり、この数値が高ければ高いほど、前述のような病気にかかっている可能性も高くなるわけです。

とはいえ、この検査に関しては全く異常がない場合でも高値になることがあるので、他の検査も合わせて受けることが大切です。

感染症を調べることも

全身疾患でも少し触れましたが母体がクラミジアなどの性感染症にかかっていると、卵管癒着などを引き起こして不妊症になる場合もあります。

妊活をしているのに、感染症が原因で中々赤ちゃんを作れない、ということもありえるのです。
そのような事態を避けるために、血液検査で感染症にかかっていないか調べることもできます。

主な検査としては梅毒検査、HIV抗体検査、クラミジア抗体検査といった検査を挙げることができます。

また、妊娠する可能性のある世代の中には風疹に対する抗体を持っていない人が大勢います。

妊娠初期に風疹に感染すると赤ちゃんに感染して、先天性風疹症候群を発症してしまうこともありますので、妊活前に抗体の有無を調べて事前に予防接種しておくことが勧められています。

検査内容は人それぞれ

上記のように、血液検査と一言でいっても、いくつか種類があることがわかります。

これをすべて受けるとなるとちょっと気が遠くなりますが、健康診断に含まれている検査とはいえ、これらすべての内容を、一気に血液検査で受けるということはまずありません。

基本的には本人の希望、もしくは先に行う問診の結果に合わせて追加されるのが普通です。

その他、日常的に気になる症状があるようであれば、それに合った必要な検査を受けていくことになります。

血液検査を単体で受けることはできないの?

ここまで健康診断の内容について説明してきましたが、血液検査の内容を見てしまうと、他の検査はいらないような気もしてきてしまいます。

血液を調べるだけで、妊娠に関係するホルモン値や疾患がないかなど確認できてしまうわけですから、さっさと終わらせたい人はそう考えてもおかしくありません。

確かに、産婦人科で頼めば血液検査だけの受診もできなくはないですが、例えば腫瘍マーカー検査のように、悪性でないにも関わらず異常値となる検査もあることを考えると、単体だけの検査では身体の異常をしっかり検査するのに不安があるのが現状です。

また、血液検査のみでは分からない病気も多々あります。

身体の状態を正確に把握した状態で妊活に挑むためにも、検査は単体ではなく総合して行うようにして下さい。

検査をするならいつ?

血液検査を含め、健康診断を受けるタイミングとしては、妊活を思い立ったまさにその時に受けるのがベストタイミングといえます。

妊活は妊娠しやすい身体を作り、妊娠の実現に向けて前向きに活動していくものですが、それには妊娠に適したコンディションが必要不可欠です。

妊活には、現在の身体の状態を自分でも把握しておくことが必要ですから、妊活を始める前に健康診断を受けるようにして下さい。

料金ってどれくらい?

健康診断の中には受ける検査によって、保険適用外のものも出てきます。例えば、卵子の数を調べる、アンチミュラーホルモン検査は比較的新しい検査になりますので適用外で約8000円。

子宮頸がん検査であれば、3500~6000円かかるとされています。そのため、健康診断を受ける際には、余裕を見て20000~40000円程度はかかると考えておきましょう。

もちろん、受診する病院やその時に受ける検査の数によって、目安の金額よりも安くなる場合もありますので、気になる場合には受診する前に病院へ確認しましょう。

診断時の服装は?

また、健康診断を受けにいく際には服装にも気を付けることが大切です。特に血液検査は必ず受けることになるので、冬の寒い時期などは長袖を着るにしても、採血がしやすいように袖を簡単にまくれる服装で行くようにしましょう。

ちなみに、婦人科検査も同時に受ける場合には、フレアスカートなど下着を脱いだ時でも下半身が隠れるもの、お腹あたりまで持ち上げられるスカート系を選ぶようにすると着替えやすく、スムーズに診察をすることができます

パートナーと一緒がベスト

赤ちゃんは女性のお腹に宿ることから、妊活と聞くと女性だけの活動のように考えられてしまいがちですが、男性も無関係ではありません。それは血液検査など健康診断も同様です。

そのため、妊活を初めようと思ったら、女性だけでなく、パートナーも一緒に健康診断を受けるようにしたいところ。

しかし、男性は女性が婦人科検査を受けるように、精液の検査を行います。

この際、精液の質は男性のその日の体調や気分によって影響が出てしまうとされていますので、一緒に健康診断を行うにしても、一生懸命になるあまり男性にプレッシャーを与えるのは控えるようにして下さい。

結果は気にしすぎないこと

検査はどこでもできる

検査を受けて異常を指摘されたからと言って落ち込まないようにすることも大切です。

むしろ、妊活前に早期発見できたわけですから、早めに治療を開始することができるのです。

女性ホルモンの乱れなどもこれからの生活習慣など行う活動次第で整えられる可能性は大いにあります。

すべてはこれからです。1人で抱え込んだりせず、夫婦で話し合いながら、自分達の身体に合った妊活を考えていきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊活のカテゴリー

子作り・セックス生理妊娠の兆候
着床妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温保険
葉酸サプリ
子作り・セックス生理
妊娠の兆候着床
妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温
保険葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる