産後は味覚障害になりやすい

産後は味覚障害になりやすい?その原因と症状!できる対策とは



赤ちゃんを迎えての新生活は喜びや発見もある反面、授乳など慣れない育児に慌ただしい毎日となります。

そんな休む暇もない中でも、産後のママの中には、知らず知らずのうちに疲労やストレスと溜め込んでしまっている人も少なくありません。

そこで心配になってくるのが、心身トラブル。

理由もなくイライラしてしまったり、頭痛や腰痛、めまいなど症状はママによってさまざまですが、産後に味が鈍感になるママも珍しくありません。

そこで今回は、

・産後に味覚障害になりやすいのはなぜ?
・味覚障害の症状とは?
・味覚症状になったときの対処法は?

といった方に、産後に味覚障害になりやすいのはどうしてなのか、症状や対策などについて詳しくご紹介します。

産後は味覚障害になりやすい?

盲腸ってどんな病気

産後のママは一般の人よりも味覚障害になりやすい要素を持っています。

まず考えられるのが、産後のママは、ストレスを感じやすいということ。
味覚障害の原因として過度なストレスや疲れなどの蓄積による「心因性」のものが挙げられるからです。

産後は、慣れない育児などにより、ママは普段以上にストレスを感じやすい状態にあります。
ストレスのためすぎは味覚障害だけでなく様々な不調を引き起こしますので注意するようにしましょう。

また、味覚障害の原因として不規則な食生活による亜鉛不足も挙げられます。

産後は自分の食事が後回しになってしまうことも多いため、ママの食生活は乱れがち。これが原因で味覚障害が起きているママも少なくないのです。

味覚障害ってこんな症状

味覚障害とは、読んで字のごとく、食べ物など味を感じる感覚に障害が出てしまう症状を指しますが、その症状はママによってさまざまです。

症状は大まかに、

味覚減退(薄い味付けでは味を感じることができない)
自発性異常味覚(口に何も入れていないのに味を感じてしまう)
錯味症(実際に食べている物とはまったく違う味を感じてしまう)
無味症(何を口にしても味がまったくわからなくなってしまう)
解離性無味症(特定の味がわからなくなる)
・片側性無味症(左右いずれかのみで味がわからなくなる)

このような6つの症状に分けることができます。

これらの症状について詳しくは、妊娠後期に味覚障害が起きる!?味覚障害の原因と対策についての記事の、味覚障害とはどんな症状?にてご説明していますので、参考にしてください。

味覚障害の原因について

産後に味覚障害になってしまうと、味付けが普段以上に濃くなってしまったり、食事が楽しめないことで精神的なダメージが生じることもあるため、できるのであれば発症を予防したいものです。

ですが、産後に突然前触れもなく味覚障害が起きてしまうのはなぜでしょうか。

考えられる原因については次の通りです。

ストレス

先にも触れたように、産後のママにストレスはつきもの。

赤ちゃん中心の生活で休みが上手くとれない上に、慣れない育児への不安やプレッシャーなどものしかかり、ストレスを解消できずに溜め込んでしまうママが多くいます。

ストレスをため込んでしまうと、その影響で臓器の働きや感情の制御を司る自律神経にも影響が出てしまうとされています。

それによって味覚に異常が生じることがあると考えられています。

栄養バランスの偏り

産後は育児で忙しくなってしまうあまり、ママ自身が自分のことを疎かにしてしまう傾向が強くなります。

授乳時間の関係や、赤ちゃんの様子が気になって眠れないといった睡眠不足、食事も簡単に済ませてしまったり、1日3食食べないことも珍しくありません。

その中でも、栄養バランスを欠いた食事は、身体に必要な栄養を不足させ、さまざまな身体トラブルを招いてしまうとされています。

特に、味覚を正常に感知するには亜鉛が必要なので、亜鉛不足による味覚障害を引き起こしているケースも少なくありません。

赤ちゃん優先による水分不足

妊娠中に引き続き、産後はママの血液から多くの母乳が作られるため水分不足になりがちです。

水分不足になってしまうと、便秘にもなりやすくなりますが、この他にも、口の中の唾液が不足してしまうこともあります。

味を感知するには唾液も関係するため、味覚障害になってしまうこともあるのです。

舌苔の蓄積

これは産後以外にもいえますが、味覚障害が起きてしまう原因として、舌が汚れてしまっているのも原因に挙げることができます。

歯はともかく、舌が汚れてしまうイメージは想像がつかないかもしれませんが、舌にも舌苔(ぜったい)と呼ばれる、蓄積された汚れが舌を覆ってしまうことがあります。

この汚れは、歯を磨く際に舌も軽くブラッシングするなどして汚れを落とせば問題ないのですが、放っておくと、舌にある味を感じる部位にも付着してしまうため、普段よりも味覚が鈍ってしまうことがあります。

いつ泣くか分からない赤ちゃんのお世話をする中で、丁寧なブラッシングができなくなるママの多いため、産後は口の中が汚れて舌苔が溜まりやすい状態です。

妊娠中の症状が続いている場合も

上記に挙げた原因だけでなく、妊娠中の味覚障害が、産後も続いている場合も考えられます。

味覚障害は産後だけでなく、妊娠中にもホルモンバランスの変化によって起きやすい症状の1つです。

基本的には、ホルモンバランスの変化が落ち着いてくると共に、症状も改善することが少なくないのですが、個人差が大きく、産後に入っても症状が続いてしまうことがあります。

他の病気の可能性も

妊娠中に行う健康診断

味覚障害は、ストレスや舌苔の蓄積など好ましくない生活習慣が原因になるばかりでなく、他の病気のサインである可能性も考えられます。

味覚障害が見られる病気には以下のようなものが挙げられます。

産後は赤ちゃんを優先してしまうあまり病院への受診が後回しになりがちですが、放っておくと、日常生活への支障や、最悪の場合、命に関わる場合もあります。

症状の悪化や、長引いている傾向があれば迷わず病院を受診するようにして下さい。

産後うつ

うつ病と味覚障害はあまり関係ないように見えますが、うつ病には気分の落差が激しくなるなど精神的な症状だけでなく、食欲不振や耳鳴り、腰痛など身体的な症状も引き起します

味覚障害も、そんな身体的な症状の1つに挙げることができ、実際、うつ病の傾向がある人は味覚障害になりやすいのです。

産後の場合には、産後うつという、産後のママ限定のうつ病がありますので、味覚障害の他、イライラが酷い、やる気が起きないなど、特有の症状が見られる場合には注意が必要です。

貧血

産後は、母乳を作るためママの血液も不足しがちです。
また、出産時に多く出血したママはまだまだその影響が残っているケースもあります。

そのため、産後のママは貧血になりやすいのです。

貧血の症状というと、眩暈や倦怠感などの症状が一般的で、味覚障害とはあまり関係がなさそうな気がしてきますが、鉄分不足によって生じる貧血は味覚障害を引き起こすことが知られています。

貧血による味覚障害の場合、特徴として舌表面がつるりとして赤い色合いになってしまうことがあり、味が分かりにくくなるだけでなく、氷など冷たいものを無性に食べたくなるのが特徴です。

口腔乾燥症(ドライマウス)

産後の味覚障害には、ストレスも原因に挙げることができますが、味覚障害だけでなく口の渇きが酷かったり、口臭、口内にただれや痛みなどの症状を感じるようであれば、口腔乾燥症になってしまっている可能性もあります。

口腔乾燥症の場合も、ストレスを原因に挙げることができ、ストレスにより唾液分泌量が減少してしまうことも理由の1つとなっています。

しかし、ドライマウスは糖尿病や膠原病などによって引き起こされることもあるため、頑固な口の乾きなどが気になる場合は注意しましょう。

特に妊娠中に血糖値が高かった人は産後も高いことがありますので、要注意です。

味覚障害にできる対策は?

産後は、赤ちゃんの育児や家のことで病院へ行く暇なんてない、というママも多いはず。

もちろん、症状が長引いていたり、悪化している傾向があれば迷わず病院を受診して欲しいところですが、自宅でも症状を軽減させる方法はいくつかあります。

その方法については次の通り。ただし、あくまで症状を緩和させてくれるものなので、必ず効果があるとは限りません。

症状が長引いているなど、日常生活にも支障が出てしまう恐れがあるようであれば、我慢せず、病院へ相談するようにして下さい。

ストレスの発散

ストレスが原因の味覚障害では、ストレスを溜めないことが味覚障害を軽減することが大切です。

ウォーキングなど適度に運動するも良し、友人とお喋りをする時間を作るも良し、1人で読書をするのでも構いません。

産後は自分だけの時間を作るのは難しいかもしれませんが、短い時間でも良いのでママだけのリラックスタイムを作って、小まめにストレスを発散することが大切です。

パートナーなど周囲の家族を頼って、ママが休憩できる時間も作るようにしましょう。

亜鉛の摂取

味覚障害が起きてしまう原因には、亜鉛の不足が考えられます。そのため、栄養バランスのとれた食事、特に亜鉛が豊富な食材を欠かさず摂取することも大切です。

ただし、亜鉛に関しては過剰摂取をしてしまうと、吐き気や下痢、免疫障害などの身体への影響が心配されるため、特にサプリメントを活用する場合には、1日の摂取量を守るようにして下さい。

小まめな水分補給

小まめな補給も、唾液不足や舌苔の蓄積を予防することができるため味覚障害の予防・改善につながります。

産後の場合は赤ちゃんへの母乳作りなど、普段よりも水分が多く消費されていますから、小まめに摂取するよう心掛けることが大切です。

歯磨きや舌のブラッシング

舌苔が原因で味覚障害になっている場合、取り除くことで解消される場合があります。

舌苔は、食べ残しのカスや、口内の粘膜、細菌などが舌についたもので、口臭の原因にも。

正しく丁寧な歯磨きで口の中を清潔にして、1日1回歯磨きの後に舌もブラッシングするようにしましょう。

専用の舌ブラシでも、普段使っている歯ブラシでも構いません。舌を傷つけないよう、やさしく舌の奥から手前にブラシを動かしましょう。

蓄積してしまった舌苔は、1日ではキレイに取り除くことはできません。毎日続けることで、少しずつキレイになっていくので、強い力でブラッシングしたり、長時間かけて行ったりしないように注意して下さい。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる