赤ちゃんは敏感

赤ちゃんは敏感!背中スイッチ対策と布団に寝かしつける方法



ママの抱っこの姿勢からようやく眠ってくれた赤ちゃん。

「やっと眠った…」と安心したのも束の間、布団やベビーベッドに下ろした瞬間、赤ちゃんの「背中スイッチ」に触れてしまい、またまた火がついたように泣き出す、なんていう経験はありませんか?

実は赤ちゃんの背中スイッチが入る理由と、上手な下ろし方にはコツがあったのです。

そこで今回は、

・赤ちゃんの背中スイッチとは?
・赤ちゃんの寝かしつけがうまくいかない!
・赤ちゃんの背中スイッチを押さない方法は?

といった方に、赤ちゃんの背中スイッチが発動する理由や対策などについて、詳しくご紹介します。

赤ちゃんの背中スイッチは高性能!

赤ちゃんの背中スイッチは高性能

ママの腕の中でぐっすり眠ったかのように見える赤ちゃん。

それなのに、布団やベビーベッドに下ろそうとすると、どんなにそーっと下ろしたとしても、背中にまるでセンサーがついているかのように敏感に反応して泣き出してしまうこの現象を、「背中スイッチ」と呼ぶことがあります。

ママなら一度は経験があるのではないでしょうか。どんなに静かに下ろしたとしても、なぜか気づかれてしまう赤ちゃんの背中スイッチはとっても高性能で、感心してしまいます。

でも、赤ちゃんが起きている間はなかなか他のことができなくて、家事や仕事はますます溜まっていく一方。

背中スイッチが高性能すぎるのは、ママにとっては悩みの種ではないでしょうか。

寝かしつけた赤ちゃんが起きてしまう理由は?

それでは、なぜママが頑張って寝かしつけたのに、布団やベビーベッドに下ろそうとすると赤ちゃんは起きてしまうのでしょう。

温度や感触の違い

赤ちゃんの眠りは基本的浅いです。特にまだ小さい赤ちゃんは短い睡眠と授乳を繰り返して、大人のように熟睡する時間は非常に短いとされています。

そのため、ママの体温の中で眠った場合、急に冷たい布団やベッドに移動させられると、その温度の違いが刺激となって目を覚ましてしまうのです。

それまでの体勢と変わってしまう

先ほど赤ちゃんの眠りは浅いとお伝えしましたが、眠っているときの体勢が変わればその刺激で起きてしまうこともあります。

特にママが抱っこして寝かしつけているときは、赤ちゃんの体は丸まった状態です。そこから布団やベッドに移動させると、必然的に背中や股関節が伸びて刺激になるだけでなく、月齢の低い赤ちゃんではモロー反射が起きることで目を覚ましてしまうことがあります。

赤ちゃんの背中スイッチを押さない方法は?

子どもの認知届の重要性

「ママと離れるのが寂しい!不安!」という赤ちゃんの気持ちは、とっても愛らしくてかわいいですが、そうはいっても毎日続いてしまうとママも困ってしまいます。

背中スイッチを押さずに寝かしつけた赤ちゃんを、布団やベッドに下ろすにはどうしたら良いのでしょうか。

赤ちゃんを頭から下ろす

背中スイッチに阻まれ「1日に何度も赤ちゃんが起きてしまう」と悩むママがいますが、普段眠った赤ちゃんを下ろすとき、背中やお尻側から下ろそうとしていないでしょうか。

実は、眠った赤ちゃんを下ろすときはお尻側からではなく、頭から下ろす必要があったのです。

・眠った赤ちゃんのお尻をそーっと布団につける
・お尻から背中、頭の順番で下ろそうとする
・最後にママが手を離す

というのが一般的な下ろし方かもしれませんが、このような下ろし方では赤ちゃんが起きてしまうのです。

正しい下ろし方は以下の通りです。
・最初に赤ちゃんの頭を布団に静かに近づける
・頭をつけたら、首から背中の順番で少しずつ布団に下ろしていく
・首や背中に添えている方の手は、赤ちゃんが布団の上に降りたらそっと離す
・もう片方の手は赤ちゃんのお尻に添えたままにしておくことがポイント
・最後にお尻を着地させて、手をゆっくりと引き抜く

これは目からウロコのママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんを布団へ下ろすときに考えるのは「安定感」。多くのママは「お尻側を先に着地させた方が安定感がある」と考えて、お尻から布団につけています。

しかし実際には、頭を先に着地させることで、布団に着地させるときの刺激を減らすことができるのです。

たしかにイメージしてみると、まだしっかりと首がすわっていない赤ちゃんの頭には結構な重さがかかります。

首がすわった赤ちゃんでも、やはり頭は多少グラグラとして、胴体に比べて安定感がありません。

つまり、一番安定感のない頭の位置を先に決めて下ろしてあげることで、結果的に体全体にかかる負荷や衝撃が緩和されるということなのです。

頭側から下ろしても目覚めやすい赤ちゃんは、布団に下ろした後もしばらくはお尻の下に手を置いたままにしてあげましょう。

お尻にママの手があることで赤ちゃんの体温の変化などが生じにくく、眠りから覚めにくくなると考えられます。

ぐっすり眠ったのを確認してから、手を引き抜けば「背中スイッチ」を押さずに寝かしつけができます。

赤ちゃんが眠ったかをよく確認する

赤ちゃんはもともと眠りが浅い方。通常大人の睡眠では、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を規則的に繰り返しているのですが、赤ちゃんの場合は、この深い眠りのノンレム睡眠が短く、逆に浅い眠りのレム睡眠が長いといわれています。

まだ体力がなくて長い眠りにつきにくく、頻繁に母乳を飲んで成長している最中なので、深くぐっすりと眠ってもらうためには、時間がかかったりコツが必要となってくるのです。

レム睡眠の間は、体は活動していませんが脳は起きているため、少しの刺激でもすぐに目が覚めてしまう状態です。

赤ちゃんもそれまで元気に起きていたから「疲れてようやく眠った」と思って油断しているかもしれませんが、それはまだレム睡眠の状態で、深い眠りのノンレム睡眠にまでは達していないことを覚えておきましょう。

赤ちゃんが静かになったからといってすぐに布団へ移動させてしまうと、実はいつでも目が覚める状態で、背中スイッチで気づかれてしまう、ということを繰り返すことになります。
赤ちゃんの睡眠サイクルでは、眠ってから15分ほど経った頃が一番睡眠が深いことが分かっていますので、しばらく抱っこした状態で眠らせてから布団やベッドに移動するのがおススメです。

赤ちゃんをおくるみでくるむ

赤ちゃんが布団やベッドへ移動したことに敏感なのは、モロー反射のせいもあります。

モロー反射とは新生児の赤ちゃんによく見られる反応で、ママが抱っこしようとしたり、大きな音がしたときなどに、ビクッとして両腕を広げたりする動きのことです。

モロー反射をはじめて見るママやパパはびっくりすることが多いですが、赤ちゃんが生まれつき持っている原始的な反射なので、病気などではありません。

モロー反射は刺激によって起こる反応なので、赤ちゃんの脳が完全に寝ていないレム睡眠の最中に、刺激を受けると反射が起こり、目覚めてしまうことがあります。

赤ちゃんによって個人差はありますが、そんな刺激に敏感な赤ちゃんは、おくるみでくるんであげましょう。

おくるみでくるむと手足に刺激が伝わりにくくなるので、反射が起こることはほとんどありません。

また、おくるみはママのお腹の中にいたときの感覚と似ているため、赤ちゃんが安心して休むことができるという効果もあります。

おくるみ以外にも、バスタオルを利用しても良いので、赤ちゃんの肌にあったものを季節や気温に合わせて使い分けてあげるようにしましょう。

クッションを利用する

赤ちゃんの背中スイッチ対策として、クッションを活用しているママも多くいます。

赤ちゃんを抱っこするときは、いつも使っているブランケットやクッションごと抱き上げて寝かしつけ、赤ちゃんが眠りについたらそのブランケットやクッションのまま布団の下ろすという方法です。

この方法を使えば、赤ちゃんの背中スイッチを刺激することもなく布団に下ろすことができます。

クッションごと抱っこすることに、はじめはママも赤ちゃんも違和感があるかもしれませんが、慣れてしまえば楽な方法です。

ママは、赤ちゃんがクッションの間を滑り落ちてしまわないように抱っこする工夫が必要ですが、この方法で赤ちゃんを起こすことなくスムーズに布団へ下ろせるのなら、背中スイッチのやりとりに時間をとられることもありません。

事前に布団を温めておく

赤ちゃんは、ママの身体から離れて急に体温が低下することが刺激となって起きてしまうことがあります。

体勢が変わったり、体が急に冷える感覚から、敏感にその違いに気がついて目が覚めてしまうので、赤ちゃんを下ろす布団をはじめから温めておくという方法も効果的です。

特に、夏場よりも冬場はその違いが顕著にあらわれるので、布団乾燥機や湯たんぽなどを使って、赤ちゃんを抱っこから下ろす場所を、人の温もりが感じられる程度に、少しだけ温めておくと安心してくれます。

布団を温めるための特別な道具がない場合でも、濡らしたタオルを電子レンジで温めて蒸しタオルを作れば、即席湯たんぽの完成です。

ほかにもホット専用のペットボトルであれば直接お湯を注ぐことができるので、温かいドリンクを飲み終わった後のペットボトルを捨てずに残しておくと便利です。

冷たい飲み物用のペットボトルは、高い温度に対応するような作りにはなっていないので、必ずホットドリンクが入っていたペットボトルを利用するように注意してください。

実は一番楽な方法?最初から布団やベッドで寝かしつける

ママも赤ちゃんも一緒に休めて一石二鳥なのは、抱っこからの寝かしつけではなく、最初から添い寝の状態で寝かしつけること。

この方法なら「背中スイッチを押してしまうかも」と心配する必要もありません。

ママが隣にいることがわかれば赤ちゃんは安心して眠れる上、眠った後の移動もないので、そのまま熟睡モードに入ってくれます。

赤ちゃんが完全に寝たら、ママはそっとそばを離れて、家事や仕事に専念することができます。

慣れないうちはなかなか寝てくれないなどの苦労がありますが、ママが赤ちゃんにぴったりと寄り添って、体温が伝わるように密着するところから添い寝をはじめてあげましょう。

優しく触ってあげたり、手足を握ったり撫でてあげたりしてスキンシップを繰り返しながら「ママはここにいるよー」と安心させてあげます。

寝るときは部屋の温度に注意して、肌寒ければブランケットやタオルケットなどをかけて温度調節をしてあげましょう。

お昼に添い寝ができるようになれば、ママも睡眠不足のときには一緒にお昼寝することができ、そのまま授乳することもできます。

ちょっとした小休止でも、ママも一緒に休息できれば、産後の体力も回復していくのでおすすめです。

赤ちゃんを安心させることがポイント

背中スイッチを入れないためには、その刺激をできるだけ取り除いてあげることが重要です。

しかし、どんなに注意して対策を行ったとしても、まったく眠らないときもあります。連日眠ってくれない日が続くようであればさすがにママも疲れてしまうので、そんなときはパパにお願いしてみるのも一つの手段です。

一人で背負わずに、ぜひ協力して乗り切ってくださいね!

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる