妊娠は奇跡の積み重ね

妊娠は奇跡の連続によってもたらされる幸運!妊娠の仕組み



小さな女の子はよく「大きくなったら結婚して可愛い赤ちゃんを産むの」と無邪気にいいますが、実際には結婚したからといって必ずしも妊娠するとは限りません。

また、妊娠したからといって皆が母子ともに健康な出産ができるとも限りません。今の世の中、結婚をしていない男女もたくさんいます。

生涯独身で生きるという信念をもっている場合は別ですが、なかなか良縁に恵まれない方も多いのでしょう。

ということは、数多の異性の中から、結婚しようと思える相手に巡り会えた時点ですでに奇跡なのかもしれません。

しかし妊娠は、さらなる奇跡の連続からもたらされるのです。

そこで今回は、

・いつかは子どもが欲しい!
・妊活中だけどなかなか妊娠できない!
・妊娠の仕組みを知りたい!

といった方に、妊娠の奇跡について詳しくご説明します。

卵子と精子

妊活ってなに

まずは、赤ちゃんの原点である卵子と精子について見ていきましょう。

卵子について

卵子は、お母さんのお腹の中にいる時にすでにつくられ、生まれた後はどんどん数が減っていきます。

出生時には卵子の元となる細胞が約200~300万個もありますが、生理(月経)が始まる頃には約20~30万個に減り、その後は生理のたびに約1000個もの数が失われていきます。

そして精子のように新たに作られることはありません。卵子は、1回の生理につき1個排卵されることがほとんどで、その卵子が精子と出会って受精し、無事子宮内膜に着床すれば妊娠となります。

ですが、何らかの原因で2個排卵され、どちらも受精して着床することもあり、この場合は「二卵性双生児」となります。遺伝子は同じではなく、顔も違えば性別も異なるケースも少なくありません。

また、1個の卵子が受精してそれが2つに分かれ、2人の胎児に成長した場合は「一卵性双生児」となり、遺伝子が同じであるため性別も一緒で、姿形もそっくりになります。

そして卵子は年齢とともに減少するだけでなく、年をとっていくにしたがって質も低下していきます。

年を重ねるごとに妊娠しにくくなったり、染色体異常などが起きやすくなったり、流産の可能性が高くなってしまのは卵子の質が低下するからなのです。。

受精が可能な時間

卵子の寿命は排卵から24時間ほどであり、その期間内であっても受精が可能な時間は、さらに限られていると考えられています。

この限られた時間内に精子と出会って受精しなければ、その周期での妊娠はほぼ無いということになってしまいます。

妊娠という奇跡を起こすには、卵子の数の減少と質の低下の問題、受精可能な時間の短さも考えなければならないのです。

精子

精子は、射精した時から受精能力があるわけではなく、子宮へと進んでいくうちに受精する力を身に付けていきます。

受精可能になるのは射精してから約5~6時間後で、36時間ほどは受精能力が維持されます。

しかし、射精された時点では数千万~3億個ほどもいた精子は、卵子がいる卵管に到着する頃には約200個までに減っており、その中でも無事に受精することができるのはたったの1個だけです。

一番乗りできた精子のみが、受精してすぐに作られる卵子の保護膜に包まれ、めでたく受精卵となれるのです。

この数億分の1という天文学的な数字が、ある意味もっとも奇跡なのかもしれません。精子の寿命は平均で2~3日、長くても1週間だとされています。

卵子には数に限りがありますが、精子は基本的には作り続けることが可能で数の制限はありません

ただし、持って生まれた体質や生活習慣の乱れ、精神的なストレスなどによって精子の質が下がり、精子の数が減ったり、精子の動きが悪くなったり、精子の形に異常が見られるようになると受精しにくい状態となります。

妊娠に至るまでの流れ

妊娠するまでにはいくつかクリアしなければならないステップがあり、どれも簡単ではありません。それらすべてを順にクリアして初めて妊娠となり、待望の赤ちゃんを授かることができるのです。

排卵(生理から約14日後)

生理が始まる頃になると、卵巣の中で「卵胞(1つの未熟な卵子が入った袋のようなもの)」が排卵に向けて成長しはじめます。

毎月、左右どちらかの卵巣の中で100個ほどの卵胞が同時に成長しはじめますが、すべての卵胞が大きくなるわけではありません。

その中でもっとも大きく成長する1個の主席卵胞が残りの卵胞は成長を止め、選ばれし卵胞の栄養となって発育を促し、やがて自然消滅していきます。

未熟だった卵子も、卵胞とともに成長して排卵を迎えます。そして卵子は卵管に飛び出して精子との出会いを待つことになります。

受精(排卵から6~8時間以内)

精子は男性の精巣で作られ、性的な興奮が高まると精管を通って前立腺まで運ばれ、精嚢(せいのう)の分泌液と混ぜられて精液となり、体外に放出されます。

射精された精子は、1分間に2~3mmという速度で膣から子宮頸管を通り、子宮内部へと入り、さらに卵管へと進んで卵子と出会う場所である、卵管膨大部(卵管の一番大きい部分)を目指します。

しかし精子には酸に弱いという性質があるため、強い酸性環境である膣内で多くの精子が脱落していくのです。

その上やっと辿り着いた子宮内部は、0.05~0.06mmというとても小さな精子には広すぎる空間です。

泳ぎ切って卵管まで行き着くことができずに力尽きてしまう精子も多く、最終目的地である卵管膨大部へは200個ほどしか到達できません。

数億個もの精子の中で一番早く卵子の中に入りこめた精子だけが受精卵となれるのです。

さらに卵子に到達した精子は、卵子の透明膜を破って卵子の中に入らなくてはなりません。
長い旅路の最終地点でさらに多大な力を必要とするため、力尽きしてしまう精子も少なくありません。

また、せっかく透明膜を破っても先に別の精子が卵子の中に入ってしまえば、その瞬間に卵子は他の精子が入ってこられないように透明膜をバリアへと変化させます。

こうして卵子と精子が結びついた瞬間が「受精」です。ですが卵子の受精可能時間は、排卵されてから6~24時間ほどしかありません。

つまり、精子の寿命の平均である2~3日のうちに、受精可能な卵子に辿り着けなければ受精はできないということです。

射精されてから卵管へ行くまでの間に精子の数が激減すること、卵子の受精可能な時間と精子の寿命がマッチしなければならないことを考え合わせると、卵子と精子が無事に受精して一つの命が授かるということはまさに奇跡的な確率だといえます。

受精卵の移動

卵子と精子が受精して生まれた受精卵は、子宮内膜に着床するために、5日ほどかけて細胞分裂を繰り返しながら、子宮まで移動することになります。

排卵してから6~7日目ぐらいに受精卵は着床を始めるのですが、しっかり着床するにはタイミングが重要です。

子宮内膜は、排卵した5~7日後にホルモンの働きによって厚みを増し、ふかふかの着床しやすい状態になるため、受精卵が子宮に来るのが早すぎても遅すぎてもうまく着床できないのです。

通常であれば、排卵後から約6~7日目に着床が始まって、約12~13日で着床が完了します。また、妊娠反応が出るのは、着床が完了してから10日ほど経ってからです。

しかしながら、奇跡のような確率で出会えて受精卵となっても、着床するために子宮へ移動する途中で何らかの原因によって進めなくなり、移動途中の卵管で止まってしまったままということもあります。

子宮まで確実に、そしてタイミング良く到着する、たとえ受精に成功してもこの難題をクリアしなければ次のステップには進めないのです。

着床

子宮内部に到着した受精卵は、子宮内膜が厚くふかふかで着床に適した状態になると、子宮内膜にもぐり込んで根をおろします。これが「着床」です。

そして着床した状態を「妊娠」といい、妊娠に至るまでのすべてのステップを見事クリアしたことになります。

着床までこぎつけた受精卵は、卵黄嚢と呼ばれる袋上の構造から栄養を受け取って、さらに細胞分裂を繰り返していきます。

また、着床すると同時にHCGと呼ばれる女性ホルモンが分泌され、赤ちゃんの発育の要である胎盤も作られていきます。

受精から約3週間もすると、超音波検査で胎嚢や胎芽が確認できますので、妊娠したという実感がわくことのもこの頃です。

とはいえ、子宮内膜が着床しづらい状態であったため、着床に至らなかったということもあり、さらに「子宮外妊娠」という、卵管の中や腹腔内など子宮内膜のない場所に着床してしまうケースがあるのも事実です。

ちなみに、受精卵の着床で妊娠となりますが、妊娠週数は最終生理の初日がスタートで「妊娠0週0日目」と数えます。

ですから、着床して妊娠に成功した時にはすでに妊娠3週目となっています。この先、妊婦さんの身体にはさまざまな変化が訪れ、生命の神秘や愛しさ、そしてさらなる奇跡を体験することとなります。

妊娠できる確率は?

排卵日前後の性交渉によって受精する確率は約80%といわれていますが、計測しづらい要素が多いため、確実な数字とはいえません。

また、受精する確率がそのまま妊娠する確率とはなりません。たとえ無事に受精したとしても、子宮まで移動して子宮内膜に着床しなければ妊娠には至らないからです。

実際に一回の性行為で妊娠できる確率は、受精卵のうち約20~30%程度とされています。受精自体はしたものの子宮まで移動できなかったり、受精卵に遺伝子異常や染色体異常などがあって着床できなかったりという場合も多いのです。

この数値には卵子の質も関係しています。女性は年齢を重ねるごとに卵子の質が低下するため、妊娠する確率も低下することがわかっています。

ですが卵子だけ質が良くても、精子に元気がなければやはり受精も着床もできず妊娠には至りません。

まずは夫婦ともに卵子や精子の質を高めて、力を合わせて妊娠という奇跡を起こしましょう。

奇跡が起きる確率を上げるために

奇跡が起きる確率を上げる

妊娠の可能性を高めるためには、栄養バランスが整った食事を心掛ける・適度な運動をする・充分な睡眠をとる・ストレスをためない生活を送るなど、基本的なことがとても大事です。

ですが、さらに妊娠の成功率を上げたるためには何をすればいいのでしょう。

排卵日を正確に把握する

女性は、自分の身体のリズムを知って、排卵日を正確に把握しておくことも重要です。

生理の開始日を記録する、基礎体温を測る、排卵検査薬を使用するなどして、妊娠しやすい日を知っておきましょう。

そして、妊娠の可能性を高めるためには、排卵日前後の夫婦生活が欠かせません。

ですが、射精の回数が多い男性の精子は運動率が上がるという研究結果もあり、排卵日前後だけでなく普段から積極的に夫婦生活を営むことで、さらに妊娠する確率が高くなる可能性もあります。

夫婦で協力し、お互いに無理のない計画をたてていきましょう。

サプリメントを活用する

サプリメントは、身体に不足している栄養素を効率的に補えるので、女性の身体を妊娠しやすい状態へと近づけてくれます。

また、妊娠するにしても、妊娠を維持するにしても、健康体であることは不可欠ですので、足りない栄養素や必要となる栄養素はしっかり補うようにしましょう。

葉酸

男女ともに摂取してほしい栄養素です。

赤ちゃんの神経管閉鎖障害による先天疾患を予防する働きがあるだけでなく、精子の細胞分裂を促して、正常で元気な精子を作る作用も期待できます。

また、染色体異常の精子を減少させる効果もあるとされており、葉酸のもつ造血作用は、妊婦さんの貧血を予防してくれます。

亜鉛

男女問わず、生殖機能の維持に欠かせない必須ミネラルです。精子の質を高める働きや、精子の運動率を上げる働きがあります。

また、精力が増強されるため、ED(勃起不全)などの性機能障害にも効果的です。体内で作ることができない栄養素ですから、毎日のサプリメントで効率良く摂取しましょう。

ビタミンE

女性ホルモンの原料となり、着床しやすい子宮内膜を作ってくれる栄養素で、「子宝ビタミン」といわれています。

男性にとっても精子の動きをよくする作用があるため大切な栄養素でもありますので、夫婦そろって摂取しましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる