妊婦さんは着物を着てもいい

妊婦さんは着物を着れる?レンタルや着付けするときのポイントは?



結婚式やここぞというイベントに「着物を着ようかな?」と悩んでいる妊婦さんもいることでしょう。

妊娠中は、お呼ばれする機会もそうあることではありませんが、わざわざ衣装やドレスを購入するのもお金がかかりますし、着物であれば持っている物で間に合わせることができそうですよね。

そこで今回は、

・妊娠中でも着物は着ることができる?
・せっかく着物があるから妊娠中でも袖を通したい!
・妊婦さんが着物を着るポイントは?

といった方に、妊婦さんが着物を着る場合の注意点やポイントについて詳しくご紹介します。

妊婦さんでも着物を着ることができる?

まとめ

お腹の大きな妊婦さんは、ゆとりのあるマタニティーワンピースを着るもの、という固定概念があるかもしれません。

また、着物は肌着を着たり、腰紐や帯などで何回も強く体を締めるイメージが強いので、妊婦さんには非常に窮屈で、妊娠中に着物を着るという考えも浮かばないという方も多くいます。

しかし、着物はお腹が大きくなっても、前から持っている着物でも着ることができ、昔の人は出産前後でも着物を着ていました。

ボタンやジッパーはなく、紐でサイズを調節することができるので、その人の体型に合わせて着ることができる大変優れた衣装なのです。

きつく紐を締めると血流が悪くなったり、気分が悪くなったりすることを心配する人もいますが、紐でサイズを調節できるので、しっかりと着付けをすればジャストサイズで気分よく着ることができます。

妊娠中は、マタニティーワンピースよりも機能的といわれています。

何ヶ月まで着物を着ることができる?

昔の日本人女性は、着物なくしては生活ができませんでした。このため、妊婦さんでも、老人でも、子どもでも、着物を着た生活をずっとしてきたのです。

ですから、妊娠〇ヶ月までしか着物を着ることができない、という制限はありません。問題があるとすれば、お腹が大きくなってきたときに、着物の幅が足りなくなり、裾が上がってしまうことです。

裾が上がると、歩いた時にはだけてしまうことが問題となります。しかし、現在で妊婦さんが着物を着ようと思う時は、結婚式などのイベントがある場合が多く、出産間近のタイミングでは着物を着ることはあまりありません。

そのことからも、妊娠中はいつでも着物を着ることができます

もし、結婚した時などに着物を作ったという人は、妊娠しているからこそ、わざわざマタニティードレスを購入するのではなく、手持ちの着物を着てみましょう。

自分にジャストサイズに作られたものであれば、大抵の場合は臨月まで着ることができます。

女性の着物には、おはしょりというものがあります。これを利用して女性は妊娠した時などに調節して、着物を着ることができます。ちなみに男性用の着物には、おはしょりはついていません。

痩せていると着物は似合わない!?

日本人の若い女性は痩せている人が多いですが、着物はある程度身体に厚みがある方が似合います。

痩せている人が着付けをするときは、胸やお腹の辺りにタオルで隙間を埋めるように体を補強します。

妊婦さんが着付けをするときもタオルで体型をカバーしますが、妊娠中期くらいで着物を着るとあまりお腹も目立ちませんし、着物がいつもよりもしっくり着こなせる場合が多くなります。

妊娠中にどんな着物を着たらいい?

妊娠中にどんな着物を着たらいい

では、妊娠中に着る着物はどんなものを選べばいいのか見ていきましょう。

汚れても洗える素材

手持ちの着物を着る場合は、枚数や種類をたくさん持っていないと選ぶということもできませんが、着物を新たに新調したり、レンタルする場合は、素材に気をつけて着物を選びましょう。

妊娠初期はつわりで嘔吐することもあります。突然体調が悪くなって嘔吐してしまったりすると、着物が汚れてしまうかもしれません。

着物は洋服のように、簡単に洗えるものと洗えないものがあるので、汚れても洗える素材を選んでおくと安心です。

素材としては、ポリエステルが洗えるので便利です。ポリエステル素材の着物なら、自宅で簡単に洗うことができます。

着物をレンタルする場合も、妊娠しているのでポリエステル素材でレンタルしたいと相談するようにしましょう。

レンタルの着物を汚した場合は、通常料金に加えてクリーニング代がかかったり、最悪の場合は買い取りになることもありますが、少しの汚れならば、通常料金でカバーできるのが一般的です。心配な場合はきもの保険に入っておきましょう。

軽い素材

着物は着物本体だけでなく、肌着や帯など洋服に比べると重量があることが多くなります。

体自体が重くなっている妊婦さんですので、着るものまで重いと体に負担がかかってしまいます。着物も帯もできるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。

中でも意外と重いのが帯です。帯は高価なものになるほど堅くて重いものが多くなります。妊婦さんの場合は帯をお腹の上、胸の下で帯を結ぶことになりますので、できるだけ軽くて柔らかい素材のものを選ぶようにしましょう。

特に改まった席でないならば、半幅帯や兵児帯おすすめです。これらは帯に芯が入っていないので軽く、扱いやすいという特徴があります。

伸縮性のある素材

今の着物は、素材も色々とあるので、伸縮性のある柔らかいものを選んでみましょう。

妊婦さんの体型に合わせることを考えても、気分が悪くなる場合を考えても、伸縮性のある物の方が楽に着ることができます。

また、足袋も普通は硬いイメージがありますが、履きにくいので伸縮性のある足袋にすることをおすすめします。

長い紐や帯

妊娠してお腹が大きくなると、普段使っている腰紐や帯が短くなります。このため、長い腰紐や帯を用意するようにしましょう。

男性用のものは長さがあるので重宝しますし、伸び縮みするウエストベルトタイプなどを使ってみるのもおすすめです。

安全な草履

着物を着ると慣れていない人は、歩くのも大変と感じるものです。妊婦さんは普段、スニーカーやフラットシューズを履いていることが多いので、着物での草履選びも慎重に行いましょう。

お腹が大きいと足もとを見ることも難しく、重心が不安定なため、ただでさえ転びやすくなります。

草履を履いて妊婦さんが歩く時は、転びにくいものを選びましょう。草履を履く時も、支えをしっかり持って履いたり、座った状態で履くようにしましょう。

旦那さんなどに支えてもらったり、履かせてもらうと安心です。また、草履は滑りやすいので、裏面に滑り止めが付いているものを利用しましょう。

できるだけかかとが低く、裏はゴムが付いているものがおすすめです。

着物を着ていくシーンが正式な場でなければ、楽で安全な草履を選ぶようにしましょう。

手直しをする

結婚式や七五三などで自分の手持ちの着物を着る場合は、その着物のサイズでどのような着付けになるのか事前にシュミレーションすることが大切です。

自分のために作られた着物だと、基本的に臨月まで着物を着られることがほとんどですが、もし、重ねの部分が短かったり、裾が上がって気になるという場合には、着物の寸法を直しておく必要があります。

着物は、洋服と違って幅を出したり、長さを比較的簡単に調節することができるものです。事前にしっかりとサイズを確認しておいて手直ししておくと、妊娠していてもちゃんと着物を着ることができます。

分からない場合は、着付けをしてくれる人、着物に詳しい人に見てもらって相談しておきましょう。

妊婦さんが着物を着る場合のポイント

次に、妊婦さんの着物の着方について見ていきましょう。

妊娠初期の場合

妊娠初期はお腹があまり膨らんでいない人が多いので、着物を着る時は普通の時と同じように着て問題ありません

ただし、つわりで気分が悪い人などは胸をあまり強く締めることでもっと気分が悪くなったり、体調が悪くなる場合があるので、着付けをしてもらう場合には、妊娠していることを担当者に伝えて無理の無いように着付けてもらうようにしましょう。

締めすぎている場合は、はっきりと要望を伝えることが大切です。

ただし、着物はしっかりと着付けておかないと時間と共に着崩れてしまい、自分ではなかなか修正できなくなるということもありますので、相談の上適度な閉め加減を決めていきましょう。

妊娠中期の場合

お腹が徐々に目立ってくる頃ですので、着付けの時にどこの場所で帯を締めるかがポイントになってきます。

あまりお腹が目立っていない人は、普通の人と同じように着付けてもらうと良いのですが、膨らみが目立ってきた場合はお腹よりも上の位置を帯の位置にします。

お腹の上と胸の下辺りで帯をするとしっかり着ることができます。

妊娠後期の場合

妊娠後期の場合も、お腹の上と胸の下で帯を締めます。帯の下部から大きなお腹が出るシルエットになってしまうため、伸縮性のある柔らかい帯を使って、ある程度しっかり帯を締めておかないと時間が経つごとに着崩れが起きてしまいます

お腹の下で帯を締める方法もありますが、そうすると胸の辺りが着崩れてきますので、どちらが良いというものでもありません。

着付けをしてもらう方とよく相談しながら、帯の位置を決めていくことが大切です。

きつく締めすぎないように

着物はボタンもファスナーもありません。すべて紐で結んで止めて着るというものですので、紐の締め具合が非常に重要です。

締めるのがゆるすぎると、時間が経つごとに着崩れしてしまいますし、強く締めつけると息苦しくなったり、気分が悪くなります。

また、強くお腹を締めすぎるとお腹が張りやすくなります。お腹の赤ちゃんは羊水や子宮に守られているので、帯を締めていることで悪影響は特にありませんが、丁度良い程度に着付けてもらうことが大切です。

着崩れの修正ポイントを聞いておく

自分で着付けができる人は自分のベストの着付けポイントが分かっていますし、自分で修正することができるのですが、自分で着物を着ることができずに、着付けを美容室などにお願いして着させてもらう妊婦さんは、万が一着崩れした場合に、どこをどのように直して着るのかをしっかり聞いておきましょう

自分で修正できれば綺麗にキープすることは可能ですが、まったく分かっていないとトイレや立ち座りなどの動作で、どんどん着物が乱れてきます。

妊婦さんが着崩れしやすいのは、おはしょり、着物の裾のずれ、襟もとの開きです。

妊婦さんは通常の着付けで締める部分をしっかり締めることができずに、弱くなっていることもあるので、着付けをする人によく相談して修正ポイントを把握しておきましょう。

下着は浅いものを

着物を着る場合、下着も非常に重要です。妊婦さんはお腹をカバーしたり、冷えからお腹を守るために、股上の深い、お腹をしっかりカバーするタイプのマタニティーショーツやガードルをつけていることが多いのですが、これらを着物の時に付けていると、下着の上から帯を締められることになるので、トイレに簡単に行けなくなってしまいます。

無理にお腹まであるショーツを下げようとすると着付けが緩んで、どんどん着崩れしてしまいます。着物を着る場合は、股上の浅い下着にしておくことが大切です。

着物は下着のシルエットが出やすいので、妊娠前に履いていたローライズでラインが目立たないショーツなどを履いておきましょう。お腹の冷えが気になる場合は腹巻などで対応しましょう。

無理は絶対にしない

妊娠していなくても、着慣れていない着物を一日中着た日は、着物を脱いだ後もどっぷり疲労感が残ります。

慣れないことをするだけで十分疲れるということですので、妊婦さんが着物を着る場合は体調が本当に良い時だけにしましょう。

もし、着物を着るつもりでも気分が悪かったり、倦怠感がある場合は着物を着るのは止めましょう。

体調が悪いのに、結婚式に出席すること自体がそもそも無理な話ですが、着物を着る上でも気を付けるようにしてください。

短時間で脱ぐ

着物を一日中着ると本当に疲れてしまうものです。妊婦さんが着物を着る場合は、時間を限定して短時間で着物を脱ぐようにしましょう。

着物を着るのはせいぜい数時間に留めておいて、結婚式の二次会に行ったり、そのまま出かけるようなことは止めましょう。

結婚式に着物を着ていくならば、会場で着付けてもらってその場で脱いで帰るという程度がちょうどいいです。

自分で着物を着られるように

日本人の女性でも、自分で着物を着ることができるという人がめっきり減ってしまいました。

昔は誰でも普通に自分流に着こなすことができていたので、妊婦さんでも自分で着物を着ることができました。

妊娠していても着物を着たいという人は、習い事として着付け教室に通ってみるのも良い方法です。

ただし、妊娠中は帯を締めるために腕を上げたり、体をよじったりするので、自分で着付けをすることは難しい場合も。しかし、着崩れを防ぐために、手直しする場合にも着付けができると役立ちますよ。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠できる可能性が25%UP?!
妊娠しにくい体質かも…と思ったら、いますぐチェックしてみよう!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる