冷えは大敵

冷えは大敵!知っておきたい妊活の冷えとり対策と温める身体づくり



妊活中の方の中には、冷え性でお悩みの方も多いのではないでしょうか。「冷えは万病の元」ともいわれるように、身体が冷えていることが不妊の原因に繋がることもあるのです。

これから妊娠を望んでいる方は、特に冷えには気をつけたいところ。

そこで今回は、

・どうして冷えはいけないの?
・妊活中の冷え対策とは?

といった方に、妊活中の冷え対策や、身体を温める方法、体質改善について詳しくご紹介します。

どうして妊活中は冷えたらいけないの?

まとめ

妊活中でなくても「女性は冷やしたらいけない」とよくいわれます。なぜ冷えると良くないのかその理由ですが、身体が冷えると血液がぎゅっと縮こまり血の巡りが悪くなります。

いわゆる血行が悪い状態。血液が体内を満遍なく循環しなくなると、必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなりますので、だんだんと身体に不調が出てきてしまいます。

特に、血液循環が悪くなることで、ホルモンが子宮内まで行き渡らない状態が続くと、子宮や卵巣へのダメージにもなり、不妊の原因となることも。

ホルモンバランスが悪い方、乱れがちな方は元々冷え性で悩んでいることが多く、冷え性の方の傾向としては、生理が遅れる、周期が乱れる、生理痛が重いなど、冷えからくる婦人科系のトラブルをたくさん抱えていることも多いです。

妊活をしている方は、まずは冷えを予防して体温を上げていくことが、妊娠しやすい身体づくりの第一歩

それでは、身体を冷やさないためにはどのような改善や対策をしていけば良いのかみていきましょう。

冷えている状態を知ろう!

最近「冷えとり」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

冷えとりとは、言葉通り「冷えを取り除くこと」ですが、そもそも冷えている状態がどういう状態なのかご存知ですか?

「他の人より手足が冷たいような気がするけど、これが冷え性なのかどうかわからない!」という方もいらっしゃいます。

例えば、顔だけ火照っていて足は冷えたまま、というような状態。多くの方に経験があり、これはまさに、冷えが原因で起きている症状です。

人間の身体の中で、下半身には発熱臓器はありません。そのため、下半身は上半身に比べると元々3℃~5℃ほど体温が低いのですが、このように上半身と下半身の温度差を「冷え」と呼びます

血行が良いと血液が巡ることで下半身の体温も上がりますが、血液循環が悪いと下半身までは血が巡らずに、体温が低く身体が冷たくなるため、心臓などの発熱臓器から遠い箇所の体温が低い方は冷え性だといえます。

冷えとりの基本を学ぼう!

覚えておきたい基本は「頭寒足熱」。上半身は涼しく足元は温める方法です。

「そんなこと知っているよ!」という方も、実は普段の服装では真逆の格好をしていることも多々あります。

夏場は冷房が寒いからとカーディガンを羽織っているのに、腰から下はスカートを履いて、足元はサンダルなど足先の出る靴を履いているようなことはありませんか。

冬は帽子やマフラーで上半身は温めているのに、足元はタイツだけなど、よくある服装ですが、多くの方が、上半身は温めていても下半身を温める工夫をあまりしていないのが現実。

これでは本当の冷え対策とはいえません。特に冷えやすい下半身をいかに温めるかが重要なので、冷えとりのポイントは「下半身を温める」ということを覚えておきましょう。

冷え対策をしよう!色々な冷えの取り方をご紹介

では、冷えを取るためにはどのような方法があるでしょうか。ここでは冷え改善と今後の対策に向けた方法をご紹介します。

ご自分の体質や、ライフスタイルにあわせて組み合わせて取り入れてみましょう。

半身浴で冷えを取る

冷え性の方は、毎日のお風呂タイムを見直してみましょう。特に、毎日忙しくてついついシャワーで済ましてしまっているという方は、まずは湯船に浸かる習慣をつけるようにすることから頑張っていきましょう。

シャワーは手軽で時間がない時や、朝の目覚めには良いですが、本来は湯船に浸かった方が身体は芯から温まりますし、自律神経も整ってストレス発散にもなります。

さらに入浴効果を高める場合は、たっぷりのお湯に肩まで浸かるより、半身浴で身体を温めるのがベストです。

江戸っ子のように熱いお湯に浸かるのが好きな方や、長風呂よりも熱いお湯にさっと入って、湯冷めをする前にベッドに入ってしまいたい派の方など、好きなお風呂の温度や浸かる長さは好みによってさまざまですが、冷え取りの対策としていえば、短時間熱いお湯に浸かるよりも、少しぬるめのお湯に長めに入る方が、効果的に身体が温まるのです。

なぜなら、熱いお湯にさっと浸かる場合、温まるのは身体の表面だけで、内部までは熱が伝わっていない状態だからです。

身体を芯から温めるのであれば、熱が浸透するようにゆっくりとお湯に浸かる必要があります。

低温でも長時間浸かっていればじんわりと汗をかいてきて、代謝が良くなっているのがわかります。骨盤が温まると汗が出やすくなるので、温浴の目安にしてみてください。

半身浴の方法

まず、お湯の温度は体温より少し高めの37℃~39℃くらいに設定しましょう。湯冷めしにくくなります。そしてみぞおちくらいまでお湯に浸かります。

腕は上半身に含まれますので、お湯に浸からないように注意しましょう。何時間入っても構いませんが、最低でも20分は浸かりましょう。その後は体調をみながら時間を調整してください。

半身浴のコツ

最初に設定した温度よりもお湯がぬるくなってきたら、追い炊きか足し湯をします。長めに半身浴する時は、入浴前・入浴中・入浴後とこまめに水分補給を行いましょう。

夏場は換気扇を回したり、風通しをよくしながら浴室を涼しくすると快適です。

入浴剤を活用すると温浴効果が高まります。血行促進をしてくれる炭酸ガス系や保温効果の高い植物エキス入りなど効能で選んだり、香りの良いものや美容成分の入ったものなど、気分に合わせて使い分けると楽しみが増えます。

靴下を重ね履きしてみる

先ほど少しだけ服装についてふれましたが、簡単に手っ取り早く下半身を温める効果的なアイテムとして、靴下を活用してみましょう。

あまり知られていませんが、足の裏や指の間は、1日にコップ1杯程度の汗をかくほど汗腺が発達しています

1日履いた靴の中が蒸れて、靴下や足がしっとりしていることが多いのは、足が汗をかきやすいためだったのです。

汗をかくと、皮膚表面から毒素も一緒に排出されるので、デトックスの効果がある反面、かいた汗を放置しておくことで、冷えて足先の温度が奪われてしまうことにも。

靴下の重ねばきは、足先の温度を下げないため、そして排出された毒素を吸湿するために行う冷え取り対策の一つです。

靴下の重ね履きのコツ

汗や毒素を吸う役割を靴下にしてもらうため、重ね履きすることで足先を温めます。絹、綿、ウールなど天然の素材でできた靴下を選びましょう。

靴下は4枚ほど重ねます。重ねれば重ねるだけ良いですが、仕事などでたくさんの重ね履きが難しい場合、まずは2枚から始めてみましょう。

最初に履く靴下は5本指が良いです。シルク素材と、綿かウールを交互に履いていきます。

手持ちの靴下で始めても良いですし、冷え取り専用の靴下がセットで販売されています。専用の商品を活用してみるのもおすすめです。

食生活を見直す

妊活を始めるにあたっては、よく食生活の見直しについて書かれていることが多いのではないでしょうか。

中国の古い言葉で「医食同源」とありますが、昔は食医という食事療法で病気を治す医者が実在していました。

それぞれの食材が持つ力やエネルギーを、体質や体調、そして季節に合わせて食べることで、我々が本来身につけている治癒力や免疫力を高めようとする医療方法です。現在でも薬膳や漢方薬など東洋医学として、体質改善や療法に活用されています。

このように昔から食事は健康と密接な関係にあり、食べるものによって身体が作られているといっても過言ではないのです。

妊活で食生活の改善を勧められる背景には、すなわち食生活を見直せば冷えなどのトラブルもなくなり、妊娠しやすい体づくりができるということ。

体質改善の一歩として、まずは冷えを取る食生活に変えていきましょう。

食べ過ぎない

食事は、1日3食きっちり食べなさいと言われることが多いですが、最近では、胃腸を休ませることの方に注目が集まっています。

お腹が空いていないのに食事をとるということは、消化されていない状態でさらに胃に食べ物を運んでいるため、身体が休まる時間がありません。

消化器官は空腹を感じている間だけ、その機能を休ませることができます。

そして摂取した食べ物をすべて消化するためには、消化器官に集中的に血液が送り込まれますが、空腹状態で消化活動の必要がなければ、その分体全体に血液を循環することができるようになります。

1日3食の食事が食べ過ぎであるわけではありませんが、1食分の食べる量を減らしてみましょう。

よく噛み腹八分目に抑えることで、徐々に身体の基礎代謝が上がり、必要以上に食べたいと思わなくなってきます。

1食抜くことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、お腹が減っていない時は、時間だからといって必ず食事をとる必要はありません

自分の身体と向き合って、食べる量を考えていきましょう。

身体を冷やさない食材を選ぶ

便利な世の中となり、野菜・果物・魚は季節を選ばず、年間いつでも食べられるものがとても多いです。

本来食材には旬があり、その季節にしか収穫できないことが普通でした。旬の食材は季節によって異なるため、本当は人間の身体にとっても、その季節にしか食べられないものを食べることの方が自然で身体にも良いのです。

食べ物によっては身体を冷やす性質があったり、逆に身体を温めてくれる食べ物もあります。

重要なのは食材の性質を知って、食べるものから身体を冷やさないように心がけること。体調に合わせて食べるものを選べるようになれば、心配事も減ります。

身体を冷やす食材、温める食材

夏野菜は基本的に身体を冷やす作用があります。キュウリやトマトなど、日頃からサラダで食べている食材は、実は夏に採れるものばかり。万年スーパーで売っていても、旬を意識することが大事。

逆に、冬に採れる根菜などは身体を温める作用があります。中でもかぼちゃは、ビタミンEが豊富なだけでなく身体を温める働きがあります。

胃腸の働きを改善させる効果もあるので、消化力が弱い方にはぴったり。ただし即効性があるということではなく、継続して食べることで、体内からじっくりと身体を温めてくれる食材なので、毎日少しずつ取り入れるようにしましょう。

長芋や山芋も消化吸収の良い食材です。粘りの元となっているムチンという成分が、胃粘膜を保護してくれるため、胃腸にも優しい食材です。

なめこ、里芋、オクラなどネバネバした食材にはこのムチンが含まれています。特にネバネバ野菜のモロヘイヤには、カロテン・カルシウム・鉄分・食物繊維が豊富で野菜の王様とも。

毎日の食事に上手に取り入れていきましょう。

布ナプキンにしてみる

生理用の布ナプキンが、冷え取りとどのように関係するのか不思議に思う方は多いのではないでしょうか。

最近は愛用する人数もぐっと増えて、種類も選べるようになってきた布ナプキン。

紙のナプキンと違い、洗濯する手間がかかるので「使ってみたいけど面倒かも」と思って敬遠しがちではありますが、実は紙ナプキンよりも肌触りが良く、程よい温かみを感じることができます。

この温度で生理痛が改善したという声もあるほど。身体が冷えると生理痛が重くなるのを体感することが多いですが、生理中は骨盤の血流が悪くなることでうっ血しやすい状態になっているため、腰回りや子宮が特に冷えやすくなっています。

先ほど冷え対策として、靴下の重ね履きのお話をしましたが、布ナプキンは布製なので、もう一枚洋服を着ているのと同じくらい暖かさを感じることができます。

一方紙ナプキンは、吸収性には優れてはいますが、実は熱冷ましシートにも使われる「高分子吸収剤」という吸収性を高める薬剤が使用されていて、熱冷ましシートが汗などの水分を吸い込んでジェリー状にし、下熱に利用するのと同じように、紙ナプキンも経血を吸収した薬剤を身につけることになるため子宮を冷やす原因となるのです。

洗濯の手間はありますが、妊活での冷え取り対策としては、布ナプキンの方が身体を温める効果もあり、また子宮を冷やさないという効果があります。

ストレスを溜めない

妊活中、もしかするともっとも重要な問題かもしれないストレス。現代社会では、毎日何かしらのストレスにさらされていますが、心と身体は非常に密接な関係にあります。

心が疲れると、身体が病気になったりと及ぼす影響はとても大きいのです。

例えば、ストレスによって自律神経が乱れて、ホルモンバランスが崩れると月経トラブルに繋がることもあります。

また、毛細血管が萎縮すると、手足の先や下半身までの血流が悪くなり、結果身体を冷やすことになります。

ストレスは巡り巡って冷えに繋がる大敵。とはいっても完全に排除することはなかなか難しいので、ストレスは溜めずこまめに発散できるよう、休日は運動をしたり趣味を楽しんだりと、自分なりの発散方法を見つけておきましょう。

心の安定は身体の安定に繋がりますし、また身体が安定すると心も安定してくるので、心と身体どちらからも冷えない対策をしていくと良いですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊活のカテゴリー

子作り・セックス生理妊娠の兆候
着床妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温保険
葉酸サプリ
子作り・セックス生理
妊娠の兆候着床
妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温
保険葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる