冷えは大敵

冷えは大敵!知っておきたい妊活の冷えとり対策と温める身体づくり



妊活中の方の中には、冷え性でお悩みの方も多いのではないでしょうか。「冷えは万病の元」ともいわれるように、身体が冷えていることが不妊の原因に繋がることもあります。

これから妊娠を望んでいる方は、特に冷えには気をつけたいところ。

そこで今回は、

・どうして冷えはいけないの?
・妊活中の冷え対策とは?

といった方に、妊活中の冷え対策や、身体を温める方法、体質改善について詳しくご紹介します。

どうして妊活中は冷えたらいけないの?

まとめ

妊活中でなくても「女性は身体を冷やしたらいけない」とよくいわれます。

その理由は、身体が冷えると血管が収縮して全身の血行が悪くなるからです。

血液は、酸素や栄養素を全身に送り届ける働きがあります。そのため、血行が悪くなると必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなりますので、様々な不調が引き起こされます。

とくに女性ホルモンを分泌し、卵子の成熟・排卵を担う卵巣は、血行が悪くなることでその機能が低下しやすいと考えられており、性周期の乱れや無排卵などを引き起こすことがあります。

また、筋肉で形成されて子宮は、血行が悪くなることで硬くなり、生理痛が悪化する原因にもなりえます。

妊活をしている方は、まずは冷えを予防して卵巣や子宮を良い状態に保ち、妊娠しやすい身体づくりをするのが大切です。

それでは、身体を冷やさないためにはどのような改善や対策をしていけば良いのかみていきましょう。

冷えている状態を知ろう!

最近「冷えとり」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

冷えとりとは、言葉通り「冷えを取り除くこと」ですが、そもそも冷えている状態がどういう状態なのかご存知ですか?

「他の人より手足が冷たいような気がするけど、これが冷え性なのかどうかわからない!」という方もいらっしゃいます。

例えば、手足がひんやり冷たいという状態。これはまさに、血管の収縮が原因で冷えが起きている症状です。

手足先端の血管は、拡張したり収縮したりすることで体温調節をしています。具体的には、体温を下げるときには血管が拡張して熱が放散され、体温を上げるときは血管が収縮して熱が体内にこもるようになるのです。

このような調節を行っているのは自律神経ですが、自律神経バランスの乱れが生じると、血管が過度に収縮することがあります。その結果、手足の血行が悪くなり、ひんやりとつめたくなってしまうのです。

冷えとりの基本を学ぼう!

冷え対策で大切なのは、指先や足など冷えやすい部分をしっかり温めることです。

「そんなこと知っているよ!」という方も、実は普段の服装では真逆の格好をしていることも多々あります。

夏場は冷房が寒いからとカーディガンを羽織っているのに、腰から下はスカートをはいて、足元はサンダルなど足先の出る靴を履いているようなことはありませんか。

冬は帽子やマフラーで上半身は温めているのに、足元はタイツだけなど、よくある服装ですが、多くの方が、上半身は温めていても下半身を温める工夫をあまりしていないのが現実。

これでは本当の冷え対策とはいえません。

冷え対策をしよう!色々な冷えの取り方をご紹介

では、冷えを取るためにはどのような方法があるでしょうか。ここでは冷え改善と今後の対策に向けた方法をご紹介します。

ご自分の体質や、ライフスタイルにあわせて組み合わせて取り入れてみましょう。

半身浴で冷えを取る

冷え性の方は、毎日のお風呂タイムを見直してみましょう。特に、毎日忙しくてついついシャワーで済ましてしまっているという方は、まずは湯船に浸かる習慣をつけるようにすることから始めましょう。

シャワーは手軽で時間がない時や、朝の目覚めには良いですが、本来は湯船に浸かった方が身体は芯から温まりますし、冷えの原因になる自律神経を整える効果も期待できます。

さらに入浴効果を高める場合は、たっぷりの熱いお湯に肩まで浸かるより、程よい温度の半身浴で身体を温めるのがベストです。

江戸っ子のように熱いお湯に浸かるのが好きな方や、長風呂よりも熱いお湯にさっと入って、湯冷めをする前にベッドに入ってしまいたい派の方など、好きなお風呂の温度や浸かる長さは好みによってさまざまですが、冷え取りの対策としていえば、短時間熱いお湯に浸かるよりも、少しぬるめのお湯に長めに入る方が、効果的に身体が温まることができます。

なぜなら、熱いお湯にさっと浸かる場合、お風呂から上がるとその気温差で血管が収縮してしまい、再び冷えが始まってしまうからです。

お風呂から上がった後も冷えを予防するには、お風呂の外との温度差ができるだけ少ないぬるめのお湯にゆっくり浸かることが効果的なのです。

半身浴の方法

まず、お湯の温度は体温より少し高めの37℃~39℃くらいに設定しましょう。湯冷めしにくくなります。そしてみぞおちくらいまでお湯に浸かります

最低でも20分は浸かりましょう。その後は体調をみながら時間を調整してください。

ただし、ぬるめのお湯での半身浴とはいえ、じんわりと汗をかきますので、あまりの長風呂は脱水症状を引き起こすことのないよう注意しましょう。

半身浴のコツ

最初に設定した温度よりもお湯がぬるくなってきたら、追い炊きか足し湯をして身体を冷やさないようにしましょう。

長めに半身浴する時は、入浴前・入浴中・入浴後とこまめに水分補給することが大切です。

入浴剤を活用すると温浴効果が高まります。

血行促進をしてくれる炭酸ガス系や保温効果の高い植物エキス入りなど効能で選んだり、香りの良いものや美容成分の入ったものなど、気分に合わせて使い分けると楽しみが増えます。

靴下を履く

先ほど少しだけ服装についてふれましたが、簡単に手っ取り早く下半身を温める効果的なアイテムとして、靴下を活用してみましょう。

あまり知られていませんが、足の裏や指の間は多くの汗腺が発達しており、思いのほか大量の汗をかきます。

1日履いた靴の中が蒸れて、靴下や足がしっとりしていることが多いのは、足が汗をかきやすいためだったのです。

かいた汗を放置しておくことで、冷えて足先の温度が奪われてしまうことにも。汗をかいたときはこまめに靴下を取り換えるのもポイントです。

靴下を選ぶコツ

足を温めるには保温効果の高い絹、綿、ウールなど天然の素材でできた靴下を選びましょう。

手持ちの靴下で始めても良いですし、冷え取り専用の靴下がセットで販売されています。専用の商品を活用してみるのもおすすめです。

食生活を見直す

妊活を始めるにあたっては、よく食生活の見直しが重要と言われます。

中国の古い言葉で「医食同源」とありますが、昔は食医という食事療法で病気を治す医者が実在していました。

それぞれの食材が持つ力やエネルギーを、体質や体調、そして季節に合わせて食べることで、我々が本来身につけている治癒力や免疫力を高めようとする医療方法です。

現在でも薬膳や漢方薬など東洋医学として、体質改善や治療に活用されています。

このように昔から食事は健康と密接な関係にあり、食べるものによって身体の機能が左右されるといっても過言ではないのです。

妊活で食生活の改善を勧められる背景には、すなわち食生活を見直せば冷えなどのトラブルを解消し、妊娠しやすい体づくりができるということ。

体質改善の一歩として、まずは冷えを取る食生活に変えていきましょう。

身体を冷やさない食材を選ぶ

食べ物には身体を冷やす性質や、逆に身体を温めてくれる性質を持つものもあります。

重要なのは食材の性質を知って、身体を冷やす食材を多く摂りすぎないように心がけることです。

身体を冷やす食材、温める食材

夏野菜は基本的に身体を冷やす作用があります。キュウリやトマトなど、日頃からサラダで食べている食材は、実は夏に採れるものばかり。万年スーパーで売っていても、旬を意識することが大事。

逆に、冬に採れる根菜などは身体を温める作用があります。

中でもかぼちゃは、ビタミン類が豊富なだけでなく身体を温める働きがあります。

また、生姜などの薬味にも身体を温める効果のある栄養素が含まれています。

ただし即効性があるということではなく、継続して食べることで、体内からじっくりと身体を温めてくれる食材なので、毎日少しずつ取り入れるようにしましょう。

ストレスを溜めない

妊活中、もしかするともっとも重要な問題かもしれないストレス。現代社会では、毎日何かしらのストレスにさらされていますが、心と身体は非常に密接な関係にあります。

心が疲れると、身体が病気になったりと及ぼす影響はとても大きいのです。

例えば、ストレスによって自律神経が乱れて、ホルモンバランスが崩れると月経トラブルに繋がることもあります。

また、自律神経の乱れから、血管が過度に収縮して手足の先や下半身の血行が悪くなり、冷えを引き起こします。

ストレスは巡り巡って冷えに繋がる大敵。とはいっても完全に排除することはなかなか難しいので、ストレスは溜めずこまめに発散できるよう、休日は運動をしたり趣味を楽しんだりと、自分なりの発散方法を見つけておきましょう。

心の安定は身体の安定に繋がりますし、また身体が安定すると心も安定してくるので、心と身体どちらからも冷えない対策をしていくと良いですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊活のカテゴリー

子作り・セックス生理妊娠の兆候
着床妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温保険
葉酸サプリ
子作り・セックス生理
妊娠の兆候着床
妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温
保険葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる