ココマガ > 産後 > 赤ちゃんとお出かけ > ママ友はいる?いらない?トラブルにならない上手な付き合い方!
ママ友は必要?不要?

ママ友はいる?いらない?トラブルにならない上手な付き合い方!



結婚すると嫁ぎ先や引越しなどの関係で「今住んでいる場所に友達がいない!」ということもありますよね。

友達や知り合いがまったくいないところで子育てをするのは、何かあったときに相談もできないし、何より寂しいもの。

また、「ママ同士が仲良くないと、子ども同士の関係にも影響するのでは?」と不安になったりすることも。

そこで今回は、

・ママ友がいない!
・どうしたらママ友ができるの?
・できれば同世代の気の合うママさんと仲良くなりたい!

といった方に、子育ての情報交換や緊急時の助け合い、純粋にお友達としてもお付き合いができるママ友の作り方や、ママ友との付き合い方について詳しくご紹介します。

ママ友は必要?

産後の生理がこないのはどうして

「ママ友」とは、子どもを中心にしてできた友人関係のことを指します。年代を問わず、子育て中のママの約半数は「ママ友」がいて、平均だと大体5~6人ほどのママ友がいます。

あくまで子どもが中心の交友関係なので、ママ同士の仲が良ければ、子ども同士の相性はさておき、自分の子どもに友人が増えることは間違いありません。

また、ママ同士の世代は多少違っても、友達になるのは大抵同学年の子どものママなので、同じ悩みを抱えていたり共感できることも多いのです。

これまで悩んでいたことが「自分だけじゃなかった!」と安心できることも。子どもの歳が同じであれば、興味のあるものも大きくは変わりません。

夏休みや冬休みなどの長期休暇中の過ごし方や、子どもの喜ぶ旅行先、塾や習い事など勉強面に関しての情報交換もズレが少ないというメリットがあります。

仲の良さにもよりますが、緊急時に助け合うことができたり、単純に友達づきあいの幅が広がるので、ママも楽しく過ごせたりと、「ママ友がいてよかった!」と思うことはたくさんあります。

ママ友は不要?

ママ友がいると、子どもに友達が増えるだけでなく、同じ歳の子どもがいることで共感も生まれ相談もでき、学校生活内だけでなく学校生活外でも、子どものためになる情報を得ることができます。

困ったときは助け合えるなど、ここまでは「ママ友がいた方がいいのでは?」と思える良い面がたくさんありました。

しかし、ママ友の厄介なところは、あくまで「子どもが中心の友人関係」ということにあります。

そもそも「子どもを通して繋がっている関係」なので、親同士のバックボーンはまったく考慮されていません。

つまり、ママ同士の趣味や好み・性格などは一切関係なく「友達」になっているので、ママ対ママの関係であれば、もしかしたら仲良くならない性格の人同士が一緒にいる可能性もあるのです。

そのため、ドラマで見るような生活感の違いでの嫉妬、頻繁なランチ会や集まりによる格差などで揉め事も発生します。

また、ママ友はたいていが複数人での行動をとるため、「あの人にもこの人にも気を遣う必要がある」など気疲れしてしまうことも。

人間関係の根っこは同じ!

実はメリットもデメリットもある「ママ友」。とはいっても、どのような人間関係でも同じことがいえます。

仕事の付き合いで仲良くなれば、仕事を通して友人がいますし、習い事の場で仲良くなったとしても習い事を通して友人がいるので、人間関係の成り立ち方は結局同じです。

デメリットにばかり気をとられているよりは、ママも子供も交友関係は広がった方が良いともいえるので、新しい環境では「ママ友」づくりにも積極的にチャレンジしてみましょう。

新しい環境でのママ友の作り方

では実際に、引越ししてきたような環境ではどのようにママ友をつくれば良いのでしょうか。ママ友のつくり方について見ていくことにしましょう。

他のママさんと出会えそうな場所に出かける

ママ友をつくるには、とにもかくにも他のママさんがいる場所へ出かけましょう。ママさんたちと交流できる場所へ行かなければ何も始まりません

同世代の、同じ歳の子どもがいそうなママさんたちが、新しく住む場所の近辺ではどこへ出かけているのかをできる限りリサーチします。

引っ越した街の規模にもよりますが、今ならインターネットで情報が多少は出てきます。もしネットの情報があまりにも少ない場合は、商店街などで聞いてみるのも。

買い物ついでに「最近、近くに引っ越してきたんですけど」と言って切り出すのが自然です。

めぼしい情報がなかったとしても、お店近くに越して来て、これから常連になるかもしれない人を邪険にはしないはずなので、挨拶代わりに気楽に尋ねてみましょう。

ネットで調べるときは

インターネットで調べるときのコツは、以下のようなキーワードで検索をおすすめします。
・児童館など公的施設名
・公園
・未就園児サークル
・リトミック
・◯◯教室(親子教室、離乳食教室など)
・ベビー◯◯(ベビーヨガ、ベビースイミング、ベビーマッサージなど)
・健診
・子育て支援センター

子どもの年齢にもよりますが、子どもが比較的大きければ「児童館」や「公園」がベターです。

まだ赤ちゃんの年齢の場合には、「◯◯教室」「ベビー◯◯」など、親子で参加できる教室や習い事などを実施しているところなら、趣味や価値観の近いママ友に出会える可能性が高くなります。

「子育て支援センター」や「健診」などで、情報収拾するというのも一つの方法です。地名と併せて検索してみてください。

笑顔で挨拶する

出向く場所が決まったら、次に重要なのはその場に集うママさんとのファーストコンタクトです。

はじめは緊張しますが、まずは声をかけるところからが第一歩です。

挨拶は後回しにするほど改まってはしにくくなってしまうので、目当ての場所に出向いて誰か人がいれば、そのタイミングですぐに声をかけます。

「こんにちは、最近引っ越してきた◯◯です。よろしくお願いします」と、挨拶以外にも一言加えるのがコツ。

公園のように子どもと一緒に行って遊ぶような場所では「こんにちは」と声かけした後に、子どもと一緒に自己紹介するのがベストです。

すぐに遊び出したくなる気持ちは重々わかりますが、どんな場所にもその場を仕切る「主がいる」と思って行動するのが得策です。

挨拶は朗らかに、そして爽やかな笑顔で自然に行いましょう

話題は「子どものこと」で

挨拶をクリアしたら、もう一歩だけ踏み込んでいきましょう。ここで重要なのは「話題」です。

繰り返しになりますが、ママ友はあくまで「子どもを通してつくる友人」です。ですので、話しかけるときに必要なのは「相手の子どもに興味を持つこと」。

話しかける話題の例としては以下のような内容が想定されます。
・「お子さん、おいくつですか?」
・「どこの幼稚園(もしくは小学校)に行かれているのですか?」
・「お名前はなんというのですか?」

など、このようにあくまで子どもについての話題を選ぶことがポイントです。自分の子どもに興味を持ってもらって嬉しくない親はいません。

話題が子どもの話であれば、中心からズレることなく一貫した会話になるはずです。凝った質問や考えすぎると逆に会話が弾まなくなってしまうので、当たり障りなく無難な話題を選択することが、ママ友とのフレンドシップに必要と心得ましょう。

ママ友と上手に付き合うコツについて

冒頭にも少しお話しましたが、ママ友はたいていが仲の良いメンバー複数で行動します。人数は4~6人で、お互いの家で女子会のような「ママ友会」をすることも多くなります。

このグループメンバーと仲良くやっていくために必要なことは「平等」「優劣をつけない」「特定のメンバーだけをひいきしない」ということ。

もちろん人間なので、複数名が集まればその中から、気の合う人が出てくるかもしれません。しかし、その人と個人的に仲良くなりすぎるのは禁物です。

ママ友は調和を重んじるため、不平等なことを嫌います。仲良しメンバーは基本的に上下関係なく、皆平等であることが一番大切なのです。

具体的には、
・パーティーは持ち回りで、同じ人の家でばかり行わない。
・自宅に招かれたら、次回は自分も自宅に招く。
・パーティーのホストは「準備、もてなし、片付け」とやることが多いので、ゲストは手土産や一品持ち寄りなどが必須。
・全員で出かけるときは交代で運転する、交代で車を出すなど、持ち回る。
・自分に免許がない(自家用車がない)ときは、差し入れを用意するなどの配慮をする。
・特定の人とばかり話さない。全員がわかる話題を提供する。

といったように、誰か特定の人ばかりが大変な思いをしないように気を配ったり、特定の人にしかわからない話題で誰かが会話に参加できないようなことをしないというのが重要となります。

このような配慮は当然と言えば当然のことなのかもしれませんが、意識して「平等」にしようと心がけるのは、なかなか神経を遣うものです。

噂話に乗らない、深入りしない

「噂話に乗らない」「深入りしない」というのもママ友との関係を長続きさせるための鉄則です。

コミュニティができあがってくると、必ずといっていいほど出てくる噂。噂に良いものはほぼありません。たいていが悪い噂です。

ドラマなどでよく耳にする「○○さんちのパパ、最近家に帰ってきてないらしいよ」「知ってる?○○さんって、実は」のような会話は日、常で実際に繰り広げられています。

他人の家のプライベートが気になる気持ちはわかりますが、内情を根掘り葉掘り聞かれて気持ちのいい人はいません

「噂に乗らないと仲間外れにされるかも」と思って話に反応したり、過剰に相槌を打ったりしていると、いつの間にか「よくない噂を流している張本人」として、トラブルの渦中に巻き込まれてしまうことも。

噂話は聞き流すのが一番。もし井戸端会議で噂話が始まったら、できるだけ自然にその場を離れましょう。「今日は◯時から歯医者さんの予約があって」など、毎回同じ理由だと不自然ですが、できる限りその場にいない方が賢明です。

あくまで「子どもを中心とした関係」ということを忘れず、ママ友には「深入りしない」というのが、関係を長続きさせる秘訣でもあります。

ママ友内にも「カースト制度」は存在する

「カースト制度」はもともとインドの「身分を表す階級制度」のことですが、現代の日本では「スクールカースト」など、コミュニティ内のヒエラルキーを示す言葉として定着しました。

ママ友内にもこの「カースト制度」は存在し、「子どもの教育(主に習い事や塾、進学先)」「長期休暇などでの家族旅行の行き先」「所有物に関すること(家なら賃貸か持ち家かなど)」「ファッションについて(ブランド品の有る無しなど)」「ランチの頻度や外食先について」などを対象にママ友内で格付けされます。

生活水準が高いか低いかを、少人数のママ友内の金銭的感覚によってはかられるため、子どもを通して知り合っている間柄では、格差があって当然です。

しかし集団になると「平等」を謳っていても、自分が優越感を得たいがために「弱者」をつくろうとします。

もしくは、ターゲットにしたいママ友に対して何かしらの劣等感を持っていることによる攻撃である可能性もあります。

いずれにしても、ママ友は同じような趣味、同じような金銭感覚、同じようなライフスタイルのメンバーが集まっているわけではなく、メンバー同士で共通していることは「子ども」だけなので格差は少なからずあります。

ターゲットにされているときはどうしたらいい?

もし「ママ友カースト」の番付に巻き込まれてしまった場合ですが、一番の対処方法は気にしないことです。

ほかのママ友から下に見られたり、陰口をたたかれたり、嫌味を言われたりするのは本当に辛く悲しいですが、そもそも趣味や性格が合って付き合っている仲間ではありません。

ママ同士のスペックは元から違うことをはじめから織り込み済みで寄り集まっているはずなのに、あえて嫌がらせを仕向けてくるようなときには、相手にしないことです。

ママ同士の仲が悪くても、子ども同士の仲はとても良いというケースも多々あります。「子どものため」に無理して付き合う必要もないので、これを機に思い切って関係を見直してみるのも。

ママ友との付き合いに疲れてしまったときは?

「ママ友」が一生の友達になるかどうかは人によりますが、基本的にはお互いが「深入りしない」関係で成り立っています。

付き合いに疲れてしまったときには、素直に距離を置きましょう。決して無理をする必要はありません。

もちろんトラブルなく上手に付き合っていけるのが一番ですが、一緒にいるのに疲れてしまったのに無理してそこに居続けると、最終的にその気持ちが態度に出てしまうなどして、結局はトラブルに発展してしまう可能性が。

本当に良いママ友は、気持ちを察して「来るもの拒まず去る者追わず」の精神で接してくれるはずです。

トラブルを回避するために!

ママ友と上手な付き合い方をするためには、以下のような点に注意です。

・仲間内は基本「平等に」。メンバーの誰かが損をしないように振る舞う。
・好奇心で「噂に乗らない」。
・プライベートなことに立ち入らない「深入りしない」。
・「ママ友カースト」で嫌な思いをしても気にしない。
・付き合いに疲れたときは距離を置く。

ママ友と長続きする上手な付き合い方を

おむつポーチを持って赤ちゃんとお出かけ

友達ができたら当然「仲良くしたい!」と思いますが、通常の友人づきあいとはどこか決定的に世界が違う「ママ友」。

取り扱いが難しいだけに、友達になった後のフォローには細やかさが求められますが、相談したり共感したりと良いこともたくさんありますので、恐れずにママ友の輪を広げていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


アンケートご協力のお願い

ただいまココマガでは皆様により役立つ情報をお届けできるようアンケートを実施しております。 全16問の簡単なアンケートですので、是非ご協力をお願い致します! アンケートに協力する

おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる