妊婦さんにとって酢はいいの

妊婦さんにとって酢は大丈夫なの?酢の効果や飲むときの注意点!



妊婦さんは、自分の健康やお腹の赤ちゃんの成長のために栄養のある物を食べることが大切です。

酢は体に良いといいますが、妊婦さんにとっても体に良いものなのでしょうか?

そこで今回は、

・酢とはどんなもの?
・妊婦さんにとって酢は体にいいの?
・妊婦さんが酢を飲むときの注意点は?

といった方に、妊婦さんにとって酢は体にどんな効果があるのか、悪影響はないのか、酢を飲むときの注意点などについて詳しくご紹介します。

酢とはどんなものなの?

酢とはどんなものなの

最近では、酢は調味料としてだけではなく、健康食品の飲料として販売されているものもあります。

また、酢の専門のコーナーがあるほどさまざまな種類が用意されています。一般的に酢というのは、酢酸を5パーセントほど含んだ調味料です。

酢酸というのは、酢の酸っぱさの成分で、酢酸が多く含まれているほど酸味が強く、酸っぱさを強く感じます。

一般的な酢の原料は白米や玄米で、これらを蒸したものに麹菌と水を加えてアルコール発酵させ、酢酸を作りだす酢酸菌を加えて酢酸発酵させたものが酢です。

数年という長い年月熟成させたものほど濃厚で深く、芳醇な味がでるとされていますが、早いものであれば、熟成期間が数ヶ月で製品になるものもあります。

リンゴ酢やブルーベリー酢というような果実酢が最近では人気もありますが、熟成期間が長いほど貴重で高額です。

イタリア料理で使用されるバルサミコ酢はブドウが原料ですが、20年ものなどは非常に味わい深く貴重なものです。

酢はどのように良いの?

では、酢は体にどのような効果があるのか見ていきましょう。

疲労回復効果

疲れた時に、酸っぱいものを食べたいと思った経験がありませんか?

酢の酸っぱさは口の中を爽やかにし、酢を食べたり飲んだりした後は体がシャキッとしあと感じる人も多いでしょう。

酢にはアミノ酸やクエン酸の成分が含まれていますが、これらは疲労回復効果や、疲労回復のスピードを速めてくれる効果が期待できます。

酢酸は筋肉を構成するグリコーゲンの合成を促す作用もあり、運動で疲れた体に消耗された成分を早急に補ってくれる効果もあります。

ダイエット効果

酢に含まれる酢酸、クエン酸、アミノ酸はダイエット効果があるとされています。

また、酢酸には脂肪を燃焼させる作用があり、クエン酸には脂肪をエネルギーに変えて消費する効果があります。

アミノ酸にも同様に脂肪を分解するリパーゼという酵素の合成を流す効果があります。

抗菌作用

酢にはクエン酸という成分が含まれていますが、クエン酸には抗菌作用もあります。
生ごみの匂い対策、冷蔵庫の除菌、食品の防腐や除菌は昔からよく行われています。

酢にはたっぷりのクエン酸が含まれていますので同様の効果が期待できます。

また、酢は食用のものですので、台所の消毒として使うのにとても安心です。

血糖値の上昇を抑える

食事を食べると血糖値が上がります。

血糖値が急激に上がると健康上良くないので気をつける必要がありますが、酢には血糖値の上昇を抑える働きがあり、食事の時に酢を一緒に摂ると血糖値の急激な上昇を抑えてくれると考えられています。

腸内環境を整える

酢に含まれている酢酸は、腸の中の悪玉菌を抑制する働きがあります。腸内環境が整うと、便秘や下痢などの症状がなくなります。

栄養の吸収をよくする

酢には栄養素を体に吸収させやすくする効果があります。

特にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを身体に吸収されやすい形に変える効果もあるため、効率的にカルシウムを摂取することが可能です。

血液サラサラ効果

酢に含まれる酸は血液をサラサラにする効果があります。ドロドロの血液だと血流も悪くなりますし、血管が詰まる可能性があり、重大な病気になることもありますので注意が必要です。

妊婦さんが酢を摂ると良いこととは?

酢にはさまざまな体に良い効果がありますが、妊娠中のママにはどんな効果があるのでしょうか?

疲れがなくなる

妊娠していると様々な身体の変調が現れて、疲れが溜まりやすくなります。こんな時は酢の物を食べたり、酢を薄めて飲んだりすると、気持ちも体も元気になります。

最近疲れているなと感じる妊婦さんには酢がおすすめです。

体重コントロール

安定期に入ってくると妊婦さんは食欲も増してきて、つい体重がオーバー気味になってしまうことがよくあります。

体重が必要以上に増えすぎると、産道に脂肪が付くことで出産時に難産になる危険があります。

また、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まることも。酢を摂取することで脂肪が燃焼しやすくなります。

むくみを緩和

妊娠後期になるとお腹が大きくなるので、静脈が圧迫され血行が悪くなり、脚などがむくみやすくなります。

むくみというのは足などに余分な水分が溜まっているということです。
酢のクエン酸は血液をサラサラにすることで血行を改善し、溜まった余分な水分の排出を促してくれます。

運動不足の人は適度に運動をしたり、足のマッサージを併せて行ったりするとより効果が期待できます。

妊娠高血圧症候群の防止

妊娠後期になって妊婦検診に行くと、高血圧を指摘される人が増えます。
妊婦さんの高血圧が悪化すると妊娠高血圧症候群と診断されることも。

妊娠高血圧症候群の原因ははっきりしていませんが、太っている人、糖尿病の人、甲状腺機能障害の人、高齢出産の人、多胎妊娠の人などは妊娠高血圧症候群になるリスクが高いとされています。

妊娠高血圧症候群は血圧が上がり、蛋白尿が出ます。

また、病状が悪化すると胎児に酸素や栄養を与えている胎盤が、子宮からはがれて出血を起こす常位胎盤早期剥離になったり、出血しやすくなって脳出血を引き起こしたりすることもあります。

また、胎盤が上手く機能しないと、お腹の中の赤ちゃんは栄養不足で発育不全になったり、最悪の場合は酸欠に陥って死亡したりする危険もありますので、非常に危険です。

妊婦さんにとって、妊娠高血圧症候群は非常に恐ろしい病気です。

妊婦検診で高血圧気味だと指摘された人は、できるだけ自分自身で血圧を下げる努力もしないといけません。

酢を摂取すると、血液がサラサラになって血流がよくなることで高血圧を抑制します。
また、塩分をたくさん摂取することで血圧が上がるので、なるべく塩分を摂らないようにしないといけません。

酢は塩分の変わりとして使える調味料ですので、減塩にも役立ちます。高

血圧の妊婦さんはぜひ酢を積極的に摂取するようにしましょう。

つわり緩和効果

妊娠初期のつわりの症状で、気分が悪くなったり、やたらと酸っぱいものが食べたくなるということがよくあります。

レモンや柑橘系の酸っぱいものをたくさん食べるという人もいますが、酢を飲んだり、酢の物を食べても代用できます。

つわりの症状を軽くしたいという人には、特に黒酢がおすすめです。酢はそのまま飲むと匂いもきついですし、つわりの時期に飲むと気分が悪くなってしまいますが、スプーン1杯ほどの酢を水や炭酸水で割って飲むと飲みやすく、喉ごしも爽やかです。

酢の種類も色々ありますが、リンゴ酢などフルーツから作った酢はジュース感覚で飲むことができますので水分補給として活用するのもおすすめです。

冷え性緩和効果

妊婦さんの体は常に温めておくことが大切で、冷えは大敵です。

妊娠すると大きくなったお腹が周辺の血管を圧迫して血行を悪くしますので手足やお腹などが冷えやすくなります。
また、お腹も大きくなって姿勢が悪くなりますので、さらに血行が悪くなり、余計に体が冷えてしまいます。

体が冷えるとつわりがきつくなったり、お腹が張りやすくなったり、また、腰痛、便秘、足のむくみなどを引き起こすことも少なくありません。

とくにお腹の張りは要注意で、切迫早産や流産の原因にもなりかねません。慢性的に冷え性になると産後も母乳が出にくくなってしまいます。

冷え性を何とか解消したいという妊婦さんは、酢をお湯で割って飲んでみましょう。
血行が改善されて体の中から冷えを解消してくれます。ハチミツを加えると甘みもでるのでより一層美味しく、リラックス効果も期待できます。

便秘緩和

酢によって血行が改善されると腸のぜん動運動が活発になります。
ぜん動運動がしっかりすると便を排出しやすくなり、酢による腸内環境の整備と相まって便秘解消につながります。

妊婦さんは子宮が腸を圧迫したり、水分不足になったりしやすいため、便秘に悩まされる人が多くいます。

便が出なかったり、硬い便になったりすることで痔になる人もいます。
便秘解消で酢を飲む場合は、1日に15~30ml程度の酢を摂取するようにしましょう。

酢の種類は特に何でも構いません。便秘を解消するためには、酢を食後や食間(食事と食事の間)に摂取して、食前や空腹時を避けるようにしましょう。

カルシウムを吸収しやすい

妊婦さんは、お腹の中で胎児を育てているのでカルシウムが普段以上に必要になります。

赤ちゃんの骨や歯を丈夫にするためには、妊婦さんの体内にしっかりカルシウムを取り込むことが大切です。

酢はカルシウムを吸収しやすい形に変えてくれるので、妊娠中は積極的に摂りたい調味料とも言えます。

美肌効果

妊娠中はホルモンバランスが変わり、肌が乾燥しやすくなるのでカサカサします。また、シミの原因になるメラニンが増えます。

肌自体が敏感になっているので、ちょっとした刺激でも赤くなったりして、何かと肌トラブルが増える人も多いものです。

酢に含まれるアミノ酸は、肌に潤いをもたらす主成分ですので、肌の保水力をアップさせ乾燥や肌荒れを予防する働きがあります。

また、アミノ酸を摂取することで体内のコラーゲンを合成する働きが増し、もちもちつやつやの肌になります。しわやたるみのない肌になるのです。

アミノ酸には新陳代謝を上げる効果もあり、シスチンはメラニンを除去する働きがありますので、日焼けによる色素沈着やくすみを予防できます。

肌トラブルの多い妊婦さんが酢を摂取することで総合的な美肌効果が期待できます。

妊婦さんが酢を摂取するリスク

妊婦さんが酢を摂取するリスク

健康維持など、妊婦さんにとっても色々なメリットの多いが酢ですが、気をつけなくてはいけないこともあります。

胃が荒れる

酢の原液は酸が強いので、そのまま摂取すると胃の粘膜を傷つけてしまいます。

酢を摂る場合は、胃を保護するためにも酢を原液のまま摂取せずに、水などで薄めてから摂取しましょう。

冷え性になる

酢は血液をサラサラにすることで血流が良くなり、妊婦さんを冷えから守る働きがあるのですが、酢を摂りすぎると逆に冷え性を悪化させてしまうことがあります。

酢の物の料理は体を冷やす食材を利用することが多く、過剰摂取することでどんどん体が冷えてしまうので注意が必要です。

酢は体にたくさんの良い効果をもたらしますが、飲み過ぎたり薄めず濃いままで摂取すると悪影響もあります。酢を上手に利用して今後のマタニティライフに役立ててくださいね。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる