妊婦さんが水疱瘡になったら

妊婦さんが水疱瘡になったときの症状は?胎児への影響はある?



水疱瘡は水痘(すいとう)とも呼ばれていますが、小さい子どもがかかる伝染病だと思っている人も多いでしょう。

しかし、水疱瘡は大人でもかかることもあり、大人になってからかかった水疱瘡は重症化するともいわれています。

大人がかかるとなかなか厄介な水疱瘡ですが、妊娠中に水疱瘡になると妊婦さんだけでなく、お腹の中の赤ちゃんへの影響も気になる所です。

そこで今回は、

・水疱瘡は子どもの病気じゃないの?
・妊婦さんが水疱瘡になったら?
・水疱瘡の予防法は?

といった方に、妊婦さんが水疱瘡にかかってしまった場合どうすればいいのか、また妊娠中に水疱瘡にかからないためには、どんな方法で予防すればいいのかなどについて詳しくご紹介します。

水疱瘡ってなに?

水疱瘡ってなに

水疱瘡は水痘・帯状疱疹ウィルスに体が感染してしまうことで発病します。正式な病名は水痘(すいとう)といいます。

水疱瘡にかかると全身に赤い発疹が出たり、水疱ができ、38度ほどの高熱が出ます。

高熱とともに赤い発疹が全身に出た後、かゆみや痛みになり水疱になると、膿を含んで水疱が大きくなり、3~4日ほど経つと徐々に水疱が乾いてカサブタになります。

水痘のウィルスは人に感染すると、2週間ほど体に潜伏してから発病します。赤い発疹が出る1~2日前から本人が自覚しないうちに感染力が強くなり、知らないうちに人に感染してしまいます。

通常、発疹が出てから1週間ほどで治りますが、感染力が強く空気感染や飛沫感染、接触感染などで多方面に感染します。

抗体のない子どもがかかりやすいので幼稚園や保育園で感染者が出るとたちまち多数の感染者が出ることになります。

水疱瘡って子どもしかならないのでは?

水疱瘡は、小さい子どもが多くかかる病気です。実際9歳以下の子どもがかかることが多くなっています。

大抵の場合は、子どもの時に水疱・帯状疱疹ウィルスに感染して発病したか、水疱瘡の予防接種を受けているので、体の中に抗体があります。

抗体が体の中にある場合は、再び感染して水疱瘡になることはありません。

しかし、子どもの時に水疱瘡になっていなかったり、予防接種を受けていないことで、大人になっても体に抗体がないという場合は、大人になってから水疱瘡にかかることがあります

また、大人になってから水疱瘡になった場合は、子どもがかかるよりも重症化する危険性も高いので注意が必要とされます。

子どもの時に水疱瘡にかかったことのある人でも、病気の症状がほとんどあらわれず軽症で済んだという人は、しっかりした抗体ができていないこともあり、大人になってから再び水疱瘡になることがあります。

水疱瘡になったことがある人でも、体内に水痘・帯状疱疹ウィルスが存在するために、大人になってからでも、体力が落ちたり、免疫力が下がったりした時に突然発病し、帯状疱疹がでることもあります。

水疱瘡が重症化したらどうなるの?

大人が水疱瘡になると重症化すると良く聞きますが、具体的には敗血症や肺炎、脳炎などの中枢神経感染症になり、最悪死亡することがあります。

二次感染症のうち、A型溶連菌になると死亡することが高いとされています。過去に水疱瘡や帯状疱疹にかかったことがある人は、体にウィルスを保持しているので、水疱瘡が治っても免疫が低下した時などに、帯状疱疹を発症することがあります。

帯状疱疹後の神経痛は、重症な帯状疱疹になった後に痛みが出るものでなかなか治り難いとされています。これは高齢者などに多い症状でもあります。

また、悪性腫瘍、ネフローゼなどの基礎疾患や、それらの治療で免疫抑制状態にある人、寝たきりの人などに水疱瘡に感染すると命に関わることがあります。

妊婦さんも、基礎疾患のある人や免疫抑制状態の人は水疱瘡にかかることがありますので、注意が必要です。

妊婦さんが水疱瘡にかかったら?

日本人の成人の水疱瘡の抗体保持率は約9割とされていますが、年々下降傾向にあります。つまり、抗体のない妊婦さんが増えているということです。

抗体のない大人が感染すると重症化するといわれますが、抗体のない妊婦さんが水疱瘡に感染すると1~2割の人が肺炎を併発したり、最悪の場合は死亡することがあります。

また、妊婦さんが水疱瘡にかかると、お腹の赤ちゃんにも感染するので、赤ちゃんにさまざまな障害が出ることもありますし、流産のリスクも高くなります。

一方、子どもの時に水疱瘡にかかって抗体があっても、妊娠中に帯状疱疹になってしまう人もいますが、この場合は赤ちゃんに感染する危険はほとんどないとされています

妊娠中に妊婦さんが水疱瘡にかかると、妊婦さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響があるので、妊娠中に水疱瘡に感染しないように注意したり、自分の過去の病歴や予防接種についてしっかり確認しておくことが大切です。

妊娠中のいつ水疱瘡になったのか

妊娠中の水疱瘡は、妊娠中のどの時期に水疱瘡になったかによって影響も違います。

妊娠初期~妊娠中期

妊娠初期から妊娠中期の時期に妊婦が水疱瘡に感染した場合、胎盤を通してお腹の中の胎児にウィルス感染し、先天性水痘症候群になることがあります。

この時期に妊婦さんが水疱瘡になっても、お腹の中の赤ちゃんに感染することは稀で、妊娠初期の場合、0.55パーセント、妊娠中期でも1.4パーセントの感染率となります。

妊娠末期に至っては、お腹の赤ちゃんが発病する確率は0パーセントといわれています。先天性水痘症候群にも数種類ありますが、一番症状として出やすいのが皮膚疾患です。

皮膚に瘢痕があったり、皮膚が欠損したり、色素沈着が見られます。手足が短く生まれてきたり、中枢神経障害として脳炎、水痘症、視神経萎縮になることもあります。

目の異常としては、白内障、網脈絡膜炎があり、消化器・泌尿器疾患としては、腸管閉鎖、腎形成不全、水腎症などがあります。また、胎児の発育が遅れるという症状も見られます。

妊娠20週から分娩21日前

この時期に妊婦さんが水痘症に感染してもお腹の中の赤ちゃんに感染することはほとんどありませんが、生まれてきた赤ちゃんの9パーセントは、水疱瘡ではなく乳幼児期に帯状疱疹を発病するという報告があります。

分娩前後

妊娠後期の周産期に妊婦さんが水疱瘡に感染した場合、お腹の中で感染することはありませんが、分娩の際に産道を通ることで新生児水痘を発症することがあります

分娩後5日前~分娩後2日に妊婦さんが水疱瘡にかかることで、新生児水痘になる確率が一番高くなります。

この時期に妊婦さんが水疱瘡にかかって赤ちゃんにウィルス感染した場合、その30~40パーセントが生後5日~10日に新生児水痘を発病します。

最悪のシナリオとして、発病した赤ちゃんの30パーセントは死亡するというデータもあるほどです。

出産前後に妊婦さんが水疱瘡を発病することが、もっとも危険なのです。

もし出産予定日が近いのに水疱瘡を発症したら?

出産予定日がかなり近づいたときに水疱瘡を発病したことが分かった場合、赤ちゃんへの感染の確率が上がり、危険な状態に陥る可能性があります。

お腹の中の赤ちゃんへ妊婦さんから抗体が移行すれば、生まれた赤ちゃんが発病することがないので、出産までの時期を人工的に遅らせるという方法が選択できます。

その場合、子宮が陣痛によって収縮しないように、子宮収縮抑制剤を投与します。周産期に水疱瘡に感染した妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、生まれるとすぐに水疱瘡の治療を始めることになります。

赤ちゃんの治療には、免疫グロブリンやアシクロビルで対応することが多くなっています。欧米では他人の抗体を赤ちゃんに入れる受動免疫療法が行われて成果が上がっていますが、日本国内ではまだこの治療は行われていません。

もしかして水疱瘡?と思ったら

油断は禁物

以上のことから、妊娠中の水疱瘡は万が一の場合も考え、慎重な対応が必要です。もし自分が水疱瘡になってしまったと思ったら、どんなことに注意すればいいのか見ていきましょう。

初期症状は?

水疱瘡になると発熱して赤い発疹が出るというのが特徴的な症状です。発疹が出ることで水疱瘡である確信が持てるのですが、超初期症状としては37~8度ほどの発熱であったり、頭痛、食欲不振、だるいという症状のため、気がつかないという人もいます。

中には熱が出ないという人までいます。自分が見える範囲に発疹が出た場合は分かりますが、背中などに出た場合はわかりにくく、虫刺されと勘違いする場合もあります。

家族の中で水疱瘡の患者がいたり、集団保育を受けている子どもの周りで水疱瘡が流行っている場合は気づくのも早いかもしれませんが、大人だけの暮らしの中ですぐに水疱瘡であると気が付くのは難しい場合があります。

直接産婦人科に行ってはいけません

水疱が体にはっきり出始めると水疱瘡であると気がつきますが、焦ってかかりつけの産婦人科に出向いてはいけません。

水疱瘡は感染力が高いので、他の妊婦さんに感染する危険もありますまずは電話などでかかりつけの産婦人科に相談してみましょう。

場合によっては皮膚科を紹介されたりすることもあります。水疱瘡の診断方法としては、臨床経過から医師が判断することが多く、検査をすることはあまりありません。

しかし、検査をする場合は、水疱をぬぐった体液や唾液などでPCR検査を行ったり、血液検査を行います。血液検査を行うと回復期の水痘lgG抗体の上昇があります。

妊婦さんへの水疱瘡の治療は?

妊娠のどの段階で水疱瘡になったかということが重視されますが、出産予定日が迫っていない場合は、水疱瘡が重症化することを避けるために、アシクロビルなどの抗ウィルス薬が処方されます。

アシクロビルは水疱出現の24時間以内に投与しますが、必ずしも投与が必要というものでもありません。

アシクロビルは、産婦人科学会のガイドラインによると胎児に奇形などの危険が少ない薬とされています。

また、発疹のかゆみを軽減するために軟膏が処方されたり、目にも発疹の影響が出ている場合は点眼薬が処方されます。

出産予定日が迫っている妊婦さんは、赤ちゃんへの影響も心配となるので分娩を遅らせるなどの対応も行われます。

妊娠中に水疱瘡にならないようにしておく

妊娠中の水疱瘡はならないのが一番ですが、予防する方法はあるのかどうか見ていきましょう。

妊娠前にワクチン接種をしておく

妊娠中に水疱瘡になるということは、できるだけ避けたいものです。妊娠の予定があるという女性は、妊娠するまでに自分の病歴や予防接種歴を調べて、妊娠中安心していられるように備えておくことが重要です。

妊娠中には水疱瘡の予防接種はできません。水疱瘡の予防接種は生ワクチンであるため妊婦さんへ接種できないからです。

そのため、妊娠前にワクチン接種をしておきましょう。

水疱瘡の予防接種の回数と期間

水疱瘡の抗体がないということが事前に分かっている女性が妊娠を希望している場合は、妊娠する前に予防接種を受けておくことが大切です。

水疱瘡の予防接種は2回接種が基本となっています。このため、予防接種の前の1ヶ月から2回目の予防接種後の約2ヶ月は避妊をして、妊娠をしないようにしましょう。

抗体ができてから妊娠することによって、水疱瘡のリスクが回避されるので、計画的に妊娠を試みている人は、予防接種の期間も考慮しておいてください。

良く分からない場合は、産婦人科の医師や内科の医師に相談してみましょう。

水疱瘡に感染している疑いのある子どもと接触しない

予防接種などを妊娠前に受けられなかったことで、抗体がないと分かっている妊婦さんは自力でウィルス感染から自分の体を守るしかありません。

水疱瘡のウィルスは感染力が強いので、人が集まる場所には極力行かないようにします。また、どうしても行かなければならない場合は、マスクをしたり、手洗い、うがいなどをして、しっかりウィルス除去するよう心がけます。

水疱瘡は基本的に子どもの間で流行る病気なので、水疱瘡に感染している可能性のある子どもには接触しないようにしましょう。

もし、自分の子どもが感染している可能性がある場合は、病気が治るまでの間、家族に手伝ってもらい、子どもと自分が接触することを極力避けるようにしましょう。

家族には予防接種を必ず受けてもらう

自分だけでなく、一緒に住んでいる家族の予防接種歴や病歴を調べておくことも非常に大切です。

妊婦さんの予防接種はできませんが、旦那さんや子どもに水疱瘡の抗体がないという場合は感染する可能性が高くなるので、できるだけ早く予防接種をしてもらいましょう。

抗体があるか分からない場合は?

日本国内では、子どもの時に水疱瘡にかかったり、予防接種を受けている人がほとんどです。そのため妊娠中に抗体がないということはあまりありません。

しかし、妊娠すると病院では必ず過去の病歴について質問されます。子どものころの自分の病歴などが分からない場合は、親に聞いて知っておくことが大切です。

親に聞くことができない、親も忘れていたりして病歴が分からないという場合は、産婦人科や内科で抗体検査を受けることで分かります。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠できる可能性が25%UP?!
妊娠しにくい体質かも…と思ったら、いますぐチェックしてみよう!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる