妊婦さんによくある血便

妊婦さんによくある血便!下痢や鮮血が出た場合と赤ちゃんへの影響



トイレでいつものように排便して、血便が出ていたら本当にびっくりしてしまいます。

私って病気?赤ちゃんは大丈夫?と心配でうろたえてしまう人もたくさんいます。しかし、実は妊娠中に血便がでるのはよくあることで、多くの場合それほど深刻に考える必要がありません。

しかし、中には血便が怖い病気のサインということもあるので、その辺りの見極めが大切です。

そこで今回は、

・妊娠中に血便がでた!
・どうして血便がでるの?
・赤ちゃんに影響はない?

といった方に、妊婦さんはどうして血便が出やすいのか、その理由や対処法などについて詳しくご紹介します。

血便って何?

血便って何

便に血が混ざるというのが血便です。

見たことがない人が血便と聞くと、便が真っ赤になっている映像を思い浮かべてしまうかもしれませんが、血便にも色々なタイプがあって、真っ赤な便というのは実はあまりありません。

血が便に混ざるということは、便が排出されるまでの過程のどこかで出血しているということです。

具体的には、消化器官や直腸や、肛門などから出血していることが考えられます。体のどの部分で出血を起こしているかによって、血便も変化します。

色も、黒褐色のようなものがあったり、鮮やかな赤い血液そのものが便と一緒に出てくる場合もあります。

また、パッと見ただけでは便に血が混ざっていることが分からないものもあります。肉眼で分からないものは、便を検査してみて血液反応があるかどうか調べます。

ドロッとした粘液状の血液が混じった便を、粘血便といいます。

妊娠中に血便が出る原因の多くは痔

妊娠中に血便が出る原因で一番よくあるのが「」です。妊娠すると体内の水分が子宮に集まるために、本来腸内にあるべき水分が不足しやすくなります。

腸内の水分が不足すると、便が硬い状態になり、便そのものが直腸などを傷つけて出血したりします。

また、妊娠後期になると子宮が大きくなるので、下半身の負担が大きくなり、子宮が腸を圧迫するので便秘気味になりますし、血行不良になります。

そして、お腹が大きいので運動不足になることでも痔になりやすくなるのです。

妊娠をしたことで痔になる人は多いですが、妊娠以前から痔の人は、妊娠することによってさらに痔の症状が悪化します。また、出産時に痔になるという人も非常に多いです。

妊婦さんがなりやすい痔の種類と血便

妊婦さんがなりやすい痔は、以下のような種類があります。

いぼ痔

直腸と子宮は非常に近い場所にあります。特に妊娠後期、大きくなった子宮に直腸が圧迫されて血流が悪くなり、いぼ痔になります

いぼ痔には、直腸付近にできる内痔核と、肛門付近にできる外痔核があります。

直腸は知覚神経がないので痛みがありませんが、便秘が続いている状態で、排便の時に力を入れると、直腸近くにできた痔が肛門の方に押されることで残便感があることがあり、いぼが傷ついて出血することもあります。

外核痔は、肛門の近くにあるので痛みを感じやすく、時には出血します。肛門付近を触ってみるといぼやコブのような硬いしこりを感じることができます。

長時間座ったまま過ごすことによって、肛門付近の静脈が圧迫されやすいので注意しましょう。

いずれも出血箇所が肛門の近くになりますので、血便といってもほぼ鮮血のような赤い血が便と共に出ます

治療には軟膏、坐薬、内服薬などがあります。炎症が起きて激しく痛む場合は除去手術が必要になりますが、妊娠中は基本的に手術は行いません。

切れ痔

腸内の水分が不足すると、便が硬くなり、硬くなった便が排便する時に、肛門周辺の粘膜を傷つけることで出血するのを切れ痔といいます。

排便する時に肛門に痛みを感じ、排便後はトイレットペーパーに鮮血が付いています。便が細くなるのも特徴です。

便秘の硬い便を無理に出そうとして、力を強く入れると切れ痔になりやすくなります。また、下痢が続いているときに排便の回数が増えると、何度も肛門を拭くことで肛門の粘膜が切れて切れ痔になることもあります。

切れ痔の場合も、肛門付近で出血するので血便というより、便と血液が出てくる感じです。血液は出血したての赤い鮮血です。傷がひどい場合は、トイレの便器の中が真っ赤になるほど出血することも珍しくありません。

妊婦さんが痔や血便になると胎児に影響はある?

切れ痔やいぼ痔で血便が出ることに関して、お腹の中の赤ちゃんには影響はほぼないと考えて大丈夫です。

血便といっても、直腸や肛門の近くで傷ができて出血しているので、2~3日もすれば出血は治まり、1週間もすれば元に戻ります。

胎児に影響があるとすれば、血便ではなく便秘です。便秘になると血液の流れが悪くなり、腸の中にガスが溜まってきます。

溜まったガスが血液中に混ざると、血液の質が下がったり、栄養を血液に乗せて胎児の体まで届けることができません。その結果、胎児の成長に影響が及びます。

妊婦さんが痔になった場合の治療は?

妊娠に影響は

妊娠や出産で痔になってしまうという女性は多いものです。痔は男性がなるものと思っている人もいますが、女性は妊婦さんになって初めて痔になったという人も多いのです。

痔になるということは、女性にとって恥ずかしいものですので、なかなか治療のために病院に行くことも抵抗を感じる人もいますが、痔が原因だからとそのまま症状を放置してはいけない場合もあります。

軽症の痔の場合、出血しても2日~1週間ほどで最初の傷が治り、出血は止まることが多いですが、痔の原因が便秘であると、根本的な原因の対処をしないと同じ症状を繰り返すことになり、結果的に症状が重症化してしまいます。

妊娠中に痔になって血便が出る場合は、かかりつけの産婦人科で血便が出たことを相談してみましょう。

痔が原因と判明すると、軟膏や坐薬を処方してくれます。また、便秘が原因の痔になっている場合は、便秘を緩和するための薬も処方してくれます。

妊娠することで痔になる人が多いので、他の科を改めて受診するよりも、産婦人科で相談する方がスムーズに対応してもらえます。

もし、重症化している痔や、痔ではなく他の病気である場合は、産婦人科の方から病院を紹介してもらうことができるので安心です。

痔の市販薬も、ドラッグストアで購入することは可能ですが、市販薬を使用する際はしっかりと産婦人科の医師に相談してから使用するようにしましょう。

痔による血便を何とかしたい人の対処法

妊娠中に痔になってしまい、血便が出てしまう場合の対処法についてご紹介します。

お尻を温める

痔によって肛門や直腸付近に傷がある人は、お尻を冷やしてはいけません。お尻を温めて血流をよくすることで傷の治りが早くなります。

夜に入浴するときも、お尻に傷がある人は痛いのでシャワーだけで済ませようとすることが多いものです。しかし、シャワーだけではしっかりとお尻を温めることはできません。

湯船にお湯を張り、お風呂に入ってお尻を温めましょう。お尻や肛門を強く触ると痛いので、優しく扱います。

石鹸の泡をたくさん立てて、肛門の周りを優しく円を描くように洗ったり、柔らかくマッサージしましょう。血流もよくなりますし、清潔になります。

また、入浴に時間がない場合は、半身浴だけでも大丈夫です。傷から出血している切れ痔やいぼ痔は良いのですが、もしあな痔(痔ろう)になっている場合は、細菌が繁殖することでお尻の中で化膿している状態なので、入浴でお尻を温めることで症状が悪化します。

肛門が赤く腫れている場合は、氷水で冷やすようにしましょう。

トイレの便座を温める

妊婦さんの痔は、便秘で便がなかなか出ずにトイレでずっと座っていることで起こりやすくなります。トイレでずっと長居することは良いことではありません。

トイレでずっと座っていると、お尻の血流は悪くなり、便座が冷たいとお尻が冷えます。寒い時は、特にトイレの便座は温かくしておくことが必須です。できれば、下半身全体が冷えないように、トイレの室温も温かくしておきましょう。

温水ウォシュレット

排便した後にトイレットペーパーでお尻を拭くと、どうしても肛門の周りを刺激してしまいます。

下痢をしているとトイレの回数が増えるので、それだけトイレットペーパーで肛門を刺激してしまうので痔になりやすく、痔になっている人はどんどん悪化します。

このような問題を解決するためには、温水のウォシュレットをトイレに取り付けてトイレットペーパーを極力使わず、温水でお尻を綺麗に保つようにします。

お湯で汚れを落とすことができ、乾燥機能が付いているものならそのまますっきり乾燥することもできます。

終わった後のお尻は爽やかで気持ちが良いので、妊婦さんだけでなく家族の誰でもが快適に過ごすことができます。

妊婦さんはただでさえお腹が大きくて、体をよじることが難しくなります。ウォシュレットはこのような面でも妊婦さんに有益なアイテムです。

食物繊維をとる

食べるものは直接健康状態を左右します。妊婦さんは常に食事の栄養をよく考えて食べることが大切です。

痔で血便が出るということは、便秘になっていて便が出にくくなっていることが原因の1つです。食事で便秘を解消するためには、食物繊維のものをたくさん食べることが大切です。

食物繊維には、水に溶ける水溶性の食物繊維と、水分を吸収すると膨らむ不溶性の食物繊維があります。

例えば、リンゴ、バナナ、わかめ、ひじきなどは水溶性の食物繊維で、便を柔らかくする作用があります。

また、ごぼう、レンコン、サツマイモ、じゃがいも、押し麦などは不溶性の食物繊維ですが、膨らんで腸を刺激することで腸の動きがよくなり、便秘を解消してくれます。

腸内環境を整える

腸内環境を良くする、つまり、腸内に善玉菌をたくさん作ると便秘は解消できます。

乳酸菌は善玉菌の代表例ですが、ヨーグルト、チーズ、しょうゆ、キムチ、みそ、納豆といった発酵食品にたくさん含まれています

腸内の善玉菌を増やすためには、善玉菌のえさが必要です。そこで、善玉菌のえさとなるオリゴ糖を一緒に食べると良いとされています。

オリゴ糖は普通のスーパーなどでも簡単に手に入りますし、大豆やハチミツにも含まれています。

ヨーグルトを食べる時に、砂糖ではなくオリゴ糖を使うと、善玉菌とえさを両方一度に体内に吸収することができるので腸に良い食べ物です。

朝起きたら1杯の水を飲む

血便を出すような硬い便が出るということは、腸内に水分が足りていない、しっかり腸が活動していないということです。

また、排便はタイミングも大切です。便意があるのに我慢すると、便意がなくなり痔になるということはよくあります。

毎朝十分な量の排便ができていれば痔にはなりませんし、血便は出ません。そこで、朝に一杯の水や白湯を飲むことで、眠っている腸を起こし、朝から活動を始め、朝食を食べた頃に便意をもよおすよう自分でリズムを作りましょう。

朝に質の良い便をするという習慣ができれば、便秘が重症化することはありませんし、血便が出るということもなくなります。

妊婦さんが痔でないのに血便をする場合

妊娠中の血便は、原因のほとんどが痔ですが、そうでない場合もあります。いつもと様子が異なったり、別の症状が出るなど、おかしいと感じたら病院を受診してください。

ウィルスや細菌感染によるもの

下痢が続いていてなかなか治らず、しばらくすると血が混じったような血便が出たという場合は、痔が原因の血便ではありません。

発熱したり、激しい腹痛がある場合は、大腸の炎症が考えられます。例えば、細菌の黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、カンピロバクター、冬ならばノロウィルスやロタウィルスなどの感染です。

感染性の腸炎の場合は、下痢だけでなく、吐き気や嘔吐を伴います。血便が出る場合もありますが、下痢の症状の方がひどいです。

このような症状を伴う血便の場合は、早急にかかりつけの産婦人科に連絡を取って受診しましょう。

消化器系からの出血による血便

痔の場合の血便は、鮮やかな赤い血便が出ますが、便が何となく赤いような黒褐色のような色をしている場合は、出血してから時間がある程度経っているということなので、もう少し奥の消化器系の臓器からの出血が疑われます

一番恐ろしいのは、大腸がん、小腸がんなどです。また、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸潰瘍、大腸ポリープなどでも血便が出ます。

子宮頸がんなどは消化器系のガンではありませんが、末期症状として血便が出ます。これらの血便は、専門の医師による診断と治療が大切になってきます。

血便を見て原因がよく分からない場合は、かかりつけの医師に相談して対応をしてもらいましょう。自己判断だけで血便を放置しないことが重要です。恥ずかしがらずに早目に医師の診察を受けましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠できる可能性が25%UP?!
妊娠しにくい体質かも…と思ったら、いますぐチェックしてみよう!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる