ココマガ > 妊娠 > 妊娠中の病気 > 妊婦さんは虫歯になりやすい?虫歯治療や親知らずの抜歯はできる?
妊娠中に親知らずが痛い

妊婦さんは虫歯になりやすい?虫歯治療や親知らずの抜歯はできる?



妊娠中はさまざまな要因から、虫歯になりやすいといわれています。

女性ホルモンやつわりの影響など、色々な原因が引き金となっているのですが、発症だけでなく、進行のリスクも高い妊娠時期は、虫歯に特に気を付けなくてはなりません。

しかし、気を付けていたにもかかわらず、虫歯になってしまった時、どうしたらいいものかと悩んでしまいますよね。

特に親知らずのような、簡単には治療できない歯が虫歯となれば深刻です。

そこで今回は、

・どうして妊娠中は虫歯になりやすいの?
・親知らずが虫歯になってしまった!
・親知らずが痛むときはどうすればいい?

といった方に、妊娠中の虫歯とその治療について、親知らずの虫歯を中心に詳しくご紹介します。

妊娠中はどうして虫歯ができやすいの?

妊娠中はどうして虫歯ができやすいの

妊娠中はどうして虫歯ができやすいのでしょうか?妊娠中に考えられる歯へもたらす影響を見ていきましょう。

女性ホルモン

妊娠中は女性ホルモンのバランスが大きく変化する時期です。そのため体の状態も色々な部分が変化します。

その中でも妊婦さんに悪影響をもたらす変化の一つが、口の中の状態です。実は、歯周病菌は女性ホルモンを栄養源としています。

妊娠中は女性ホルモンの中のエストロゲンというホルモンが増えますが、このエストロゲンが歯磨き中の出血などで口腔内に染み出ると、歯の細菌が異常繁殖を始めてしまいます。

その結果、虫歯が大量にできてしまうのです。歯周病菌が口腔内に繁殖してしまうと、唾液もねばねばと粘着力のある唾液に変化し、本来アルカリ性である口の中が酸性化してしまいます。

これもまた、女性ホルモンなどで助長されてしまいますので、より虫歯ができやすくなってしまうのです。

つわり

妊娠中、特に初期はつわりがひどい方が多くなります。

つわりによって、気持ち悪い状態の中で歯を磨くことが困難となるため、歯磨きがおろそかになってしまうことで、虫歯が増えてしまうことがあります。

歯ブラシをくわえただけで吐き気をもよおしたり、歯磨き中に気持ち悪くなることで歯磨きの手を休めてしまうと、口の中は綺麗な状態にはなりません。

気持ち悪いのを我慢してまで歯磨きをすれば、虫歯菌の増殖も抑えられますが、やはり毎日、毎食となるとそうもいきません。

また、つわりによって胃酸が逆流することで口の中の酸性度が増し、歯に悪影響を与えることもあります。

そんな妊娠中のつわりの不調が虫歯の原因の一つとなっています。

小分けにする食事

妊娠中はつわりや、子宮が大きくなり胃が圧迫されることなどから、食事が思うように進みません。しかし、赤ちゃんの分まで栄養を摂る必要があるわけですから、空腹を覚えます。

そのため、回数を分けて少しずつ食事をすることも多くなります。食事の間隔が短いと、常に口腔内は雑菌が増えることになり、唾液が中和している時間も減ることになりますので、虫歯が増えてしまいます。

妊娠中の虫歯は治療できる?

虫歯のリスクも上がる妊娠期は、気を付けていても虫歯になってしまうことがあります。お腹の中に赤ちゃんがいるため、虫歯の治療ができるのかと心配してしまうお母さんもいますが、基本的に歯の治療はできます

レントゲンや抜歯、痛み止めの服薬など色々心配になることは多いですが、妊娠をしている旨を伝えれば適切な治療を行ってもらえるため、特に心配する必要はありません。

レントゲンを撮る場合、胎児に影響が出ないように腹部にカバーをかけ、歯のレントゲンのみ撮るようにしますし、抜歯する場合も、歯を抜くための局所麻酔となりますので、少量の麻酔薬しか使いません。

また、その後痛む時に薬を飲むこともありますが、妊娠中でも使用できる薬を処方してもらうことができます。

虫歯を放置していると痛いだけでなく、患部が腫れてしまったり、熱を持ってしまうこともありますので、妊娠中の虫歯も早めの治療を心掛けましょう。

また、妊娠中に怖いのは、歯周病菌への免疫反応として分泌されるサイトカインが血液中で増殖すると、子宮が収縮したり陣痛が引き起こされたりするというリスクがあることです。

歯周病に感染している妊婦さんは、切迫早産などになるリスクが通常の人に比べ高くなるというデータがありますので、決して虫歯を放置しないようにしましょう。

妊娠中に親知らずが痛む場合

親知らずは、上下左右の一番奥にある歯で、10代後半から20代前半に生えてくる歯です。

「第3大臼歯」などとも呼ばれることがありますが、人によってはきちんと頭を出さないままであったり、曲がっていたりしており、また、一番奥に生えているため、虫歯になりやすい歯といわれています。

妊娠中は口腔内の状態が変化することで、親知らずが急に痛みだすことも。このように親知らずが痛みだすと、やはり一番の治療法は抜歯ということになります。

他の歯を抜歯するのと違って、大きな歯を抜くことになるため切開して抜歯することも多く、その後の痛みや腫れなど色々なリスクも考えられます。

それが妊娠中となるわけですから、いくら妊娠中に歯の治療はできると分かってはいても、思い悩んでしまいます。

早く治療に行くべきか、もう少し様子を見るべきかなど、考えてしまう妊婦さんも少なくありません。

親知らずが痛み始めた場合、やはり他の歯同様、治療しても大丈夫なのでしょうか?

妊娠中の親知らずの治療法は?

妊娠中さまざまな原因で親知らずが痛んでしまった場合、治療への不安のネックとなるのがやはり抜歯です。

歯科で治療が行うことができないことも多く、口腔外科に行くようにといわれるケースもありますので、心配になります。

しかし、妊娠中の親知らずの治療は、主に歯を抜くことは行わず、治療していく方向で検討されます

親知らずは抜くのが唯一の治療法と思っている方も多いですが、そうでない治療法もあるのです。

親知らずが痛む場合、考えられる原因として、

・虫歯
・親知らずが生えてくるため痛むケース
・親知らずが周辺の歯を圧迫し痛むケース
・親知らずが歯茎を圧迫することで痛むケース
・ケアが十分でないため歯周病を発症しているケース

などがあります。

虫歯や他の歯を邪魔して痛む場合、その症状によって治療法が選択されます。

虫歯の治療ができない場合には、もちろん抜歯が検討されることもありますが、軽く虫に食われている程度の場合、妊娠中は治療をして親知らずを温存する選択を取ることが多くなりますので、歯医者に行くことや、治療による赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません

歯周病のケースでも、適切な治療を行ってもらうことができますので、やはり親知らずが痛む場合は、妊娠中でも歯医者に行って治療してもらうのが一番です。

親知らずの痛みの対処法

親知らずが痛んだ時も、歯医者で妊娠していることを伝え、治療してもらうのが一番です。

親知らずの痛みは人によって異なりますが、強い痛みが出るケースも多く、膿や腫れなど重篤な症状を伴うことも多くなりますので、早めに受診することが大切ですが、痛みの症状が夜にあらわれた場合、朝までその痛みを我慢しなくてはなりません。

妊娠中は、市販の薬を飲んでしのいだりすることもできません。そのため夜などに痛み出した場合には、以下の方法で痛みを乗り切ってみて下さい。

合谷(こうごく)のツボを刺激

人差し指と親指の骨の付け根が合わさる場所より少し上に、合谷(こうごく)というツボがあります。

この合谷は別名「万能のツボ」と呼ばれており、数あるツボの中でもっとも脳に刺激を伝えることのできるツボともいわれています。

ツボを押すことで、ツボ自体は鈍い痛みを感じることになりますが、脳の中では痛みを抑える「エンドルフィン」という物質が大量に分泌されるため、あらゆる痛みを抑える効果があるとされています。

ツボ押しの効果は個人差がありますが、親知らずは、強烈な痛みを伴うことも多いので、試してみる価値は十分にあります。

少しでも痛みが抑えられるなら、ラッキーです。痛みを和らげることのできるツボ合谷を刺激してみましょう。

冷やす

親知らずが痛み出した時は、冷やすのも良い方法です。神経が冷たさで麻痺しますので、痛みを和らげることができます。

ただし、冷やして良いのは化膿していない場合に限ります。親知らずは化膿して痛みが出ているケースも多く、炎症を抑えてしまうとかえって治療に時間がかかってしまうこともあるのです。

炎症を抑えることは一見良いように感じますが、この炎症は体の中の免疫反応の一つで必要な腫れなのです。

そのため、痛む場合は良いのですが、押したりして膿などの炎症が見られる場合には、冷やさないようにしましょう。

膿があり、どうしても痛む場合は、アイスノンや氷ではなく、水道水で濡らしたタオルで冷やすようにしましょう。

親知らず周辺の歯や歯茎の間を掃除する

親知らずが痛む原因に、他の歯や歯茎を圧迫してしまうケースがありますが、もともとその予備軍であったにもかかわらず、その隙間にさらに食べかすが挟まったことで痛みが出ることがあります。

一番奥の歯ということもあり、取りにくい場所に食べかすが詰まってしまうため、食べかすを取り除くことは簡単ではありませんが、この邪魔な食べかすを取り除くことで、痛みが和らぐことがあります

痛んでいる時に親知らずを掃除することが嫌な方も多いですが、そのまま放置してしまうと、さらに虫歯になってしまうことになりますので、痛みを取り除くためにも歯や歯茎周辺の掃除をしてみましょう。

歯を磨く

親知らずは歯が正しくまっすぐに生えていないことも多いため、その周辺に炎症を起こしてしまうことも少なくありませんが、そういった歯周病が原因の痛みが出た場合、歯を磨くことが一番の痛み軽減法といえます。

痛みがあるにもかかわらず、強く磨いてしまうとさらに炎症を悪化させてしまいますので、柔らかい歯ブラシを使って優しく磨いてあげましょう。

親知らず周辺の細菌を綺麗にするつもりで、丁寧に磨いてみてください。

早めに治療してもらおう

親知らずは抜歯することも多いため、痛みが治まってしまった場合やあまり痛みがひどくない場合などは、つい治療を先延ばしにしてしまいがちですが、やはり症状を悪化させないためには早めの治療が肝心です。

何となく痛みは感じたけれど、今は治まっているからなどと歯医者さんに行くことを決して後回しにしないようにしましょう。

妊娠中の場合、できるだけ簡単な治療で出産まで迎えることが理想となりますので、特に親知らずは早急に治療してもらうことが大切です。

妊娠中のリスクをよく理解した上で、症状を悪化させない早めの対処をしておくようにしましょう。

また、出産後に再度受診することも忘れてはいけません。出産後は赤ちゃんを迎えて、毎日育児も大変ですが、歯医者は予約診療を受けることができる病院ですので、誰かに頼むことで、通院も可能です。

妊娠中の治療は、あくまで仮の治療という一面もありますので、妊娠期間が終了したらできるだけ早く歯科で治療を受けるようにしましょう。

親知らずは特に虫歯対策を

親知らずは他の歯と異なり、正しくまっすぐに生えていないことが多く、他の歯と比べても磨き残しが発生しやすい場所です。

そのため、妊娠中は特に入念にブラッシングするよう心がけましょう。隣の歯などに接している場合には、より磨きにくくなりますので、糸ようじなどを使って隅々まで綺麗にしてください。

また、妊娠中は定期的に歯医者に行くことも心がけましょう。親知らずなど、自分ではなかなか確認できない場所の歯まで、きちんとチェックしてもらうことができますし、磨き残しなどや歯石を取り除いてもらうこともできますので、虫歯や歯周病の予防に繋がります。

良く磨いているから大丈夫と安易に考えずに、虫歯ができやすい妊婦さんのリスクに備えて定期的に歯科にかかっておきましょう。

まとめ

まとめ

妊娠中はホルモンの影響やつわり、小分けな食事などで、どうしても虫歯のリスクが高くなります。歯の中でもっとも大きいといわれる親知らずも例外ではありません。

もちろん毎日丁寧に歯磨きし、予防することが大切ですが、万が一虫歯ができてしまった場合でも治療してもらうことができます。

通常、抜歯することも多い親知らずですが、妊娠していることを告げた場合、通常の虫歯と同様の治療が受けられます。

虫歯のみを治療してもらうこともできますので、まずはかかりつけの歯医者で相談することが大切です。

放置してしまうとより症状を悪化させてしまうことになりますので、できる限り早めに治療してもらうことが重要です。また、予防のためにも定期的に歯科の診察を受けるようにしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


アンケートご協力のお願い

ただいまココマガでは皆様により役立つ情報をお届けできるようアンケートを実施しております。 全16問の簡単なアンケートですので、是非ご協力をお願い致します! アンケートに協力する

おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる