料理酒はお酒?

料理酒はお酒?妊娠中に使ってもいい?妊婦さんへの影響と注意点



料理酒は日本食に欠かせない調味料の1つ。一家につき1本は常備されていてもおかしくありません。

しかし、料理酒も元を辿ればお酒。妊娠中のママの場合、自分の身体や赤ちゃんへの影響も考えて、タバコと同様、控えておきたいものの1つに必ず挙げられるものです。

料理酒は、他のお酒のように直接飲む物ではないとはいえ、作る料理によっては間接的に摂取することになります。

そこで今回は、

・料理酒とお酒の違いは?
・妊娠中は料理酒を使ってはいけない?
・料理酒を使うタイミングは?

といった方に、妊娠中は他のお酒と同様に、料理酒は控えるべきなのか、使う時の注意点などについて詳しくご紹介します。

料理酒って意外と多い!

料理酒って意外と多い

通常、スーパーなどで販売されている料理酒をはじめ、人によってみりんを料理酒代わりに使用したり、普段は飲んで楽しむことの多い日本酒や、ワインを料理酒として使う人もいます。

また、洋食や和食など作る料理によって料理酒を使い分けている人もいます。料理酒といっても、その数は多岐に渡ります。

さまざまな種類のある料理酒ですが、共通点として挙げられるのがアルコール。みりんを含め、料理がメインのお酒であったとしても必ず含まれているもので、妊婦さんが料理酒の使用を悩む原因ともいえます。

料理酒って何?

大まかなイメージとしては、料理に使用するお酒という感じですが、そもそも料理酒というのは、塩分や酢を加えた鋳造調味料、逆に塩が加えられていない料理用清酒、アルコール成分に加えアミノ酸や糖類、有機酸が含まれる合成清酒などが挙げられます。

日本酒とアルコール度数に大差がないのも特徴です。つまり、アルコール度数だけでみれば日本酒とさほど変わらないわけですが、異なるのは塩などを加えることで直接は飲めないようにしてあること。

そのおかげで、通常の日本酒よりも安価で手に入れやすくなっています。つまり、料理に使えるよう加工し、手に入りやすくしたものが料理酒なのです。

アルコールによる影響は?

妊娠中のママなら控えたいものとして、必ず挙げられるアルコールですが、その影響にはどのようなものがあるのでしょうか?

アルコールを摂取することで考えられる赤ちゃんへの影響は次の通りです。

胎児性アルコール症候群

ママがアルコールを摂取することで考えられるリスクの1つで、赤ちゃんの身体にアルコールが残ることで奇形や発達障害、低体重などの症状を持って生まれてくる可能性が高くなります。

ママの場合、アルコールを摂取しても肝臓がアルコールを分解してくれますが、赤ちゃんは発育途中のため上手く分解することができないのです。

妊娠中、気分転換も兼ねてアルコールを少量摂取するママもいると思いますが、そうしたアルコールはママだけでなく、赤ちゃんへも送られることになりますので注意が必要です。

流産のリスク

また、アルコールを妊娠中に摂取することで流産のリスクも高くなるといわれています。その確率は摂取していない人のおよそ2倍。

ママの中にはその点を考えて、お酒を飲む際は少量に留めている人もいるようですが、量を調節したからといってリスクがまったくなくなるというわけではありません。

妊娠超初期の頃や時期によっては影響も低いと考えられる場合もありますが、赤ちゃんのことを考えるのであれば、アルコールの摂取はできるだけ避けたいところです。

妊娠中の料理酒の使用は問題ない

先に結論からいってしまうと、妊娠中に料理酒を使用しても問題ありません

妊娠中は避けておきたいアルコールが含まれているとはいえ、基本、料理をする際には煮る・焼くといった調理過程が入るので、アルコールはその時に飛んでしまうからです。

ちなみに、アルコールは約78.3℃で蒸発します。温度以外の目安としては煮立っている上、湯気が出ていればOK。

料理によってはお酒をきかせた料理もありますが、風味が残っているだけで気になるアルコールは飛んでいますので安心して下さい。

赤ちゃんへの影響は?

ママにとってはちょっとしたことでも、赤ちゃんに悪影響が出てしまうことが妊娠中は少なくありません。

それは料理酒も同じこと。料理酒は調理する過程でアルコールが飛ぶということでしたが、ママは平気でも赤ちゃんに影響がないのか心配に思うママは少なくありません。

しかし、ママへの影響と同様に、料理酒を使用することで赤ちゃんに影響が出ることはありません

それは、アルコールが焼いたり煮たりすることで飛んでしまうということと、直接飲む場合と異なり、その量は少量の場合がほとんどなので、仮にアルコールが料理の中に残っていたとしても問題ないとされています。

湯気には気を付けるべき?

料理にお酒を使用したとしても、調理の過程で飛んでしまう場合がほとんどなわけですが、ここでもう1つ気になるのが、料理酒が飛ぶ時に出る湯気です。

料理に入れたお酒が飛んでしまうということは、蒸発して空気中に湯気として舞い上がるわけですから、その湯気にアルコール分が含まれていそうな感じがします。

しかし、これも基本的には気にしなくてOK。これは、赤ちゃんに対する影響にも同じことがいえます。

万が一にでも蒸発したアルコールが身体に入ってしまうことがあったとしても、少量ですから気にしなくて大丈夫です。

お酒に弱い人は注意!

お酒を少量嗜む程度の場合でも、長期的に飲まないようにするなど飲み方に気を付けるようにしないと、例えアルコールの摂取量に注意していてもリスクがまったくないとはいえません。

ほとんどの場合、問題がないとはいえ、お酒が極端に弱い人になると、アルコールが蒸発した湯気を吸い込むことで気分が悪くなってしまったり、頭痛を感じる人もいるので注意が必要です。

また、その際には注意力散漫にもなりがちですから、転倒しないようくれぐれも気を付けるようにして下さい。

調理する際には必ず換気を

湯気を吸い込まないというのは、調理をしているママには中々難しいものです。そのため、お酒に当てられそうな感じがする人は、換気をしながら調理することが大切です。

日中であれば窓を開けながらでも良いですし、換気扇を回すだけでも充分に効果があります。

蒸発した湯気を吸いこんだからといって、赤ちゃんに影響があるわけではないですが、ママ自身が酔っぱらったようにフラフラになってしまう可能性もありますので、不安な方は換気をしながら調理をして下さい。

調理に欠かせない料理酒

妊娠中のママが料理酒を使用して問題ないとはいえ、ママによっては調理の際に料理酒を抜いて調理する人もいるかもしれません。

しかし、料理酒は料理によっては欠かせない調味料で、料理酒を入れることでお肉や魚の臭みを消したり、うま味が増す、食材を柔らかくするなどの効果を期待することができます。

また、調理の仕上がりが早くなるという効果もあり、身体のだるさやつわりなどで辛いママをさりげなく助けてくれるのです。

妊婦さんが料理酒を使用する上で気を付けたいこと

料理に使用する分には特に問題がない料理酒ですが、使用する上で気を付けておきたい点がいくつかあります。

赤ちゃんを元気に産むためにも、以下に挙げる注意点を守って料理酒を使うようにして下さい。料理酒を使う上で気を付けたいことは以下の通りです。

摂取量には注意する

いくら加熱でアルコール分が飛ぶといっても、摂り過ぎはやはり禁物です。アルコールの影響はあまり心配ないかもしれませんが、販売される料理酒によっては塩などが含まれているものもあるからです。

妊娠中は体重管理も大切ですから、特に塩が原料に含まれている料理酒を使用する際には、摂取量に気を付けるようにしましょう。

また、料理酒やみりんはソースなど、他の商品に含まれていることも多々ありますので、大量摂取にならないように常日頃から原材料を確認することも大切です。

料理によっては煮切りを!

調理するものによっては、料理酒を加熱しないで使用する場合もあるかもしれません。その際、料理酒にもアルコールが含まれているので、そのまま使用するというのはやはり控えたいところ。

この場合、料理酒を使わないというのも1つの方法ですが、「煮切り」をするという方法もあります。

これは、使用する料理酒を料理に使用する前にひと煮立ちさせるというもので、この作業を行うことでアルコールを飛ばした料理酒を使用することができます。

ただし、ひと煮立ちさせた後は熱いので必ず冷ましてから使うようにしましょう。

そのまま飲むのは控える

料理酒は塩などを加えて飲めないよう処置を施したものですが、例えば合成清酒のように同じ料理酒でも飲めるものもあります。

ですが、料理酒をお酒代わりに飲むのはやめましょう。料理に使用できるのはあくまでアルコール分を加熱で蒸発させているからですし、料理酒のアルコール度数は平均11~14.5度程度と日本酒とあまり大差ないですから、飲酒をしているのと変わらなくなります。

担当の医師によっては、ビール1杯くらいなら、とOKを出してくれる場合もありますが、赤ちゃんへの影響も考えて、料理酒をそのまま飲むのは控えるようにして下さい。

料理酒を入れるタイミングってあるの?

料理酒を使う際には入れるタイミングも大切です。料理の順番というと「さ(砂糖)・し(塩)・す(酢)・せ(醤油)・そ(味噌)」が有名ですが、この順番を基準にお酒を入れる場合には、砂糖の前に入れるのがベストタイミングです。

早い、と思う人もいるかもしれませんが、料理酒にはアルコールが含まれていますから早めに使用することで、妊娠中のママは避けておきたいアルコールを飛ばしてしまうわけです。

ただし、すべての料理に当はまるわけではなく、やはり作る料理によってベストタイミングはさまざま。

料理酒には色々な効果が期待できますので、レシピや効果に合わせて料理酒を効果的に使いましょう。

日本酒やワインは使っても良いの?

料理酒についてはわかりましたが、ママによっては料理酒の代わりとして日本酒やワインを使用している人もいるはず。

通常、飲んで楽しむこともできる日本酒などを、料理酒として使用しても良いのか気になるところです。

実際のところ、妊娠中であったとしても日本酒やワインを料理酒代わりとして使用するのも問題ないとされています。

ただし、使用する場合には必ず加熱すること。加熱しない調理方法の場合には、日本酒やワインであっても、先に挙げた煮切りの方法でアルコール分を飛ばしてから使うようにして下さい。

先輩ママはどうしている?

同じ道を辿ってきた先輩ママたちは、料理酒にどう対応してきたのか口コミなどを参考にしてみると、レシピ通りに料理酒を使用している人がほとんどです。

やはり煮物など、和食に欠かせない以上、外せないというのが本音です。しっかり加熱すればアルコールが飛ぶというのも、ママたちの背中を押しています。

料理酒によっては塩分が含まれていることもあるので、体重管理を気にしているママも少なからずいますが、検査の際に医師から指導があれば、というスタンス。

やはり、妊娠中であっても料理酒は調理に欠かせない存在です。

お酒を使用したお菓子には注意!

料理の延長としてお菓子作りに励むママもいますが、お菓子にワインやブランデーなどの料理酒を使用するのは控えるようにしましょう。

理由としては、料理と異なり加熱しないまま料理酒を入れることが多いからです。

とはいえ、飲むのに比べれば少量とですので、もし誤って食べることがあったとしても身体に影響が出ることはありません。

ですが、物によってはアルコール度数の高いもの、また少量をたくさん摂取することでアルコールを大量に摂取してしまう可能性もありますので気を付けるようにして下さい。

不安な場合は使用を減らそう

加熱すれば、妊娠中であっても使用して問題のない料理酒ですが、それでも使用に不安が残る場合には使用量を減らしたり、きっぱり使わないと決めるのも1つの方法です。

ただし、神経質になり過ぎるとまた違った意味で心身に良くありませんから、使用方法に気を付けながら、料理酒の効果を楽しんでみて下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる