稽留流産の原因と手術方法

マタニティブルーズとは?産後うつ症状は4割のママが経験



マタニティブルーズという言葉を聞いたことはありますか?

出産を無事に終えて安心したり、うれしいはずなのに、なんだか気分が落ち込んでいる…というのがこのマタニティブルーズと呼ばれるものです。
産後のお母さん約10-40%が経験するといわれており、誰でも経験する可能性があるのです。

そこで今回は、

・そもそもマタニティブルーズとは?
・マタニティブルーズになったらどうしたらいいの?

といった方に、妊娠中からできる対策や産後の生活で気を付けるポイントについて紹介していきます。

まずマタニティブルーズってなに?


産後の急激なホルモンバランスの変化や、出産の疲労、頻回授乳による疲労が原因となります。

・ちょっとしたことで悲しくなったり、涙もろくなったりする
・漠然とした不安を感じている
・イライラしている
・一緒に入院生活をしているママさんに敵対心を抱いてしまう
・疲れがとれない
・食欲がない
・不眠
・頭痛
といった症状がみられます。

産後3~10日頃から2週間ころまでにあらわれる一時的に心が不安定になるもので病的なものではありません。2週間たてば自然治癒するものがほとんどです。

しかし、産後2週間以上抑うつ状態が続くと「産後うつ病」と呼ばれる精神疾患へ移行してしまい、薬物療法や精神療法が必要になってきてしまいます。2週間以上症状が続く場合には、産科・精神科の受診が必要です。

産後うつ病に移行しないためにも、マタニティブルーズに早く気づき、対処していくことが大切になってきます。

どんな人がマタニティブルーズになりやすいの?

では、マタニティブルーズになりやすい人はいるのでしょうか?

ホルモンバランスの変化や疲労が原因で症状が出現するとされていますが、なりやすい人の性格としては、出産に対して不安がある人、神経質な人、完璧主義、もともと不安感や抑うつが強い人がなりやすいとされています。
また、月経前緊張症のある人もマタニティブルーズになりやすいそうです。

産後、夫からのサポートが不足していると産後うつ病へ移行してしまうともされているので、妊娠中から夫婦で育児について話し合ったり、家事の分担など協力しあえる関係を作っておくことが大切です。

マタニティブルーズかも?と思ったら

自分でマタニティブルーズかもとまでは分からないと思いますが、出産後なんだか気持ちが晴れない、疲れている、涙もろいと感じたら周囲の人にサポートを求めることが大切です。

助産師さんに相談を

入院中に症状が出始めることも多いので、まずは、入院中の1番のサポーターである助産師さんに相談しましょう。
助産師さんは、妊娠・出産・産後において力になってくれる存在です。自分の辛いことや心配事を打ち明けることで、ママと赤ちゃんにあわせた生活の方法を提案してくれることでしょう。

自分だけじゃないと気楽に考える

出産を経験した人は、誰にでもなりうるものと考え、自分だけじゃないと気楽に考えましょう。
また、入院中周りのお母さんと比較してしまうこともあるかもしれませんが、最初のうちは「私は私」という気持ちでいましょう。

産後の生活で気をつけることは?


出産後、退院するまでは助産師さんが近くにいるから、分からないことがすぐに聞けて安心していたけど、自宅に戻ったあとはどうしたらよいのでしょうか?

ネットの情報に惑わされすぎないで

初めての育児、自宅に戻ってから戸惑うことも多いでしょう。なにが正解なのかわからず、ネットですぐに検索する癖もついていると思います。
しかし、子どもの成長はその子その子でバラバラなのです。周りと比べて、「なんでうちの子は…」と余計に落ち込んでしまうことのないように、ネットの情報を過信しすぎず、「ひとまずこのまま様子みてみよう」「次の検診のときまでは今のままでいよう」と考えておくのもよいでしょう。

徐々に自宅での生活に慣れていく

入院中は食事も運ばれてきて、掃除もしてもらって…という生活でしたが、自宅に戻るとそうはいってられません。
しかし、最初から家事も育児も頑張ろうとしてしまうと疲れてしまいます。「手を抜けるところは手を抜こう」という心持ちでいましょう。

最初の数週間は自分と赤ちゃんを優先にし、自宅での育児のペースが掴めてきたら、家事をできるところから始めていきましょう。

睡眠時間を確保する

授乳と授乳の間に赤ちゃんと一緒に昼寝するなど、睡眠時間を確保することも大切です。
夜間の頻回授乳がつらいときは、日中は母乳、夜間はミルクとわけてもいいのかもしれません。夜間にミルクを足すことで、赤ちゃんの腹持ちもよくなり、頻繁に泣かなくなります。

しかし、母乳がすでに多く作られているお母さんは、2~3時間に1度授乳をしないと、おっぱいが張ってしまう乳腺炎にもなってしまうので、自分のおっぱいと相談しながら、赤ちゃんと一緒に睡眠をとる工夫をしていきましょう。

この点に関しても、地域の母乳相談室や出張助産師さんが相談に乗ってくれるので、困ったときには相談してみましょう。

自分を責めない

育児と家事を両立しようとして、頑張るもののうまくいかない…そんな自分を責めたくなるかもしれません。しかし、だれも完璧を求めてはいません。
まず、マタニティブルーズは出産という大きな出来事によりなるもので、自分のせいではないと自覚することが大切です。そして、産後はなによりママと赤ちゃんが健康でいることがなによりなのです。

赤ちゃんが起きて泣いている、抱っこしていないと泣いてしまうといったことは1日のうち多くを占める場面です。ですので、効率的に家事ができなくなるのは当たり前です。
自分を責めないで、「まあいっか」と気楽にいれるように意識しましょう。

人に頼る

育児と家事が上手くできない…とふさぎ込んでしまってはいけません。上手に周囲の人に頼り、話を聞いてもらったり、手伝いをしてもらうことが大切です。

育児経験者の友人なら、気持ちをわかってくれることでしょう。また、実母・義母も育児においては大先輩です。手伝ってもらえるところは、甘えてみましょう。
地域の子育て支援センターでも相談に乗ってもらえるので、知人や家族にすぐに会えない場合などは地域の事業も活用してみましょう。

周囲のサポートを得ることで、育児を楽しくできたり、子どもとの関わりかたを学ぶこともできます。
1人で抱え込んでしまうことが、よくないことですので、不安を打ち明けてみましょう。

リラックスする時間を作る

ストレッチをしたり、アロマを嗅いだりすることでストレス軽減されます。自分なりのストレス解消法を実践し、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。

また、涙もろくなるマタニティブルーズですが、涙を流すことでストレス軽減になりすっきりするので、思いっきり泣いてみるのも1つの手段であると思います。

妊娠中からできる対策ってあるの?

産後におこるマタニティブルーズ。退院後、夫からのサポートが不足すると産後うつ病に移行してしまうとされています。

実は、妊娠中からできる対策というのは育児を見据えた夫婦関係の構築とサポートしてくれる人がいるかの確認なのです。

夫が協力してくれることを否定しない

妊娠中から家事を手伝ってもらうことも多いでしょう。
慣れない家事をしているところを見て、イライラするところもあるかもしれませんが「手伝ってくれてありがとう」という気持ちで過ごすようにしましょう。

妊娠中に手伝ってくれていることを否定してしまうと夫も協力的になってくれず、いざ育児がスタートしたときに協力し合えなくなってしまいます。

夫はどれくらい自炊できるかの確認を

妊娠初期、つわりで料理がしにくくなってしまったときに夫がどれくらい料理ができるのか見極めるポイントとなります。

妊娠中や産後は栄養バランスが大事になってきます。まったく料理ができず、買い物だけになってしまうという場合は、つわりが落ち着いた時期に、簡単に作れる料理を一緒に作るなど、夫が料理に馴染めるようにしましょう。

妊娠中・産後に簡単に栄養が摂れるものとしておすすめなのが鍋です。
野菜を切って市販のスープを火にかけるだけで手間もかかりません。お肉を食べるにも、ゆでることで脂肪が抑えられます。
また、身体をあたためるということも妊娠中には大切ですので、鍋料理は妊娠中に欠かせないおすすめな献立になります!

里帰り出産

夫が仕事の都合で忙しく、なかなか協力を得られない場合には里帰り出産を選択することが望ましいでしょう。
里帰り出産とは、妊婦の実父母が居住する家へ帰り、そこを拠点として出産することを言います。出産病院での1か月検診受診が必要なため、1~2か月程実家に滞在し、その後自宅へ戻ることが多いそうです。

里帰り出産をするには、実家付近の病院での分娩予約をしなくてはならなかったり、妊娠30週前後には里帰り出産先の実家に戻るといったことが必要なので、産後の育児サポートについては妊娠初期からしっかりと確認しておかなくてはなりません。

地域の相談場所の確認を

母子手帳の巻末には、育児サポートを受けられる事業について掲載されているので、困ったときの相談場所について理解しておくといいでしょう。

病院によっては、産後2週間検診や母乳相談室をおこなっているところもあり、退院後1週間後に自宅での育児について、助産師さんに相談することができます。サポートが手厚い病院を選ぶこともポイントになると思います。

さいごに

赤ちゃんの健康を守る布団クリーナー
マタニティブルーズは一過性のものとはいえ、慣れない育児に翻弄され、つらい思いをすることもあるでしょう。
孤独を感じ、ふさぎこんでしまうこともあるかもしれません。

しかし、「誰でも経験しうることだ、私だけじゃない」と考えることで少し気持ちが楽になるかもしれません。
育児はスタートしたばかりですので、気を張りすぎず、家族と協力して「育児を楽しむ」という感覚でいれるといいですね。

監修:natsumi(看護師)

プロフィール:産婦人科にて勤務後、保育園看護師として勤務中。母子に寄り添うことをモットーに日々働いています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠できる可能性が25%UP?!
妊娠しにくい体質かも…と思ったら、いますぐチェックしてみよう!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる