妊婦さんの虫刺され

妊婦さんの虫刺され!薬は使ってもいい?薬を使わない対処法は?



妊婦さんが虫に刺されてしまった場合、放っておいた方が良いのでしょうか?たかが虫刺されだと思っていても、ジカ熱やデング熱など、蚊を媒介して感染する感染症のリスクがあります。

また、市販薬を使用してもお腹の赤ちゃんの悪い影響はないのでしょうか?

いつもならあまり気にしない虫刺されでも、妊娠していると気になってしまいますよね。

そこで今回は、

・虫刺されに市販薬を使ってもいいの?
・妊婦さんは虫刺されが悪化しやすい?
・薬を使わない虫刺されの対処法は?

といった方に、妊婦さんが虫に刺された場合の対処法などについて詳しくご紹介します。

妊娠中に虫刺されの市販薬を使ってもいい?

妊娠中に虫刺されの市販薬を使ってもいい

虫に刺されて体が痒いというのはよくあることです。蚊に噛まれた程度なら我慢するか、もしくは市販の痒み止めをさっと塗って対処しますが、妊娠していると薬はできるだけ使わない方が良いというのが一般的な常識です。

このため、家にある虫刺されの痒み止めを使うべきか使わないか迷ってしまいます。結論からいえば、市販されている赤ちゃんも使える弱いタイプの痒み止めの塗り薬なら、妊娠していても特に問題はありません

薬を塗らなくても我慢できる程度のものなら我慢すれば良いのですが、痒くてイライラしたり、皮膚をかきむしったり、痒くて眠れないならば痒み止めを塗って対応しましょう。

掻くと酷くなる虫刺され

虫刺されも色々で、ちょっとした虫刺されなら、一度痒み止めを塗るだけで痒みを忘れてしまうこともありますが、虫の種類によっては痒み止めがまったく効かずに、あまりの痒みに掻いていると、どんどん周りに症状が広がっていったり、噛まれた跡が酷く悪化してしまうことがあります。

痒み止めを塗っても、いつものようにすぐに治らない、症状が酷くなってきたという場合は、自分だけで対応しようとせずに、皮膚科などを受診して治療することが大切です。

ずっと我慢したり、自己流で症状の対応をしている間に、どんどん虫刺されの症状が重症化してしまい、膿んでしまうこともあります。

医療機関にかかってもなかなか治らない、傷跡が残ることになってしまう可能性も出てくるのです。

痒みが治まらない、傷跡が広がってくるという場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

受診するのは産婦人科?皮膚科?

妊婦さんが虫刺されで医師の診察を受ける場合には、虫刺されの症状によって産婦人科で済ますか、皮膚科に行くか判断してみましょう。

妊婦さんはホルモンの関係で、妊娠中でも皮膚炎になることは珍しくありませんので、皮膚の症状でも産婦人科内で薬を処方してくれたり、アドバイスをもらうことは可能です。

しかし、普通の虫刺されではなかったり、皮膚の状態が酷いときは、妊婦さんであっても皮膚科を改めて受診することをおすすめします。

産婦人科の医師もある程度の対応はできますが、細かい治療はできないことも多くなります。皮膚科を受診する場合は、妊娠していることや妊娠週数などの情報をしっかりと伝えて対応してもらうようにしましょう。

妊婦さんは虫刺されが悪化しやすい?

妊娠していると、蚊に刺されただけでも膿んでしまったり、なかなか治らないことがあります。その理由は何なのでしょうか?

免疫力が下がっている

妊娠すると自分と違う生命体を自分の体に宿すことになります。このため、赤ちゃんを自分の一部として体が認識する必要があるため、免疫力を下げる必要がでてきます。

免疫力が下がると、菌やウィルスに感染しやすい状態になります。虫に刺された時は虫の唾液が体内に入ったり、菌やウィルスが体内に入るので、免疫力が下がっていることで傷が治りにくく、悪化しやすくなります。

肌荒れを起こしやすい

妊娠すると、ホルモンのバランスが一気に変化するので体質が変化します。今まであまり肌荒れなど起こしたことがないという人でも、化粧品に負けたり、食品アレルギーを起こして肌が荒れたり、蕁麻疹が出やすくなります。

普通なら、簡単に治るはずの虫刺されが長期間治らないこともあるのです。

我慢してしまう

虫刺されでも、最初に適切な対応をすれば、それほど症状が悪化することがないのですが、妊娠しているから薬を使いたくないという気持ちが働いて、症状を我慢していることが多くなり、いつのまにか症状が悪化してしまうことがよくあります。

体温が高い

妊婦さんは妊娠していない時よりも体温が高い状態になっています。体温が高いことを好む虫もいますので、通常よりも刺されやすい状態になってしまい、その結果症状がひどくあらわれることがあります。

虫刺されが悪化すると?

身体のサインに注意

虫刺されは、それほど重篤な病気ではありませんが、やはり悪化してしまうと次のような病状が見られることがあります。

具体的な症状についても覚えておきましょう。

痒疹(ようしん)

虫刺されやアトピー性皮膚炎などが原因で、痒みの強い赤い皮膚の盛り上がりができます。

この皮膚の症状は、体中の色々な場所にできてしまうことも。一度痒疹になると薬を使ってもなかなか酷い痒みは治まらず、症状も長期間続きます。

とびひ

虫刺され跡などを強く掻いていると、手に黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌などの菌が、他の傷口から入って炎症を起こします。

最初は一箇所虫に刺されただけなのに、掻いているうちに菌に感染して、体中に症状が広がることがあります。

自分自身の体に感染してどんどん広がっていくので、早めに皮膚科を受診して抗菌薬などを処方してもらって対応する必要があります。

虫刺されの薬について

妊娠中、虫刺されで処方される薬には、どのような薬があるのでしょうか?安全性など気になる点についても、見ていくことにしましょう。

痒み(抗ヒスタミン剤)

虫に刺されて患部に痒みがある場合は、痒み止めの薬を使用します。痒みを抑えるためには、抗ヒスタミン剤を用いるのが一般的です。

抗ヒスタミンの成分は色々ありますが、痒み止めに使われている抗ヒスタミンはジフェンヒドラミンなどです。

炎症(ステロイド剤)

虫刺され痕が赤くなったり、ただれたりして炎症を起こしてしまっている場合は、炎症を抑えるためにステロイドの成分を配合した薬を使用します。

ステロイドの成分にも色々ありますが、プレドニゾロン、ベタメタゾン、ヒドロコルチゾン、フルチカゾン、デキサメタゾンなどが代表的なものです。

ステロイド剤に関しては、副作用を心配する声も多いため、ステロイドを使いたくない妊婦さんも多くいます。

しかし、ステロイドにも色々な種類があり、妊婦さんでも短期間に集中して使うならば問題ないとされるものもたくさんあります。

また、効き目が強いものから弱いものまで幅広くあるので、医師に妊娠していることを相談しておくと、妊婦さんでも使用できるような薬を処方してもらうことができます。

ステロイドで一番問題になるのは、医師の処方を無視して自己判断でステロイドを止めたり、勝手に使ったり、強い薬を長期間ダラダラと使うことです。

虫刺されで炎症が酷い場合には、ステロイドを的確に使用することで、劇的に症状を軽くすることができます。医師の説明をよく聞いてステロイドを利用するようにしましょう。

市販品の薬は成分の配合が色々

虫刺されの塗り薬は、どのご家庭でも一つや二つは常備されているものです。昔からある虫刺されの軟膏や、液体の市販薬などがありますが、抗ヒスタミンやステロイド剤が色々な配合で入っています。

同じような薬でも、軟膏と液体のもので成分の内容が違うものもあります。はっきりとステロイド剤とか抗ヒスタミンという言葉が表示されていないものもありますので、パッと見ただけではどのような薬の成分なのか分からないということもあります。

そんな時は迷わず薬局の薬剤師さんに成分について説明を受けたり、ステロイドがどの程度含まれているのか、いないのかということを聞くようにしましょう。

もし、ドラッグストアなどで薬剤師さんがいない場合は、薬の効果に「炎症があるとき」と表示があればステロイド成分が入っている、「痒みがあるとき」とあれば抗ヒスタミン成分が入っていると考えられますので、そのあたりを参考に安全性を確認してみましょう。

産婦人科の医師に、使用の良し悪しを訪ねてみると安心です。

市販の薬を使う際の注意事項

抗ヒスタミン剤でも、ステロイド剤でも、妊婦さんはできるだけ薬を使用しない方がいいに越したことはありません。

しかし、虫刺されで痒みがあったり、炎症が起きている場合は、薬剤師さんの説明を聞いて市販の薬を使うようにしても良いですが、特にステロイド剤に関しては、使用する期間を3~5日と短期的に使用すること、お腹に近い部位に塗るのは極力避けるようにしましょう。

薬の注意事項に、妊娠している時は使用を注意すると書かれていない、人体に優しいものは、効き目は弱いですが、その分安心して使用できます。

薬を使わずに虫刺されに対応する方法

陣痛が来ても慌てずに

虫に刺されても、薬をどうしても使いたくないという人は、以下の方法を試してみましょう。

緑茶のティーパック

緑茶の成分には炎症を抑える働きがあります。そこで、使った後の緑茶のティーパックを冷蔵庫に保管しておいて、虫(特に蚊)に刺されたときに冷たいティーパックを患部にあてます。

殺菌効果があり、尚且つ冷たいティーパックは痒みを抑えて、炎症を起こしにくくしてくれます。

アロエを塗る

庭やベランダにアロエの鉢があると、虫に刺された時や傷ができたときに重宝します。

アロエの葉を折ると、透明のどろどろとした液体が出てきますが、その液体を炎症を起こしている場所に塗ると痒みや炎症が抑えられます。

アロエも冷やしておくとより効果的なので、冷蔵庫などに常備しておくのもおすすめです。アロエの鉢がない人は、アロエのジェルで代用することもできます。

アルコールを塗る

アルコールは消毒に使うことができますが、アルコールを虫刺されの患部に塗ると気化するときに熱を取るのでスッとします。

また、痒みも和らぎます。消毒効果もあるので、炎症を起こさないように殺菌することもできます。

家庭に消毒用のエタノールがあるのであれば、適度に薄めて患部に塗ってみましょう。エタノールがない場合は、手を消毒するための除菌ジェルも効果があります。

レモンの薄切りをあてる

もし冷蔵庫にレモンがあるなら、薄くスライスしたものを患部に乗せても効果があります。レモンなどの柑橘類は抗菌作用があり、炎症を抑えることができます。

氷をあてる

冷たい氷のキューブを患部にあてると、痒いという感覚が麻痺して、冷たいという感覚が先に立ちます。

痒みを抑えるというよりも、他の感覚で紛らわせるという方が適当かもしれません。氷でなくても、流水でも、冷えた湿布のようなものでも代用できます。

ティーツリーオイルをつける

ティーツリーオイルというのはアロマオイルの一種です。ティーツリーオイルは殺菌力が強いとされており、虫刺されの炎症を起こさないために利用できます。

精油を綿棒につけたものを、患部にちょんちょんと付けます。また、肌の弱い人や敏感肌の人はもう少し薄めたものを使ったり、湯船の中に数滴ティーツリーオイルを入れて入浴してみましょう。

ティーツリーの他のアロマでは、レモングラスも効果があります。

バジル

バジルが庭にある人は、摘んできた葉っぱを軽く揉んで出てきた汁を患部に塗ると、痒みが抑えられます。

ミントやタイムの葉でも良いですし、ヨモギや桃の葉、びわの葉を摘んできて使うのも良い方法です。

軽くたたく

虫刺されの患部の痒みを抑えるために、患部を軽く叩きます。叩くと痛みが出ますので、痒みが気にならなくなるというわけです。

爪で患部を強く押すという方法もありますが、皮膚が傷つくこともあるので、あまりおすすめはできません。

テープを貼る

医療用のテープを患部に貼っておくと、痒くて掻いても直接肌を刺激することがないので、炎症を起こしにくいというメリットがあります。

ただし、痒みは抑えられませんし、肌が弱い人はテープに負けて余計に肌が荒れることもあります。

あまり長時間貼りっぱなしにするのはよくありませんが、掻いて患部を悪化させることを防ぐことはできます。

ハチミツを塗る

ハチミツは殺菌作用がありますので、患部に塗ると炎症を抑えることができます。しかし、虫によってはハチミツの甘い匂いに誘われて寄って来るものもありますし、肌がべとべとするのが難点です。

妊婦さんは虫に刺されないように予防する

虫刺されをあまり軽く見てはいけません。虫によっては腫れや痒みだけではなく、虫を媒介にして感染症にかかってしまい、命をも脅かすこともあります。

虫に刺されないように妊婦さんは特に注意するようにしましょう。

肌を露出しない

虫に刺されないためには、肌の露出をしないことが大切です。夏場は暑いのでどうしても手足を出したくなりますが、殺虫剤などを使わないためには長袖や長ズボン、靴下をしっかりと履いて外出するようにしましょう。

虫除けスプレーを使う

虫除けスプレーを、体の露出部分に散布して外出すると虫に刺されにくくなります。しかし、虫除けスプレーの成分が気になるという人は、できるだけ優しい成分のものを使用するようにしましょう。

特にDEETという成分は、国内では乳幼児は使用しないようにという制限があります。

海外ではこの成分を妊婦さんが頻繁に使用することで、お腹の赤ちゃんに精神遅滞、感覚運動強調障害、奇形などの症状があったということも報告されています。

虫除けスプレーはできるだけ、アロマ成分やハーブなど人体に影響がないものを利用するようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠中の病気・気になる症状のカテゴリー

妊娠高血圧症つわり妊娠中の腰痛
妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢妊娠中の便秘
妊娠中の貧血マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
妊娠高血圧症つわり
妊娠中の腰痛妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り
妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢
妊娠中の便秘妊娠中の貧血
マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる