二人目の赤ちゃんに必要なものは

二人目の赤ちゃんに必要なものは?揃えておきたい便利グッズ!



一人目の子に比べて二人目の赤ちゃんは、お下がりなどがあるのであまり必要なものなどないように思います。

しかし、一人目の育児には必要なかったものが新たに必要になる場合や、二人目の赤ちゃんができたことで育児に便利なものもあります。

そこで今回は、

・二人目の赤ちゃんのために買い足した方がいいものは?
・二人目の育児に便利なグッズとは?

といった方に、二人目の赤ちゃんの育児に必要なものや、便利グッズについて詳しくご紹介します。

二人目の赤ちゃんに必要なもの

二人目の赤ちゃんに必要なもの

二人目の赤ちゃんに必要なものや準備しておいた方がよいものには、どんなものがあるのでしょうか。

一人目の赤ちゃんで使っていたものを利用しても良い場合もあれば、買い足したり、二人目だからこそ用意したほうが便利だったりするものがありますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

新生児肌着

新生児用の肌着は生まれてすぐから必要になるので、ある程度枚数が必要ですが、上の子の時の分があるという人は、そのままお下がりを使った方が布も洗濯されて、肌なじみがよくなっていますので、新しいものより良いことがあります。

新生児の肌着は枚数が必要ですが、着ている時期は案外短いものですので、枚数が足りないという場合のみ買い足すようにすると経済的です。

また、上の子と生まれた時と季節がずれると、短着と長着やサイズが違ってくることがありますが、室温をコントロールしたり、洋服などでカバーしたりするなど工夫をしましょう。

・短肌着・・・5枚
・長肌着・・・5枚
・コンビ肌着・・3枚

ほどあれば大丈夫です。靴下やミトンもお下がりで大丈夫です。二人目の赤ちゃんのためにあらかじめ購入しておくのではなく、不足して困っている分だけその都度買い足すようにしましょう。

新生児用の服

新生児用の服も肌着同様、上の子のお下がりで十分です。しかし、性別が違う場合はすべて新しいものにするというご家庭もあります。

出産のお祝いなどで、お洋服などはいただくことも多く、知り合いからお下がりをいただけるという場合は、そのようなものを利用するようにしても良いでしょう。

ベビーケープ

二人目の赤ちゃんが小さい時期だと、まだまだ本来は外に連れて行きたくないような気候でも、上の子の用事で連れて行かざるを得ないことは良くあります。

冬の寒い日や雨降りの日などでも、どうしても連れて行かなければならない場合は、できるだけ外気温などが、赤ちゃんの体調に影響を与えないように、カバーしてあげたいものです。

そこで活躍するのがベビーケープです。ベビーケープにもさまざまなタイプがありますが、抱っこ紐で抱いている時に、赤ちゃんをすっぽりと包み込むようにして装着するタイプのものは防寒になります。

また、UVカット素材のものだと、紫外線から赤ちゃんを守る働きもできます。もっと多機能のものは、自転車に子どもを乗せるときにも使えるものもあります。

毛布やブランケットで防寒や紫外線などに対応している人も見かけますが、専用のベビーケープだとフードが付いていたり、各乗り物に装着しやすいようにボタンがついていたりするなどの工夫があります。

また、乗り物に乗り時はブランケットなどを利用することで、車輪に巻き込まれたりして大変危険であることを考えると、専用のベビーケープを購入して損はありません。

抱っこ紐

赤ちゃんの抱っこ紐、現在国内で主流のタイプは前抱きのものです。赤ちゃんとママやパパが向かい合わせになるタイプのものです。

一人目の育児の時はあまり必要としなかったという人でも、二人目の赤ちゃんの育児には絶対持っていて損はしないので、是非抱っこ紐を購入してみることをおすすめします。

一人目の育児のとき、新生児の間は1日のほとんどを家で過ごすので抱っこ紐など使わなかったという人でも、二人目の育児となると家の中でも抱っこ紐で赤ちゃんを抱きながら、家事や一人目の育児をすることになるので、両手を開けるためにも抱っこ紐は必需品になります

前抱きの抱っこ紐の多くは、しっかりと赤ちゃんの体や頭を守りながら安定して抱っこができるものが多いので、両手を離しても赤ちゃんが転落するようなことはない設計になっています。

二人目の赤ちゃんをバギーに乗せて出かけるのも良いのですが、バギーに赤ちゃんを乗せたり、バギーを運んだり、上の子どもの手を引きながらバギーを押すのは想像以上に大変です。

しかし、前抱きの抱っこ紐を使うと、赤ちゃんはママの顔が常に見えていますし、ママと肌が触れ合っている方が赤ちゃんは安心します。
また、ママが動くことによって適度な振動が与えられるので眠りやすくなり、ママに抱っこされているだけで寝かしつけができます。

前抱きを後ろ抱きに変えれば、おんぶにすることも可能です。おんぶにするとママもより活動しやすくなるので、おんぶで寝かしつけながらお料理したり、掃除をしたりすることができ、時間の短縮にもなります。

ベビーベッド

一人目の子どもの時にはスペースをとるし邪魔になるからいらないとベビーベッドを購入しなかったという人も、二人目の赤ちゃんのためにベビーベッドを用意すると便利で安心な育児ができます。

二人の赤ちゃんを寝室の布団に寝かせていると、上の子が間違って赤ちゃんを踏んでしまったり、おもちゃなどの物を落としてしまったりする可能性もあり心配になります。

しかし、動けない赤ちゃんを床より一段高いベビーベッドで寝かせていると、踏まれたり、落下物に当たったりすることがないので安心です。

また、リビングやみんなが集まる場所にベビーベッドを置いて寝かせてあげると、赤ちゃんでも家族の声や様子を感じることができるので、家族のコミュニケーションの中に入ることができますし、みんなの目が常に行き届くので安心です。

ペットを飼っているお宅などは、ペットに赤ちゃんがいたずらをこともあるので、柵やネットの付いたベビーベッドに寝かせて置くと少し目を離しても大丈夫です。

ベビーベッドもさまざまで、木製の柵が付いているベビーベッドもありますが、もっと軽量で移動が簡単な簡易型のベビーベッドなどもあります。

二人目の赤ちゃんのために新品のベビーベッドを購入するのは勿体無いと感じる場合は、ベビーベッドのレンタルもできます。

また、周りに譲ってくれる人がいるかもしれませんので周囲の人に聞いてみましょう。

持ち運び用クーハン

ベビーベッドを置くスペースがないというご家庭には、赤ちゃんを入れておくかご型のクーハンもおすすめです。

寝返りもできない赤ちゃんには、手軽でコンパクトなクーハンは便利グッズです。赤ちゃんを寝かせて持ち運びが楽なので、リビングにおいてベッド代わりに寝かせておくこともできますし、部屋の移動も簡単です。

旅行やちょっとしたレストランでの食事など、外出時も安心して赤ちゃんを連れて行くことができます。

二人の子どもを連れていると、荷物もできるだけコンパクトにしたくなりますので、ベビーベッドに抵抗がある場合は小さなクーハンにしてみましょう。

入浴グッズ

二人目の赤ちゃんが生まれて一番ママが困るのは、二人の子どもの入浴です。

一人の赤ちゃんを入浴させるだけでも大変なのに、同時に上の子と、自分まで一緒にお風呂に入るのは一石三鳥ですが非常に大変な作業です。

本来は、パパや家族の大人に手伝ってもらって入浴させるのが理想ですが、ママ以外に入浴させることができない場合は、入浴のための便利グッズを総動員させてがんばるしかありません。

赤ちゃん用お風呂マット

まだ首や腰がしっかりしていない状態の小さい赤ちゃんとお風呂に入るのは不安ですし、大仕事です。

そこで活躍するのが、赤ちゃんを浴室の床に寝かせておくお風呂マットです。

お風呂マットの素材は、柔らかい発砲スチロールでできたものが多く、形は赤ちゃんをマットに寝かせた時に、赤ちゃんの体がしっかりとマットにフィットして安定するように、体の形に合わせて凹凸が付いているのが便利です。

動きの取れない赤ちゃんをしっかりとマットに寝かせておけるので、ママも上の子も落ち着いて体を洗うことができます。

また、赤ちゃんも柔らかいマットに寝かされている状態で体を洗うので、気持ちが良いですし、お湯を怖がらずにお体を洗うことができます。

素材が発砲スチロールの場合、使用後はお湯で汚れをさっと流して外に干しておくだけで衛生的で、管理もしやすいのでおすすめです。

また、軽くて持ち運びにも便利です。スポンジ製のお風呂マットは軽くて柔らかいのですが、使用後はしっかりと水気を切って干しておかないと、カビや雑菌の温床になるので衛生面では注意が必要です。

お尻をしっかり支えてくれるベビーバス

ベビーバスをお風呂に持って入り、洗い場でベビーバスを置いて入浴するのも良い方法です。

ベビーバスもいろいろありますが、赤ちゃんの首や、お尻を支えることで赤ちゃんが安定して一人で座れるタイプがおすすめです。

少ししっかりしてきた赤ちゃんなら、ママが少し手を離してもお湯に赤ちゃんがおぼれる心配がありません(ベビーバスによっては赤ちゃんが沈まないようにネットが付いているものもあります)。

赤ちゃんは周りをしっかり見渡せるので、ママや兄弟と一緒にお風呂に入っていることを実感できます。

ベビーバスですので、浴室で使わずリビングなどで入浴させることもできますが、ママ一人で一度に子どもと自分の入浴を済ますことができるので、非常に便利です。

入浴用浮き輪

首や腰がしっかりした赤ちゃんを、湯船に浮かせておくための浮き輪があります。

普通の浮き輪の中に、赤ちゃんの両足を入れる穴が空いていて、浮き輪の輪から擦り落ちない設計になっています。

ママと上の子が洗い場で体を洗っている間は、プカプカと安定した状態で湯船に浮かせて置けるので体が冷えませんし、体が浮くので入浴が楽しく感じられます。

水を怖がる赤ちゃんにならないので、ベビースイミングの練習にもなります。

入浴石鹸(泡タイプ)

赤ちゃんから大人まで使える入浴石鹸で、プッシュすると泡が出てくるタイプの入浴石鹸は泡をいちいち泡立てる必要がなく非常に便利です。

泡が出てきますので、子どもでも簡単に体や頭を洗うことができ、上の子が自分で体を洗う練習にもなります。

体だけでなくシャンプーとしても使えるタイプならば、一本あるだけで家族すべてのシャンプーやボディー石鹸をカバーできるので経済的ですし、忙しい子育ての役立ちアイテムになります。

石鹸が大人用と子ども用に分けていると何かと複雑ですし、赤ちゃんでも使えるというものは天然素材で体に優しいものですので、大人にとっても良いものです。

産まれて間もない新生児の皮膚は非常にデリケートですので、泡タイプのものでも肌に泡が残るのが心配だというママには、赤ちゃんのための沐浴剤を利用しましょう。

沐浴剤はお湯に入れるだけで体の汚れをある程度落とすこともでき、完全に成分を洗い流すことができなかったとしても肌荒れなどの心配が少ないもの安心です。

バンボ

育児グッズとしてはもうおなじみのバンボですが、二人目の育児の時にはフル活用することができます。

バンボはまだ腰が座らない時期から赤ちゃんを一人で座らせることができます。

リビングや食卓でバンボを使う人も多いですが、入浴の際に浴室にバンボを置いて赤ちゃんを座らせておくこともできます。

お尻がすっぽりと入るので一人では簡単に抜けられませんし、前に倒れることもありません

机が付いているものもあるので、おもちゃを持たせたり、置いておいたりするとママと上の子が体を洗っている時にも赤ちゃんは飽きずに待っていてくれます。

ぬれても大丈夫な素材なので、軽く汚れを洗い流して乾燥させれば、またリビングでも使うことができます。

1脚で何役もこなすことができるので、二人目育児にはマストアイテムといえます。

チャイルドシート

新生児でも、車に乗せるためにはチャイルドシートは絶対に必要です。上の子どもがまだチャイルドシートが必要な時期ならば、二人目の赤ちゃんのためにチャイルドシートを用意する必要があります。

最近は、新生児用のチャイルドシートを車から取り外すと、A型のベビーカーに接続できるタイプのものがあります。

赤ちゃんは車に揺られていると良く眠りますが、目的地に着いてベビーカーに乗せようと抱き上げた瞬間に起きてしまうという経験があるのではないでしょうか。

チャイルドシートに赤ちゃんを乗せたままの状態でベビーカーに乗せることができるので、赤ちゃんが起きることもありません。

ベビーカーボード

赤ちゃんの乗ったベビーカーを押しながら、ママが上の子の手を引いているという場面を見ることがありますが、非常に大変な仕事です。

幼稚園の送り迎えや公園に行く時など、上の子が機嫌よく歩いている時は良いのですが、ぐずったり、眠がったり、疲れたりすると、ママはベビーカーを押しながら上の子を抱っこしたり、おんぶすることになります。

このような時に、ベビーカーボードがあると非常に便利です。ベビーカーボードは、ベビーカーに車輪とボードをくっつけて、その上の子供が立って乗ることができます。

今あるベビーカーに簡単に取り付けることができ、上の子も乗り物に乗れる感覚で楽しいので機嫌も直ります。

ベビーボードを使わないときは折りたたむことができるので邪魔にはなりません。

電動のベビーラック

一人目のときはまったく必要がなかったという人でも、二人目に大活躍する可能性が高いのが電動ラックです。

自分では動けない赤ちゃんが起きているときに、電動のベビーラックに座らせて、ゆっくりと動きを加えます。

動きは規則的に動くものから、不規則な動きをするものもあります。

最初は目をしっかり開けてママの動きを見ていた赤ちゃんも、体をユラユラ揺らされていることで眠気が出て、寝かしつけなしに寝てくれます。忙しくて抱っこして上げられない時などは非常にありがたい便利グッズです。

プレイマット&メリー

一人目と二人目では育児スタイルが大きく変わります。一人目の時は泣く前から抱き上げてあやす余裕があっても、二人目の育児となると、赤ちゃんが泣いていてもあやしたり、抱き上げたりすることもなく終わってしまうことが多くなります。

可愛そうだなと感じるかもしれませんが、どうしても上の子の用事で手を離せない場面もあるので、ある程度仕方ありません。

そんな時に、赤ちゃんの手に届くおもちゃがあると機嫌が直ることもあるので、プレイマットやメリーは大活躍します。

色鮮やかで可愛いキャラクターが目の前にあると、赤ちゃんが興味を持ちますし、気がまぎれます。

二人目の子はなかなかママが来てくれないということで可愛そうな面もありますが、自分ひとりでしっかりと遊べるようになるというメリットもあります。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる