ココマガ > 仕事・お金 > 保険 > 子どもを育てるためには2,600万円必要!?知ってる人は始めている賢いお金の貯め方
赤ちゃん専用のお布団

子どもを育てるためには2,600万円必要!?知ってる人は始めている賢いお金の貯め方

妊娠中はお金がかかりますが、出産や産後の育児に向けてのお金の準備をする重要な時期でもあります。
お金がかかるのは想像つくけど、正直明確な金額は考えたことがない、、、
というあなた!いまこそ未来のために、お子さんのために、お金の使い方、貯め方を考えましょう。

ママは出産前後は働くことが難しく、専業主婦になると夫の収入だけとなります。
出産前後は家計で見ると収入は減るのに、支出は増えていくという事態が発生します。

そんな今こそ、家計を見直すタイミングです。

妊娠中に確認!これからかかるお金を考えよう

まずは、妊娠・出産・産後にかかるお金にはどのようなものがあるのか、しっかり把握していきましょう。

妊娠・出産にかかるお金

妊婦検診費

妊婦検診は、妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するために行うものです。
受診は合計14回が標準とされています。
妊婦健診にかかる費用としては、経過が順調な場合、健康保険は適用されないので、基本的に1回3,000円~5,000円、検査が多い際には10,000円近くかかるケースもあるようです。決して小さな負担ではないですね。

入院・分娩費

公益社団法人 国民健康保険中央会の統計によれば、出産する際の分娩・出産費用の総額は、平成28年度では平均50.6万円となっています。
これは、出産一時金の42万で補えそうですが、帝王切開などの異常分娩や、深夜や早朝の出産は通常に比べ高額となり平均額を大きく上回る可能性もあるので、その点には注意を払いたいところです。

マタニティー&ベビー用品関連費

ママや赤ちゃんの服、ベビーカーやベビーベッドだけでなく、哺乳瓶やオムツ、チャイルドシート、抱っこ紐、赤ちゃんのオモチャなどかなり多くの用品が必要になります。

産後にかかるお金

子供の教育費

知を育てるくもん知育玩具
文部科学省平成26年度 子供の学習費調査によると
・オール公立で幼稚園~高校:約530万円
・オール私立で幼稚園~高校:約1770万円
・私立短大2年間:138.6万円
・国公立大学4年間:457.5万円
・私立大学文系4年間:675.5万円
・私立大学理系4年間:818万円

と、オール公立で大学までいけたとして約1000万円、オール私立で約2600万円かかります。
子供の進路によって費用が大きく変わることがわかりますね。お金はかかっても、将来の幅を広げてあげたいというのも本音です。

住宅ローンや老後費用

まだまだ先と思う人も多いかもしれませんが、今後かかってくる大きなお金として、住宅資金や老後の資金も挙げられます。それだけではなく、引っ越し費用や単身赴任になる可能性など様々な暮らしの変化に備えることが重要です。

お金を計画的に使うだけではなく、貯めていくことも重要となってくるのです。

これからに備えて家計の見直しをするタイミング!!

イメージしておきましょう
以上のことから、これからたくさんのお金がかかること、計画性を持つべきことがよくわかりましたね。
妊娠・出産はママやパパ、これから生まれてくる子どもの将来について、一度立ち止まり考えなくてはならない時です。ママやパパに万が一のことがあった場合や、子供の学費を積み立てる場合など、子供を含めた家族の将来の備え・保険を総合的に検討しましょう。

子どものためにもまずは自分の保険を見直そう

死亡保障

子供が小さいうちは、妻に万一のことがあったとき、夫一人だけで子育てをしなければななりません。それに伴い、引っ越しが必要になったり、ベビーシッターを雇ったり、転職や退職をしたという事例もあります。
子供が自分自身の身の回りのことができる年齢になるまでは、妻にもある程度の死亡保障を確保しておくことが大切です。

女性特有の病気に備えた医療保険

女性は年齢が上がるほど、乳がんや子宮がんなど、女性特有の疾患にかかる確率が上がります。年齢に応じて女性特有の疾患をカバーする医療保険やがん保険の内容を充実させましょう。

自分の今の保険を確認したり、これからの自分に合った保険を見つけるために、保険の無料相談窓口を利用すると効率よく簡単に保険を見直すことができおすすめです。
さっそく、保険無料相談窓口の『保険見直し本舗』を予約してみましょう。

保険見直し本舗:無料相談予約フォーム

学資保険は子どもへの未来の贈り物

学費保険とは、子どもの学資金(教育資金)を準備するための貯蓄型の保険のことです。

毎月決まった額の保険料を払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金や満期学資金を受け取ることができます。

学費保険は、早く加入すればするほど返ってくる額が高くなる傾向があるため、お子さんが0歳のときから始めるママたちも多いようです。
未来の子供のために早くからの準備を心がけましょう。

保険見直し本舗の公式サイトでは、教育資金の準備診断シュミレーションができます。

「何年間で子供の教育資金を貯めたいか」「子供にはどんな大学に行かせたいか」といった簡単な質問に答えるだけで、必要な教育資金、月々積み立てるべき金額などを算出してくれます。
一度、子供の将来に必要な資金をシュミレーションしてみましょう。
保険見直し本舗:教育資金シュミレーション

老後のための年金保険

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」(平成28年度)によれば、夫婦2人でゆとりある老後を送る上で必要な生活費は月34.9万円、最低限の老後を送る場合でも月22.0万円の生活費が必要になるという結果が出ています。

しかし、実際の年金の平均額は20万円と公的年金だけでは必要最低額も下回ってしまうのが現状です。

老後に子供たちに負担をかけないようにするという面でも、妊娠・出産を機に考えるべき保険の一つと言えそうです。

学資保険や年金保険も、専属アドバイザーが無料で紹介してくれる保険の無料相談窓口を利用し、保険問題を一気に解決しましょう。妊婦さんにも優しい、自宅訪問による相談もすべて無料で行っています。

保険の無料相談を予約する

何から考えればいいかわからない!そんなママにお勧め!一気にラクラク解決保険見直し本舗

家計や保険の見直しをしたいけど、何から手を付けたらいいかわからない。自分に合うものを簡単に見つけたい!というママにおすすめなのが無料で保険の相談にのってくれる、保険見直し本舗です。

保険見直し本舗とは?

保険見直し本舗とは保険の診断・見直しのご提案を無料で行う保険の相談窓口のことです。

本舗にいるアドバイザー は保険会社に所属していないため、約40社の取扱保険会社の中からお客様に合った最適な保険プランを提案してくれる「保険のプロ」です。そんな保険のプロが保険のご提案からご契約まで専属でお客様利益を第一に無料サポートしてくれるサービスです。

相談するだけでも大丈夫!妊娠中に家計の見直しを完了させ、安心した状態で赤ちゃんを迎えましょう。

今なら無料相談するだけでストローボトルのプレゼント キャンペーン実施中!!

予約をしてストローボトルをゲット

公式ページ>>保険見直し本舗

心とともに、お金の準備も赤ちゃんを迎える際に非常に大切なことです。
ライフステージの変化に合わせ、保険を見直すことで、効率よくお金の管理をして賢く家計を支えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中?産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる