夫婦 相談

帝王切開の費用はいくらかかる?安く済む方法はあるの?



妊娠すると、時には自然分娩が難しいと判断されることがあります。
その代わりに選択肢に挙がるのが、帝王切開です。

帝王切開は、近年増加傾向にあり、5人に1人がこの方法で子供を産んでいます。

お腹に傷が残ることから、妊婦さんにとっても悪いイメージの強い出産法ではありますが、出産時は特にトラブルも多く、誰もが可能性のある出産法です。

帝王切開になった時のためにも、気になる費用について見ていくことにしましょう。

帝王切開の費用は?

帝王切開の費用は?
出産は、基本的に自由診療に該当します。
そのため自然分娩の場合、出産費用は保険適用とならず、すべてが自己負担となります。

その一方、帝王切開の場合は、異常分娩ということになるため、健康保険が適用されます。
手術の代金だけでなく、検査や薬などの費用も3割負担で済みます。

H28年度の診療点数算定表では、帝王切開手術は22,200点となっており、金額に換算すると、22万2,000円ほどかかる計算ですので、その3割に当たる66,600円が自己負担額となります。

しかし、出産までにかかってくる入院費やベッド、食事などは自由診療扱いとなるため、出産する地域や病院によって合計費用は大きく異なります。

40万円ほどで済む産院もあれば、100万円ほどかかる産院もあるのが実情です。

普通分娩の場合も、同様に出産する地域や産院によって出産にかかってくる費用は異なります。

普通分娩の平均費用はおよそ50万円前後と言われています。

帝王切開の費用の内訳

帝王切開の費用の内訳
出産で帝王切開を選択した場合、費用の内訳は大きく分けて医療診療と自由診療の2つです。

その詳しい内訳は次の通りです。

医療診療

帝王切開手術料・・・7万円程度

帝王切開にかかってくる手術費に関しては保険診療となりますので、診療報酬点数が定められています。

緊急の場合は、先ほども前述した通り22万2,000円となり、その3割の6万6600円自己負担額となります。

また、以前帝王切開で出産した方や逆子などで前もって予定し、帝王切開を行った場合には、選択帝王切開の診療点数分である20万1,400円のうち3割の6万420円が自己負担となります。

ただし、32週未満の早産や常位胎盤早期剥離などの処置が行われることもあり、料金が追加されることがあります。

自由診療

分娩料・・・25万円~30万円

帝王切開の場合も、自然分娩同様、分娩料が必要となります。

手術には保険が適用されますが、こちらの分娩料に関しては自由診療扱いとなるため、保険で負担してもらうことができず、全額自己負担となります。

産院によって金額の設定は異なりますが、やはりセレブ産婦人科などで出産する場合には60万円を超えるケースもあります。

また、土日や深夜の出産は割増しになるケースがほとんどですので、選択帝王切開の場合は平日、昼間に手術の予定を立てると費用をグンと抑えることができます。

入院費…6万~15万円程度

出産のための入院費は基本的に自由診療扱いとなりますので、自己負担となります。

1日1万円から15,000円が平均額となります。

自然分娩の場合5日程度の入院で済みますが、帝王切開の場合は6~10日が一般的とされていますので、入院費も当然増えることになります。

費用を抑えるためには、個室ではなく大部屋を選ぶと良いでしょう。

新生児管理費用・・・1万円前後

生まれたばかりの赤ちゃんのための費用です。

基本的に自由診療となっているため、1日の費用も高額になります。

帝王切開の場合、入院自体が長くなりますので、それに伴い赤ちゃんが病院にいる期間も増えることになり、新生児管理費用もアップします。

仮に、赤ちゃんに問題があり、医療行為が必要となった場合には、その費用も追加されることになりますが、医療保険の対象となりますので、3割負担で対応可能です。

帝王切開で適用される保険と受け取れるお金

帝王切開で適用される保険と受け取れるお金
帝王切開の場合、加入している健康保険によっては、費用の軽減ができます。

また、国や都道府県、保険組合ごとの条件を満たし手続きを行うことで、出産に伴う支払額が軽減できたり、費用の一部が戻ってきたりすることがあります。

健康保険が適用される

帝王切開で出産した場合、国民保険、社会保険などの保険が適用されます。

その適用範囲は、帝王切開手術、入院費、手術のための検査、手術後の投薬、処置などです。

もちろん手術中に必要となる処置が出た場合も、保険が適用されます。自己負担額は3割です。

民間保険が適用される

医療診療に該当する帝王切開は、保険会社の健康保険でも支払い請求できることが多くなっています。

手術すると受け取れる保険プランや女性医療特約などが付加されている場合、請求可能なケースも珍しくありませんので、各保険会社に問い合わせてみるか加入している保険契約書を確認してみると良いでしょう。

請求後2~3か月程度で受け取れるのが一般的です。

妊娠・出産は保険を見直すタイミング!

妊娠・出産では多くのお金がかかりますが、保険である程度補えることもあります。
今加入している保険が、出産を迎える自分にとって適したものなのか、確認ししっかりと準備することも大切です。

ですが、保険のことってどうも難しくわからないことが多いですよね。

保険見直し本舗では、無料で保険の見直しをしてもらえます。希望によっては、40社以上の保険会社から妊娠や出産時に加入しとくといい保険を紹介してくれます。

自宅訪問型の相談もでき、妊婦さんにも優しいサービスが整っているのがうれしいですね。
少しでも不安がある方は、一度相談してみましょう。

保険見直し本舗:予約フォーム

出産育児一時金が支払われる

健康保険・国民保険の加入者又は被扶養者が出産した場合に、支払われるのが出産一時金です。

自然分娩でなく、帝王切開で出産した場合でも、赤ちゃん1人につき42万円支給されます。

ただし、産科医療補償制度に加入していない産院での出産は、40万4,000円の支給が上限となっていますので、注意しましょう。

赤ちゃん1人につきの支給額となりますので、当然ながら双子の場合には赤ちゃん2人分となり、84万円を受け取ることができます。

高額療養制度を利用できる

健康保険が適用される帝王切開の場合、この高額療養費制度を活用することができます。

年収によって異なりますが、毎月1日~月末までの医療費が限度額を超えた場合、その超過分を支給してもらうことができます。

平均的な年収である370万~770万円の場合は、限度額が80,100円となっていますので、それを超えた分はこの制度が利用できます。

帝王切開の入院が月をまたいでしまった場合は、それぞれ分けて考える必要がありますので、気を付けましょう。

医療費控除の還付金が支払われる

医療費が高額になってしまった場合、税金面で優遇されることがあります。

帝王切開はもちろんのこと、妊娠、出産にかかった費用は、この医療費控除の対象となるため、確定申告を行うことで、払いすぎた税金が還付金として戻ってきます。

出産費用から、公的手当や医療保険の給付金差し引き、自己負担金を明確にする必要がありますので、領収書や健康保険の明細はきちんと保存しておくようにしましょう。

出産のための交通費や入院費用、健診の自己負担分も対象となりますが、申告する場合は家族の医療費も合算できます。

金額は1年間で10万円以上超えた場合です。(所得が200万円未満の場合はその5%を超えた場合)

所得によって還付金額は異なりますが、余分に支払っている税金となりますので、ぜひ確定申告を行うようにしましょう。

出産手当金が受け取れる

社会保険に加入している産休中の方が、出産の際に受け取れる手当金です。

もちろん帝王切開の場合も申請書を提出することで、手当金を受け取ることができます。

受け取れる金額は、標準報酬日額の3分の2に相当する金額です。

勤務実態や給与など勤務先による証明書が必要となりますので、詳しくは加入している社会保険組合に問い合わせてみると良いでしょう。

帝王切開の費用が黒字になることもある?

帝王切開の費用が黒字になることもある?

民間の保険に加入している場合、出産一時金など公的援助と合わせてお金を受け取ることができますので、帝王切開の費用が黒字になる可能性があります。

もちろんセレブな産院ではなく、一般的な産院で出産費用を抑えた場合に限ったことですが、出産にかかるはずのお金が一切かからない計算となりますので、受け取る金額が大きければ、余りが出るケースもあります。

普通分娩で順調に出産できた場合、民間の保険は支払われないのが普通です。

当然一時金などですべての出産費用を賄うことはできないため、自費の費用が発生します。

しかし、帝王切開は民間の保険の支払いに該当するケースもありますので、その額も同時に受け取ることができるのです。

出産費用の持ち出しがないことも嬉しいですが、黒字になれば、その後育児にかかってくる費用に補てんすることもできるので、物入りな出産の時期には喜ばしい話です。

帝王切開になるケースは決して珍しい事ではありません。
出産する女性の20%近くが帝王切開で赤ちゃんを産んでいることもあり、可能性はゼロではありません。

出産前に民間の保険への加入を迷うようであれば、帝王切開の項目を確認した上で、加入しておいた方が賢明と言えるでしょう。

また、すでに保険に加入している方も出産を迎える前に、加入している保険が帝王切開に対応しているかどうかを見直しておくといいでしょう。

保険の見直し本舗では、無料で保険の見直しや、自分にあった保険を紹介してくれます。
多くのママさんたちが出産前に保険の見直しに訪れ、保険を効率よく活用しているようです。

また、出産を機に保険を見直すことで、産後の子育てに少しでも余裕が持てるのではないでしょうか?

保険見直し本舗を予約する

帝王切開の費用が払えない場合はどうする?

帝王切開の費用が払えない場合はどうする?
出産費用は、帝王切開となった場合でも、退院までに費用の全額を支払う必要があります。

しかし、出産するためにはそれに伴い、健診や準備資金も必要となります。

家庭の事情によっては、この支払がスムーズに行えないこともあるでしょう。

そんな時には、以下のような方法を参考にしてみるといいでしょう。
公的一時金で直接、帝王切開費用を支払うことや事前に貸付けてもらうことができます。

出産育児一時金の「直接支払制度」を利用する

帝王切開費用を用意できない場合には、出産一時金の「直接支払制度」を利用してみると良いでしょう。

出産一時金は赤ちゃん1人につき42万円受け取ることができますが、病院の支払い時に受け取ることはできません。

一度自身で病院への支払を済ませた後、銀行振り込みの形式で受け取ることになります。

しかし、この制度を利用すると直接病院側に42万円が渡されることになりますので、その差し引いた金額のみの費用を病院に支払うだけで済みます。

一時的に用意できないという方はぜひ活用してみると良いでしょう。

直接支払制度を利用するためには、帝王切開を受け、病院を退院するまでに、「直接支払制度の利用に合意する文書」に同意する必要があります。

病院側に書類が置いてあることも多くなっていますので、まずは帝王切開を受ける病院側に問い合わせてみると良いでしょう。

ただし健康保険料の滞納が1年以上続いている場合、この直接支払制度はもちろんのこと、出産一時金が使えないこともありますので、注意しましょう。

滞納分を収めることで出産一時金を受け取れるようになりますので、出産前に必ずチェックしておくようにしましょう。

無利子で貸付けしてもらえる「出産費貸付制度」

直接支払制度が利用できない病院で帝王切開を行ってしまった場合は、「出産費貸付制度」を利用してみると良いでしょう。

出産一時金は前述した通り、産科医療補償制度に加入していない産院での出産には適用できません。

そのような場合には、出産一時金を貸付けしてくれる制度を上手く活用しましょう。

出産一時金の8割に当たる金額の貸付けを受けることができます。

42万円受け取れる見込みがある場合は、その8割である33万6,000円が限度額です。

出産予定日の1か月以内、もしくは妊娠4か月以上で、病院にお金を支払う必要な時に借りることもでき、金利は一切取られません。

出産一時金で返済できるため、出産後の支払いも必要あませんので、気軽に使えます。

帝王切開費用が急遽都合がつかない時には、このような方法を選択してみると良いでしょう。

詳しくは市町村、各健康保険事務所に問い合わせてみてくださいね。

帝王切開は普通分娩と違い、医療診療扱いの費用が発生します。

そのため、費用の計算方法は難しくなりますが、普通分娩と極端に費用が違ってくることはありません。

普通分娩では、使うことのできない公的援助や還付金などを上手に使うことで黒字に転じることもできますので、いざと言う時のために準備、考えておくことが大切ですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる