新生児は飛行機に乗れる?赤ちゃんとの空の旅で注意するポイント

新生児は飛行機に乗れる?赤ちゃんとの空の旅で注意するポイント




産まれて間もない赤ちゃんを飛行機に乗せるのは、気圧の変化などで悪影響がないか心配になりますね。

できれば月齢がもう少し進んでからにしたいところですが、里帰り出産から自宅に戻るとき、また引越しなどで仕方なく飛行機に乗らなければならないことも多いもの。

そこで今回は、

・新生児が飛行機に乗っても大丈夫?
・新生児の飛行機の料金や座席は?
・新生児と飛行機に乗るときに必要な手荷物は?

といった方に、新生児を飛行機に乗せるときに注意するポイントについて詳しくご紹介します。

関連記事
>>赤ちゃんと長距離お出かけ!夢中になるおもちゃを選ぼう!
>>赤ちゃんとのお出かけ必需品と抱っこ紐とベビーカーの使い分け
>>新生児を連れてのおでかけ|外出の準備と注意点
>>妊婦さんの飛行機利用の注意点

新生児でも飛行機に乗れますか?

新生児でも飛行機に乗れますか

答えはイエスです。ANAやJALなどのほとんどが、生後8日以降なら国内線・国際線ともに飛行機に乗ることができます

ただし、新生児期が病気にかかりやすい時期なのは間違いありませんので、生後8日未満では飛行機に乗ることはできません。

新生児でも飛行機には乗ることはできますが、この時期はまだ首も安定していませんし、体温調節もうまくできません。

授乳やミルクを与える時間間隔も短く、オムツも頻繁に替えなければなりません。ママの身体もまだ回復しきっていない時期で、たいへんな負担がかかることになります。

できればママの床上げが順調に終わるのを待って、赤ちゃんの身体も落ち着いてくる生後1ヶ月以降からにしたほうが安心です。

そしてフライト時間が長い場合は、大人の同伴者がいてサポートしてくれるとさらに安心・安全です。

新生児が飛行機に乗るときの料金は?

新生児が飛行機に乗るときの料金は

航空会社によって細かい違いはありますが、基本的には国内線で2~3歳未満の赤ちゃんが、パパやママの膝の上で過ごして、座席を使用しない場合は無料になります。

これは国内線の場合ですが、国際線では座席を使用しなくても大人料金の何パーセントか必要になることがほとんどです。

また、座席を使用しない乳幼児でも搭乗券を発行してもらう必要があるため、必ず事前に問い合わせて確認しておきましょう。

なおチケットの予約は早めに、ネット予約ではなく必ず電話で予約するようにしてください。座席を指定するには色々と聞いてからの方が安心です。

機内の設備や座席の様子を聞いてから決めましょう。

また、航空会社では赤ちゃん連れの乗客にさまざまなサービスを行っています。事前に予約が必要なものもありますのでしっかり確認しておいてください。

新生児が飛行機に乗るとき座席はどうすればいい?

新生児が飛行機に乗るとき座席はどうすればいい

お座りもできなくて首も座っていない赤ちゃんなら、ママがずっと抱いていなくていい「バシネット(ベビーベッド)」を利用したいところです。

バシネットは最前列に設置されていてスペースが広くとってあるので、赤ちゃんのお世話がしやすくなっています。

ただ、トイレに近いため人通りが多いかもしれません。またバシネットの数は限られていますので予約が必要です。

新生児と飛行機に乗る際は、あらかじめそのことを航空会社に伝えておきましょう。

バシネットがある最前列が取れなかった場合は、後方部もオススメです。最前列ほどではないにしろ、比較的スペースが広めになっていますので、ママも赤ちゃんも無理なく過ごせるのではないでしょうか。

人の通りも少ないので、赤ちゃんに余計なストレスを与えることもあまりなく、客室乗務員さんが近くにいる場合もあります。

そして、最前列にしろ後方部にしろ、授乳をするときに人目が気になる場合は窓側を選びましょう。授乳用のケープなども忘れずに持ち込んでください。

ぐずりやすかったり、おむつを頻繁に変える月齢の場合は通路側がおすすめです。

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るとき、航空会社によって快適に過ごせる座席の場所も変わってきます。バシネットもすべての飛行機に設置されているとは限りません。チケットを予約する際に電話で問い合わせて、色々と相談してから決めることをオススメします。

手荷物にはどんな物を持ち込めば安心?

手荷物にはどんな物を持ち込めば安心

赤ちゃんとはいえまだ新生児期であれば、ほとんど眠っている時間のほうが長いです。その点から考えると、グズられる心配はそうそうないのでかえって楽かもしれません。

ですから、グズり対策のオモチャやオヤツなどはあまり必要ありません。

赤ちゃんのお世話をするための、オムツやお尻ふき、ミルク育児なら粉ミルクと哺乳瓶、母乳育児なら授乳用のケープ、汚れたものを入れるビニール袋などが必要です。

汗をかいたり汚れたりしたときの着替えも1~2セット用意しておきましょう。バシネットを利用していても、離着陸の時は抱っこになるので、抱っこ紐も持ち込んでおきましょう。

離陸すると高度が上がって気温が下がりますので、赤ちゃん用の小さなブランケットやバスタオルで赤ちゃんを包んであげましょう。

ひざ掛けやオムツ替えシートとしても使えて便利です。また、もし赤ちゃんが機内でウンチをしたり吐いたりしても大丈夫なように、強力消臭効果のある袋を持って行くと安心です。その袋に入れてしまえば周囲の人に臭いで迷惑をかけずにすみます。

飛行機が動き出して離陸が始まると、しばらくは席を立つことができませんので、物入れに入れた荷物は出すことができません。

すぐに使うような赤ちゃん用品は一つのカバンにまとめて、物入れに入れずに足元に置いておきましょう。

また、航空会社によって多少の違いはありますが、機内にはミルク作り用にお湯や粉ミルクを常備しているところもあります。赤ちゃん用に毛布を貸してくれたり、オムツをもらえる場合もありますので聞いておきましょう。

新生児と飛行機に乗るときのポイント

新生児と飛行機に乗るときのポイント

では、実際に赤ちゃんと飛行機に乗る際のポイントや注意点についてご説明します。

新生児と飛行機の座席に座るときは

首が座っていない赤ちゃんは、ママやパパがシートベルトを締めたうえで膝の上に抱くのが基本となっています。

バシネットを利用している場合でも、離着陸時は必ずママかパパが抱っこしてあげてください。

赤ちゃんに直接シートベルトをしていないので安全ではないようにも見えますが、何かあればシートベルトはかなりの圧力で締まります。

ママやパパと一つのシートベルトを一緒に締める方が、仮に事故でも起きたときには危険な状態になってしまいます。

ママの腕やパパの腕が、赤ちゃんのシートベルトの代わりとなります。何が起きても大丈夫なようにギュッと抱きしめてあげましょう。

飛行機に乗ったら「耳抜き」と水分補給を忘れずに

飛行機が離陸したら、まず赤ちゃんの耳抜きをしてあげてください。

離陸時や着陸時は気圧の変化が激しいので、大人でも耳が気持ち悪くなります。まして赤ちゃんは自分で耳抜きをすることができませんので、不快さから泣き出してしまうかもしれません。

母乳やミルクなど、水分を摂らせてあげることで自然に耳抜きができます。離陸や着陸をして高度が安定したタイミングで飲ませてあげましょう。

離陸したあとに母乳やミルクを飲ませて耳抜きをして、赤ちゃんにはフライト中しっかり眠ってもらえば一石二鳥です。

また、ママにも注意してほしいのですが、機内は思っているより乾燥しています。赤ちゃんは脱水症状を起こしやすいので、水分をこまめに補給してあげてください

国際線では液体のものは持ち込み制限があるのですが、赤ちゃん用の飲み物は例外で保安検査を通してもらえます。

早めに空港へ行って準備しましょう

子連れで飛行機に乗る場合は、何が起きても対処できるように早めに空港へ着くようにしましょう。

新生児ではまだベビーカーは使わないかもしれませんが、もしベビーカーがあれば機内に持ち込めないため預ける必要があります。

機内ではなるべくオムツを替えなくていいように、乗る前にオムツ替えもしておきましょう。空港内にはママに優しいコーナーもあります。

ママも赤ちゃんを寝かせるスペースのある、空港内の広いトイレで用を足しておきましょう。飛行機に乗ってしまうとなかなかトイレにも行けなくなってしまいます。

調乳器つきのベビールームがあったら、ミルクの準備をしておくのもおススメです。ただし、母乳もミルクも飲ませるのは飛行機に乗って離陸したあとです。

飛行機に乗る前にお腹が空いて泣いたりしないよう、いつもの授乳時間や寝ている時間を考慮してチケットを予約します。

そして飛行機に乗ったらたっぷり授乳してあげて寝かしつけましょう。そうすれば、ママも赤ちゃんもリラックスした状態で空の旅を楽しむことができます。

もしお土産などを買ってしまって荷物が多くなったら、空港にある荷物の宅配サービスを利用してください。万全の体制で飛行機に乗り込めるよう、空港内でできることは済ませてしまいましょう。

母乳育児の新生児が飛行機に乗るとき

母乳のみで子育てしているママも多くいます。赤ちゃんにも栄養たっぷりでママの回復も早まる、良いことづくめです。

ただ、飛行機にママと赤ちゃんだけで乗った場合、となりの席に他人が座ることになります。前もって「赤ちゃんに母乳を飲ませる」と伝えておけば、となりに女性が座るか空席になるよう航空会社も配慮してくれるでしょう。

ですが、男性が座ることになる場合もあります。飛行機の混み具合で母乳を飲ませるのが難しい状況になることも考えられます。

万一に備えて、おっぱいだけでなく哺乳瓶からも飲めるように練習しておく方が無難です。ミルクを飲んでくれるようなら、飛行機の中ではミルクにしましょう。

ママのおっぱいが張ってしまって痛くなるようなら、出かける前に搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて持ち、飛行機に乗り込む前にベビールームの調乳器のお湯で温めて機内に持ち込みましょう。そうすれば、となりの人に気を使うことなく赤ちゃんに授乳してあげることができます。

航空会社のサービスを知ってフル活用しましょう

ANAやJALなどのほとんど航空会社が、ママと赤ちゃんに優しいサービスを行っています。

機内でのベビーベッドやチャイルドシートが用意されていたり、オモチャや絵本を貸し出してくれたり、紙オムツやミルク用のお湯・赤ちゃん用の毛布や赤ちゃん用の食事などのサービスは基本的なサービスとなっています。

そして、3歳以下の子供連れは優先的に搭乗させてくれる「優先搭乗サービス」はぜひ利用しましょう。

赤ちゃんを抱っこした状態で座席まで行くのはたいへんなので、スムーズに乗り込めるのはとてもありがたいことです。早めに搭乗口係員に申し出れば先に機内へ案内してもらえます。

またJALには「クラス J」という普通席とファーストクラスの間に位置するクラスがあり、3歳未満の子供同伴の搭乗客がこの「クラス J」を利用した場合、後方部にある優先座席を利用することができます。

1000円アップではありますが、新生児を連れて飛行機に乗るママにとってはたいへん嬉しいサービスです。

座席は後方部ですのでゆったりと座れそうですが、座席数に限りがあるため予約は必須です。

新生児と飛行機に乗るときはフライトのプロを頼りましょう

新生児と飛行機に乗るときはフライトのプロを頼りましょう

赤ちゃんと初の飛行機、しかも二人きりなら不安になっても仕方がありません。でも大丈夫です。飛行機の中にはフライトのプロ、客室乗務員さんがいます。

航空会社のサービスは充実していて、ママや赤ちゃん向けのサービスはじつに細やかです。優先搭乗サービスやバシネットを利用して、客室乗務員さんがミルクを作ってくれるサービスや哺乳瓶の簡単な洗浄サービスも受けましょう。

オムツ交換台付きの化粧室でオムツ交換をして、もしもオムツが足りなくなったら客室乗務員さんに言ってください。高度が上がって寒いかなと思ったら赤ちゃん用の毛布を借りてください。

そしてちょっとリッチな気分を味わいたかったら、1000円上乗せしてワンランク上の優先座席を予約して案内してもらいましょう。

そしてママがトイレに行きたくなったら、客室乗務員さんにお願いして、その間赤ちゃんの面倒を見てもらうこともできます。

日本の客室乗務員さんは、世界の中でもトップクラスのプロ集団です。そのうえ、日本人特有のきめ細やかな心配りもしてくれます。

赤ちゃん連れだからと必要以上に遠慮することはありません。きっと快適な空の旅を楽しめることでしょう。

ただ、これらのサービスには予約しなければ受けられないものもありますので、必ず事前に電話で確認してください。早めに予約して、時間に余裕をもって行動するようにしてください。赤ちゃんとの飛行機デビューが楽しいものになりますように。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる