新生児にはどんなバスタオルがおすすめ

新生児にはどんなバスタオルがおすすめ?大きさや素材のご紹介




新生児はお肌がとてもデリケートです。そのため使用するタオルに関しても、きちんと選んでいきたいものです。

出産前には病院などでも新生児のために揃えるアイテムをアドバイスされますが、その中には必ずバスタオルが含まれています。入院期間中にバスタオルを使用することはありませんが、自宅に戻ればすぐ使用します。

そこで今回は、

・新生児には何枚くらいバスタオルが必要なの?
・新生児にはバスタオルをおくるみに使っても大丈夫?
・出産祝いとしてバスタオルを贈るのもよい?

といった方に、デリケートなお肌の新生児が使うバスタオルのおすすめ素材や便利な使い方、また新生児用にバスタオルを使用するにあたっての注意点など詳しくご紹介していきます。

新生児はバスタオルがたくさん必要

新生児はバスタオルがたくさん必要

新生児のためにバスタオルを揃えるのであれば、たくさん準備しておくとよいです。新生児はバスタオルを使用する場面が多く、たくさんあった方が助かりますが、具体的にはどのような場面で使うのでしょうか?

沐浴の後

ネーミングの通り、バスタオルは基本的にお風呂上りに使用するので、新生児の沐浴時にも必ず使用します。しっかりと新生児を包んであげられるような、大きなサイズのバスタオルがあると良いです。

また、新生児期を過ぎてもママと一緒にお風呂に入るときは、まず最初に赤ちゃんを裸にして広げたバスタオルの上に寝かせ、その間にママが洋服を脱いだり、先にシャワーを浴びることができます。

お風呂から出るさいにも赤ちゃんを先にタオルの上に寝かせ、その後にママは体を拭いてから赤ちゃんをタオルごと抱き上げて、全身を拭いてあげます。

また、お風呂上がりの赤ちゃんを、バスタオルの上に寝かせたまま待たせるのではなく、タオルでしっかりと包んで拭いたり肌着を着せるのは、パパやご家族にお願いしましょう。

ネンネのとき

新生児がネンネをするときには、赤ちゃん専用の布団を使用するケースがほとんどです。しかし、このような布団に直接新生児を寝かせると、ミルクを吐いた時やオムツ替えをする時にも汚れがちです。

そのため、あらかじめバスタオルを1枚敷いておくと助かります。さらには赤ちゃんの下にバスタオルを敷くだけでなく、ネンネをしている赤ちゃんのお腹を守るためにも、お布団で暑い時にはバスタオルをかけるとよいです。

タオルケットなどはまだまだ新生児にとって大きすぎて、重たく感じることがありますが、バスタオルであれば素材やサイズなどを選んであげることで新生児のお昼寝にも役立ってくれます。

おくるみとして

新生児は体も非常に小さいので、おくるみはバスタオルでも十分です。退院する時をはじめとして、自宅に戻ってからも泣き止んでくれないときやゆっくり寝かしつけるときなどは、バスタオルを使用することをおススメします。

クーファンに

ベビーベッドやベビー布団だけではなく、クーファンを使用するご家庭もあります。クーファンを使用する場合にも赤ちゃんを乗せる部分にバスタオルを敷いておくと良いです。

ここでもやはり万が一赤ちゃんがミルクを吐いたときなど、クーファンのクッションを直接汚すことがあります。クーファンのクッションは、直接洗濯するとクッションの綿が潰れてしまいます。

ですので、バスタオルを敷いておけばクッションが汚れることを防いでくれます。また、汗などをバスタオルが吸着してくれますので、赤ちゃんが不快な思いをすることも避けられます。

クーファンとは

赤ちゃん用品のクーファンと呼ばれるものは、赤ちゃんを寝かせておく横長のかごのようなもののことです。両側に取っ手がついていて、赤ちゃんを寝かせて持ち運ぶことができます。

ク―ファンという言葉は、フランス語で「かご」という意味を持つ「couffin」からきています。

ベビーシートに

新生児を車に乗せることは少ないですが、体調が悪くなったときや用事があるときご実家までお出かけをするなどの場面には、ベビーシートを使うことが多いです。

ベビーシートのクッションが、新生児には固いと感じられるときにはバスタオルが重宝します。もちろんベルトはしっかりとつけてあげなくてはなりませんが、クッション部分にはバスタオルを1枚敷いてみましょう。

実際にママが触ってみても、ベビーシートのクッション部分は新生児には固いと感じることがあります。車の振動などで赤ちゃんの体が痛みを感じないように、バスタオルで守ってあげると安心です。

新生児のバスタオルは便利

バスタオルは便利

上記のように、バスタオルは新生児との新しい生活をしていく中で、活躍してくれる場面がたくさんあります。

基本的には、ミルクを吐いたりオムツ替えで汚れたときに、そのままバスタオルを使って汚れた部分を拭き取る、さらには赤ちゃんを包んで抱き上げられるメリットがあります。また前述のとおり汗を吸収してくれるメリットもあります。

汗をかいて新生児のときからあせもができたり、べたついて気分が悪くぐずって泣いてしまうことも防げます。

では、新生児が使うバスタオルはどの程度準備しておけばよいのでしょうか。

新生児のバスタオルは何枚あればいいの?

新生児との生活にバスタオルは重要です。とはいえ、実際にバスタオルを何枚ほど準備しておけばよいのか、気になるママも多いです。

最低限揃えておけば特に困ることはありませんが、お洗濯で乾かないときや使用用途に合わせながら買い揃えておくことをおススメします。新生児は特にミルクを吐くことも多く、変えたばかりのバスタオルをすぐに汚してしまいます。

そんなときでもすぐに新しいバスタオルが使えるように、考えながら必要なだけの枚数を準備しておくと安心です。

最低でも3枚

最低でも新生児用のバスタオルは3枚あるとよいです。寝るとき用に1枚、沐浴用に1枚、そしてもう1枚は万が一のための替えとなります。

これはあくまでも最低必要な枚数となるので、これだけで不安な場合やバスタオルをどんどん活用していきたいママは、もっとたくさん揃えておくとよいです。

用途別に5枚以上あると助かる

上記でご紹介したように、ベビーシートやクーファンなどとしてバスタオルを使用することを考えると、最低限必要な3枚に加えてもっと準備しておかなくてはなりません。

用途別にそれぞれでバスタオルを使うのであれば、最低でも5枚程度は準備しておきましょう。それでも立て続けに汚してしまい、お洗濯が間に合わないときもあります。

どうしても間に合わないときには大人が使用するバスタオルを代用してもかまいませんが、やはりお肌がデリケートな新生児にはできるだけ専用で準備してあげたいものです。

新生児のバスタオル素材のおすすめは?

新生児のバスタオル素材

新生児が使用するバスタオルはどんな素材がよいのでしょうか?バスタオルと一口にいってもさまざまな素材があります。また、タオルによって厚さも違うので、細かな部分をチェックして新生児用のバスタオルを準備しましょう。

ガーゼ素材

近年ではガーゼ素材を用いたバスタオルが販売されています。ガーゼ素材のバスタオルであれば、新生児のお肌にも刺激を与えてしまうことがありません。

ただし、ガーゼ素材のバスタオルは比較的薄手なので、吸水性や通気性には優れていますが、秋口や春先の少々気温の低い日の沐浴後に赤ちゃんを寝かせておくのは、薄さや暖かさに関しては若干の不安が残ります。

暖かい環境の中で沐浴後の赤ちゃんを拭いてあげたり、さらにはベビーベッドやお布団などに使用するのであればガーゼ素材のものでも充分です。

柔らかいパイル素材

新生児にバスタオルを購入するさい、パイル素材を選ぶママがとても多いです。パイル素材は一般的なタオルと同じイメージですが、やはり金額や販売元によってタオルそのものの厚さなどが違います。また数回洗濯をすると薄くなり使いにくくなります。

ですので、長期間にわたって使えるバスタオルを選ぶことがポイントです。極端にリーズナブルなものを選ぶのではなく、本当にタオルとしての機能を考えた場合に重宝するものを選びましょう。

厚手のタオルはしっかりと水分を吸い取ってくれるので、万が一新生児が一気にミルクを吐いてしまったときも安心です。

また厚みがあると少々寒いと感じても、お昼寝ケットとしてやお風呂の前後で活用することができます。

新生児にバスタオルを使うときの注意点

使うときの注意点

新生児にバスタオルを使用するときは、初期の段階で注意点があります。新しいバスタオルを購入し新生児用にする場合には、以下のことを意識しましょう。

新品は必ず洗う

新しいバスタオルは新生児の肌に直接触れるものですから、必ず洗ってから使うようにしてください。購入してそのままの状態で使うのはおススメできません。

お洗濯をするときは、柔軟剤などをたくさん使うのではなく新生児の肌に優しい洗剤や柔軟剤を使いましょう。一度も洗濯をしていないタオルは赤ちゃんの肌に刺激となることがあります。

洗うことによって、タオルに付着していたホコリや赤ちゃんに刺激を与えてしまう成分をしっかりと落せるので安心して使えます。

干す前にバサバサする

しっかりと洗ったバスタオルを干すさいには、10回から20回程度バサバサとタオルを広げることも大切です。

これを行わずタオルを干すだけでは、タオルに編み込まれている繊維が寝た状態で乾燥してしまいますので、使いにくかったりゴワゴワに感じたりします。

バサバサとしっかり広げることによって、タオルに使用されている繊維が立ち上がりふわふわの状態となります。この状態にしてから新生児にはバスタオルを使いましょう。

新生児用のバスタオルを購入するなら

バスタオルを購入するなら

新生児用のバスタオルは、ママが赤ちゃんのために準備するだけでなくプレゼント用としても喜ばれます。正直なところ、バスタオルは何枚あっても困りません。

プレゼントとしてバスタオルを選んだり自分の赤ちゃんのために購入するのであれば、どのようなポイントを意識すると良いのでしょうか?

ネーム入りのバスタオル

新生児が生まれてプレゼントをするのであれば、赤ちゃんの名前を入れてあげると喜ばれます。刺繍による名入れサービスなどはインターネットでも多くのショップが扱っています。

赤ちゃんの生まれた記念になりますので、注文して自分の赤ちゃん用に使用するのにもおススメです。

小さなタオルとのセット

バスタオルだけではなく、ハンドタオルやフェイスタオルとのセットになったタイプも人気があります。

やはり新生児は小さなガーゼやハンドタオルなどもたくさん使いますので、こういったタオルとバスタオルの組み合わせであれば活用する場面が多く、お得に購入できます。新生児を持つママの大きな味方になります。

タオルケーキ

プレゼントでママを驚かせたかったり、少し変わったプレゼントをしたいと考えているのであれば、バスタオルを使用したタオルケーキなどもおススメです。

おむつを使ったケーキもプレゼントに喜ばれますが、タオル類を使ったケーキも人気です。中にはケーキに使うためのバスタオルデザインを選べるショップもあります。

見た目がとても大きくなってしまいますが、やはり数枚のバスタオルを一度にプレゼントできるので活用場面が多く喜ばれます。

また、見た目がゴージャスなので実用的でなおかつ、ゴージャスなプレゼントはいつまでも記憶に残ってくれます。新生児の出産記念として自分で購入するのもおしゃれです。

新生児のバスタオルはいつまで使う?

いつまで使う

新生児用に揃えたバスタオルはいつまで使用するものでしょうか?新生児用に購入したバスタオルだから、といって乳児になったら使えなくなるわけではありません。

丈夫なものは数年使える

タオル素材そのものが丈夫なのであれば、数年間にわたって使えます。新生児の頃から2,3歳になるまで、同じタオルをさまざまな場面で使っているママも珍しくありません。使えるうちはどんどん使いましょう。

リメイクして使うのもよし

ある程度新生児用のバスタオルが劣化したらリメイクすることも可能です。大きなバスタオルを小さなハンドタオルにすることも可能です。

さらには少しアレンジを加えてケープのようにお風呂上りに羽織れるようにリメイクもおススメです。

糸のほつれが目立つようになったらタオルのサイズを変更する、またはデザインを大きく変える方法でリメイクすれば、その後もしばらくの間は新生児用のバスタオルが活躍してくれます。

新生児にバスタオルは必需品です

バスタオルは必需品

新生児にとってバスタオルは必需品だということが、お分かりいただけたでしょうか。素材に関してもガーゼ素材のものは特に新生児を持つママに人気があります。

デリケートな新生児の肌をしっかり守っていくためにも、タオルの素材や大きさは必ずチェックした上で揃えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる