新生児のまぶたのヒミツ!赤ちゃんの一重や二重はいつ決まる?

赤ちゃんの一重が二重になる可能性はある?変化の時期や対策法


■サイトからのお知らせ

生まれたばかりの赤ちゃんはとても可愛く、見ているだけでなんだか幸せな気持ちにしてくれます。そしてそれがわが子の場合、感動や愛しさはひとしおなことでしょう。
そんな嬉しい気持ちを私達に与えてくれる赤ちゃんですが、生まれて最初に気になるのは赤ちゃんの顔ではないでしょうか。

ここのパーツがお父さんに似ている、お母さんに似ている、なんて話題で盛り上がりながら赤ちゃんの誕生を喜んでいる方が多いと思いますが、その中でも注目されがちなのが、やはり目元や『まぶた』です。

両親とそっくりなくっきり二重だったり、何故か子どもだけ一重だったりと不思議に思うこともあるかもしれません。実はこのまぶたには色々なヒミツが隠されています。

そこで今回は、
・赤ちゃんが一重だったけど二重になることはあるの?
・パパもママも二重なのに赤ちゃんが一重なのはどうして?
・一重の赤ちゃんを二重にするには?

といった方に、赤ちゃんの一重、二重まぶたのヒミツについて詳しくご説明します。

親が二重なのに子どもは一重?!一重、二重まぶたは遺伝する?

親が二重なのに子どもは一重?!一重、二重まぶたは遺伝する?
まぶたの形は両親から遺伝するイメージが強いですが、実は産まれた子供のまぶたが一重まぶたになるか二重まぶたになるのかは、現時点では確実には解明されていません。

そのため親とは違うまぶたの形の子どもが生まれてくることも珍しくはありません。

まぶたの遺伝のパターンや法則について知っておこう

「優性の法則」によると、親から子どもへの遺伝については「優性」と呼ばれる親の性質があらわれやすいものと、「劣勢」と呼ばれる現れにくいものの二通りがあり、両方の遺伝子が存在している場合は、「優性」の形が優先されるといわれています。

まぶたの場合、二重まぶたは「優性遺伝」、一重まぶたは「劣勢遺伝」に分類されます。

そしてまぶたには3種類の遺伝のパターンが存在しています。
①2つの二重の遺伝子を持つ【AA】の二重。
②1つの二重の遺伝子と1つの一重の遺伝子を持つ【Aa】の二重。
③2つの一重の遺伝子を持つ【aa】の一重。

このパターンにより、両親がともに二重だとしても【AA】のタイプの二重なのか、【Aa】のタイプの二重なのかによって、子どもへの遺伝の仕方や確率が変化します。

遺伝のケースとしては…
①【AA】の父親×【AA】の母親の二重=【AA】の二重の子ども
②【Aa】の父親×【Aa】の母親の二重=【AA】の二重か【Aa】の二重、もしくは【aa】タイプの一重の子どもになる可能性
③【AA】の父親か母親の二重×【aa】の父親か母親の一重=【Aa】の二重の子ども
④【Aa】の父親か母親の二重×【aa】の父親か母親の一重=【Aa】の二重、もしくは【aa】の一重になる可能性

となり、両親のどちらかが【AA】のタイプの二重であった場合は、子どもも二重になる確率は100パーセント、両親が二重であったとしても【Aa】のタイプの二重であった場合は、子どもが一重まぶたになる確率が25パーセントあります。

また両親のどちらかが一重であった場合は、一重まぶたの子どもが産まれる確率は50パーセントになりますが、あくまでこれは計算上においての仮の確率です。

遺伝については、長い年月をかけてさまざまな研究が行われていますが、未だに解明されていない謎を秘めている部分が多く、まだ知られていない要素が関わって変化している場合もあります。

そのためれっきとした両親の遺伝子を持った子どもであっても、計算とは違った一重や二重まぶたの子供が生まれてくる可能性が存在しています。

新生児は一重まぶたなことが多い

産まれたばかりの赤ちゃんは一重まぶたなことが多い

産まれてきたわが子を見たときに、両親は共にぱっちり二重なのにどう見ても一重だった。なんてことはよくありますが、実は生まれたときに一重まぶただからといって一生一重のままというわけではありません。

実際に産まれたばかりの赤ちゃんのほとんどは「一重まぶた」で生まれてきます。これは、赤ちゃん特有の、産まれたばかりのぽっちゃりとした体系が原因のひとつです。

赤ちゃんは産まれてもしばらくの間は活動している時間は少なく、長い時間を寝て過ごすため、身体はぽっちゃりとしたままの状態です。

つまり、顔もふっくらしていたりむくんだり脂肪が多かったりするために一重の状態になりやすいのです。

赤ちゃんが一重から二重になる可能性が高い3つの時期

赤ちゃんが一重から二重になる可能性が高い3つの時期

産まれてから一重まぶたのままだった赤ちゃんも、段々と成長していく途中で身体に変化が起こり、一重だったはずのまぶたから二重に変化していく場合が多いです。

もちろん生まれつきでずっと一重や二重のままの場合もありますが、ここでは一重から二重まぶたへの変化するきっかけについて説明していきます。

変化のきっかけ①「新生児~生後3ヶ月」

生まれたばかりの赤ちゃんは基本的に一重まぶたの場合が多いのですが、早い赤ちゃんの場合、生後3ヶ月頃を境に二重に変化していく子がいます。

これは赤ちゃんが少しずつ身体を自分で動かせるようになってくることによって、消費カロリーが増えることがきっかけになっています。

そのため寝返りをたくさんうったり、顔をよく動かしたり、お座りにチャレンジしたりと活発に動く赤ちゃんほど早く変化していく傾向にあります。

もちろん赤ちゃんによって性格も体力も違うので、あくまで3ヶ月は目安ですが、赤ちゃんが少しずつ活発になるこの時期が一番はじめの二重への変化の時期です。

変化のきっかけ②「幼少期の成長」

生まれてからずっと一重まぶたのままだったけれども、三歳くらいの体の動かし方を覚え、自分で色々行動できる年齢になった頃もまた、一重から二重への変化の時期となり得ます。

この頃には、ハイハイしかできずぽっちゃりしていた頃とは違い、自分の足で活発に動いたり走り回ったりと活動できるようになることで、体型にも変化が訪れ、その段階においてまぶたも変化していきます。

変化のきっかけ③「思春期に伴う成長」

基本的に一重から二重まぶたになるタイミングは、新生児などの赤ちゃんの時期と、幼少期の成長にあわせて、のどちらかのタイミングで変化することがほとんどです。

しかし遅い場合だとずっと一重まぶたの状態が続き、思春期のタイミングにあわせて変化することもあります。

思春期の訪れにより体の中で活発に成長ホルモンが分泌され、女性は女性らしい、男性は男性らしい体つきへと変化していくため、その変化にあわせて二重まぶたになるケースがあります。

また幼少時がずっとぽっちゃりしている体型だった場合、思春期の成長により背が伸びたりダイエットをしたりして細身の体型になることによって、本来の二重まぶたがあらわれる、というケースもあります。

こうしたトータルの結果からも、一重まぶたから二重まぶたに変わるタイミングの理由としては成長に伴う体格の変化や、カロリーの消費が深く関係しています。

赤ちゃんの一重を二重にする方法

赤ちゃんの一重から二重にする方法

赤ちゃんが一重で生まれてきたとしても二重で生まれてきたとしても、その愛しさや可愛さに変わりはないはずです。

しかし人の印象を左右する大事なパーツのひとつでもあることから、できるだけ二重まぶたになって欲しいと願うご両親も少なくはありません。

もちろん遺伝も大きく関わることなので、必ず成功とはいきませんが、少なからず二重にするための方法が存在しており、実践されている方も多くいます。ここでは赤ちゃんに対する二重まぶたにするための方法についていくつか紹介していきます。

まぶたをマッサージする

指の腹で優しくまぶたをマッサージしてあげることで、まぶたについている脂肪をすっきりとさせる効果があるそうです。

赤ちゃんのまぶたを目頭から目じりにかけて指の腹でなぞるようにマッサージをします。
寝ているときなどにそっとなぞってみましょう。

ここで注意したいことが、指に力を入れないことです。大人でもまぶたの皮膚は非常に薄いです。そんな大人の皮膚より、もっと薄い赤ちゃんのまぶたの皮膚。

傷つけないよう、細心の注意をはらいましょう。

まぶたに優しく線を書く

綿棒などの柔らかいものを使い、二重ラインが欲しいところを軽くなぞってあげましょう。
軽く線を引く感じで、強く押してはいけません。

また、やりすぎにも注意です。1回にたくさんやらず、朝晩2回ずつなど決めて日々行うようにしましょう。

すぐに二重になれる!というわけではありません。継続して行うことが大切です。

脂肪を減らして一重から二重に

ぽっちゃりした体型や、皮下脂肪の多い状態ではせっかく二重になれる要素をもっていたとしても、それが表にでず一重のままになりがちです。

逆に脂肪を減らすことができれば本来の二重がでてきたり、元が一重であったとしても二重まぶたに変化したりする可能性があります。

そのため積極的に赤ちゃんがカロリーを消費できる環境作りを整えてあげましょう。首がすわりはじめ、ハイハイなどができるようになりだしたら、なるべく外に連れ出してあげたり、おでかけしたりしてみましょう。

アイプチやアイテープはやめましょう

よく女性の方が一重から二重にする場合にアイプチやアイテープを使用していますが、赤ちゃんに使用することは避けましょう。

先ほども申したように、赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚よりも薄く、とてもデリケートです。
皮膚の炎症や、皮が伸びてしまう症状に繋がるため、使用はやめるようにしてください。

まぶたの形は個性の形である

両親からしたら少しでも子どものために、と一重より二重まぶたになって欲しいと思っているかもしれませんが、あまり過剰に意識しすぎることはやめましょう。

あくまでまぶたは体のパーツや個性の一部です。もちろん外見も大事かもしれませんが、最終的に大事なのは内面であり、自分の子どもが、どう成長していくいかではないでしょうか。

目先の感情や印象に囚われすぎて必死になるのはただの親のエゴであり、決して子どものためとはいえません。

まずは温かく子どもの成長を見守り、しっかりと育てることを意識しながら、その中で一重や二重についても考えましょう。

また子どもが成長してから思春期を迎え、自分の一重がコンプレックスであったり、気になると相談されたりした場合は、その時こそきちんと話を聞いて向き合ってあげましょう。

まずは本人の意思を尊重して見守りながら生活していくことが、子どもにとって一番大切です。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

赤ちゃんの基礎知識のカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー抱っこ紐・おんぶ紐
絵本ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
赤ちゃんの便秘ベビーカー
抱っこ紐・おんぶ紐絵本
ベビー服ベビーシート・チャイルドシート
おもちゃ保険
目次
をみる
関連記事
をみる