新生児にドライヤーを使うのはいつから

新生児にドライヤーを使うのはいつから?使用時の注意点は?




新生児は大人と一緒に浴槽に入ることができず、専用のベビーバスなどで沐浴をすることになります。

このように沐浴をすると、当然ですが頭までしっかりと洗えます。沐浴が済んだ後はドライヤーで髪の毛を乾かしてあげたいと思うママさんもいるでしょう。

しかし、新生児のような小さな赤ちゃんにドライヤーを使用してもいいのでしょうか?

そこで今回は、

・いつから赤ちゃんにドライヤーを使ってもいいの?
・どんなときに新生児にドライヤーを使えばいいの?
・新生児にドライヤーを使うときの注意点は?

といった方に、新生児に対してドライヤーを使ってもいいのか、どんなときにドライヤーを使ったらいいのかなどについてご紹介します。

お風呂上がりの新生児にドライヤーは?

新生児にドライヤー

新生児の場合は、まだ髪の毛の量もさほど多くありません。ふさふさとしていて髪の量が多いといわれるような新生児であっても、基本的にはタオルドライをすれば十分です。

短時間でしっかりと髪の毛が乾いてくれるので、わざわざドライヤーを使って乾かさなくても大丈夫です。

真冬などは髪が濡れていることによって風邪をひいてしまう可能性がありますので、お部屋全体を暖めておきましょう。

新生児というのは生まれてから28日目までをいいますが、これを過ぎたからといって、すぐにドライヤーを使う必要はありません。

とはいえ、新生児に対して絶対にドライヤーを使ってはいけないと決まっているわけではなく、必要に応じてドライヤーを使うことも考えていきましょう。

では、どんなときなら新生児にドライヤーを使ってもいいのでしょうか。状況によってはドライヤーを使った方がいいこともあります。

新生児にドライヤーを使った方がいいケースとは

使った方がいいケース

新生児にドライヤーを使った方がいいケースをご紹介します。

特に体調不良といった様子も見られずご機嫌だったにもかかわらず、一度泣き出してしまい、なかなか泣き止んでくれないことがあります。

夜遅い時間帯などに泣き止んでくれないことがあると、ママも寝不足で参ってしまいます。そういったときには思いのほかドライヤーが活躍してくれるのです。

泣きやまないとき

新生児が泣き止まない時には新生児から30㎝以上離して、ドライヤーのスイッチを入れてみましょう。そうすると新生児は泣き止むことが多いのです。

これはなぜなのかというと、ドライヤーから出ている音がお腹の中で聞いていた音に似ているからといった説があります。

実際に新生児が泣き止まないとき、ドライヤーのスイッチを入れてみると泣き止んでくれたのでとても助かったというママさんもたくさんいます。

もちろん泣き止んだらすぐにスイッチを切ることが大切ですが、どうしても泣き止まず、困ってしまうときには試してみましょう。

ただし、ドライヤーは10分以上連続して運転させると壊れてしまうことがあります。

ドライヤー内部のモーターが熱を持ってしまうと壊れるので、5分から10分程度でスイッチを切りながら上手に活用していきましょう。

冷えを予防するとき

真冬などが非常に寒く、新生児が眠るための寝具も冷たくなってしまいます。このように冷たい寝具に寝かせると、それまではぐっすりと眠っていた新生児が目を覚ましてしまうことがあります。

そのため、寝具を温める時にドライヤーを活用してみましょう。湯たんぽなどを使用するママさんもいますが、うまく温度調節ができないときや、湯たんぽで新生児に火傷をさせたくないときには、新生児の寝具をドライヤーで温めます。

ドライヤーであれば、長時間にわたりずっと熱い状態が続いてしまうこともありません。スイッチを切って30秒から1分も経過すれば、徐々に熱は冷めていきます。

ここでもやはり寝具からは、ある程度ドライヤーを離してください。寝具にぴったりとくっつけた状態でドライヤーを使うと、壊れてしまう可能性があります。

10㎝から15㎝ほどドライヤーを離し、しばらくの間、温風を当てることによって寝具が暖まりますので、ここに新生児を寝かせてあげれば、冷たさに驚いてしまうことはありません。

新生児を過ぎたらドライヤーを使う?

ドライヤーを使う

最初でも触れていますが、新生児の期間を過ぎたらドライヤーを使った方がいいのかといった疑問を持つママさんもいます。

新生児は生まれてから28日までですので、これを過ぎた29日目からドライヤーを使った方がいいのでしょうか?

結論からいうと、新生児を過ぎたからといってすぐにドライヤーを使う必要はありません。赤ちゃんに対しドライヤーを使い始める目安をご紹介しましょう。

髪がタオルドライで難しくなったら

新生児の頃から徐々に赤ちゃんの髪の毛は増えていきます。ただし短期間で極端に増えてしまうようなことはありません。

お風呂上がりにタオルドライで髪を乾かすのが難しくなったら、ドライヤーを使い始めるタイミングだと思っておきましょう。

早い子の場合は、4ヶ月5ヶ月からでもタオルドライが難しくなります。特に近年では、一昔前と違い、栄養たっぷりの状態でお腹の中で過ごすため、新生児の頃でも髪が多くフサフサだねと言われる赤ちゃんが増えています。

ただ、新生児の頃は頭皮の状態も弱く、ドライヤーを使ってしまうとダメージを与える心配もありますので、タオルドライで済ませる方がいいのです。

また、新生児の頃はタオルドライで髪の毛の水分を取り除いてあげることができます。

成長とともに髪質も変わってくるため、徐々に髪質も丈夫になってくると、タオルドライでは難しくなります。その段階でドライヤーを使い始めましょう。

目安は半年を過ぎる頃

ドライヤーを使い始める目安としては、生後半年を過ぎるころが目安です。もちろん個人差がありますので、早い子であれば4ヶ月5ヶ月から使い始めます。

そして、遅い子であれば、8ヶ月を過ぎてから初めてドライヤーを使ったというケースもあります。

あくまでも生後半年を一つの目安として、その時髪の毛の量がどのくらい増えているのか、タオルドライができるのかというポイントを見極めてください。

新生児や赤ちゃんにドライヤーを使う際の注意点

使う際の注意点

どうしても新生児にドライヤーを使う場合や、その他、少し成長した赤ちゃんにドライヤーを使う際には注意するべき点があります。

しっかり注意しながらドライヤーを使わなければ、赤ちゃんに火傷を負わせることなどもあるので気をつけましょう。注意点について詳しくお話していきましょう。

必ず30㎝以上は離すこと

ドライヤーを使用する際には、必ず新生児や赤ちゃんから30㎝以上は離してください。

寝具などを温める場合には10㎝から15㎝程度で構いませんが、赤ちゃんに直接風を送るときには必ず30㎝以上離すことが大切です。

近年ではパワー調節のできるタイプなども販売されていますので、こういったタイプであれば弱風の状態で使用すると安心です。

近すぎると赤ちゃんに直接的な熱が伝わってしまい、非常に熱い思いをさせてしまったり、万が一にでも体に触れてしまうことがあれば火傷をさせてしまうことがあります。

ドライヤーを使いながらママがテレビに夢中になってしまったりすると、うっかり赤ちゃんの肌にドライヤーをつけてしまうことがあるので注意してください。

呼吸を邪魔しないこと

ドライヤーからは30㎝程度離していても、比較的強い風が出ています。新生児の頃や、新生児から少し成長した赤ちゃんは、まだ自分で呼吸をするのも精一杯です。

日光浴などをする際に、少しお外に出しただけでも風が吹いていれば、苦しそうにします。ドライヤーもこれと同じです。赤ちゃんの呼吸を邪魔しないように使ってください。

特に新生児に対しドライヤーを使用する際には、この部分に要注意です。少しでも赤ちゃんが苦しそうにしていたら、すぐにドライヤーのスイッチを切る、またはドライヤーを赤ちゃんから離しましょう

新生児などは、ドライヤーを使うと引きつるようなしぐさを見せることがあります。これを面白がってドライヤーの風を当ててしまうようなことは絶対にやめましょう。

新生児の頃にこのような思いをさせてしまうと、その後もドライヤーの音に敏感になってしまい、ドライヤーを怖がる子になってしまいます。

怖がる、嫌がるなら無理をしない

新生児をはじめとして、赤ちゃんが少しでもドライヤーを怖がるようであれば、無理に使うことはやめてすぐにスイッチを切りましょう。

違ったタイミングでドライヤーを使用するうちに、少しずつ慣れてくれます。ドライヤーはスイッチを入れるとともに大きな音が出るので、このような音に敏感な赤ちゃんは驚いて泣き出してしまうこともあります。

使いたてのドライヤーに触らせない

使ったばかりのドライヤーに触らせないように注意しましょう。新生児は自分の意思で動くことがないから安心だといった気持ちは禁物です。

新生児であっても、近くに使ったばかりのドライヤーを放置すれば、手足を動かしたときに触れてしまい、大やけどをする危険があります。

ハイハイやアンヨなどをしなくても、新生児は手足をバタバタと動かしながら少しずつ移動するので、絶対に使ったばかりのドライヤーを近くに置いてはいけません。

コードに注意

火傷を防ぐことも大切ですが、コードに触れさせないということも大切です。ここでもやはり新生児だからといって安心は禁物。

バタバタと動いている手足にコードが絡まってしまうようなことがあれば、そのまま首に巻きついてしまうこともあります。

また、手足の不自由がなくなり、赤ちゃんが怖がって泣いてしまうこともあるでしょう。ドライヤーを新生児や赤ちゃんに使用する際には、必ず使用後はすぐにコードを小さくまとめて、赤ちゃんには届かない場所に片付けましょう。

新生児ママのドライヤー活用法

ドライヤー活用法

新生児の赤ちゃんを持つママは、ドライヤーを上手に活用していく方法を知っておくと役に立ちます。

寝具を温めるといった活用方法は上でもご紹介しましたが、その他にもドライヤーの活用法があります。いくつかご紹介しましょう。

新生児の肌着やガーゼを乾かす

新生児は肌着やガーゼなどがとてもたくさん必要になります。すぐに汚してしまいますので、洗濯をする回数も多くなりがち。

しかし、お天気の悪い日が続いたりすると、新生児の肌着やガーゼが乾かずに困ってしまうことがあります。

そんな時にはドライヤーに活躍してもらいましょう。大きなポリ袋などに、乾かしたい肌着やその他衣類、さらにはガーゼなどを入れます。

このとき、たくさん入れてしまうのではなく、一般的な45リットルのポリ袋に対し、肌着であれば3枚程度、ガーゼであれば5枚程度、衣類であれば1枚から2枚を入れてください。

そしてポリ袋の先端を少し切って風の通り道ができるようにして、ドライヤーの風を入れます。ドライヤーの送風口だけがポリ袋の中に入るようにすると乾燥が早くなります。

その状態のままドライヤーのスイッチを入れて5分から10分程度、ただひたすらポリ袋の中にドライヤーの温風を送るだけです。

ときどき袋を揺らすと効果的です。こうすることによって、ポリ袋の中は簡易な乾燥機のような状態となり、お洗濯物が乾きやすくなります。

乾燥機などを使用せず、短時間で乾かしたい場合には、このような方法で新生児に必要な肌着やガーゼを乾かしましょう。

暑いときの送風

冬場の寒い時に寝具を温めるためにもドライヤーは活躍してくれるのですが、反対に暑い時でもドライヤーの送風機能を使うことができます。

夏場などは寝具が暑くなってしまい、新生児を寝かせるとそれだけで汗をかいてしまうことがあります。

新生児を寝かせる前に、ドライヤーの送風で寝具の表面温度を下げましょう

またこの他にも、新生児が汗をかいている時や、もう少し大きく成長した赤ちゃんが暑そうにしている時は、ドライヤーの送風を使うといいです。

少し離した場所から風を送ってあげます。そうすると扇風機よりも弱い風で涼しさを感じることができるので、汗も引いていきます。あせも対策やお風呂上りの暑さ対策などに活用しましょう。

ドライヤーは一歳を過ぎてからでも大丈夫

一歳を過ぎてからでも大丈夫

新生児に対し、無理をしてまでドライヤーを使う必要はありません。

ドライヤーでは役立ってくれる場面が多いので、新生児の髪を乾かすといった目的ではなく、その他の活用方法で役立てましょう。

赤ちゃんに対し、ドライヤーを直接使っていくのは1歳を過ぎてからでも構いません。基本的にはお風呂上りに髪を乾かすものですので、これ以外ではまったく使わないママさんもいます。

髪がどんどん増えてタオルドライが難しくなってきたり、ほかにはママの真似をしてドライヤーを使いたいと要求するようになった段階で、初めて使い出しても大丈夫です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる