赤ちゃんのお七夜に必要な命名紙!書き方や使い方について

赤ちゃんのお七夜に必要な命名紙!書き方や使い方について




赤ちゃんとの初めての新生活は、楽しさと共に戸惑うことも多いのではないでしょうか?実際に始めてみると、赤ちゃんとの生活は慣れてくるまで育児や家事に追われてしまいがちです。

更に、赤ちゃんには行事も盛り沢山。その中の1つに挙げられるのが「お七夜」で、赤ちゃんが行う初めてのお祝いといわれています。

そんなお七夜に必要になってくるのが命名紙です。

そこで今回は、

・お七夜とはどんなお祝い?
・命名紙の書き方は?
・命名紙の種類と選び方を知りたい!

といった方に、お七夜とお七夜で必要な命名紙について詳しくご紹介します。お七夜を迎える前に余裕を持って準備を始めましょう。

関連記事
>>初めてでも安心!お宮参りの準備と当日の流れ
>>はじめてのお食い初め|歯固め石や料理、器などの疑問を解決
>>出産内祝いの相場やマナー!知りたい出産内祝いのおススメ!

お七夜とは?

お七夜とは

そもそもお七夜(おひちや)というのは古くからの日本の風習の1つで、その土地の産神様や地域の人々、家族に赤ちゃんと赤ちゃんに名付けた名前を披露、報告する日とされています。

詳しい起源や由来ははっきりとわかっていないものの、昔は現代と異なり医療も発達していなかったために赤ちゃんの生存率が低く、特に生まれてからその後の1週間を無事に過ごせたというのはとてもおめでたいとされていたことから、生後7日目の夜に行われるようになったということで「お七夜」と呼ばれています

命名式や名づけの祝いとも呼ばれており、生後7日目に行うことから出生届を提出する前に行われることもあります。

お七夜ではどんなことをするの?

お七夜ではどんなことをするの

お七夜は、その昔は一族の長が名付け親となり命名式を行った後、家に招いた家族や親戚と祝い膳を囲みながら盛大にお祝いをするのが正式なお祝いの仕方でした。

料理の内容は赤飯や紅白の麩にかまぼこ、はまぐりのお吸い物、御頭つきの鯛などお祝いに合った食材や料理が並びます。

また、生後1週間の記念として赤ちゃんの手形や足形を取り、家族、親族全員で写真館などで記念撮影をすることもあります。

ただし、地域によってお七夜の風習には違いがあり、お祝いの方法が異なるので、家族親戚を招いて風習通りに行う場合には、事前に双方の両親に確認することが大切です。

命名紙はお七夜の前に準備!

命名紙はお七夜の前に準備

お七夜を行う際に必要になってくるのが命名紙です。

命名紙はお七夜で赤ちゃんの名前をお披露目する時に必要なものなので、家の柱や棚に飾ってあるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

生まれてきた赤ちゃんの無事と、将来の健やかな成長を願うお七夜では、準備した命名紙にお披露目する赤ちゃんの名前を、命名書に書き入れることがこの行事のメインといっても過言ではありません。

そのため、お七夜を行う前に必ず準備しておきましょう。

命名紙はどこで手に入るの?

命名紙はどこで手に入るの

正式な命名紙は自分で奉書紙を準備し、筆で書くことになります。奉書紙が準備できなければ半紙に書く方法もあります。

奉書紙も半紙も、基本的には近くの文房具店や100円ショップで販売されています。インターネットが普及した現在では通販でも取り扱っており、さまざまなデザインの命名紙があります。

また、一般的には用意した奉書紙などに、手書きで記入することがほとんどですが、字に自信がないという人のために命名紙のテンプレートを、無料でダウンロードできるサイトもありますので、命名紙を準備する時に確認してみて下さい。

命名紙は誰が書くの?

命名紙は誰が書くの
赤ちゃんに名前を付けるのは、多くの場合はパパママです。

お七夜の準備をすることも考えると、パパかママが命名紙に記入するイメージがありそうですが、昔は父方の親を主催に行われていたことから、命名紙も父方の祖父が書くことがほとんどでした。

しかし、最近では実家が離れていたり、ママも産後は里帰りをしてしまうなどの理由から、決まりに囚らわれずにお七夜を行う人が多くなってきており、命名紙を記入する人も家族によってさまざま。

祖父母が参加しないというようであればパパが書いても、もちろんママが書いても良いといわれています。

命名紙をパソコン、プロに頼む人も

命名紙をパソコン、プロに頼む人も

先に触れたように最近の命名紙は、パソコンの無料ダウンロードでも手に入れることができます。

このことから、ただ命名紙をダウンロードするだけでなく、字に自信がなかったり、どうせなら綺麗な命名紙にしたいということで、手書きをせずにパソコン記入をする人も多くいます。

また、人気があるのが書道家といったプロの人に命名紙を記入してもらうこと。お値段も安くて1000円以下のものから高くて1万円以上のものと幅広いので、一生に1度のお七夜の為に奮発してみるのもアリかもしれません。

命名紙の書き方

命名紙の書き方

奉書紙、もしくは半紙で命名紙を書く場合には、親の名前や続柄、赤ちゃんの名前、生年月日などを記入する正式な方法と、奉書紙を使用せず半紙や命名紙に親の名前、続柄、赤ちゃんの名前などを記入する2通りの書き方があります。

2つ目の書き方に挙げられる、主に半紙を使用する略式タイプは目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

それぞれの書き方については以下の通り。書く時は墨と筆、墨などが用意できない場合には筆ペンを準備して書いてみましょう。

命名紙の正式な書き方

奉書紙、もしくは半紙を準備して2つ折りにします。それを更に縦に3等分になるように左右から折りたたんで折り目をつけて下さい。

折り目をつけ終わったら、開いて必須項目を記入をしていきます。開いてまず右側の真ん中に「命名」と書きます

そして真ん中の右上に小さく父親の氏名と赤ちゃんの続柄(例:男の子で1人目であれば長男)を記入し、真ん中の中央に大きく命名した名前真ん中の左下に小さく生年月日を記入して下さい。

そして残った左側の中央に親の名字と名前(夫婦連名でも可)名付け親がいる場合にはその左側に命名者も記入し、最後に左下にお七夜の日付を書いて下さい。

命名紙の略式

半紙、もしくは命名紙を準備します。右上に父親の名字と名前、もしくは夫婦連名と赤ちゃんの続柄、中央上段に「命名」と書いて、中央真ん中に赤ちゃんの名前を書いて下さい

左下に赤ちゃんの生年月日を記入して完成です。正式な書き方があるとはいえ、最近では目にすることが多いことからもわかるように、略式タイプを使用する場合が増えています。

お七夜を行う際には、双方の実家、夫婦でも相談の上で準備をするようにしましょう。

命名紙はいつまでに書いておくべき?

命名紙はいつまでに書いておくべき

命名紙は通常、お七夜の当日に作ることが多いです。お七夜は生後7日目の夜に行われる行事ですので、それまでには赤ちゃんの名前も決めて命名紙も準備しておきたいところ。

お七夜を行う際には、赤ちゃんの生まれた日を1日目にして数えます。つまり、5月15日生まれの赤ちゃんであれば21日がお七夜になります。

生まれた日を0日で始める場合には、生後6日目という計算です。数え方が少しややこしいのでくれぐれも注意するようにしましょう。

命名紙を飾っておくのはいつまで?

命名紙を飾っておくのはいつまで

命名紙はできあがった後、神棚や床の間がある家の場合には、三方に命名書をのせて飾るのが正式な方法です。

もしくは、壁や赤ちゃんの枕元など目立つ場所に飾ることになります。しかし、お七夜を終えて、疑問に思うのが命名紙をいつまで飾っているのかということです。

命名紙を外すタイミングに関しては、正確には決まっていません。

ただし、ずっと飾っているものでもないので、目安としては、ママが産後の通常の生活に戻る時期といわれている床上げの時期の産後3週間から1ヶ月程、もしくは1~3ヶ月程度で行われるお宮参り、出生届を出した日が命名紙をしまうタイミングとして挙げられます。

絶対この日じゃないとダメ、というわけではないので自分の思ったタイミングでしまうようにしましょう。

お七夜は絶対にしなくちゃダメ?

お七夜は絶対にしなくちゃダメ

一昔前までは、家族だけでなく親戚や地域の人へのお披露目もかねて盛大に行われたお七夜ですが、現在では出産を終えて退院する時期が、産後5~7日程はかかるのが一般的であることから、ママの体調に配慮して控える場合がほとんどです。

そのため、お七夜を行うにしても家族だけで行うことが多くなっています。無理してお七夜を行って体調を崩してしまってもいけませんから、あまり日程にこだわり過ぎないことも大切です。

簡単にパパママだけで命名式を行う場合には、命名紙を揃えるなど、難しいことはありませんから、パパにも協力をお願いしましょう。

出生届けを忘れないように!

出生届けを忘れないように

命名紙を書き終えると一段落した気分になってしまいますが、くれぐれも出生届を忘れないように注意しましょう。

赤ちゃんの出生届けは、国外で出産した場合を除き、生まれた日を含む14日以内の提出が義務付けられています。

ちなみに、国外の場合には3ヶ月以内の提出になります。万が一、14日を過ぎてから提出してしまっても受理してもらうことはできますが、特別な理由がない場合には、過料と呼ばれる罰金を科せられる可能性もありますので、速やかに提出することが大切です。

関連記事
>>出生届を忘れずに!出生届の書き方や提出するまでの流れと注意点
>>出生届や給付金など、押さえておきたい出産後の8つの手続き

命名紙のタイプ

命名紙のタイプ

命名紙と聞くと、奉書紙といったシンプルな紙のイメージがありますが、現在の命名紙はインターネットでのダウンロードをはじめ、さまざまなデザインがあります。

赤ちゃんにとっては一生に1回の行事ですから、思い出に残る命名紙を使用してあげたいと思うのが親心というもの。

参考までに命名紙の種類を挙げると以下の通りになります。かわいい、気に入ったデザインを選んでお七夜を思い出に残る素敵な1日にしてください。

デザインタイプ

真っ白な紙ではなく、命名紙に予めデザインが施されたタイプになります。

大きさは半紙の略式タイプがほとんどですが、ディズニーなどの可愛らしいキャラクターが描かれたデザインや、日の丸や鶴、亀などの和風でおめでたいイメージのあるデザインなど、さまざまなデザインの命名紙があります。

枚数も3~6枚ほどのセットになっているので、万が一間違えてしまっても安心です。値段もデザインによるものの、ほぼ1000円以内で済んでしまうのも嬉しいところ。

短冊タイプ

基本的に命名紙と言うと奉書紙や半紙で書きますが、中には短冊形の命名紙もあります。

半紙より小さくなってしまいますが、書き方としては略式の書き方になります。シンプルなデザインから、金箔入り印刷、紙に梅などのデザインがうっすらと浮かぶようなものもあります。

デザインによりますが、枚数はその大きさから100枚セットになっているものが多く、お七夜で使用した後でも、内祝いや出産祝いのお返しに添える札紙としても使用することができます

セットタイプ

命名紙だけでなく、一緒に赤ちゃんの手形と足形、写真も残すことができるセットタイプの命名紙です。

書き方としては略式になります。デザインによるものの、赤ちゃんの誕生記録も記入できるようになっているデザインもあります。

値段は物によっては1000~5000円以上かかってしまいますが、手形足形、写真も一緒に飾ることができることから、写真立てになっているものがほとんどなので、命名紙を外した後でも写真立てとして長く使用することができます。

アクリルタイプ

命名紙がアクリルパネルに入ったタイプです。セットタイプと同様に、お七夜が終わった後でも長く飾っておけるデザインになっています。

書き方は略式のものが多く、すでにアクリルパネルに入った形になるので、お店での指定注文からプロの方に書いてもらうことになります。

字を書くのが苦手、という人にはおススメです。また、販売するお店によるもののデザインも豊富にあるので選ぶ楽しさもあります。

ただし、アクリルパネルなど素材がしっかりしていることから、値段は1万円以上になるものが多く、選ぶ際には家族でよく話し合って決めたいところです。

掛け軸タイプ

書き方は、略式タイプを赤ちゃんの名前と生年月日に更に省略された形になってしまいますが、掛け軸になっているので、通常の命名紙よりも保存性が高く、失くしてしまう心配もないデザインになります。

日の出や節句にちなんだデザインが命名紙の部分に描かれているので、販売店によるものの好みのデザインを選ぶことができるようです。

この掛け軸タイプも、クリルパネルと同様、プロの方に命名紙を書いてもらうことになります。値段は3000円以上なので、よく話し合って購入を決めて下さい。

まとめ

まとめ</h2> 命名紙のデザイン

命名紙のデザインは本当に幅広いです。このデザインでないとダメという決まりもありませんので、家族と相談しながら気に入った命名紙を選んで下さい。

ただし、先にも触れたように、命名紙を含めたお七夜はお祝い方法や数え方が地域によって異なる場合があります。

そのため、風習通りにお七夜を行おうと考えている場合には、必ず双方の両親に確認するようにしましょう。ママと赤ちゃんの体調を見ながら、素敵な命名紙でお七夜を迎えたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリの記事一覧を見る
育児

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる